看護師の資格を活かした職場のひとつに、イベント会場で活躍するイベントナースという仕事があります。
 

コンサート会場や遊園地・海水浴場といった楽しい現場で働けるため、病院での日々に疲れた人にとってはいい気分転換ができる夢のような仕事です。
 

看護師は医療施設で働くのが当たり前なので、病院以外の場所で働くのはどうなのか不安に思う方もいるのではないでしょうか?
 

どうせなら楽しく仕事をした方がより良い看護を提供できますし、看護師という職業を今よりももっと好きになれるかもしれません。
 

ここでは楽しみながら充実感のある仕事に取り組みたいみなさんのために、イベントナースの役割やお給料などについてお話ししていきます。
 

1.イベントナースとは?

 

イベントナースとして良い働きをするには、仕事内容について詳しく知っておく必要があります。

①イベントナースの仕事内容とは?

 

イベントナースはイベント会場で働く仕事であり、参加者に体調不良が生じた場合に応急処置を施す仕事です。
 

具体的には、
 

  • 患者さんの既往や服薬状況の確認
  • バイタルチェック
  • 発熱・頭痛・腹痛といった体調不良への内科的処置
  • 怪我・捻挫・打撲などに対する外科的処置
  • 搬送すべきかの判断
  •  
     

    などが行われています。
     

    どれも病院で働いた経験のある看護師なら難しくないものの、イベントナースの仕事が簡単なわけではありません。
     

    現場には医師がいない状況が多く、看護師も1人だけというケースも少なくないですから、現場ではあなたの判断力や看護スキルが非常に重要であり、果たすべき役割は大きいです。
     

    ・ツアーナースとの違いについて

     

    イベントナースとツアーナースは一見同じような仕事ですが、働く場所や勤務日数に違いがあるので、この2つの違いについてわかっていない人も多いと思います。
     

    具体的に調べたところ、
     

    働く場所
    ツアーナース:修学旅行や合宿、企業の研修旅行など
    イベントナース:ライブやスポーツ大会などのイベント会場の救護室

    勤務日数
    ツアーナース:1泊以上の泊りがけの旅行
    イベントナース:宿泊のない日中の勤務
     

    このような違いがありました。
     

    泊まりがけの旅行に同行して24時間体制でケアを行うのがツアーナース、救護室でイベント中だけ仕事をするのがイベントナースというのが分かりますね。
     

    ツアーナースは色々な場所に旅行できる反面、常に気の抜けない環境で働かなければならないことから、介護施設のような比較的業務に余裕のある職場を求めている人には向いていません。
     

    一方で国内のみならず海外に同行できる場合もあるので、働きながらさまざまな国に行きたい人にはぴったりの仕事です。
     

    旅行を楽しみつつ働きたい方は、思い切って病棟を飛び出しツアーナースを検討してみてください。
     

    ②イベントナースの活躍の場ってどこ?

     

    イベントナースの仕事先は、
     

  • コンサートやライブ
  • スポーツ大会
  • 夏祭りや花火大会
  • プールや海水浴場
  •  

    などの会場が多いです。
     

    どれも仕事でなければ遊んで過ごしたい場所ばかりですが、看護師として派遣される以上そうも言っていられません。
     

    あらかじめどんな病気や怪我が起こりやすいのか把握しておき、患者さんへの対応をスピーディーに行えるような準備が必要です。
     

    たとえば花火大会や海水浴場といった屋外の会場では熱中症や脱水症状など、スポーツ大会では参加者の怪我や捻挫などが考えられます。
     

    みなさんもイベントナースとして働くときには、会場に訪れる人々が笑顔で家に帰れるようなサポートを心掛けてみてはどうでしょうか?
     

    ・仕事をしながらコンサートも見られる?

     

    コンサート会場で働いていると、ちょっとくらい見学できるんじゃないかと期待してしまう人もいると思います。
     

    それが自分の好きなアイドルやアーティストであればなおさらですし、少しでいいから見たいという気持ちはよくわかります。
     

    しかしイベントナースはあくまでも仕事をするために会場に派遣されているので、与えられた役割はしっかり果たさなければいけません。
     

    何事もなくイベントを楽しめるよう、コンサートに訪れた人たちをきちんとサポートできるようなイベントナースを目指してみてくださいね。
     

    ③本業との掛け持ちでも出来る?

     

    イベントナースは基本的には単発バイトのため空いている時間を使って働ける仕事です。
     

    看護師のシフトは平日休みが多いですから、友人や家族と予定が合わず暇を持て余している方はイベントナースの副業を始めてみるのもいいかもしれません。
     

    わたしも休みの日に予定がないと「この時間を使って副業できたらいいのに……。」とよく考えていました。
     

    もちろん副業は誰にでもできるわけではなく、病院ごとの決まりがあるため、就業規則で副業して良いか調べてから始める必要があります。
     

    当サイトでも看護師が副業を始める際の注意点について書いているので、こちらも参考にしてみてください。

    ⇒【バレずに稼ぎたい方必見!看護師におすすめの副業について
     

    2.イベントナースの実際について知りたい!

     

    イベントナースになるメリットや気を付けておきたいポイントについて次にお話ししていきます。
     

    ①イベントナースになるために必要な経験やスキルとは?

     

    イベントナースの現場は看護師が1人しかいないところも少なくありません。
     

    病棟とは違い、ある程度自分の判断で仕事をすることが求められることから、イベントナースの求人は看護師経験2〜3年以上が不可欠な傾向にあります。
     

    とくに救急や外来経験のある看護師が歓迎されるため、いずれはイベントナースの仕事をしたい方はこれらの病棟で働くことを視野に入れておくのもいいですね。
     

    看護師経験が3年以上あれば基礎的な看護スキルは身についていると言えますが、今まで培ってきた看護師スキルが試されるところでもあるので、自分の技術や知識を試したい方はイベントナースとして働いてみるのも一つの手です。
     

    ②イベントナースになるメリットってなに?

     

    イベントナースになるメリットには、
     

  • 夜勤がないので疲れずに働ける
  • さまざまな現場を経験できる
  • 自分の都合に合わせた勤務ができる
  • 多くのスタッフとの出会いがある
  • 判断力が磨かれる
  •  

    などが挙げられます。
     

    イベントナースの現場は毎回違うことから新鮮な気持ちで仕事ができますし、スケジュールの都合が悪いときは無理に勤務する必要もありません
     

    病棟勤務だといつも同じスタッフや患者さんとの関わるため、仕事にダレてしまうときがありますが、定期的にイベントナースとして海水浴場やコンサート会場などで働けば、いい気分転換になりますよ。
     

    私も透析室で働いていたときは、毎度同じ顔ぶれの患者さんやスタッフとの仕事に少し疲れを感じるときもありました。
     

    そんなときに病棟への手伝いに駆り出されると、何だか解放感いっぱいになったものです。
     

    病棟とは違う環境で仕事をすることは、本業に新鮮な気持ちで向き合えるいい機会になりますので、心と体をリフレッシュさせるためにイベントナースとして働いてみてはどうでしょうか?
     

    ③イベントナースとして働く注意点について

     

    イベントナースの役割を果たすには、事前準備として
     

  • イベント会場の全体図や構造
  • 参加者の既往や持病、服薬状況
  • AEDの設置場所
  • イベントによって起こりやすい病気や怪我
  •  

    この4つの情報がポイントです。
     

    緊急時に慌てずに対応をするには、イベント会場に入る前にいかに対策を立てておくかが重要になってきます。
     

    少し大変な作業ですが患者さんを助けるにはどれも欠かせません。
     

    予測できないことばかり起こる現場で命を救う確率を上げるためにも、イベント開始前からの行動に気を付けてみてください。
     

    3.イベントナースになる方法とは?

     

    実際にイベントナースの求人をどこで探せばいいのか、3つのポイントにまとめてみました。
     

    ①イベントナースの勤務形態とは?

     

    イベントナースの勤務形態は派遣と直接雇用の2パターンが一般的で、派遣の場合まずは派遣会社への登録が必須です。
     

    派遣会社に登録すれば、自分で探さずとも職場を紹介してくれることから、求人探しをする時間のない人も手間がかかりません。
     

    私が働いていた頃は、勤務が終わったらご飯を食べてお風呂に入って寝るだけで1日が終わっていたため、求人サイトを検索する暇なんて正直ありませんでした
     

    派遣に登録しておけば面倒なことをせずとも求人先を紹介してくれますし、仕事が忙しい人は派遣会社に登録しておくのもいいですね。
     

    当サイトでも登録方法などについて解説していますので、こちらの記事も参考にしてください。

    ⇒【派遣看護師が違法ってホント?実態を探ってみました
     

    ②イベントナースの給料とは?

     

    イベントナースのお給料は働く場所や拘束時間によって異なりますが、拘束時間が半日未満の場合は時給1,500〜2,000円・拘束時間が1日の場合は日給1万円前後が相場です。
     

    他の看護師バイトと比べるとそれほど差はないですから、副業の選択肢に入れてみてはどうでしょうか?
     

    交通費に関してはほとんどのところで支給されるものの、中には自費のところもある上、会場によっては電車で1時間近くかかるケースも少なくありません。

    ・イベントナースだけで生活するのは難しいかも

     

    多くの人が副業にしている中、イベントナースを本業にしたいと考えている人もいると思います。
     

    イベントナースの仕事は定期的に入ってくるものではなく、月によっては全く仕事がないこともめずらしくありませんし、イベントナースの収入だけで暮らしていくのは少し無理があるかもしれません。
     

    パートやアルバイト程度の収入でよければイベントナースはおすすめの仕事ですけれど、それだけで食べていこうとするのは少し難しいです。
     

    それでもイベントナースを本業にしたいという方は、本業の収入を超える月が続くようになるまで、イベントナースの仕事を副業でやってみるという方法もありますよ。
     

    ③なかなか求人が見つからないときは……

     

    イベントナースは人気が高いためすぐに求人がなくなってしまうのが現状で、そもそも普通の求人サイトでは情報が出回っていないことも珍しくありません。
     

    そんな看護師さんにおすすめなのが看護師専門の求人サイトへの登録です。
     

    求人サイトに登録すれば、担当のスタッフがあなたに合ったイベントナースの仕事を紹介してくれるのはもちろん、採用されやすいような履歴書の書き方や面接対策などをレクチャーしてくれます。
     

    至れり尽くせりのサービスが無料で受けられますから、イベントナースの求人探しでお困りの方はぜひ求人サイトを活用し理想の職場を見つけてくださいね。
     

    病院を飛び出しイベントナースとして活躍しよう!

     

    イベントナースの仕事は、コンサート会場や海水浴場などさまざまな場所へ赴いて経験ができる楽しいものだとわかりました。
     

    普段の看護業務では決して体験できないことばかりですし、病棟での勤務に息が詰まったときの気分転換にもピッタリの現場です。
     

    人気があるため求人を確保するのに苦労するものの、求人サイトを上手に利用すればイベントナースとして働くのも夢ではありません
     

    今までに経験したことのないような現場で働けばいいリフレッシュになるだけでなく、病棟での仕事にも新たな気持ちで取り組めるようになります。
     

    みなさんもイベントナースとして生き生きと働き、より良い看護を提供してみてはどうでしょうか?