転職前にやるべき5つの事項とは?
 

キャリアアップ、チャリアチェンジ、現在の会社への不満・不安など、転職を考えるきっかけやタイミングは人それぞれあると思います。
 

転職というワードが頭の中に浮かんでも、新卒の就職活動と違って会社説明会があるわけでもなく、活動時期が決まっているわけでもありません。
 

そもそも転職するにはまず何をすればよいのか、いざとなると良く分からないと悩んでいる人は意外と多いのではないでしょうか。
 

悩んでいるだけでは一歩も進まず日々の業務も待ってはくれないので、転職に向けてしっかりと意識を向けていかないと、時間だけが過ぎてしまいかねません。
 

時間を有効活用して転職を成功させるためにも、転職前に自分が考えるべきこと・するべきことを5つの事項に分けて解説していきます!
 

スポンサーリンク

1.自分の状況を的確に把握しよう

 

現在の年齢、キャリア、他業種か同業種かなど転職するにあたっての条件は人によってかなり違ってくると思います。
 

違いがあるとはいえ転職する人の共通の目的は「転職すること自体」ではなく、転職し自分の希望に近付くこと、つまり「転職を成功させる」ことです。
 

必ずしも成功するわけではありませんが、転職して状況がより悪くなってしまった、という結果は努力次第で回避できます。そのためにはまず、自分の置かれている状況をもう一度見直してみることが必要です。
 

①本当に転職をすべきか考えてみよう

 

転職を考えるときにまず押さえておきたいことは、転職したい理由を明確に答えられるかということです。
 

例えば新卒で入社してからまだ日が浅い場合にありがちですが、
 

「なんか仕事が合わないような気がする…もっといい職場があるんじゃないかなぁ」
 

など漠然とした理由で転職を考えているパターンが挙げられます。
 

こういった場合は、転職後に後悔しないためにも、もう少し今の会社のメリットや環境をしっかり見つめ直してみても良いかもしれません。
 

新卒から3年以内の転職は「第二新卒」として扱ってもらえるため、デメリットばかりではないのですが、明確な動機とビジョンを持たずに転職を成功させるのは難しいと言えます。逆に考えると、それがはっきりしているのであれば転職しない手はありません。

②転職にはお金が必要になってくる場面が!

 

現実問題として生活するためにはお金が必要で、いったん退職してから転職先を探すような場合は特に注意したいところです。
 

失業保険があると考えている人もいるかもしれませんが、自己都合退職の場合は、手続き後7日間の待機期間に加え90日の給付制限があり、実際に給付金をもらえるのは、最短でも退職後4ヶ月弱経過してからになります。
 

前職と期間が開かないよう転職できればベストですが、相手の企業があってのことなので、全て自分の希望通りにスケジュールを進めるのは難しい場合もあります。
 

また転職活動をするにあたっては交通費などの出費があることも念頭に入れておくと良いです。焦って転職先を決めてしまわないためにも、現在お金の余裕が全くないという場合には時期を考え直した方が良いかもしれません。

③転職を意識して日々の業務にあたろう

 

転職する際、時期をいつ頃に設定するかはひとつのポイントになってきます。例えば、進行中のプロジェクトメンバーを任されているといった場合です。
 

人間関係がうまくいかず体を壊したというようなケースもあり得るので、必ずとは言いませんが、調整が可能ならプロジェクト途中での離職はなるべく避けた方が無難と言えます。
 

プロジェクトを最後まで遂行することで、職務経歴としてのアピールポイントになるのであればなおさらです。
 

転職を考え始めた段階で、現職での自分の立場や抱えている案件をしっかりと把握し、引き継ぎを視野に入れながら時期を調整していくことでスムーズな転職に繋がります。

2.インターネットを最大限に活用しよう

 

自分の状況をしっかりと掴めてきたら、次はいよいよ転職先についてのリサーチをした上で実際に動く段階に入っていきます。
 

ただ、今の職場での仕事をこなしながらの活動となると、
 

「あまり時間が取れないよ!」
 

という人もいると思います。
 

そんな人でも、現在ではインターネット環境さえあればさまざまな情報を閲覧できるので、上手に活用すれば転職への準備を進めていけますよ。

①まずは希望の転職先について情報収集しよう

 

情報収集をするにあたっては、誰もが知っているハローワークのインターネットサービスを始め多数の求人サイトの利用が考えられます。
 

ウェブサイト上のあらゆる求人を一括検索できる「Indeed」というサービスを活用するのも良く、希望の業種、勤務地等のキーワードを入力し検索することが可能です。
 

始めはあまり条件をきつくしすぎず、なるべく数多くの求人に目を通すことが大切で、
 

  • 福利厚生
  • 給与の水準
  • 業界全体の求人数

  • など、希望している業種の傾向が徐々につかめてくるはずです。同業種への転職の場合でも、現在の待遇や給与との比較ができます。

    ②転職サイトに登録してみよう

     

    自分が転職する条件が固まってきたら、次は実際に転職サイトに登録して活動を進めていきたいところです。有名なサイトには、リクナビNEXTなどがあります。
     

    転職サイトを使う場合、自分自身で求人を検索・リサーチして応募していくのが基本の流れです。
     

    あらかじめ職務経歴やスキル・レジュメ等を登録しておくと、企業からスカウトのオファーが届く機能なども使用できますよ。
     

    さらに転職サイトはその名の通り転職に特化しているので、転職成功のノウハウや体験談、コラム等も掲載されています。積極的に目を通してみるといいかもしれません。

    ③転職サイトと転職エージェントの違いは?

     

    転職サイトとともに転職エージェントという言葉も耳にしますが、違いはどこなのでしょうか。
     

    基本的に転職サイトでは求人検索から入社までの流れを自分で行いますが、転職エージェントはキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントと呼ばれる担当者がつくことで、より密に転職をサポートしてくれるというのが一番大きな違いです。
     

    エージェントの場合サイト登録だけでは完結せず直接の面談が必要になってくるため、時間が確保できる段階で、有給休暇などを活用してセッティングしてみてくださいね。

    現状を把握してできることから始めよう!

     

    転職を成功させるためには自分の考えやビジョンを明確にしておくことが重要と言えます。
     

    文字で書き出してみる、身近な人に相談してみるなど方法はいろいろあると思いますが、人それぞれ自分に合ったやり方で大丈夫です。
     

    実際に活動を始める際には、ひとつの作業を「まずやるべきこと」としてとらえる癖をつけると良いかもしれません。そうすることによっておのずと次のステップが見え、具体的な行動へと繋がっていきますよ。