美容皮膚科でテキパキと働くような美人な看護師さんに憧れ、転職を考えたことのある方もいるかと思います。
 

美容皮膚科は病院とは異なった特徴があるので、今とは違う環境で働きたい方には最適の転職先かもしれません。
 

でも「美容皮膚科の看護師って、どんな仕事をするのかよくわからない……。」という思いから転職をためらっていませんか?
 

ここではみなさんの転職活動がうまくいくように、

美容皮膚科で働くために知っておくべきポイントについてお話ししていきます。
 

1.美容皮膚科で仕事がしたい!

 

美容皮膚科の仕事は「病棟と異なる看護が必要だ」というイメージをお持ちの方が割と多いと思いますが、実際の美容皮膚科ではどのような仕事を行っているのでしょうか?

①美容皮膚科の特徴とは?

 

美容皮膚科は病棟と違い病気や怪我の治療ではなく、

美しい肌を手に入れるのを目的としたケアを行います。
 

自由診療であるため、治療費は患者さんの全額負担で保険診療のような減額制度はありません。
 

もしケアが気に入らないのであれば、他のクリニックへ行ってしまうという場合も考えられるので、看護師一人一人の質がクリニックの顧客獲得に大きく関わります。
 

ご自分の実力を試してみたい人は、美容皮膚科への転職を検討してみるのもよいかもしれませんね。

②看護師の仕事内容について

 

美容皮膚科での治療は、
 

  • ビタミン点滴
  • プラセンタ注射
  • 医療用レーザーによる施術
  • 患者さんへのカウンセリング
  •  

    などがあります。
     

    実際の業務内容の一部ですが、これだけみても、病棟で行う看護との違いは明らかと言っても過言ではありません。
     

    しかし医療的な処置があまり必要とされない美容皮膚科でも、

    注射や点滴のルート確保などの基本的な看護師のスキルは必須です。
     

    きちんと基本的な技術を身に付けてから転職活動すれば、新しい職場でもスムーズに働けますよ。
     

    病院やクリニックによっては実施する看護業務に違いがあるので、自分にとって働きやすい職場を見つけるのもポイントです。

    ③美容皮膚科に向いているのはどんな人?

     

    美容皮膚科には向いている人には、
     

  • 美容に関心がある人
  • コミュニケーション能力がある人
  •  

    が挙げられます。
     

    美容に関心がある人であれば、自分のお肌や外見に関してのケアも怠らないため、美しい状態をキープするのもそれほど苦ではありませんよね。
     

    自分の通院しているクリニックの看護師さんが美肌の持ち主なら、

    患者さんも「看護師さんのような綺麗なお肌になりたい!」という気持ちになり、積極的に治療に取り組むようになるかもしれません。
     

    美容に興味のある人が美容皮膚科で働くのは望ましいことだと思いませんか?
     

    美容皮膚科は接客業でもあるため、お肌に関する悩みを聞き出し理解するコミュニケーション能力も必要です。
     

    その人一人一人に合ったケアを提案をし「継続して通いたい」という気持ちにさせることが求められています。
     

    みなさんも美容皮膚科に転職したら、患者さんの施術に対する希望や不安を汲み取り、

    納得いく治療を受けられるようにサポートできる看護師を目指してくださいね。

    2.美容皮膚科で働くメリット・デメリットとは?

     

    美容皮膚科での仕事に対して曖昧なイメージしか持っていない方がいると思いますが、転職を成功させるためには、メリット・デメリットを知っておくことが大切です。

    ①夜勤がないためプライベートな時間が有意義に使える

     

    美容皮膚科で働くメリットの1つに、夜勤がないことが挙げられます。
     

    規則正しい生活を送れる上に夜の時間を自由に使えるため、プライベートな時間を有意義に使えるようになりますよ。
     

    美容皮膚科は予約制のところが多く「患者さんの数が多すぎて、時間内に診察を終えられない!」なんてことはありません。
     

    夜勤も残業も少ないので仕事と私生活のどちらも充実したものにできます。
     

    日々の仕事に追われ、自分の時間を持てない方は、美容皮膚科への転職を考えてみてください。

    ・土日も出勤するクリニックもある!

     

    美容皮膚科には夜勤がないところがほとんどですが、

    患者さんが来院しやすいよう土日も営業しているクリニックがあるので注意が必要です。
     

    一般の会社員とは異なったシフトで働かなければならないため、家族や友人との休みが合わなくなることも考えられます。
     

    どのような勤務体制で働きたいかをよく考えて求人先に確認しておくのが大切ですね。

    ②美容への意識が高まり自分自身も綺麗になれる

     

    美容皮膚科で働いていると、お肌でお悩みの患者さんにカウンセリングをする機会が多くあるため、看護師自身も日々美容について勉強することが求められるようになります。
     

    アドバイスに信憑性を持たせるべく「自分自身も美しくあろう」と努力する看護師も多いので、美容皮膚科の看護師は綺麗な人が少なくありません。
     

    美しさを意識する職場で毎日働くことで、自然とあなたの美容への意識が高まります。
     

    さらに施術の練習台として自分の肌を提供するケースもめずらしくないので、

    「今よりも美しくなりたい!」と考えている方にはぴったりの職場かもしれませんね。

    ③命に関わる仕事でないため心身ともに負担なく働ける

     

    病気や怪我で美容皮膚科を訪れる患者さんはあまりおらず、命に関わる看護をする機会はほぼないです。
     

    処置の多くは注射や点滴・患者さんの話を聞き取るカウンセリングであるため、

    病棟とは異なり、心身ともに負担なく働けると思います。
     

    病棟での仕事にストレスを感じている方は、転職してみてはいかがでしょうか?
     

    ・看護のスキルが上達しないというデメリットもある

     

    美容皮膚科には医療的な処置がほとんどなく、心身ともに負担なく仕事ができるというメリットがありますが、看護師のスキルが上達しないというデメリットもあります。
     

    生死に関わる処置というものは、病棟で働く看護師であれば避けては通れないものであり、責任重大な仕事です。
     

    「なるべくなら、やりたくない仕事だな……。」
     

    と考える人は多いと思いますが、乗り越えられれば確実に成長できるため、看護師にとって非常に貴重な機会になるはずです。
     

    こういった仕事を行えないと、看護師としてのスキルアップは難しいかもしれません。
     

    美容皮膚科でずっと仕事をし続けるのであれば問題ありませんが、いずれ他の病院に転職したいと考えている場合は注意が必要です。
     

    病院によっては美容皮膚科での経験を評価しないところもあるので、

    この先どのような仕事をしていきたいのかをよく考えた上で転職活動をしてくださいね。

    3.美容皮膚科へ転職する前に知っておきたいことについて

     

    病棟で普通に働いていると、美容皮膚科での仕事内容について深く知る機会はあまりないかと思います。
     

    みなさんが転職活動で成功するためには、事前にどのようなことを知っておくべきなのでしょうか?

    ①どのクリニックでもノルマはあるの?

     

    美容皮膚科での転職を考えたときに、ノルマがあるのかどうかは一つのポイントです。
     

    クリニックによっては、
     

  • 施術件数
  • 化粧品販売
  •  

    などのノルマがあるため、看護師も営業活動をしなければいけません。
     

    ノルマを達成すれば個人の給料に反映されるので、

    多くのお給料を手にしたい方にはぴったりの仕事です。
     

    ですがノルマを苦痛に感じ、転職をためらっている方もいますよね。
     

    そういう場合は、求人先にどのようなシステムになっているのかを事前に確認してください。ストレスなく仕事を続けられるように、情報収集をじっくり行うことが大切です。

    ②転職するのに必要なスキルはある?

     

    美容皮膚科で働くのに必要なスキルには、
     

  • 注射や点滴などの基本的な技術
  • コミュニケーション能力
  • 接客スキル
  •  

    なとが挙げられます。
     

    基本的な看護技術やコミュニケーション能力は、病棟で働いていれば自然と身につくはずのスキルです。
     

    しかし美容皮膚科ならではの接客スキルは、

    一般的な病院で習得するのは難しいかもしれません。
     

    先ほどお話ししたように、美容皮膚科ではノルマのあるクリニックが多いです。ノルマを達成するために患者さんに営業をしなければならないため、美容皮膚科で働くならば接客スキルは非常に重要なものだと言えるのではないでしょうか?
     

    転職したばかりのときはなかなかうまくいかずに悩むかもしれませんが、経験を積めば接客スキルも伸ばせるはずです。
     

    自分1人で頑張らずに、上司や同僚などの力を借りることで、一人前の美容皮膚科の看護師を目指してくださいね。

    ・新卒看護師でも採用される?

     

    美容皮膚科は新卒での採用が少ないイメージをお持ちかと思いますが、

    クリニックによっては新人看護師でも働くことはできます。
     

    たとえばシロノクリニックのように新人研修レポートやプリセプター制度を採用しているところもあるため、研修制度の整っているクリニックを選べば、新卒看護師でも安心して働けますね。
     

    ですが新卒で美容皮膚科に就職してしまうと、看護の基本的な技術や知識が身に付かないケースもあります。
     

    「一般的な病院や介護施設での仕事がしたい!」となっても、

    転職がうまくいかないケースもあるので注意が必要です。
     

    総合病院や大学病院である程度働き、自分のスキルを磨いてから美容皮膚科に転職しても遅くはありません。
     

    これから先の看護師人生をどのように歩むのかをよく考え、自分に合った就職先を見つけることが重要と言えますね。

    ③給料はどのくらいもらえるの?

     

    美容皮膚科で働く看護師の平均月収は35万円前後です。ノルマのある病院だとこの金額にインセンティブが加わるため、40万以上もらえるところもあります。
     

    給料BANKによると看護師の平均月収は32万円です。
     

    美容皮膚科に転職すれば、今までよりもたくさんのお給料がもらえるとわかりますね。
     

    夜勤がなくとも高い収入を見込めるため、今の職場の給与に不満を感じている方は美容皮膚科で働くことを検討してみるのも良いのではないでしょうか?

    美容皮膚科への理解を深め、転職活動を始めよう!

     

    美容皮膚科での業務内容や働く上でのメリット・デメリットをお話ししてきました。
     

    美容皮膚科は病棟とは異なる仕事もあるので、転職をためらう方も少なくありません。
     

    しかし患者さんにとってより良いケアを提供するという気持ちがあれば、どこの病院でも働けます。
     

    みなさんも患者さん第一という気持ちを忘れずに、美容皮膚科での仕事に挑戦してみてくださいね。