転職を考える人の中には、現在の職場環境に不満を持っている人も多いと思います。
 

上司との相性が合わない人や、同僚とうまくやっていけない人、そのほか長時間労働を強いられて身体がもたず、次の仕事場を求める人。
 

新しい職場を求める理由は人それぞれですが、せっかく転職するなら少しでも長く勤められる企業に入社したいですよね。
 

しかし退職する人が少ないことだけを決め手にすると、「これだけで入社を決めてもいいのかな?」と不安を感じる要素にもなります。
 

仕事選びで失敗しないためには、業界や企業の特徴を前もって把握するのが大切です。
 

今回は離職率が低い業種に転職を考えている方へ、仕事を変えるときに役立つ情報をお伝えしていきます!
 

スポンサーリンク

1.離職率が低い業界や会社の特徴は何ですか?

 

仕事を探す前に離職率が低い業界や会社の特徴を知ると、転職に有利です。
 

情報がないまま仕事を決めると、条件に合った求人を見つけるのが難しく、思うように転職活動が進まないかもしれません。
 

狙い目の業界やチェックしておきたい特徴とは、具体的に何があるのでしょうか?
 

①離職率が低い業種が知りたい

 

離職率は業種によって差があるので、何が低いのか分かると仕事を決めるときの参考にできます。
 

求人を見るときに離職率が低い業種にターゲットを絞ると、選択肢も限定されて仕事を探しやすくなりますよね。
 

転職を成功させるためにも、どういった仕事だと退職する人が少ないのか傾向を知っておくのが必要です。
 

・電気・ガス関連会社は離職率が最も低い

 

あらゆる職種の中でも、電気・ガス関連会社は離職率が最も低いといわれています。
 

なぜ低いのかというと、
 

  • 大手の企業が多い
  • 休日が安定している
  • 対人関係が少ない

  •  

    このような働きやすさが、退職する人の少ない理由です。
     

    離職率の低さだけではなくその理由まで知ると、転職するときに安心感を持って入社できます。
     

    ・BtoB業界が狙い目

     

    「B to B業界って何?」と感じる人もいると思いますが、B to B業界とは企業を相手に取引している会社を指します。
     

    例えばメーカーからの依頼で商品の製造を行うなど、直接的に消費者とのやり取りがない業界のことです。
     

    直接的な関わりが少ないと、対人トラブルやクレーム対応も減るので、人間関係でのストレスを感じにくいメリットがあります。
     

    そんなB to B業界は働きやすく、メリットが大きいと魅力を感じる人も増え、近年人気が高まっている仕事の一つです。
     

    ②離職率が低い会社に共通する特徴はありますか?

     

    離職率が低い業界をみたときに、自分が働きたい業界が当てはまっていない人もいるかと思います。
     

    該当していないことで不安も抱くかもしれませんが、そんなときは離職率が低い会社に共通する特徴に目をつけると、長く安定して働ける会社を見つけやすくなりますよ。
     

    仕事探しの前にしっかりと覚えておきたいところですが、どういった特徴が共通しているのでしょうか?

    ・職場環境や人間関係が良好である

     

    対人関係で問題が起きやすい職場は風通しが悪く、ストレスに繋がって退職する人が増えていきます。
     

    雰囲気が悪いと働きづらさを感じて、精神的な負担になったり業務がスムーズに進まなかったりと、いろんな影響が出てきそうですよね。
     

    退職者の少ない会社の場合、雰囲気がよく人間関係のトラブルも少ない特徴がみられるため、社員が気持ちよく働ける環境が整っているのも、離職率の低さに繋がっています。
     

    ・福利厚生が整っている

     

    福利厚生が整っている会社は将来性を感じられるため、安心感を持って長く働けます。
     

    昇給やボーナス制度があると、仕事の意欲やモチベーションにも繋がりますし、手当がしっかりしていることでライフイベントが起きても、転職せずに仕事を続けるケースが多いです。
     

    自分の将来を考えたときに、不安要素がない会社ほど退職者が少なくなります。
     

    ・有給の取得がしやすい

     

    有給を取得できるとリフレッシュする時間が増えて、仕事への不満やストレスが溜まりにくく、特に家庭を持っている人は家族との時間も優先しやすいため、メリットが大きいと思います。
     

    プライベートの計画が立てられると、楽しみもできて仕事を頑張れそうですよね。
     

    有給取得をなかなか認めてくれない企業も中にはあるので、前もって休みの融通が利く職場なのか知っておくと、入社後も安心して仕事ができます。
     

    2.転職するときに気をつけておきたいポイントについて

     

    業界や会社の特徴以外にも転職で気をつけたいポイントを押さえると、失敗することなく理想の会社と出会えます。
     

    企業の良いところしか知らないまま入社を決めると、後で「もっと詳しく調べたら良かった…」という状況になりかねません。
     

    転職するときはプラスになる要素だけではなく、入社後に想定できるマイナス要素も考慮しておく必要があります。
     

    注意点を見逃さないためにも、次に気をつけるべきポイントをお伝えします!
     

    ①離職する人が多い業界も知っておく

     

    離職率が低いだけでなく退職者が多い業界の情報も、仕事探しで業種を決めるのに役立ちます。
     

    働きたいと思った業界で退職する人が多かった場合、
     

    「この仕事にしたかったけど、辞める人が多いなら応募するのも迷うなあ。」
     

    と、不安に感じてしまいますよね。
     

    そんなときは業種で全てを決めつけずに、あらゆる方向から会社の特徴を見ていくのが必要です。
     

    離職率が高かったとしても、事前に特徴が分かると対策を立てられるので、得た情報を活用することで転職を成功に結びつけられます。
     

    ・離職率が最も高いのはサービス業

     

    サービス業は離職率が高いといわれています。
     

    トラブルやクレーム対応などストレスに繋がる要素が多いことや、不規則な勤務で体調管理が難しいのが、退職者が多くなる理由です。
     

    サービス業に転職する人は身構えるかもしれませんが、前もって勤務体制の確認やトラブルの対処法を身につけて、対策を取っておくと安心して働けますよ。
     

    不安があったとしても自分がやりたい思う仕事で、やりがいを持って働きたいですよね。
     

    ②業務内容が自分に合うか確認する

     

    業種だけでなく業務内容までしっかりと確認するのが、仕事を決める際に注意したいポイントです。
     

    離職率の低さだけに惹かれて入社すると、業種が自分と合わずにスキルを活かせなかったり、やりがいを持てなかったりと、マイナスの要素を強く感じることになるかもしれません。
     

    離職する人が少ない職場だとしても、自分に合った仕事を選んだら良かったと、後悔してしまいそうですよね。
     

    働きたいと思う仕事や自分に合う業務を自己分析するのも、転職で失敗しないためには必要です。
     

    事前に特徴を知っておくと、理想の会社を見つけやすい!

     

    転職対策を怠ったままの状態で仕事を決めると、入社後に後悔するケースも少なくありません。
     

    離職率が低い会社を探すのは難しいと思うかもしれませんが、業種や会社の特徴をしっかり押さえると仕事探しがスムーズになり、悩まずに求めている企業を発見できます。
     

    どんな働き方をしたいのか、自分自身の気持ちも大事にして行動するのも、失敗しないためには必要なポイントです。
     

    採用が決まるまで不安も大きいと思いますが、今回お伝えした情報やポイントを活用して対策を立てると、転職を成功へと繋げられますよ!