新しい仕事への内定が決まると安心する半面で、
 

「新しい職場はどんな雰囲気で、どんな人が働いているのかな…?」
 

「もし自分の配属される部署の人間関係が悪かったらどうしよう…。」
 

と不安を感じるかと思います。
 

出社日まで毎日ドキドキした気持ちで過ごしたり、緊張しすぎて眠れないという人も多いんですよ。
 

でも、そんな状態だと、なかなか心に余裕が持てずに休んでも休んだ気持ちになれなかったり、疲れが取れないということもでてくるかもしれません。
 

そこで緊張しすぎて体調面に影響したり、入社後にどうしたらいいのか分からずに悩んだりしないように、内定後や入社初期に感じやすい不安の解消法をご紹介します。
 

スポンサーリンク

1.内定後の不安対策について

 

新しい就職先が決まって内定の連絡をもらったとき、今までの転職での不安や焦りから解放されたことから、心に余裕ができます。
 

しかし、どこか心の中では新しい職場で自分はやっていけるのかという新しい不安も出てくるのではないでしょうか?
 

そこで新しい会社に出社するまでの期間に抱えやすい不安を解消し、新しい環境へ前向きに進んでいくためにはどうしたらいいのかについて、お伝えしていきます。
 

①新しい環境に馴染めるか不安

 

前職を人間関係の理由やトラブルで退職した人であれば、次の職場の環境は気になるポイントです。
 

初めからどんな人とでも話せる人はなかなかいませんが、相手に好印象を与え、職場に馴染めるようにしていくにはどのようにしていくといいのでしょうか?
 

・挨拶をしっかりとする

 

挨拶は、社会人として基本中の基本です。
 

どんな人にでも挨拶する人は、それだけで周りからの印象が高まりますし、場の空気も明るいものへと変える力を持っています。
 

ちょっとした心がけで周りの人も自分自身も気持ちのいい働きができるのなら、挨拶は必ず心得ておきたいですよね。
 

また、挨拶のあとに、
 

「今日はとても寒いですね。今夜は雪が降るみたいですよ♪」
 

など日常会話もプラスしていくと、自然と周りの社員との距離感も縮んでいくことができます。
 

・身だしなみを周りと合わせる

 

例えば今までアパレルの仕事をしていた人が事務職に転職した場合、今までと同じような服装や化粧では周りと浮いてしまう可能性があります。
 

そうなると、
 

「あの人ってなんか服装もちょっと派手な感じだし、私たちと雰囲気が違うよね。」
 

とマイナスに感じる人もいるかもしれません。
 

そこで職場の雰囲気を見て、どんな服装や化粧が合っているのか考えて周りと合わせるようにすると、馴染みやすくなります。
 

自分の個性を大切にしたいというのももちろん大事なことですが、周りと同じような雰囲気のほうが相手からも話しかけやすい人だと判断されやすくなるため、協調性を持つこともその場に応じては必要です。
 

・急に距離を縮めすぎない

 

早く職場に馴染もうとするあまり、ほかの社員にひたすら話しかけたり、仕事中にプライベートの話をしたりする人もいますが、相手からすると急に距離が近くなりすぎることで一歩引いてしまうこともあります。
 

早く新しい環境に慣れたいと感じるかもしれませんが、焦らずに一定のペースと距離感を保つように心掛けるのが、職場での人間関係を良好に保つコツです。
 

②未経験の仕事に決まり、できるのか不安

 

今までと全く違う仕事に採用が決まり、仕事の内容や進め方が分かずこの先どうなるのか不安に思う人は多いと思います。
 

未経験の仕事だと仕事内容を想像することも難しく、自分が今まで経験してきたことはどうなるのかとつい感じてしまうのではないでしょうか?
 

入社日まで毎日考えてしまうかもしれませんが、不安ばかりではせっかくの仕事を楽しいと思うことができなくなってしまうかもしれません。
 

そのようにならないためにも、入社してから気を付けることや考え方のコツをお伝えします。
 

・分からないことは聞く

 

誰でも未経験であれば初めは分からなくて当たり前です。
 

今まで社会人として経験があれば、プライドを高く持つ人や、周りからできないと思われないように必死に一人で仕事をしようとする人もいますが、分からないことは素直に周りに聞くことが大切です。
 

転職すると自分より年下が上司ということもあるかもしれません。前職で培ってきたものはいったん0にして新しいスタートを切ることで、気持ちを切り替えて次に進んでいけます。
 

周りに頼ることで得られることもあるので、分からなくても周りの人に素直に聞くように心がけると、自分一人ではないと思えるようになり精神的な負担が少なくなりますよ。
 

・次の仕事での魅力をリストアップする

 

未経験でも働きたいと思ったということは、その仕事に魅力を感じたから応募し入社を決めたのではないでしょうか?
 

応募するときや面接するときの「やってみたい!」という素直な気持ちはとても大切なので、入社してからも忘れずにしていきたいですよね。
 

不安な気持ちばかり抱えていては、せっかくの魅力的に思った部分も見えなくなってしまうので、入社してからの目標や自分がやりたいと思うことを考えてみてください。
 

前向きになると、自分はダメなのかもしれないと考えているときよりもプライベートも存分に楽しめるようになり、少し嫌なことや辛いことがあっても、その先の目標に向かって努力して乗り越えていけるようになるはずです。
 

まとめ

 

採用後や入社初期はこの先の働き方が見えないため、分からないことに対する不安は大きく今までと違う環境になるストレスも抱えることになるので、見えない疲れも蓄積されてきます。
 

初めから頑張りすぎても疲れてしまいますが、かといって不安ばかり感じていても楽しめなくなってしまい自分が損をしてしまいますよ。
 

そこで楽しんで仕事をするためには転職活動での不安を処理し、目の前の問題を改善していくことが大切になってきます。
 

転職活動で感じる不安を上手に処理していくことで、新しい環境でも自分らしく仕事ができるようにしていきたいですね。