働きたい仕事の条件でよく選ばれるのは、休日出勤が少ないことです。
 

特に今の仕事で休みがない人ほど、休日がしっかりと保障されている企業で働きたいと考える傾向が見られます。
 

自分の時間を確保できるだけでなく、プライベートも充実しそうで理想的ですが、本当に休日が保障されているか入社前に見極めないと、後悔してしまうかもしれません。
 

今回は休日出勤が少ない会社に転職を希望する人に、会社選びで後悔しないために知っておくと役立つポイントをご紹介していきます!
 

スポンサーリンク

1.休日出勤が少ない会社に転職するメリットは何ですか?

 

休日出勤が少ない会社は転職希望者が多く、性別や年齢を問わずに人気があります。
 

人気があるのはそれだけ転職するメリットが大きいと考えられますが、仕事を変えたときにどういったメリットがあるのでしょうか?
 

初めに休日出勤が少ない会社に転職して得られるプラス要素をお伝えするので、仕事の条件や優先順位を決める参考にすると、自分が仕事に求めるものは何か見えてきます。
 

①規則正しい生活ができる

 

休みが少なく仕事ばかりの毎日では、仕事疲れがとれずに慢性的な疲労を感じやすくなります。
 

休日がつぶれると損をした気分にもなり、精神的な疲れも溜まりやすくなりそうですよね。
 

疲れが溜まるとストレスを感じる原因にも繋がりますが、休日出勤が少ない会社の場合は、しっかりと休めるので疲れが溜まらず生活リズムも整ってきます。
 

・健康的な生活を送ることで体調も崩しにくい

 

休日出勤が多いと睡眠不足や食事がおろそかになりやすいですが、生活リズムが整うことで体調を崩さずに健康的な生活を送れます。
 

社会人は体調管理も仕事のうちだといわれているので、自分の体調を管理するのは働いていくうえで必要なことです。
 

体の調子がいいと集中力も持続しやすく、常にベストな状態で働けるので仕事での評価も上がります。
 

・ストレスが溜まりにくい環境になる

 

休日が少ないとストレスの発散どころがなく抱え込む人が多いですが、規則正しく健康的な生活を送っていると、心と体のバランスが整うのでストレスも自然と溜まらなくなります。
 

自分がすごしやすい環境に調節して働けるのも、休日出勤が少ない会社のメリットです。
 

②仕事とプライベートのけじめが付く

 

毎日のように仕事をしていると気持ちを切り替えるタイミングが難しく、疲れやイライラした表情が出てしまう人も中にはいると思います。
 

この状態が続くと働く意欲が低下するだけではなく、周りの人のモチベーションにも影響して職場環境が悪化するかもしれないので、気をつけなければいけません。
 

仕事のけじめを付けるには、自分の体調や気持ちをコントロールする必要がありますが、休みが保障されていると気持ちを切り替えるタイミングがつかみやすいため、働きやすい環境に身を置くのも一つの方法です。
 

・モチベーションを保った状態で働ける

 

仕事のけじめが付くとモチベーションの維持もできるので、気持ちを切り替えられる環境づくりは長く勤めるうえで大切です。
 

前の職場で疲れた表情が出てしまったり、だらだら業務を行ったりすることがあったという人でも、職場環境が変わると意欲や働き方を立て直せますよ。
 

自分自身が働きやすいだけでなく、周りの人も気持ちよく働けるため風通しよく仕事ができます。
 

2.休日出勤が少ない会社を見極めるポイント

 

休日出勤が少ない会社のメリットをお伝えしましたが、実際に転職をするときは何を基準に見極めると理想の会社に出会えるのか、疑問に感じる人もいると思います。
 

入社してから実は休日出勤が多い職場だったと発覚した場合、もっと調べておけばよかったと後悔してしまいますよね。
 

転職する際にチェックしておきたいポイントを次にお伝えするので、仕事選びで後悔しないように、ぜひ活用してください。
 

①勤務体制をチェックしよう

 

会社を見極めるポイントとして、勤務体制のチェックがあります。
 

業種や給料が希望に合った会社でも、勤務体制も確認しておかないと、一つの見落としが後で落とし穴になるかもしれません。
 

前もって特徴を見定めるのが重要ですが、具体的にどういった特徴を確認していくといいのでしょうか?
 

・勤務時間は固定されているか?

 

求人票の勤務時間を見て、シフト制か時間が固定されているのかチェックすると、休日出勤の可能性が高いか分かります。
 

シフト制の勤務では急に休む人がでたとき、人手不足にならないように増員が必要です。
 

その場合もともと休みだった人が出勤するケースが考えられるので、緊急時は休日出勤があるだろうと想定できます。
 

勤務時間や休日が初めから固定されていると、全員が同じ時間内で働いているため、急に欠勤者が出ても代わりに出勤する心配はありません。
 

・みなし残業には要注意

 

みなし残業は初めから給料に残業代として、上乗せされている手当です。
 

例として25,000円(20時間みなし残業代)と記載があった場合は、平均で毎月20時間は残業をするという予想ができるため、比例して休日出勤が多い可能性も高くなります。
 

「この会社、ほかの仕事よりも給料が高いなあ。いい会社見つけたかも!」
 

と、金額の高さに惹かれる人もいますが、意味をしっかりと理解しておかないと、入社したら残業や休日出勤が多かったと後悔する人もいるので、給料の内訳も見落とさずに確認しておくと安心です。
 

②休日出勤が少ない業種はあるの?

 

就職活動で働きたい業種が決っていない場合、的を絞って探せないので思うように仕事探しが進まないかと思います。
 

カテゴリーが定まらないと求人の数も多すぎて、何から見ていけばいいのか悩んでしまいますよね。
 

そこで狙い目の業種を知っておくと仕事探しがスムーズに行えますが、休日出勤が少ない会社に転職したいときは、どこに狙い目をつけるといいのでしょうか?
 

・就業時間が明確な仕事は休日出勤が少ない

 

公務員や事務職など就業時間がはっきりと決まっている仕事は、休日出勤が少なく規則正しい勤務ができます。
 

もしも就業時間に明確な決まりがない
 

  • ホテル
  • コンビニエンスストア
  • 飲食店

  •  

    このような24時間経営の仕事だった場合、曜日や時間帯も関係なく勤務があるので、思うように休めないケースも少なくありません。
     

    休日出勤を少なくしたいのであれば、就業時間が初めから固定されている会社を選ぶのが堅実です。
     

    休日出勤が少ない会社で働くと、プライベートが充実する!

     

    休日出勤が少ない会社に転職すると仕事と生活のバランスがとれるので、プライベートも充実させることが出来ます。
     

    仕事ばかりではストレスが溜まりやすいため、働きやすい環境づくりは何よりも大切です。
     

    今回ご紹介したポイントをもとに、どういった職場がいいのか見極めていくと、自分が求める企業と出会うきっかけが作れます。
     

    ぜひ自分が求める会社に転職をして、理想の働き方を手に入れてくださいね。