看護師は仕事を辞めても再就職することが難しくないので、結婚や出産を機に一度現場を離れる人が多いです。
 

「子育てがひと段落ついたら、職場復帰しよう!」と考えている方も少なからずいますが、ブランクがある期間が長くなるほど職場復帰が難しくなってしまうケースもめずらしくありません。
 

看護師は人の命に関わる責任重大な仕事であるため、不安を抱えたまま働き続けるのは難しいです。
 

しかし一人でも多くの人が復職することは、病気やケガで苦しんでいる患者さんやご家族の助けとなります。
 

ここではみなさんが安心して職場復帰できるようなサポートをしていくので参考にしてください。
 

1.ブランクがある看護師が抱く不安とは?

 

現場を離れている期間が長いと、職場に復帰することをためらう方もいると思います。
 

ブランクあり看護師が抱きやすい不安には、どのようなものがあるのでしょうか?

①技術や看護ケアを適切に行えるのか

 

職場復帰を考えている方の中には「患者さんに喜んでもらえるようなケアができるのかな?」という悩みを持っている人もいます。
 

注射や点滴など一度身に付いた技術に関しては、何度か実践を繰り返していくうちに勘を取り戻せるはずです。
 

しかし医療は日々進歩しており、数年前は行われていなかったケアが今では当たり前のように導入されているケースもめずらしくありません。
 

医療の進化に取り残されないように、看護雑誌や看護師の友人から定期的に情報収集をしておくことで、新しい技術もスムーズに習得できますね。
 

仕事にもう一度復帰しようと考えている方は、事前の準備が重要です。

②育児と仕事を両立できるのか

 

看護師の仕事をお休みしている人の中には、お子さんをお持ちのお母さんもいます。
 

今は育児に専念できる環境ですが、職場復帰しても現状を維持できるのか不安に感じている方も少なくないです。
 

「働きながら家事や育児をこなすなんて、無理!」
 

と後悔しても、一度採用された仕事をすぐに辞めることはできません。
 

復職したらどのように生活スタイルが変化するかを考え、対策を立てておけばで安心して働き続けられます。
 

夫婦間でよく話し合い役割分担を決めることで、早めに不安の芽を摘んでおくのが大切ですね。

③ブランクのある看護師でも受け入れてもらえるのか

 

職場復帰を検討し始めると、ブランクのある看護師でも採用されるのか、採用された場合職場で受け入れてもらえるのか不安に感じている方がいるかと思います。
 

そのような人は求人サイトで「ブランクありでもOK」な就職先を見つけるのがポイントです。
 

看護師の求人は多いため、ブランクがあっても受け入れてくれる病院はたくさんあります。
 

「どうしてもここの病院じゃなきゃダメ!」というような強い希望がない方は、復職支援を行なっている職場を選んでみてはいかがでしょうか?

2.職場復帰に向けてできることとは?

 

職場復帰に向けて、まずは看護師としての自信を取り戻すことが求められています。具体的に何をすべきかいくつか例を挙げて説明していきますね。

①参考書で勉強する

 

いざ復職しようと思っても、どこから手を付けたら良いかわからない方も多いと思います。
 

いきなり高度なものに手を出さずに、基本的な技術や知識を復習していくのが大切です。
 

まずは学生時代に使っていた教科書や参考書、プリント類などを見直してください。学生にもわかるように書かれているため、スムーズに読み進めることができるのではないでしょうか?
 

わかること・できることを増やしていけば、自信を取り戻せます。
 

毎日少しずつでもよいので勉強の時間を確保し、職場復帰の準備を進めていくことが必要です。

・日本看護協会の研修を受けることも

 

知識は参考書などで思い出せますが、技術は手順を確認したからといって勘をすぐに取り戻せないかと思います。
 

かつては何も考えずともできていた注射でさえもブランクがあれば腕が鈍ってしまうため、患者さんに実践する前に技術を復習することは欠かせません。
 

練習したいけどどこでやったら良いかわからないという方もいるでしょうが、各都道府県のナースセンター、看護協会で復職支援研修に参加すれば技術の練習をすることができます。
 

現役の看護師の指導のもと練習ができるので、職場復帰してもスムーズに働けますね。
 

eナースセンターでは、全国の研修・イベント情報についてお知らせしています。ご都合の良い時に参加してみてはいかがでしょうか?

②家族の協力体制を整える

 

職場復帰に向けて大切なことに「ご家族の協力の有無」が挙げられます。
 

今までは専業主婦として家事を行なってきたかと思いますが、働き出してしまうと今までどおり全てを行うことは難しいです。
 

共働きでうまく仕事をするには家事分担をするのがポイントであるため、しっかりと夫婦間・家族間での話し合いの場を設け、理解を得ることが鍵となってきます。
 

復職はあなただけではなく、家族全員にとっての重要事項だということを忘れずに就職活動を行なってくださいね。

・子供の預け先を確保する

 

お子さんが小さい場合は、日中の預け先を確保することが必要です。
 

おじいちゃんおばあちゃんのお家に頼めない場合は、保育園も検討してみるのも良いですね。
 

お住まいの地域によっては保育園の空きがなかなか出ないところもあるため、早め早めの対応が求められています。

③求人・転職支援サービスを利用し、履歴書や面接のアドバイスをしてもらう

 

「ブランクがあると希望の仕事に就けないかも?」
 

と不安になる方も少なくないはずです。
 

そんなときは求人・転職支援サービスを利用しエージェントからアドバイスをもらうことを考えてみてはいかがでしょうか?
 

エージェントは求人情報の紹介だけでなく、履歴書の書き方や面接対策など就職に関するありとあらゆるノウハウを持っているので、やりたい仕事ができるようにサポートしてくれますよ。
 

ブランクあり看護師は現役の人よりも就職が不利な場合もあります。しかし、アドバイスをもとに行動することで、マイナスなイメージをポジティブなものに変えられるのです。
 

みなさんも自分だけの力で就職活動をせず、プロの力を借りることで自分に合ったよりよい職場を見つけてください。

3.ブランクがあっても安心な求人選びのポイントとは?

 

ブランクがあっても安心して仕事を続けられる職場を見つけることが大切です。
 

求人選びの際に外してはいけないポイントについてお話ししていきます。

①復職支援の研修制度が整っているか?

 

ブランクがある看護師の復職支援を行う病院が増えています。このような病院は入職後のケアも手厚い場合が多いので、安心して仕事を続けられますね。
 

また入職前に職場の雰囲気を掴めるというメリットもあるので、気になっている病院で復職支援セミナーが実施されていれば一度参加してみるのもよいかもしれません。
 

忙しすぎて仕事以外に手が回らない病院だと看護師の教育が十分でないケースもあるため、研修や勉強会に力を入れている病院を探すことも重要となってきます。
 

求人先の看護師の人数や仕事の忙しさ、教育体制をしっかり確認し、ブランクがあってもスキルアップができるような職場を探すのが必要です。

②何の病棟で働くか検討する

 

ブランク期間が長くなるほど技術や知識に自信を持てず、復職することをためらう方もいると思いますが、どの病棟で働くかをじっくり考えることで職場復帰がうまくいく場合があります。
 

ブランクあり看護師の再就職先は、
 

  • 自分が長年働いていた診療科
  • 透析室
  • オペ室
  • NICU・GCU
  • 外来
  •  

    このような病棟です。
     

    今まで勤めていた診療科だと、勝手がわかっているので比較的スムーズに復職できます。
     

    また、透析室・オペ室・NICU・GCUのような特殊性の高い技術が求められる診療科の場合、中途採用向けの教育体制が整っているため、ブランクがあっても安心ですね。
     

    外来も職場復帰の最初の場として選択されることが多く、病棟ほど医療処置を行わないので最適のリハビリの場だと言えます。
     

    まずは仕事の勘を取り戻すことを目標にし、これらの診療科を選択してみてはいかがでしょうか?

    ・病院以外の施設で働く選択肢もある

     

    看護師の働く場所は、
     

  • 介護施設
  • 一般企業
  • クリニック
  •  

    など病院以外にもたくさんあります。
     

    「せっかくの機会だし、今までとは違う仕事がしたい!」
     

    という希望がある方は、病院以外で働くことを検討してみるのも良いかもしれません。
     

    新しいフィールドで仕事をすれば看護ケア以外の技術や知識が身につくので、看護師としてのレベルアップが期待できます。
     

    病院でなくとも活躍の場はいっぱいあるため、自分が目指す看護師像とは何かをこの機会に考え、自分に合った職場を見つけてくださいね。

    ③自分に合った勤務形態を選択する

     

    いきなり常勤看護師を目指すのではなく、
     

  • パート
  • 非常勤
  • 夜勤専従
  • 派遣
  •  

    など自分に合った勤務形態を選択し、少しずつ職場復帰に向けて準備するというパターンもあります。
     

    常勤よりも待遇や給料が劣る場合もありますが、時間に融通がききやすく働きやすい環境だと言えますね。
     

    仕事に慣れてきたら常勤になりたいという方は、就職前にその意思を伝えておくことが必要です。常勤に向けて様々なサポートをしてくれる病院もあるため、自分が今後どのような働き方をしたいのか考えてみてください。

    不安なく働けるような就職先を見つけることが大切!

     

    今回はブランクあり看護師が安心して働くための方法についてお話ししました。
     

    職場環境だけではなく自分自身でも復職に向けて行動することで、よりスムーズに働くことができますね。
     

    ブランクがあってもあなたの働きを求めている場所はたくさんあります。
     

    不安はあるかもしれませんが、もう一度看護師として働くことを検討してみてはいかがでしょうか?