転職のメリット・デメリットを徹底解説します!

「本当に転職をするべきか、今の会社にとどまるべきか?」
 

これは、転職を検討するプロセスで、誰もが一度はぶつかる悩みではないでしょうか。
 

仕事を変えるということは、人生を左右する大きな決断になります。
 

勢いや直感で決めて、良い結果を生むこともあるでしょう。でもそれでは、どう出るか分からない賭けのようなものです。
 

それよりもまず重要なのは、
 

転職した時に考えられる「メリット」と「デメリット」を事前に把握し、考えることです。
 

ここではその具体例を挙げながら解説していきます。
 

転職に迷った時、判断材料にして見てくださいね。
 

1.転職の時に考えられるデメリットとは?

 

転職は、現在の仕事における不満を解消したり、もしくは自分の希望を叶えるために、検討する人がほとんどだと思います。
 

しかし転職には、デメリットもあること、必ず成功するものではないことを忘れてはいけません。
 

「ああー、転職して失敗だった!」
 

「こんなところまさか、落とし穴なんてあったの…?」
 

という後悔は、そう珍しいものではないのです。

そういった事態をできる限り回避するための準備が必要です。
 

①転職すれば解決するとは限らない一面が!

 

まず、あなたが転職を検討している理由はなんでしょうか?
 

転職をしたい理由は、それこそ人それぞれだと思います。例えば、
 

  • 給与水準のアップ
  • IターンやUターンで勤務地変更

  •  

    などの場合もあるでしょう。
     

    ちなみに、今ここで挙げたものは、転職することで改善が見込まれる可能性が比較的高いものです。
     

    しかし、人間関係がうまくいかずに転職する場合はどうでしょうか?
     

    入社前に、社内の人間関係や上司の人間性まで把握できるかというと、これはなかなか難しいのが現実です。
     

    また、全くの異業種に転職するパターンの時は、いざやってみると自分には合わず、続けられないということも考えられます。
     

    こういった場合、またすぐに転職を検討しなくてはならない可能性があるのです。
     

    そのため、今現状に満足していなくて、ただ辛い環境から逃げたいという理由で転職をすると、痛い目に合ってしまう可能性も十分考えておく必要があります。
     

    ・転職は必ずしもプラスばかりではない

     

  • 転職すればすべて解決するわけではない、という視点は忘れないようにしましょう。
  • 転職回数が増えたり短期間の職歴がつくと、次の就職活動に不利になることもあります。
  • ②転職すると、損をする?お金の面から考えてみよう!

     

    例えば「退職金」って、転職するとどうなるのでしょうか?
     

    日本の雇用制度はもともと終身雇用を前提としてきたため、退職金の考え方としては、一般的に在籍年数が長いほど有利になります。
     

    在籍年数が長いほど退職金が多くなるということはつまり、転職をすることで将来受け取れる金額が少なくなってしまう、ということです。
     

    ただ、以前に比べて退職金制度も多様化してきていて、転職してもそのまま引き継げるところもありますので、一概にはもらえる金額が少なくなるとも言えないようです。
     

    この辺に関しては、現在の会社の退職金制度を確認してみることで把握できますね。
     

    さて、それでは実際に転職が成功して新しい会社に入社した場合を想定してみましょう。
     

    多くの場合、1年間は「賞与」が支給されない、もしくは満額は出ないという点を考慮すると、転職の際は月収だけにとらわれず、年収や生涯賃金ベースでシミュレーションしてみることをおすすめします。
     

    実際にシミュレートしてそこで初めて、自分で想像する額よりも損になってしまうことに気付く可能性もありますので、ここはよく慎重に考えるべき項目です。
     

    ③家や車の購入が難しくなる?

     

    近いうちに車の買い替えを控えていたり、家族がいる人は家や不動産の購入を検討していることもあると思いますが、不動産は大きい買い物なので、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。
     

    ですが、基本的には転職直後から入社数年まではローンを組めないか、もしくは非常に難しくなります。
     

    銀行はお金を貸すときにもちろん詳細に審査をするわけですが、勤続年数というのは、とても重要視される項目なのです。
     

    長期にわたってローンを返済していくにあたって、入社したばかりの場合はまだ社会的信用がないと見なされます。
     

    その結果ローンが通らないか、希望通りの額が組めず計画の変更をしなくてはならなくなります。
     

    なので、もしここ数年で家や車を検討している人であれば、転職との比重と比較してみて、どちらを優先するのかを決めておく必要があります。
     

    ・今後の生活設計と照らし合わせてみよう

     

  • 大きな買い物でローンを組む予定はありませんか?
  • いざとなって「そんな!」とならないように、長い目で今後の予定を考えてみよう。
  • 2.転職をすることで得られるメリットとは?

     

    転職は、現在の職場で抱えている不満を解消したり、希望を叶えることができる手段です。
     

    だからこそ多くの人が転職をしていて、そこには大きなメリットが存在しているのです。
     

    自分が得られるメリットをしっかりと把握し、デメリットと天秤にかけることで自分の進むべき方向が見えてくることがあります。
     

    それではメリットについて見ていきましょう。
     

    ①なんと言っても、自分の希望に近付くことができる!

     

  • 「給与アップ」
  • 「ライフワークバランスの確保」
  • 「キャリアアップ」

  •  

    など、転職することで自分自身の希望が叶う可能性があるのが、最大のメリットです。
     

    転職をせず、現在の会社に在籍したままで、自分の待遇を大きく変えていくというのは、そう簡単にできるものではありません。
     

    また、今までのキャリアと違った業界にチャレンジしたい場合には、転職は必須になってきます。数年後、
     

    「あの時、転職をしておけば!」
     

    と、後悔はしたくないですよね。
     

    自分自身の将来のビジョンを見据えた時に、プラスになると予想できるのであれば、それは転職に踏み切る大きなメリットになります。

    ②仕事へのモチベーションアップ、スキルアップなどが可能

     

    転職を検討するということはもちろん、なんらか理由があってのことだと思います。
     

    ということは、今の仕事に対するモチベーションが、下がってしまっているのではないでしょうか?
     

    モチベーションの低下は周囲で働く同僚や上司にも伝わり、社内での評価が下がってしまったり、信用を失って悪循環に陥ることも考えられます。
     

    転職をして自分の希望に近づくことは、モチベーションの回復に直結するため、結果として、今後のスキルアップやキャリアアップに繋がっていくことは十分考えられます。

    2016年は盛況?データから見る転職市場

     

    株式会社インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」では、毎月、「転職求人倍率レポート」を発行しています。
     

    2016年3月7日に発表された最新のデータから引用すると、
     

    「求人数は前年同月比145.3%、転職希望者数は前年同月比156.8%。求人数は15カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新。」
     

    となっています。つまり現在、転職市場は非常に活発であることが言えます。
     

    こういった状況は、転職先を探すにあたっての選択肢が増えることを意味します。
     

    これは、転職の時期を迷っているときに、非常に大きなメリットのひとつと考えられますね。

    ・タイミングの見極めも大切

     

  • 転職市場が盛況であれば、選択肢も豊富になり、良いタイミングと言えます。
  • 求職者数も多いので、良い案件があったときは早めに動くように心がけよう。
  • 転職のメリット・デメリットのまとめ

     

    勢いや直感で転職を決めるのは賭けのようなものだと冒頭で書きましたが、転職には、ギャンブル的な要素があるのも事実です。
     

    入社後のギャップが全くない会社というのは少なく、入ってみないとわからない部分はやはりあるのです。
     

    しかし、だからこそ、転職を成功させるためには事前にできる限りの想定をしておくべきだと言えるでしょう。
     

    最後に決めるのは自分自身です。
     

    判断材料のひとつとして、自分の状態や希望から、メリットとデメリットを具体的に把握する作業をしてみてください。