転職時に欠かせない履歴書の書き方について徹底解説します!
 

「ここの会社に応募しよう!」
 

と決めたら、欠かせないのが履歴書の準備です。
 

企業に応募する際は書類選考を行う場合がほとんどですので、まずはその履歴書に全てを託すことになります。
 

履歴書というのは、企業にとってあなたを映し出す分身のようなものに他なりません。
 

数多くの履歴書を精査する採用担当者の気を引くレベルのクオリティでなければ、実際に採用されるのは難しいです。
 

そう、つまり履歴書の良し悪しによってその後の採用が決まってくると言ってもいいほどです。
 

「ぜひ会ってみたい!」
 

と面接官に思ってもらえるような履歴書を作成するために、今回はその作成に必要な知識や書き方について説明していきます。
 

スポンサーリンク

1.まずは履歴書の基本を押さえよう

 

ここでは履歴書の内容を考える前に、まずは履歴書のルールや基本から押さえていきます。
 

履歴書の内容を分かっているつもりでも、意外と見落としをしてしまうのが人間ですね。

 
書類で多数の候補者と競うわけですから、ちょっとでも印象良く受けられるようにするため、どこに気を付けるべきかこれから説明していきます。

①手書きorパソコン?履歴書の作成手段

 

これは結構迷う人が多いのではないでしょうか?
 

結論から言うと、特に指定がない場合手書きにすることが望ましいです。
 

一昔前、履歴書は手書きが当たり前でした。そのため、採用担当者の中には「履歴書は手書きであるべき」と考える人が一定数いるのが実際のところです。
 

どちらが正解というわけではないので、手書きかパソコンかで合否が大きく左右されるケースはそう多くはないですが、悩んだら手書きにしておくのをおすすめします。
 

また、字が綺麗で目を引きアピールポイントになると考えられる場合も、手書きで作成することで他のライバルと差をつけることが出来ます。
 

逆に、
 

  • IT企業である
  • 外資系企業である
  •  

    などの場合はパソコン作成で作成する必要があります。
     

    なぜかというと、アメリカなどの外資系企業の場合、手書きの履歴書というものがほとんどないため、プラスになるとは考えにくいからです。
     

    むしろ、非効率的だとマイナスに捉えられてしまうため、IT色の強い企業に応募する場合はパソコンで作成することがポイントです。
     

    また、履歴書作成について手書きかパソコンか指定があることもありますので、その場合は見落とさずに必ず指示の通りにします。

    ・手書きの場合、間違えたら必ず書き直そう!

     

  • 手書きで書く場合、修正テープや修正液の使用はNGです。
  • どうしても書き直せないのであれば、消すのではなく、二重線+訂正印で対応しよう。
  • ②どれを選ぶ?履歴書のサイズや規格

     

    履歴書はコンビニなどで気軽に購入することが出来ますが、実はサイズが2種類あるのはご存知でしたか?
     

  • A4サイズ(見開きでA3)
  • B5サイズ(見開きでB4)

  •  

    の2種類です。
     

    国際規格が前者、日本で昔から主に使われてきたのが後者です。
     

    これも、どちらのサイズを使うかで合否が決まるようなことはまずありませんが、企業で使用する書類はA版のサイズで統一されていますので、A4サイズをおすすめします。
     

    作成する職務経歴書とも同じ大きさで綺麗なので、綺麗にまとめて送付することが出来ます。さらに、一般的な文書の書類はA4で統一されていますので、相手先企業でのファイリングなども便利です。
     

    また、履歴書の規格ですが、
     

    「JIS規格のもの」
     

    などと指定される場合があります。
     

    JIS規格とは日本の工業規格のひとつとして履歴書としては最も一般的な様式で、ハローワークインターネットサービスからもダウンロードすることが出来ます。
     

    それ以外には、各用途に特化した独自形式の履歴書があり、そのひとつに転職用の履歴書もあります。
     

    こちらは、職歴欄が広く取られている形式のものから、退職理由や現在の給与などまで記入できるようなものまであります。相手先の企業や書きやすさに合わせて選択しましょう。

    ③履歴書に貼付する写真のポイントとは?

     

    履歴書の写真は必ず3か月以内に撮影したものを使用します。それ以前に撮ったものが残っているからといって使いまわしは厳禁です。
     

    また、撮影の際は、面接に行くときと同様の服装や髪形で行います。なぜなら、前でも述べたように履歴書は合否を左右する自分の分身であるためです。
     

    実際に面接に行くときと同じように、服装、身だしなみ、メイクなどを万全に整えて撮影にのぞんでください。
     

    写真を撮影する場所としては、写真館かスピード写真のいずれかになります。

    ・スピード写真

     

    価格はおおむね700~800円で5枚前後です。
     

    手軽に撮れるのが利点です。

    ・写真館

     

    高価なイメージがあるかもしれませんが、例えばカメラのキタムラでは、4枚+焼き増し用のCDデータ付きで1,620円と比較的リーズナブルな価格設定です。
     

    プロが撮影し、写真をチェックしながら何度でも撮り直しが出来るという点ではおすすめです。
     
     

    さて、以上のようにそれぞれにメリットメデリットがありますが、
     

  • 表情(顎を引きすぎず口角を上げて笑顔で撮影すると明るい印象になります。)
  • 服にシワやヨレはないか
  • 髪形に乱れはないか、目にかかっていないか

  •  

    など、写真を撮る際のチェックポイントは共通です。
     

    スピード写真を利用する場合は、この項目を自分自身でしっかりと確認して、好印象を持たれる写真になるように意識して作ることがポイントです。
     

    ちなみに、膝に白いハンカチや紙を置くと光の反射の効果で顔映りが良くなりますよ。

    ・書類選考では写真が印象を大きく左右します

     

  • 応募者本人を見ることが出来ないので、自分が思った以上に写真が印象を決定します。
  • 履歴書の内容をさらに後押しするような、明るい印象のものを用意しよう。
  • 2.履歴書の書き方をしっかり把握して採用につなげよう

     

    さて、履歴書と写真が準備できたら次はいよいよ中身を考えて書いていきます。
     

    手書きの場合は黒のボールペンで、丁寧に記載します。字の上手い下手に関わらず、急いで適当に書いた字というのものは分かってしまいます。
     

    読み手を意識して書いたものは、その姿勢が顕著にあらわれるものです。
     

    字に自信がない人でも、その時に出せる丁寧な字で履歴書を書きましょう。

    ①学歴や職歴は全部書く?経歴欄の記入方法

     

    学歴は小学校から全て書けば良いのでしょうか?
     

    高校生でアルバイトに応募するならそれで良いですが、転職の場合、基本的には義務教育は省略し、高校卒業から最終学歴まで記入してください。
     

    転職用の履歴書によっては最終学歴のみの場合もあります。
     

    職歴に関しては、入社と退社をすべて記入します。在籍期間が短いからと省いたりはしないでください。
     

    なぜなら、省いたことで経歴に空白期間が出来ますが、いざ面接のときにその部分を尋ねられて職歴を書かずにいたとなると、不信感を持たれてしまう原因にもなるからです。
     

    場合によっては、意図的に隠したと思われかねません。
     

    また、職歴の配属先などはどんな仕事をしていたか分かるように簡潔に記載し、詳細については職務経歴書で記載するようにしましょう。
     

    肩書や実績まで記載してしまうと、職務経歴書と履歴書で重複して記載する部分が多くなり、何のために職務経歴書を提出するのが分からなくなってしまいます。
     

    履歴書の職歴欄はスペースに限りもあるため、あれこれ詰め込もうとせずに見やすい書き方を心がけてください。

    ②つい悩みがちな特技欄の記入例

     

    「特技なんて特にないし、 「どういうものを書くと印象が良いのかな?」
     

    とにかく悩んでしまいがちなのが特技欄です。
     

    だからといって、空欄にしたり「特になし」などと記載するのは避けます。
     

    どうしても特技がないのであれば、始めから特技欄のない履歴書を使用するのが小技として使えます。
     

    また、記入欄がコンパクトなことが多いので、文章で長々と書くとわかりにくくなります。
     

    そのため、特技を簡潔に書き、具体的な資格やエピソードを一文で添えるような形だと目に留まりやすくなります。
     

    ・業務につながるような特技

     

    「英会話(TOEIC〇点)(海外に通算〇回行き、現地の人々と英語で交流しています)」
     

    例えば、英語を使用する仕事の場合、それに関する特技を記載すれば強みのアピールになります。
     

    ・自分の長所につながるような特技

     

    例えば記憶力に自信がある場合、
     

    「記憶力(一度お会いした人の顔と名前は絶対に忘れません)」
     

    このような記載が効果的です。
     

    ここで大切なのは、誰もが目を引くようなものでなくても良いのです。
     

    自分に自信があるところを効果的に、かつ企業にとってプラスになるとイメージ付けられるような書き方をするのが肝です。

    ・ちょっと気になるユニークな特技

     

    「火おこし(休みのたびにキャンプに行き、今では3分あれば出来ます)」
     

    面接官が思わず聞いてみたくなる、ちょっと面白い特技を書くことで話が弾んで緊張が解けるかもしれません。また、この例だとアクディブな人物だという印象も与えることが出来ますね。
     

    ただし、場合によっては不真面目と受け取られかねないため、諸刃の剣ということを認識しておく必要があります。
     

    希望する企業がベンチャー企業なのか、もしくは保守的な社風の企業なのか、カラーをよく見極めて使用するとそのリスクを減らすことは出来ます。

    ③転職の場合、履歴書には職務経歴書を添付しよう

     

    転職の場合、履歴書と共に欠かせないのが職務経歴書です。
     

    履歴書の経歴欄だけでは書ききれない、詳細な職務経歴や実績などを記載するための書類になります。
     

    さらに、自己PRや転職理由、志望動機についてもより詳しく補足していくことが可能です。
     

    応募書類に書かれていなければ必須ではないですが、書類選考でよりアピールしていくためにも必ず添付しておくと安心です。
     

    職務経歴書は履歴書以上に読みやすさとわかりやすさが求められますので、パソコンで作成するようにします。
     

    転職サイトのマイナビ転職では、業種別に職務経歴書のフォーマットがword形式で無料ダウンロード可能になっています。
     

    ぜひ参考にしてみましょう。

    3.履歴書を送る際に注意したいこと

     

    履歴書の基本を押さえて、内容もしっかり吟味して作成したら、あとは送付するだけです。
     

    思わぬ見落としがないよう、注意するポイントをお伝えします。最後まで気を抜かないようにしてください。

    ①送付状・カバーレターはつけるべき?


     

    送付状(カバーレター)とは、履歴書や職務経歴書と一緒に同封する書類です。
     

    すぐに破棄してしまう企業も多いですが、送付状がプラスにはなってもマイナスになることはありませんので、履歴書を郵送する際は必ず付けるようにするとビジネスマナーとしても安心です。
     

    同封の書類を明確にわかるようにすることが目的になるので、パソコンで作成でOKです。なお、面接時に持参する場合、つける必要はありません。
     

    ②いよいよ投函!封筒の選び方


     

    履歴書は市販されている状態で二つ折りになっていますが、それ以上は折らないように気を付けます。折り目がついてしまい、読んだりファイリングする際に余計な手間がかかります。
     

    A4サイズの履歴書を使用した場合、職務経歴書や送付状も全て同じサイズで統一されます。まとめてクリアファイルに入れ、A4サイズの封筒で送るのがベストです。
     

    また、A4サイズは定形外郵便になりますが、料金が不足してしまうと相手先が負担するか受け取り拒否で返送されてしまいますので、きちんと封をしてから最後に重さを確認するようにします。
     

    50gを境に料金が変わりますので、日本郵便のサイトで確認してください。
     

    また、郵送手段は普通郵便で十分です。簡易書留を使用したいという人もいるかもしれませんが、受領印が必要なため、相手先に手間をかけさせてしまうことになります。
     

    それでも、確実に届いたかどうかどうしても不安だという人は、「特定記録郵便」を使用するのをおすすめします。
     

    受領印の必要はなくポスト投函ですが、web上で配達状況を確認することが可能です。

    履歴書の書き方のまとめ

     

    履歴書は、自分自身の分身のようなものです。
     

    落ち度なく効果的に自分をアピールし、相手の企業から
     

    「お、この履歴書の子。期待できるかもしれないな…!」
     

    と思ってもらうためのツールが、履歴書なのです。
     

    不安になったり後悔したりしないためにも、しっかりとポイントを押さえて、転職活動を成功させてくださいね。