病棟の仕事はストレスが大きく一生の仕事とするのは難しいため、他の病院への転職を考える看護師も少なくありません。
 

看護師の転職先は病院やクリニック、一般企業などさまざまですが、
 

「今までやったことのない分野の仕事をするのは不安だな……。」
 

という気持ちから転職をためらっている人もいると思います。
 

そのような人は、皮膚科への転職を検討してみてはいかがでしょうか?
 

褥瘡(じょくそう)やオムツかぶれのケアなど、皮膚トラブルに関する処置には馴染みのある方が多いことから、皮膚科であれば転職後もスムーズに仕事に取り組めますね。
 

ここでは皮膚科のメリットや求人先選びのポイントについて解説していきます。
 

1.皮膚科の看護師になるには?

 

「皮膚科の看護師として働きたい」と漠然と考える人がほとんどだと思いますが、クリニックや美容皮膚科など転職先の選択肢はさまざまです。
 

希望とする皮膚科の看護師になるためには何が必要だと思いますか?

①皮膚科クリニックの特徴について

 

皮膚科クリニックでは、地域に住む人々の皮膚疾患や肌トラブルの治療が主な役割です。
 

皮膚科で扱う病気は、
 

  • アトピー性疾患(蕁麻疹・皮膚炎など)
  • 薬疹
  • 火傷
  • 外傷
  • ウイルス性疾患(ヘルペス・麻疹・風疹など)
  • 真菌症
  •  

    といったさまざまな種類があり、多くの専門的な知識が求められています。
     

    皮膚科のスペシャリストになりたいと考えている方には、皮膚科クリニックはぴったりな転職先かもしれません。

    ・美容皮膚科との違いについて

     

    皮膚科クリニックの主な仕事は怪我や病気の治療ですが、最近ではお肌の美しさを求めて美容皮膚科を受診する人が増えてきています。
     

    みなさんも求人サイトで皮膚科を検索すると、美容皮膚科の募集をよく見かけるのではないでしょうか?
     

    美容皮膚科の特徴は、
     

  • 自由診療である
  • 点滴や注射などの処置がメイン
  • 患者さんのカウンセリングも行う
  • 病院によってはノルマが課せられることもある
  •  

    上記の内容が一般的です。
     

    これだけみても通常の皮膚科とは仕事内容が違うことがわかりますね。
     

    皮膚科への転職を成功させるために、まずは自分がどのような皮膚科で働きたいのか考えることが重要です。

    ②皮膚科で働く看護師の仕事内容とは?

     

    皮膚科で働く看護師の仕事には、
     

  • 採血
  • 点滴
  • 液体窒素の処置
  • アレルギー検査
  • 薬の塗布
  • 薬の使用法や病気の説明

  •  

    などがあります。
     

    病棟でも実施してきたケアもあるので、転職しても今までと同じように仕事ができるはずです。
     

    皮膚科では診療の補助以外に「施設内の衛生管理」も大切な役割の1つとなっています。
     

    感染症の患者さんも多く来院するため、看護師が感染予防に努めなければならないのです。
     

    皮膚科への転職をお考えの方は、自分の中の清潔行動を再確認しておくのも必要ですね。

    ③皮膚科の看護師に求められる資質とは?

     

    皮膚科は外来でもクリニックでも混雑しているところがほとんどなため、看護師は診察をスムーズに進めるように、診察のサポートをしなければなりません。
     

    そこでポイントとなってくるのがコミュニケーション能力です。
     

    患者さんの話を丁寧に聞き取り、必要な情報を医師に的確に伝えることで、適切なケアを短時間で提供できます。
     

    どの病棟でも必須の能力ですが、

    皮膚科で働く上でも重要なスキルの1つだと言えるのではないでしょうか?
     

    看護師の仕事をしていれば誰しも身に付いているスキルだと思いますので、皮膚科で働きたいと考えている方は安心して転職活動をしてください。

    2.皮膚科の看護師に転職するメリットについて

     

    皮膚科で働きたいけど転職するのが本当に自分にとってよいことなのかわからず、なかなか行動に移せない方も多いと思います。
     

    皮膚科の看護師に転職するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

    ①命に関わるような処置をしないため負担なく働ける

     

    先ほどもお話ししたように、皮膚科に訪れる患者さんは皮膚疾患や皮膚トラブルのケースが多いです。
     

    命に関わるような責任重大な処置を行なうケースがほとんどなく、病棟で感じていたようなストレスやプレッシャーなどを感じずに仕事ができます。
     

    「看護師の仕事は続けていきたいけど、今の職場は負担が大きすぎる……。」
     

    という方は皮膚科への転職を一度検討してみるのも良いかもしれませんね。

    ・看護のスキルが上達しないというデメリットも……

     

    皮膚科での仕事は負担が少ないため、ストレスなく働けるというメリットがありますが、看護のスキルが上達しないというデメリットもあるので注意が必要です。
     

    皮膚科での処置は注射や点滴・薬の塗布など基本的なケアばかりなため、難しい処置やケアを行う機会はほとんどありません。
     

    「もう一度病棟で働きたい!」と思っても、

    以前と同じように仕事ができない場合も考えられます。
     

    どのようなキャリアを積んでいきたいのかによって、あなたの歩むべき道は変わってくるので、転職活動を始める前にじっくり検討することが大切です。

    ②残業が少ないないためプライベートな時間を楽しめる

     

    皮膚科クリニックでは診察時間が決まっており、予約システムを採用しているところも多いです。
     

    緊急の患者さんが運び込まれてくるケースもほとんどないため、勤務時間内に仕事が終わります。
     

    残業せずにプライベートな時間を有意義に使いたい人にはぴったりの職場と言えますね。

    ・家庭と仕事を両立させたい方にもおすすめ!

     

    病棟では夜勤や残業が当たり前なため、家族と過ごす時間をあまり持てないかと思います。
     

    家に帰っても子供は寝ているので、
     

    「お母さんらしいことが、全くできていない……。」
     

    と落ち込む方も少なくないです。
     

    このような方はお子さんと過ごす時間を増やせるように、皮膚科への転職を考えてみてはいかがでしょうか?
     

    皮膚科では時間どおりに仕事が終わるため、家庭と仕事を両立させたいお母さんにとっても働きやすい環境です。
     

    仕事と家庭のどちらも大切にしたい方は、今の働き方を見直してみてください。

    ③難しい処置が少なく職場復帰の場所として最適!

     

    ブランクのある看護師が職場復帰をためらう理由に、
     

  • 自分の技術や知識に自信が持てない
  • 命に関わるような責任の重い仕事をすることが不安
  •  

    というのが挙げられます。
     

    やはり患者さんにケアを提供することに対して不安を抱いている方が多いようです。
     

    そのような方には皮膚科が職場復帰の場所にぴったりかもしれません。
     

    皮膚科での処置は病棟と違って比較的簡単なので、ブランクあり看護師さんでも安心して仕事ができるのではないでしょうか?
     

    現場から離れている期間があっても、今まで培ってきた看護師の経験は確かなものです。
     

    仕事の勘を取り戻すためのリハビリの場として皮膚科に再就職してみるのも良いですね。

    3.転職する前に確認しておくべきポイントとは?

     

    皮膚科への転職活動を始める前に、知っておくべきいくつかのポイントがあります。

    ①業務内容はどのようになっているか?

     

    皮膚科には病気や怪我の治療を行う皮膚科と、美容に関する施術を行う美容皮膚科があるため、就職先の業務内容がどのようになっているのかあらかじめ確認しておくのが必要です。
     

    それぞれ仕事の内容にも違いがあるので、転職先の情報収集をし自分の希望とする分野で働けるように行動するのが求められています。
     

    病棟の皮膚科への転職を考えている人の場合、何科との混合病棟であるのかを知っておかなければなりません。
     

    もし苦手な分野や興味のない診療科に配属されてしまったら、

    皮膚科の仕事に集中して取り組むことができなくなってしまいます。
     

    こういったことがないように求人先の病院に確認するのを忘れないでくださいね。

    ・転職エージェントを活用すれば自分に合った職場を提案してくれる

     

    皮膚科にはさまざまな形態の就職先があるため、自分に合った職場を見つけることがが難しい場合もあると思います。
     

    そのような人は転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?
     

    エージェントがあなたの希望どおりの転職先を提案してくれます。
     

    気に入った求人が見つからない人や働きながら次の転職先を探している人は、転職エージェントを活用してみてください。
     

    きっと想像以上の理想的な職場に出会うことができますよ。

    ②年収はどのくらいもらえるの?

     

    看護師の平成27年度の平均年収は519万円、平均月収は35万です。
     

    女性の平均年収が221万円~354万円ということからも、同年代の女性よりも多めの収入を得られるのがわかりますね。
     

    このように看護師の給料は一般女性よりもらえますが、

    皮膚科の看護師に転職してもそれが維持できるのか気になると思います。
     

    転職サイトによると皮膚科の看護師の平均月収は25万円前後のところが多く、今までの職場よりも年収が下がる人もいるかもしれません。
     

    しかし皮膚科クリニックでは残業や夜勤がないことや仕事内容が比較的軽いことから、
    お金よりも働きやすさを重視している人にとっては最適の職場だと言えます。
     

    地域や勤務先によってお給料にも違いがあるため、納得のいく年収を得られるように求人先選びをしてください。

    参考:平均年収.jp

    ・美容皮膚科に就職した場合のお給料について

     

    美容皮膚科は、
     

  • 自由診療であること
  • ノルマがあること
  •  

    から、一般的な皮膚科よりもお給料がたくさんもらえることが多いようです。
     

    美容皮膚科の看護師の平均月収は35万円前後、ノルマを達成できれば40万以上もらえるところもあります。
     

    皮膚に関する仕事をしつつ、お給料もたくさん手に入れたい人は、美容皮膚科で働いてみてはいかがでしょうか?

    ③社会保険やら福利厚生の確認も忘れずに!

     

    転職する前に求人先の社会保険や福利厚生について確認するのが必要です。
     

    皮膚科での転職を考えている人の就職先として、クリニックを選ぶ人が多いのではないでしょうか?
     

    クリニックは個人経営のところが多く、福利厚生が不十分なところもあるため、
     

  • 社会保険
  • 退職金制度
  • 年間休日
  • 通勤手当などの福利厚生
  • 育休・産休制度
  •  

    などがどうなっているのかをきちんと確認しなければなりません。
     

    就職してから「こんなはずではなかった!」なんてことにならないように、転職活動は慎重に行ってください。
     

    やりがいのある皮膚科看護師の仕事を楽しもう!

     

    皮膚科の看護師の仕事のやりがいやメリットについてお話ししてきました。
     

    皮膚科に転職すれば病棟よりもゆとりを持って仕事ができるだけでなく、プライベートな時間も大切にできます。
     

    今の働き方に疲れを感じている方は、皮膚科への転職を検討してはいかがでしょうか?