病気やケガで苦しんでいる方へのケアが看護師の主な役割ですが、最近では高齢者の入院患者さんが増えていることもあり、日常生活援助がメインの業務となってきています。
 

日々繰り返されるオムツ交換や清拭に疲れると、もっと看護師として違う仕事をしたいという思いから転職を考える人も少なくありません。
 

看護師の転職先はたくさんありますが、せっかくなら今までとはガラリと違った仕事ができる眼科で働いてみてはいかがでしょうか?
 

触れたことのないような器械の操作や疾患に関する知識を身に付けられるため、新鮮な気持ちで働けますよ。
 

ここではみなさんが生き生きと新しい職場で働けるように、眼科の仕事内容や転職活動のコツについてお話ししていきます。
 

1.眼科看護師になるには?

 

眼科の仕事には眼鏡・コンタクトの合わせ業務やレーシック手術などがあります。
 

仕事内容によって看護師の役割も異なってくるので、眼科について詳しく知っておくことが必要です。

①眼科の役割について

 

眼科の役割は、
 

  • アレルギー結膜炎・眼精疲労・ドライアイなどの治療
  • 白内障・緑内障・網膜剥離・レーシックなどの手術
  • コンタクトや眼鏡の合わせ業務
  • 斜視・弱視や眼球運動障害の方への視能訓練
  • 視力矯正治療
  •  

    このようなものです。
     

    病院の形態やオペを取り扱っているかいないかで、業務内容にも違いが出てきます。
     

    看護師に求められるスキルや習得できる技術も異なるので、自分がどのような眼科看護師になりたいのかをよく理解した上で転職するのが大切ですね。
     

    参考:公益社団法人 日本視能訓練士協会

    ②眼科看護師はどんな仕事をするの?

     

    眼科看護師の業務内容は、視能訓練士(ORT)がいるかどうかで変わってきます。
     

    視能訓練士は、
     

  • 眼科一般検査
  • 視能矯正
  • 検査業務
  • 視力が低下している人のリハビリ
  •  

    などを行える資格です。
     

    視能訓練士がいれば一般的な看護業務に専念できますが、いない職場だとそれだけ看護師の負担も増えるため、ゆとりを持って働きたい人は求人先に視能訓練士がいるかどうかの確認をしておいたほうがいいかもしれません。
     

    あくまでも負担が少なくて済むほうがいい人の場合なので、眼科での専門的なスキルをしっかり学びたいというやる気にあふれる方は、あえて視能訓練士がいない施設を選ぶ手もありますよ。
     

    自分のニーズに合わせた職場を選択することが転職活動を成功させるポイントです。

    ③眼科看護師に向いているのはどんな人?

     

    眼科には結膜炎やものもらいのような比較的症状の軽い疾患の方だけでなく、失明の危険のあるような重症の方も多いです。
     

    失明するということは今まで当たり前のように見えていた世界が見えなくなってしまうことであり、私たちが想像する以上の恐怖と患者さんは常に戦っています。
     

    眼科看護師は、そんな不安を抱えた患者さんが少しでも安心して治療を受けられるようなサポートができる思いやりのある人が向いていると言えますね。
     

    このようにお話しすると、「自分にそんな看護ができるのかな……。」という気持ちになり、眼科への転職をためらってしまう人もいると思いますが、難しく考える必要はありません。
     

    患者さんを助けたいという、看護師であれば誰しも持っている気持ちを忘れずに仕事に取り組めば大丈夫です。
     

    みなさんも一人でも多くの患者さんが安心して治療に取り組めるように眼科看護師としてサポートしていってください。

    2.眼科看護師として働くメリット・デメリットとは?

     

    眼科看護師になることで生じるメリット・デメリットはいくつかあります。

    ①命に関わるような疾患のケアをしなくて良い

     

    病棟で働く看護師は重症患者さんを受け持つ機会がしばしばあります。
     

    自分のケア次第では患者さんの体調に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあるので、常にプレッシャーと隣り合わせの仕事です。
     

    ストレスのある環境で働き続けるのをつらいと感じ、看護師を辞めてしまう人も少なくないですが、それでも看護師の仕事を続けたいという人は眼科で働いてみてはいかがでしょうか?
     

    命に係わるような深刻な患者さんを扱わずに済みますし、患者さんの目が見えるようになっていく過程をサポートする大変やりがいのある仕事ができますよ。

    ②ゆとりを持って働ける

     

    眼科では、レーザー治療や眼底検査といった今までに経験したことがないような治療が行われています。
     

    慣れるまでに時間がかかる仕事ですが、
     

  • 診察時間が決まっている
  • 緊急の患者さんの対応がない
  • 仕事の流れが決まっている
  •  

    ということから、他の診療科よりもゆとりを持って仕事ができるはずです。
     

    入院施設のないクリニックに就職すれば夜勤がないので、家庭と仕事を両立させたい方や自分の時間を大事にしたい方などにはぴったりの職場になりますね。
     

    自分のライフスタイルに合わせた仕事ができるように、眼科という新しいフィールドに挑戦してみるのもポイントです。

    ・残業が多い職場もあるため注意が必要

     

    眼科看護師の職場は外来やクリニックの場合が多いので、比較的ゆとりを持って仕事ができますが、日々大勢の患者さんが受診されるため診察時間内に診療が終わらないケースもあります。
     

    勤務時間内に終わらなければそのぶん残業しなければならず、時間どおりに家に帰りたい人は眼科へ転職する前に、希望する職場についてよく調べておくことが大切です。

    ③看護技術が身につかないというデメリットも……

     

    眼科での仕事は、一般病棟では経験したことのないような器械の操作や疾患に関わる機会が多いです。
     

    新しいことを学べるため幅広い分野の知識を習得したい人には最適な職場ですが、眼科ならではのスキルは、その特殊性の高さから他の診療科ではあまり役に立ちません。
     

    一般病棟と違って眼科では基本的な日常生活援助をほとんど行わないので、長く働き続けた場合今まで培ってきた看護スキルすらも低下してしまうおそれがあります。
     

    眼科看護師を一生涯の仕事にすると決めているのならば問題ないですが、いずれは一般病棟に戻りたいと考えている人は、これから先の看護師人生をどのようなものにしたいのかよく考えたうえで転職活動を始めてくださいね。

    3.眼科への転職を成功させるための確認事項とは?

     

    眼科看護師の転職活動を成功させるには、知っておくべきポイントがいくつかあります。

    ①お給料はいくらもらえるのか

     

    求人サイトによると眼科看護師の年収は300〜400万、パートの場合の時給2000円程度のところが多いです。
     

    年収ラボによると平成27年度の看護師の平均年収が478万円なので、今までの職場より少しお給料が下がる可能性があります。
     

    もらえる金額が減るとはいえ、眼科看護師になれば一般病棟のような責任の重い仕事をすることなくゆとりを持って働けるため、お金よりも働き方を重視する方は眼科を新しい職場に選んでみるのもいいかもしれません。

    ②どんな仕事をしたいのか明確にしよう

     

    眼科によって行う業務内容は異なります。
     

    疾患だけでなくオペの介助に関する技術も身につけたい人は、日帰りのオペを行なっているようなところを選ぶことが重要です。
     

    一方コンタクトや眼鏡などの合わせ業務を中心に行っているところでは医療的なスキルはあまり必要とされないため、ブランクあり看護師でも安心して仕事ができますよ。
     

    自分の理想とする職場で働けるように、求人先がどのような業務をメインで行なっているかを調べるのがポイントです。

    ・中には混合病棟もあるので注意!

     

    総合病院や大学病院にある眼科の場合、単独ではなく皮膚科や耳鼻科、内科などとの混合病棟である場合が多くあります。
     

    このような病棟に配属されれば、当然眼科以外の診療科での業務を行わなければならないので、どの科との混合病棟なのかをあらかじめチェックしておくのが必須です。
     

    もし自分の興味のない分野ややりたくないジャンルの仕事をしなければならなくなってしまうと、仕事に対するモチベーションも低下し、またすぐに転職なんて事態になりかねません。
     

    仕事を楽しく続けるためにも、大学病院や総合病院で眼科看護師になりたい方は職場環境をきちんと確認しておいてくださいね。

    ・転職エージェントに相談してみるのもポイント

     

    眼科で働きたいけど、どんな職場が自分に向いているのかわからない看護師さんもいると思います。
     

    このような人は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?
     

    なかなか入手できないような病院の情報やあなたの適性に合った職場についても教えてくれるため、安心して転職活動を続けられますよ。
     

    みなさんも一人で悩まずに、まずは転職エージェントを利用してみるのも大切です。

    ③視能訓練士の資格はあった方がいいの?

     

    もっと眼科に関する高度で専門的な知識を習得したいという人の中には、視能訓練士の資格取得を検討する方もいると思います。
     

    先ほども少しお話ししたように眼科において視能訓練士の果たすべき役割は大きいことから、この資格を取りたいと思っている眼科看護師は少なくありません。
     

    看護師の資格だけでも働くことはできますが、眼に関するプロフェッショナルである視能訓練士の資格も持っていれば、眼科にとって欠かせない人材になれます。
     

    視能訓練士は専門の養成所に通い、さらに国家資格に合格しなければならない難しい資格ですが、眼科のスペシャリストになるためにみなさんも資格取得を目指してみるのもいいですね。

    やりがいのある仕事ができる眼科看護師を目指そう!

     

    眼科は職場によって取り扱っている疾患や治療内容が異なることから、就職先選びを慎重に行う必要があることがわかりました。
     

    眼科看護師の仕事は新しい技術をたくさん覚えなければならないので、慣れるまでは大変な職場かもしれません。
     

    最初は苦労することも多いと思いますが、眼科に転職できれば今までとは全く違った看護の形を学べる絶好の機会になりますよ。
     

    みなさんも一般病棟とは違ったやりがいのある分野での活躍を目指して、転職活動を始めてみてください。