残業が多いか少ないかは、仕事を探すときに気になる条件の一つです。
 

残業量が多いと精神的に余裕を持てずストレスを抱えやすくなりますが、定時で帰れる職場はプライベートに影響を与えないので、働きやすさから人気があります。
 

長く安定して働くためにも、プライベートとのバランスを大切にできる職場がいいですよね。
 

「時間外労働がない会社を見つける方法はあるの?」と感じている人に、今回は転職で残業が少ない会社選びで知っておきたいコツや情報をご紹介していきます!
 

スポンサーリンク

1.残業が少ない会社を見極めるポイントとは何ですか?

 

しっかりと会社を見極めずに転職した場合、実際に働いてから残業量が多いことを知り、慎重に仕事を決めたら良かったと後悔するケースもあります。
 

想像よりも多い時間外労働で仕事を続ける自信をなくし、転職を繰り返す人も少なくありません。
 

安定して働くためにも、残業が少ないのか見極めるのが必要ですが、どのような方法をとるといいのでしょうか?
 

①狙い目の企業を知ろう

 

仕事探しで残業が少ないことだけを条件にすると、求人の数が多すぎて何から見ていくといいのか分からなくなると思います。
 

目的もなく漠然と探すのは効率が悪いため、自分に合う仕事を見つけられない可能性が大きいです。
 

そんなときは業種のターゲットも決めると探しやすくなるので、転職活動もスムーズに進みます。
 

業種によって残業の差があるので、何の職場が狙い目なのか知っておくのが大切です。
 

・事務職は残業が少なく働きやすい

 

事務職は休日が保障されて残業も少ないケースが多いので、働きやすさから人気が高い仕事です。
 

特に女性から人気があり、競争率が高いことも考えられます。
 

「事務仕事は未経験だし、応募しても採用してもらえるかな…?」
 

と、不安を抱く人もいるかと思いますが、事前にパソコンスキルや簿記の資格など、実務で活用できるスキルを身につけると採用が有利になりますよ。
 

・福祉・医療の業界も狙い目の一つ

 

福祉や医療業界は多忙なイメージを持つ人もいますが、現在は勤務時間がはっきりとシフト化されてきていることで、これから定時帰りの職場がどんどん増えると考えられています。
 

大きな病院よりも、地域に根ざしたクリニックや施設のほうが残業が少ない傾向が見られるので、より残業を少なくしたい場合は、従業員の人数や組織の規模も確認しておくと安心です。
 

②あらゆる方面から情報収集しよう

 

仕事を探すときに一つの情報から判断してしまうと、自分の得た知識が足りていなかったり、考え方に偏りが出たりするかもしれません。
 

一つだけにこだわらず、あらゆる情報を入手して活用すると、残業が少ない会社を見極めやすくなりますが、どういった方法があるのでしょうか?
 

転職活動を失敗させないためにも、次に具体的な仕事の探し方についてお伝えします!
 

・インターネットで求人を探す

 

仕事探しの身近で手軽な方法は、インターネットの活用です。
 

働きたい会社の条件を詳しく絞れるので、残業なしを条件に検索すると求人を効率よく見つけられます。
 

企業のホームページの閲覧をしたり、口コミサイトで実際に働いている人の声も聴いたりできるので、より詳しく企業の情報を得られるのも、インターネットの長所です。
 

仕事が忙しい人にとって、時間や場所を問わずに転職活動できるのは大きなメリットですよね。
 

・知人や友人から情報を仕入れる

 

インターネットだけでは分からないことが多いと感じたら、知人や友人から会社の内部情報を聞く手段もあります。
 

残業量は面接で質問しづらい内容ですが、自分の知り合いであれば聞きやすさがあるので、不安や疑問を解消するチャンスです。
 

前もって会社の内部を知っておくと安心して入社できますし、転職で失敗する確率が少なくなります。
 

2.仕事を探すときの注意点はありますか?

 

残業が少ない会社の見極め方をお伝えしましたが、実際の仕事探しで失敗しないために気をつけておきたいポイントがいくつかあります。
 

注意点を押さえておくと、残業が少ない会社の判断ができるので、転職が成功しやすくなりますよ。
 

①求人票から残業が多い会社を見極めよう

 

求人票には残業が多いのかを知る手がかりが載っていますが、注意点を知らないと詳細を確認せずに応募することに繋がります。
 

詳細を見逃したり、内容を把握しないまま応募したりすると、入社してからイメージとのギャップを感じて後悔するケースも少なくありません。
 

仕事を選ぶときは求人票の内容を念入りに確認して、自分が望む条件に当てはまっているのか見極めていく必要があります。
 

・1年中応募している会社に要注意

 

1年を通して中途採用を募集している企業を見つけたら、応募する前に一歩踏みとどまって会社の特徴を確認するのが大切です。
 

求人を多く出している企業は離職率が高い可能性があり、その背景として
 

  • 職場環境に問題がある
  • 残業や休日出勤が多い
  • 業務内容がきつい

  •  

    このような理由が考えられます。
     

    全ての会社に当てはまるわけではありませんが、よく見かける求人票があったときは、離職率が高い会社かもしれないと頭に入れておくことがポイントです。
     

    ・平均年齢も確認しておく

     

    組織の平均年齢は、残業が多いか判断するのに役立つ情報の一つです。
     

    社員全体の平均年齢が若いと、若いから残業が多くても大丈夫だと年齢を理由に時間外労働をする会社もあります。
     

    残って働くのが当たり前という風潮が出来ているかもしれないので、応募する前に社風や職場環境に関する情報を仕入れると安心です。
     

    ②嘘求人には注意しよう

     

    インターネットで仕事を探していると、「残業なし!」という言葉を目にしますが、ネットの言葉だけを信用して応募するのは信ぴょう性に欠ける部分もあり、危険性が高くなります。
     

    口コミで実際の職場環境はどうなっているのか情報を得るなど、いろんな方面から会社を見定めるのが堅実です。
     

    メリットだけで判断せずに、隠れている落とし穴はないか慎重に確認することで、求める理想の企業と出会えます。
     

    会社選びのコツを知って、転職を成功させよう!

     

    会社選びに必要なコツやポイントを押さえておくと、スムーズに残業が少ない職場を見つけられます。
     

    家族や友人と過ごす時間が増えたり、自分の時間を大切にできたりと、残業が少ないとメリットがたくさんありますよね。
     

    今の仕事で時間外労働が多く気持ちに余裕がないという人でも、転職することで気持ちを切り替えるきっかけをつかめるので、自分の行動がこの先の働き方を変えていきます。
     

    今回ご紹介したポイントを押さえて転職を成功に導き、自分に合った働き方をしていきたいですね!