type

転職サイトは、思い立ったらすぐに登録して情報を得られる手軽さが魅力ですが、ひとまとめに転職サイトといっても実にさまざまな種類が存在しています。
 

そのため、まずは登録する前に、どのサイトが自分のニーズに合うかを見極めなくてはなりません。
 

今回は、登録会員数200万人超の大手転職サイトである、@typeを紹介していきたいと思います。
 

@type(アットタイプ)は、質の高い案件に加えて、転職希望者向けのコンテンツが非常に充実していることが大きな特徴として挙げられます。
 

転職のノウハウだけでなく、各種診断ツールなども多数用意されているため、すでに転職を決断した人はもちろん、
 

「転職したい気持ちもあるけど、どうしたらいいのか決められない。。」
 

と困ってしまっている人にも、ぜひおすすめしたい転職サイトだと言えるのです。
 

ここでは、ユーザー目線の豊富なコンテンツに定評がある@typeの特徴から評判までを、徹底解説していきます!
 

 

1.@typeってどんなもの?

 

まずは、@typeの特徴についてポイントを押さえながら解説していきます。

①@type(アットタイプ)の特徴とは?

 

@typeは株式会社キャリアデザインセンターが運営する、会員登録数200万人超の転職サイトです。
 

スクリーンショット 2016-07-21 11.03.53
 

キャリアデザインセンターは、@type以外にも、
 

  • type就活
  • type IT派遣
  • type転職エージェント

  •  

    など、typeの名前を冠したサービスを多数提供しているため、名前を聞いたことがあるという人や、新卒で就活した際に利用したことがある人もいるかもしれません。

    ・転職サイト業界では大手の一角

     

    2016年7月現在、サイトに掲載されている求人数は業種職種を問わず2200件ほどで、転職サイトの中では大手のひとつとして挙げられます。
     

    登録者の属性を見てみると、20~30代が7割を占めていて、若年層のビジネスパーソンがメインの利用者であることが読み取れますね。
     

    スクリーンショット 2016-07-21 11.06.56
     

    ②IT系に強み

     

    @typeを語る際に欠かせない特徴の一つとして、IT系の業界に強いことが挙げられます。
     

    実際に掲載されている案件のうち、「IT・通信・Webエンジニア」の求人の割合は40%を超えていることからも、IT系求人を得意としていることは間違いありません。
     

    なお、求人を検索する際にの条件指定でも、具体的なIT系スキルを指定することが可能です。
     

    スクリーンショット 2016-07-21 11.01.12
     

    さらに、こだわり条件やスキルも条件として追加指定が可能で、その項目は、
     

  • 社長がエンジニア
  • 自社内で開発できる

  •  

    などといった特徴あるものとなっています。
     

    スクリーンショット 2016-07-21 11.02.58
     

    この中に自分の希望と一致する条件がある人にとっては、とても嬉しい機能ではないでしょうか?
     

    このように、よりマッチする案件を探すための様々な工夫がされていることからも、IT系の転職を希望するのであれば、ぜひ登録をおすすめしたいサイトだと言えます。

    ③営業向けサイトも展開

     

    @typeにおいて、エンジニア系に次いで案件が多いのが営業系になります。この営業系についても、専用のサイトを設けて転職支援を行っています。
     

    スクリーンショット 2016-07-21 13.56.10
     

    こちらのサイトは、詳細な条件検索で自分にマッチする案件を探せるのが特徴のひとつで、業界や年収などの一般的な条件だけではなく、
     

  • モノを売るかサービスを売るか
  • 法人向けか個人向けか
  • 直行直帰か
  • 既存顧客か新規開拓か

  •  

    などの、いわゆる営業スタイルを選択できる仕組みになっています。
     

    一口に「営業」と言っても実際の仕事内容は千差万別で、いざ詳細を知ってみると自分の希望とミスマッチだったというのは、転職活動でありがちな失敗ではないでしょうか?
     

    そういったデメリットを解消するために、より細分化された条件を加えることで、ユーザー目線で効率の良い検索を可能にしているというわけですね。

    ④女性に特化した「女の転職@type」も

     

    さらに、正社員で長く働きたい女性のための転職サイトとして、「女の転職@type」も展開しています。
     

    スクリーンショット 2016-07-21 15.44.47
     

    ⇒女の転職@typeはこちらから
     

    扱っている案件は、業種職種を問わず女性向けの求人案件ですが、特に、
     

  • 営業・企画・マーケティング系
  • サービス・販売系
  • 事務・経理・人事系

  •  

    の3ジャンルに強い傾向が挙げられ、掲載されている転職ノウハウやコンテンツも女性ならではの内容となっているのが特徴です。
     

    ・女性を取り巻く環境

     

    現代社会において、仕事を長く続けたいと考えている女性は多いものの、いざ結婚・出産等の段階で状況に対応できず、キャリアを断念するケースが多々あるのが現実です。
     

    つまり女性が仕事を続けるためには、それに対応できる環境を整えておくことが前提だということです。
     

    そんな中、女の転職@typeでは、そういった仕事を続けたい女性の目線に立った案件を多く揃えることで、高い支持を得ています。
     

    スクリーンショット 2016-07-21 15.47.17
     

    もしあなたが現在、これからのライフプランとキャリアプランの両立に悩んでいるのであれば、サイトに登録して情報を探してみるのもひとつの手ではないでしょうか?
     

    会員登録は、簡単なプロフィールと選択式の設問が数個あるだけなので、1~2分程度で完了します。日々の業務に忙しい人も、ほんの少し時間を作れると良いですね。

    2.@typeの利用方法とは?

     

    @typeを利用して転職活動をしてみたいと思ったら、すべての機能を利用するためにもサイトへの会員登録をおすすめします。
     

    それでは、どのような流れで登録をするのかその手順を見ていきます。

    ①@type員登録から利用の流れ

     

    会員登録は、公式サイトの「新規会員登録」から進むことが出来ます。
     

    新規登録する際に必要な情報は、
     

  • 名前
  • 性別
  • メールアドレス
  • 転職意欲(選択式)

  •  

    程度なので、1分ほどあれば入力完了するのも嬉しいポイントです。
     

    入力後、会員登録完了のメールが届いたら、設定したパスワードを利用してマイページへのログインが可能となり、利用開始という流れになります。
     

    ちなみに、もし新規登録する際に、
     

  • Yahoo
  • Facebook

  •  

    のアカウントをすでに持っている場合は、そちらのアカウントと連携させて簡単に登録を行うことも出来る仕組みになっています。
     

    スクリーンショット 2016-07-21 13.06.06
     

    もちろん、アカウント連携させる場合でも、YahooやFacebook 側に何か投稿されるようなことはありませんので、自分の管理しやすい登録方法を選択して大丈夫です。
     

    ・詳細な情報を追加登録しておこう

     

    いずれかの方法で登録が済んだ後は、マイページからさらに詳細な情報を追加入力していきます。
     

    求人閲覧のみの段階では特に問題ないのですが、いざ企業へ応募する際には、必ず履歴書や職務経歴書が必須になるため、転職活動をスムーズに進めるためにも事前に作成しておくことがポイントなのです。
     

    さらに、任意でスキルシートの入力も可能なので、多数の応募書類を選考する人事担当者の目に留まりやすくするためにも、ぜひ積極的に入力することをおすすめします。
     

    スクリーンショット 2016-07-21 13.28.58
     

    これらの登録情報は、マイページからいつでも編集・更新が可能ですので、転職活動を行っていく中で都度ブラッシュアップしていければベストですね。

    ②スカウトを活用しよう

     

    転職サイトではすっかり一般的になった企業から転職希望者へのスカウトですが、@typeでもスカウト機能を活用することが可能です。
     

    転職希望者が入力した、
     

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 転職への希望(年収・勤務地・業種職種)
  • スキルシート

  •  

    等の情報を匿名で企業に公開することで、興味を持った人事担当者から直接メッセージが届くシステムとなっています。
     

    ・アクセス拒否機能をうまく使おう

     

    スカウト機能では、氏名や電話番号・住所等の個人情報や勤務先名などは全て非公開となるほか、特定の企業からのスカウトを拒否する「アクセス拒否設定」が可能なので、
     

    「今の会社に転職活動がバレたら困るんだよなあ。。あ、あと得意先の○社と×社にも。。」
     

    といった不安がある場合にも、問題なくスカウト機能を利用できます。
     

    なお、スカウトを断りたい場合には、サイトから「選考を辞退する」のボタンを押すだけでその手続きを完了させることが出来るのもポイントです。
     

    大きな手間がかかることなく、思わぬ企業からのスカウトで転職の選択肢が広がることが考えられるため、まずはスカウト機能をオンにして転職活動を始めてみることをおすすめします。
     

    不要になった際は、マイページからスカウト機能をオフにしてくださいね。

    ・オファーDM機能

     

    また、企業からのスカウトメッセージに似た機能で、
     

  • オファーDM
  • 関心お知らせ通知

  •  

    の2種類の通知も存在します。これらは、
     

    【オファーDMについて】
     

    企業の求める採用基準(経験職種、勤務地、など)とあなたが登録している情報がマッチした場合、企業の採用担当者からオリジナルのメッセージが@typeに届くサービスです。
     

    企業の求める人物像にマッチした方に届くメッセージになるので、オファーDMが届いていない他の求人よりも選考通過の可能性が高くなります。
     

    【関心お知らせメールについて】
     

    企業の求める採用要件とあなたが登録している情報がマッチした場合、登録されているメールアドレス宛に@typeからお知らせメールが届くサービスです。
     

    メール内には、あなたのデータ(経験職種、経験業種、希望職種、希望業種)とマッチした項目が記されています。
     

    引用元:@type/ヘルプページ

     

    といった内容となっていて、企業からの興味の度合いとしては、スカウト→オファーDM→関心お知らせ通知の順になると考えられます。
     

    ただし、3種類のうちいずれも面接の通過を確約するものではありませんので、その点は注意しておいてくださいね。

    ③充実したマッチングサービス

     

    @typeでは、転職希望者が登録した各種情報を利用して、さまざまな角度から求人案件と求職者のマッチングを行うサービスを展開しています。
     

    具体的には、
     

  • 経験職種などから照合する「スキルマッチング」
  • 業種職種、勤務地、年収から照合する「希望条件マッチング」
  • 登録した性格、志向から照合する「パーソナルマッチング」
  • @type内でのあなたの行動履歴から照合する「足あとマッチング」

  •  

    の4種類があり、マッチした案件が見つかった際には、その都度メールでお知らせしてくれるシステムとなっています。
     

    この@typeのマッチングサービスは、他の転職サイトの同様のサービスと比較すると非常に充実していて、さまざまな切り口からあなたに合う企業を探してくれます。
     

    しかしそれ故に、必ずしも希望に合った案件のみが送られてくるとは限りません。
     

    ですが、自分自身ではなかなか気付くことが出来ない視点でのマッチングは、新たな可能性に気付くきっかけにもなると考えられるので、ぜひ有効に活用していくことをおすすめします。

    ④豊富な転職コンテンツ

     

    アットタイプの大きな特徴のひとつとして、転職に関するさまざまな診断テストやノウハウ記事が非常に充実していることが挙げられます。
     

    特に診断テストは、2016年7月現在で8種類ほど用意されており、中でも、
     

  • 現状の仕事への満足度から転職すべきかを診断「シゴト満足度診断」
  • 「うわっ…私の年収、低すぎ…?」でおなじみ適性年収診断「市場価値診断テスト」
  • 転職成功に必要な6つのスキルからあなたの転職力を診断「転職力診断テスト」

  •  

    など、自分の現状を把握したり、客観的に分析したりできるものが多くあります。そのため、まだ転職に対する迷いや悩みを抱えている人にぜひ受けてみてほしい内容だと言えます。
     

    このテストの診断結果とあわせて、転職市場や業界動向などのデータ分析等を参考にしていくことで、転職への迷いから抜け出すきっかけを掴むことが出来るかもしれません。

    ・転職活動を進める上でのノウハウも

     

    また、すでに転職の意思を決めている人向けのコンテンツとしては、実際の転職活動を進める上で参考になる、転職ノウハウ記事がおすすめです。
     

    職務経歴書や志望動機の例文や面接時のマナーなど、転職希望者なら誰もが一度は持つ悩みについての内容が多く、
     

    「あれ、こんな時ってどうすればいいんだろう。。」
     

    「この項目、何をどう書いていいか分からない!思いつかない!」
     

    といった疑問を具体的に解決できるのがポイントです。
     

    このように@typeでは、さまざまな場面で活用できるコンテンツや情報量の豊富さは転職サイトの中でも群を抜いているので、転職を迷っている人も実際に転職活動を進めている人も、今欲しい情報を見つけるための情報源として利用してみてくださいね。

    3.@typeの評判を調査!

     

    さて、いざ転職サイトに登録しようと考えたときに気になってくるのが、口コミや評判かと思います。
     

    転職サイトは基本的に無料なので、とりあえず登録してしまうという人もいるかもしれませんが、新着案件を都度チェックしてマイページを管理していくことを考えると、やはり自分にマッチしたサイトを選んで使用したいところです。
     

    以下で@typeの良いところ、悪いところ、それぞれを解説していきますので、サイト選びの参考にしてみてください。

    ①@typeの良い評判はこんなところ!

     

    「@type 評判」で検索すると、転職サイトの口コミサイトや個人のブログなどの様々な評判を閲覧することが出来ます。
     

    その中でも良い口コミとして目立ったのは、ITや営業職を希望しているなら登録して損はないというものです。
     

    @typeは業種職種に特化した転職サイトではないものの、求人数から見ても明らかにその2業種に強く案件の層が厚いため、結果として自分にマッチする求人が見つけやすくなります。
     

    加えて、大手企業だけではなくベンチャー企業の求人も多いことから、他の転職サイトとあまり求人がかぶらないため、フレッシュな案件に出会いやすいという口コミも見受けられました。
     

    ・ユーザー目線のサービス

     

    さらに@typeの特徴として、詳細な条件での案件検索が可能だったり転職コンテンツが非常に豊富だったりすることから、徹底したユーザー目線のサイト作りにこだわっている点が良いポイントとして挙げられていました。
     

    より使いやすい機能・より知りたい情報を追求していることで、かゆいところに手が届く、使える転職サイトだという口コミにつながっているのです。

    ②@typeの悪いポイントもチェック

     

    一方で@typeの悪い評判もチェックしてみると、いくつか見られたのは、応募したい案件がないという口コミです。
     

    これは、IT関連や営業関連の職種に強みがある半面、それ以外の職種求人がやや手薄な傾向があり、良い求人に出会えなかったと感じる人がいるということになります。
     

    また、転職サイトの中では確かに大手なのですが、最大手のリクナビNEXTと比べると求人数は数分の1になるため、希望条件によっては案件自体がほとんど見つからない場合もあります。
     

    特に首都圏以外の地域では、この傾向がより顕著かもしれません。
     

    そのため、あまり役に立たなかったという悪い口コミにつながってしまっているわけですね。

    まとめ:徹底したユーザー目線の転職サポート

     

    @typeは、豊富なコンテンツと徹底したユーザー目線で、あらゆる角度から転職をサポートしている実績があります。
     

    そのため、今すぐに転職活動を始めたい人からまだ迷いや不安がある人まで、あらゆる人におすすめできる転職サイトなのです。
     

    ただし、転職成功のカギは転職サイト選びだけではありません。
     

    転職に向かい合う中で自分自身のビジョンを明確に固めていき、迷いや不安を乗り越えながら道を見つけていくことが一番大切だと言えるのです。
     

    ぜひ、あなたに合った転職サイトを徹底的に使い倒しながら、希望する転職を叶えていってくださいね。