理由の違いはあれど、失敗したくないのが転職。
 

必死に仕事を探していても、
 

「転職先が今の職場より悪かったらどうしよう…。」
 

と不安に感じてなかなか活動が進まないという人もいると思います。
 

転職回数が多いほど不利になりがちな現代の社会では、できれば失敗はしたくないところです。
 

かといって、ずっと怖がっていても仕事が決まるわけでもなく、ズルズルと引きずって結局転職できなかったというパターンになりかねません。
 

次の職場を探していく中で不安や恐怖は付き物ですが、しっかりと対策をしておけば今よりも安心して転職に臨めるはずです。
 

今回は転職活動に恐怖感を感じる人に、成功へ導くのに役立つ情報や覚えておきたいポイントをご紹介していきます!
 

スポンサーリンク

1.転職活動を怖いと感じる理由とは?

 

転職活動を成功させるには、なぜ恐怖心を感じるのか理由を知ることが必要です。
 

漠然と怖がっているだけでは先が見えてこないため、自分が具体的に何を怖いと感じているのかを把握しておくことが解決の糸口になります。
 

では転職活動を怖いと感じるのには、どういった背景があるのでしょうか?
                          

①過去に転職を失敗した経験がある

 

転職に恐怖を感じる理由としては、
 

  • 過去に転職で圧迫面接を受けて嫌な思い出がある
  • 不採用が続いて辛かった


 

などといった失敗した経験や悪いイメージが強く残っている場合が考えられます。
 

今までに体験したマイナスの印象がきっかけとなって恐怖心や不安感を持つ人は少なくありません。
 

圧迫面接や不採用通知などで受けた嫌な気持ちが残っているとなかなか忘れられず、同じ場面に遭遇すると思いだしてしまいますよね。
 

過去の経験からまた失敗しないかと不安になるかもしれませんが、これまでと変わらない心境で活動しても成功の可能性は低いです。
 

いきなり気持ちを切り替えるとまではいかなくても、自分が何に恐怖を持っているのか見つめ「こちら側にも落ち度はなかったか?」と冷静な視点を持つことも、失敗のリスクを下げるカギになります。
 

②仕事がすぐに決まるのか不安

 

新しい職場を探したとき、条件の見合った求人がすぐに見つかるかどうかは明確に分かりません。
 

やってみたい仕事や働きたい企業を見つけても必ず採用される保証はありませんし、落ちることへの不安からマイナスの考えが強くなると、恐怖心も増していきます。
 

これからの見通しが立てられない状況は、心の奥底で不安や恐怖を生むきっかけの一つです。
 

不安定な状況を恐れるあまり妥協して転職先を決めたり、次々と面接を受けたりする人もいますが、がむしゃらに職場を探しても失敗に繋がりやすいため、マイナスの状況と向き合って乗り越えていくことが必要と言えます。
 

③新しい仕事を続けられるのか不安がある

 

企業の情報は入社前でもある程度調べられますが、詳しい業務内容や職場の雰囲気など働いてから見える部分もあるため、事前に全てを知るのは難しいです。
 

職場環境がイメージと違わないか怖い、労働環境は本当に整っているのか心配だと悪い方向へ考えて、
 

「新しい職場ってどんな雰囲気なんだろう?ちゃんと仕事を覚えて、話せる人もできたら良いけど…。」
 

と、環境の変化に不安を抱くこともあると思います。
 

しかし不安や恐怖を感じすぎると、転職先で力を発揮できず余計な焦りや思わぬミスなどを招きかねないので、意識して改善する姿勢が大切です。
 

トラブルが起きた場合の対策も考えてマイナスの気持ちを減らし、仕事に必要なスキルの習得など今できることに専念していけば不安も和らいできますよ。
 

2.失敗しないために行うべき対策法とは何ですか?

 

仕事を変えるときに恐怖感を抱く原因について見てきましたが、採用に繋げるためには不安や恐怖を自分自身で乗り越えなければいけません。
 

もしネガティブな気持ちのままで転職活動に臨んだ場合、つまずいた時に立ち直るのが難しくどんどん長期化してしまう危険性も高まります。
 

転職活動は日頃の積み重ねが何よりも重要なので、具体的にどういった対策がマイナスの気持ちに打ち勝つのに効果的なのか、次にお伝えしていきます!
 

①徹底した情報収集を行う

 

知らない情報や見えない部分が多いほど不安要素は増えてしまうので、マイナスの気持ちを少なくするには疑問を感じたらすぐに調べて解決する習慣をつけ、多方面から情報を集めるのが効果的です。
 

不明瞭な点がなくなると、目の前の課題がはっきりして転職活動で何を行えばいいかスケジュールを組み立てやすくなり、円滑な仕事探しにも繋がります。
 

しっかりと情報収集して知識を身につけることで、入社してからも後悔のない転職にしていきたいですね。
 

・インターネットを活用する

 

インターネットは時間や場所を問わない手軽な情報収集の一つで、調べたいときにその場で検索して知りたい情報が手に入るため、人気が高く利便性にも優れています。
 

たくさんのサイトやホームページから気軽にデータが見られるのは、何かと助かりますよね。
 

しかしインターネットには注意点もあり、一つのデータだけで判断すると信ぴょう性に欠けて誤った情報に気付かない可能性もあるので、正しいか見極めるには企業のホームページや求人サイト、口コミなどあらゆる方面を調べるのが有効と言えます。
 

・求人票は詳細も見逃さずチェックしよう

 

求人票を見るときのポイントは、自分が知りたい部分以外の情報でも記載されているデータは隅々まで確認して、内容をしっかりと把握することです。
 

少しの見逃しが後での失敗に繋がるケースも多く、次も同じようなミスを繰り返さないかと転職への恐怖心を強める原因になります。
 

マイナスの気持ちを減らして転職活動に取り組むためにも、普段から確認作業を行う習慣をつけておくといいかもしれません。
 

②前の職場との比較をしない

 

働く環境が変わると、
 

  • 企業の方針
  • 職場環境
  • 労働条件
  • 業務内容


 

などさまざまな違いが出てくるため、疑問や戸惑いを感じる出来事も多くなってきますよね。
 

慣れるまでは違いを比較してしまいがちですが、比べてばかりでは新しい環境にスムーズに適応できずストレスになりかねません。
 

転職先での負担やストレスを少なくするためにも、柔軟に変化を受け入れる心の準備をすることが重要です。
 

・社風や職場環境の違いを受け入れて働く

 

転職先で前職との違いを比較すると、周りの人に不快な思いを与えるおそれがあるため、態度や表情に出ていないか注意して仕事に臨みたいところです。
 

しかしそうは言っても完全に気持ちを切り替えるのは難しく、今まで習慣化していた癖がとっさに出て、
 

「また怒られちゃった…。前の職場の癖ってなかなか抜けなくて大変だな。」
 

と、発言や行動が空回りするかもしれません。
 

最初のうちは慣れなくても、柔軟に対応していけば周囲からの理解も得られるようになり、自分らしく働くことにも繋がっていきますよ。
 

事前に対策を立てて、転職活動を乗り越えていこう!

 

マイナスのイメージが強くなるほど転職に恐怖心を持ってしまいますが、成功するにはその場に応じた対策を立てて乗り越えていくことが大切です。
 

怖いと感じて身構えてばかりでは、転職活動中や新しい職場に行ってからも自分の力を発揮できません。
 

前もって対策を考えていると、トラブルが起きた場合でも適切に対処して、目の前の問題と向き合い解決に繋げていけます。
 

恐怖心は自分との戦いが大きいので、今回お伝えしたポイントを活用して強い意思を持ち、マイナスの気持ちを乗り越えて転職活動を成功させたいですね!