転職活動は仕事を続けながら行う方法と、退職してから探し始める2つの方法があります。
 

退職してしまうと「まだ辞めなきゃよかった」と思っても後戻りできないので、安定した状態を保ったまま次の環境へ移ろうと、職場を辞めずに転職活動をする人も少なくありません。
 

見通しが立っていない状態で辞めてしまうと、すぐ採用されるか保証がなく転職先が見つかるまで不安な日々が続きますよね。
 

かと言って働きながら新しい職場を探すのも生活リズムが変わって負担がかかるため、なるべく早く転職先を見つけて先の見通しを立てたいところです。
 

今回はそんな在職中に次の仕事を決めたいと考えている人に、仕事探しが有利になるコツをご紹介していきます!
 

スポンサーリンク

1.在職中に転職活動をするメリット・デメリットを知ろう

 

転職に限らず、何事も不利益につながる行動は排除したいと思うのが私たちの本心です。
 

ただ美味しいとこだけつまみ食いできるほど、人生も転職もそう甘くありません。在職中に仕事を探すことで得られるメリットとは、ずばり安心感です。
 

一発で次の仕事先を見つけられなくても、生活に支障をきたすことはそうそうありません。
 

実際、在職中に転職活動が可能なら多くの人は行動しますよね。
 

しかし、もしこのとき転職活動をしてることが周りにバレた場合、周りの人への影響や自分の立場はどうなるのでしょうか?
 

自分の行動によって少なからず環境が変化する場合は、しっかりと先回りして未来を考えておく必要があります。また在職中に転職活動をすることで免れないデメリットも発生しますので、このあたり次に見ていきますね。
 

①どんなメリットが考えられますか?

 

新しい仕事を探すときに転職活動の手段をどうするか悩むと思いますが、自分に合う方法を見つけるのが理想の職場と出会う近道です。
 

在職中に転職先を探すメリットを事前に考えておくと、自分なりの指針が明確になるため、転職活動が成功しやすくなります。
 

長い時間をかけて仕事を探すよりも、効率よく新しい職場を見つけてスムーズに採用へ繋げていきたいですよね。
 

・金銭面が安定して生活費の心配がない

 

次の道が決まらないまま仕事を辞めた場合、今まであった収入がなくなるので生活費のやりくりをどうしていくのか、考えなければいけません。
 

特に家庭を持っている人や一人暮らしの人は、金銭的な負担がストレスに繋がりやすいので注意が必要です。
 

その一方で在職中に転職活動をすると、新しい仕事が決まるまで収入が得られるため負担が少なくなります。
 

日々の生活費や支払いを考えると、お金の心配をしなくていいのは嬉しいことですよね。
 

・収入があるため焦らずに転職活動できる

 

転職活動中も仕事を続けていると収入が入るので、生活費の心配や不安がなく焦らずに仕事探しができます。
 

実際に新しい職場を探しているとき、
 

「お金の心配がないと、ゆっくり仕事を探せるから仕事を続けてたままでよかった!」
 

このように実感できるため、長いスパンで転職活動に取り組めるのも在職中に仕事を探すメリットです。
 

不採用でも急いで探す必要がないと心に余裕ができて、しっかりと会社を見極めるのに繋がり転職が成功しやすくなります。
 

②デメリットは何があるの?

 

メリットを見ていると魅力ばかりに感じますが、その中にマイナス要素も潜んでいるのを忘れてはいけません。
 

もしかしたらデメリットのほうが自分には大きく、「ちゃんと調べておけばよかった…」と思うことも考えられます。
 

転職活動をより有利にするためには、メリットと同時にデメリットもあると頭に入れておくのがポイントです。
 

・仕事が忙しく転職活動の時間が取りづらい

 

仕事と両立しながら次の職場を探していると、思うように転職活動の時間を取れないのがデメリットの一つです。
 

仕事探しがなかなか進まないとストレスに繋がりやすく、今の仕事のモチベーションにも影響を与えます。
 

働きながらの転職活動は何かと思いどおりにいかず、どうしたらいいか悩みますよね。
 

そんなときはインターネットを活用して転職サイトに登録するなど、効率のいい方法を見つけることでデメリットを最小限に抑えられます。
 

・休暇が取れず面接日程の調整が大変

 

応募したい企業を見つけても、仕事を休めずに面接に行けなかったというケースは在職中の転職活動で起こりがちな問題です。
 

日程調整ができないことで採用に結びつかず、「やっぱり働きながらだと無理なのかな」と諦めてしまう人もいます。
 

今の職場と折り合いをつけるのは難しいかもしれませんが、採用に繋げるために有給の使用や、事情を話してこちらから面接日時の指定を試みるのも有効な方法です。
 

2.仕事を探すときのポイントについて

 

感じやすいメリットやデメリットを知ったところで、仕事探しで役立つ情報もあわせて覚えておくと在職中の転職活動がスムーズになります。
 

情報がないまま仕事を探していると、何から行えばいいのか分からずに段取りが悪くなるかもしれません。
 

効率よく理想の会社を見つけて今の仕事を悔いなく退職するためにも、どういったポイントを押さえるといいのでしょうか?
 

①スムーズに退職するための工夫をする

 

転職活動をしているのが職場にばれてしまうと、人間関係が崩れたり仕事に不満があると思われたりして、よくない印象を与えるおそれがあります。
 

そうした状況は働きづらいと感じる原因になり、転職先が決まる前に辞めることになるかもしれません。
 

未練が残る退職では、新しい仕事へ気持ちを切り替えるのも難しいですよね。
 

新たな気持ちでスタートさせるためにも、油断せずに今の仕事に取り組むことで、スムーズな円満退職に繋げていきたいところです。
 

・採用が決まるまで退職の話をしない

 

転職活動が職場にばれると誤解を生むため、誰にも言わないのが堅実です。
 

「転職のことを相談できる人がいればいいのになあ。○○さんは口が堅いし、一人なら話してもいいよね。」
 

と油断するのは危険が高く、もし話した内容が広がった場合は周りの人に不信感を抱くかもしれません。
 

自分自身の働きやすい環境と職場の雰囲気を壊さないためにも、会社内では転職の話を避けて新しい職場が決まったら、初めに上司に伝えてその後に周りの人へ知らせます。
 

・退職は1か月前に伝えるのがマナー

 

面接を受けるといつから働けるのか質問されると思いますが、その時は1か月を目安に伝えます。
 

一般的に退職するときは1か月前に申し出るのが就業規則でも定められていますし、急に辞めると周りの人に負担がかかったり、常識がないと印象が悪くなったりする可能性も大きいです。
 

逆の立場で考えてみても突然仕事を辞める人が出たら、一人ひとりの業務量も増えて大変ですよね。
 

次の仕事が決まり次第、期間に余裕のある退職日を伝えて引継ぎを行うと、わだかまりなく退職できます。
 

・最後まで仕事は手抜きをしない

 

新しい職場が決まって見通しが立ったことで、
 

「もう次も決まったし、ちょっとくらい手抜きしてもいいや!」
 

このように、仕事の意欲を無くして投げやりになる人もいますが、あと少しと思って中途半端な気持ちで仕事をするとミスにも繋がり、周りの人のモチベーションに影響を与えかねません。
 

円満退職するためにも、最後まで責任感を持つことが大切です。
 

②有給や時間給を活用する

 

仕事探しで日程を調節したいときは、有給を活用して転職活動を行うのも必要です。
 

働いていると有給を使うことで会社に迷惑をかけるのではないか、周りの人から何か言われたらどうしようと考えて、後ろめたさや罪悪感も感じてしまいますよね。
 

後ろめたい気持ちも分かりますが、有給休暇は自分が今まで働いて得た権利なので、退職で損をしないためにも周りの目を気にしすぎずに使い切っておくのがベストです。
 

有利に転職活動するには、職場と良好な関係を保つのがカギ!

 

在職中の転職活動は今の職場と良好な関係を築き、採用が決まるまで誰にも言わないことでスムーズに進めていけます。
 

もし会社に知られてしまうと誤解が生まれて人間関係に影響が出てしまい、早く次の仕事を見つけて転職したいと焦りを抱くかもしれません。
 

焦った状態では心の余裕もなくなってきますし、冷静な判断ができず後悔や失敗の原因になってしまいます。
 

在職中に仕事を探すときは金銭面での安定を強みにして気を引き締め、慎重に活動することが採用への近道です。
 

今の職場を円満退職して、前向きな気持ちで次のステップに進みたいですね!