転職エージェントとは?仕組みから選び方まで徹底解説します!
 

転職活動を始めると、一般の求人サイトや転職サイトとは別に、「転職エージェント」というものが存在することに気が付く人も多いと思います。
 

求人サイトや転職サイトは、様々な求人案件を求職者に提供し、その中から自分で応募したいものを探して動いていくという馴染みの深いスタイルです。
 

対して転職エージェントは、求職者ひとりひとりに専任の担当者が付き、転職活動をサポートしてくれるサービスです。
 

しかし、
 

「申し込んだらどういう流れで進んでいくの?」
 

「転職エージェントで検索したら色々出てきたけどどれを選べばいいの?」
 

など、いくつか疑問が沸いてくる人も多いのではないでしょうか?
 

利用してみたくても、よく分からないままでは不安でなかなか踏み出せないものです。
 

ここでは、転職活動においてあなたの強い味方になる「転職エージェント」について、その仕組みから具体的な選び方まで解説していきます。
 

1.転職エージェントについて、基本を押さえよう!

 

転職を具体的に考えている人で、特にマッチングする企業さえあれば早めに転職したいという希望があるのであれば、転職エージェントはぜひお勧めしたいサービスです。
 

転職エージェントは、転職活動の様々な場面において、強力なサポーターになりえるのです。
 

まずは転職エージェントがどのようなものなのかを理解するために、基本から押さえていきましょう。

①転職エージェントの仕組みを知ろう

 

転職エージェントとは、シンプルにいうと、求職者と企業の橋渡しをおこなってくれる存在です。
 

各エージェントによって「キャリアアドバイザー」「キャリアコンサルタント」など呼び名はそれぞれありますが、専任の担当者がつくことが一番の大きな特徴になります。
 

あなたに代わって案件の紹介や相手先企業との面談のセッティング、入社にあたっての条件調整などを行ってくれるのがこの担当者です。
 

さらに、企業との面接の際にも同席します。要するに、お見合いの仲人さんを想像すると分かりやすいのではないでしょうか?
 

これだけのサポートを受けられる転職エージェントですが、一般的にすべて無料で利用することが可能です。
 

ちょっと不思議に感じる人もいると思いますが、転職エージェントは、あなたが転職先の企業へ入社した際には、その相手先企業から報酬を受け取ることで利益を得ることになります。
 

そのため担当者は、求職者の転職をバックアップしてくれるという仕組みが出来ているんですね。

②転職エージェント、その使い方とは?

 

転職活動で転職エージェントを使うためには、まずウェブサイト上から自分のプロフィールや転職に関する希望を入力することから始まります。主に、
 

  • 希望する転職時期
  • 希望の勤務地
  • 希望年収等(現在の年収)

  •  

    などが必要になります。
     

    また、転職エージェントの特性上ウェブからの申し込みだけでは完結せず、必ず担当者との面談が必要です。
     

    面談を行うことで担当者と実際に話を詰めていき、転職活動を密にサポートしてもらう体制を作っていくというわけですね。
     

    ただし、申し込みだけはしてみたものの、面談の時間がいつまでも取れなかったりするような状態では、
     

    「この人は本当に転職する気があるのか?」
     

    と思われてしまいかねません。転職エージェントを使う段階では、ある程度の転職活動の時間を確保でき、転職に対してのモチベーションがあることが必要です。

    ③転職エージェントはどんな会社がある?

     

    まず、転職エージェントは大きく
     

  • 総合型転職エージェント
  • 特化型転職エージェント

  •  

    の2つに分けることが出来ます。
     

    ここでは、ジャンルごとにいくつかの転職エージェントを挙げてみます。
     

    ・総合型転職エージェントの例

     

  • 業界最大手 リクルートエージェント
  • インテリジェンスが運営する DODA(デューダ)転職支援サービス
  • 外資系にも強い JACリクルートメント

  •  

    上記3つを「3大転職エージェント」と称することもあります。総合型エージェントの大手です。
     

    総合型転職エージェントは、とにかく全体の求人数が多く、業種を問わず幅広い案件を持っているのが特徴です。

    ・業種職種に特化した転職エージェントの例

     

  • エンジニアの転職専門 メイテックネクスト
  • 飲食業界の転職専門 エフジョブ
  • アパレル業界の転職専門 アパレル転職なび

  •  

    これらは業種職種に特化したタイプの特化型転職エージェントです。
     

    特定の業界や職種に限定しているため、担当者もそのジャンルに明るく、よりピンポイントでのマッチングを期待することができます。

    ・求職者の属性に特化した転職エージェントの例

     

  • 女性の転職に特化した Woman Career
  • 第二新卒に特化した 第二新卒AGENTneo
  • 年収1000万以上の転職に特化した BIZREACH(ビズリーチ)
  • 20代の転職に特化した マイナビ20’S
  •  

    さらに、特化型転職エージェントの中でも、女性向けや20代向けなど、様々な求職者の属性に特化している転職エージェントもあります。
     

    一例としては女性向けエージェントではコンサルタントも女性をメインにするなど、求職者がより転職活動をしやすい環境を整えていることが特徴です。
     

     

    このように、一口に転職エージェントといっても、それぞれ特色を持っているのです。

    2.転職エージェントを使う時に知っておくべきこと

     

    さて、転職エージェントの仕組みや基本について理解したら、いよいよ次は実際に検討に入る段階になってきたかと思います。
     

    ここでは、
     

  • 転職エージェントの選び方
  • 利用した際のメリット
  • 考えられるデメリット

  •  

    などについて、具体的に考えて行きます。
     

    ①転職エージェントの選び方とは?

     

    エージェントには総合型と特化型があることが分かりました。
     

    前の項で説明した通り、これらはそれぞれ一長一短ありますので、必ずしもどちらがおすすめというわけではありません。
     

    ・求人数が多いエージェントから探してみる

     

    転職エージェントを選ぶ際の基本としては、まずは持っている求人数が多い会社からをおすすめします。
     

    なぜなら、まずベースとなる数が多ければ多いほど、自分の希望やキャリアにマッチする可能性も自然と高くなるからです。
     

    転職エージェントを初めて利用するという人は、まず総合型転職エージェントの3大エージェントの中から1~2つを選び、登録してみてください。
     

    ・希望の職種があるなら特化型エージェントもあり

     

    加えて、特定の業種業界への転職希望がしっかりと固まっている人は、特化型転職エージェントへの登録を並行すると有効です。
     

    転職活動においては、選択肢を増やすためにも転職エージェントを一社に絞る必要は全くなく、複数社の利用が一般的です。
     

    実際に利用してみて自分の求めるような案件が得られない場合は、さらに別の転職エージェントに登録することも可能ですので、状況に応じて臨機応変に選択してください。

    ・あなたにとっての相性の良いエージェントを見つけよう

     

  • 総合型転職エージェントと特化型転職エージェント、並行して使うのもおすすめです。
  • 実際に登録してみて相性が合わなかったり案件がない場合もあるので、自分に合うエージェントを探そう。
  • ②転職エージェントを利用することで得られるメリット

     

    まず第一のメリットとして、転職エージェントは、一般に公開されていない「非公開求人」と呼ばれる案件を扱っているということが挙げられます。
     

    業界最大手のリクルートエージェントのトップページの記載によると、非公開案件はなんと10万件とのことです。
     

    これらは転職サイトやハローワークの求人検索だけを行っていては、決して得られません。
     

    では、なぜ非公開求人をそんなに多くしているのでしょうか?
     

    ・好みの人材をピンポイントで集めやすい

     

    企業側としては、求人を非公開にすることでマッチする人材をピンポイントに狙うことが可能で、多数の求人者をふるいにかける手間が省けるというメリットにつながり、このような非公開求人が存在する一因となっています。
     

    逆に考えると、非公開にされている案件は、欲しい人材が明確に決まっている厳選された求人である場合が多く、公開の案件に比べると条件等も比較的良い傾向があります。
     

    そのため、自分のスキルやキャリアがマッチしていれば、転職エージェントに登録することで良い条件の案件を得られるということになります。
     

    ・転職エージェントを活用することで時間が短縮できる

     

    次に、現在の仕事を行いながらの転職活動では特に、時間的な制約が大きな問題となります。
     

    時間が取れないために思うように活動が進まず、モチベーションが下がってしまっては元も子もありません。
     

    転職エージェントを利用すれば案件の紹介から企業側との調整までを担当してくれるわけですから、自分だけで行うよりも格段に効率が上がります。
     

    その結果、限られた時間の中で有効に転職活動を進めることが出来るというメリットが生まれるのです。
     

    ・転職のプロからのアドバイスは頼もしい

     

    最後に、転職エージェントの担当者というのは多数の求職者や企業と接している転職のプロです。
     

    転職活動には時間や労力を必要とし、時には不採用が続き自分の中で煮詰まってしまうこともあります。そんな時、担当者からの今後のアドバイスは非常にプラスになると考えられます。

    ③転職エージェントを利用することで考えられるデメリットやトラブル

     

    特に大手の転職エージェントで顕著ですが、担当者が多数いるため、担当者の良し悪しや自分との相性が合わないといった事例が出てきてしまう場合があります。
     

    一度コンサルタントが付くと担当は変えることが出来ないのではないかと思いがちですが、転職エージェントでは担当者の変更は可能です。
     

    エージェント側でも、そういった希望を受けることは慣れているのです。
     

    もし担当者と合わないと感じた際は、担当を変更したいという意向をエージェント側に伝えるようにしてください。
     

    さらにもうひとつ、トラブルを避けるためも認識しておかなくてはならない点があります。
     

    ・彼らの仕事は転職希望者を転職させることにある

     

    転職エージェントはボランティアではないということです。
     

    これがどういうことかというと、エージェントの担当者は、求職者を入社させその結果として報酬を得ることを目的としています。
     

    そのため、多少強引とも受け取れるような進め方をする担当者に当たってしまうということも考えられます。
     

    しかし、転職するのはあくまで自分自身です。
     

    「親身になってもらって手間をかけたんだから、希望の条件ではないけど入社に同意したほうがいいのかな…」
     

    「もう色々と面倒だから、転職エージェントを使うのを辞めちゃおうかな…」
     

    といったような、感情に流された判断をして、あとで後悔する事態にならないよう担当者には意思を明確に伝えることを心がけてください。
     

    転職エージェントはとても有効なツールですが、うまく活用できるかどうかは自分自身にかかっているのを忘れないようにすることが重要ですね。

    転職エージェントは転職の強い味方!

     

    転職エージェントへの利用をどうするか迷っているのなら、ぜひ積極的に登録して活用することをおすすめします。
     

    転職エージェントは、希望を叶えたい求職者、マッチする人材がほしい企業、それを仲介し利益を得るエージェント、この三者がWIN-WINの関係で成り立っているビジネスであり、
     

    このサービスを無料で受けられる立場の求職者は非常にラッキーだと言えるのではないでしょうか?
     

    転職業界はここ数年とても活発に動いていて、転職エージェントの種類もサービスもさらに多様化し、求職者の選択肢はますます広がっています。
     

    転職エージェントの仕組みやメリットを知って、あなたの転職を有利に進める強い味方にしてくださいね。