不規則な勤務体制のもと仕事を続けていくと、
 

「もっとゆとりのある仕事をしたい!」
 

という思いから、他の職場への転職を決意する方もいるのではないでしょうか?
 

看護師の転職先には訪問看護師や企業看護師などが挙げられますが、保育園看護師という選択肢もあります。
 

保育園看護師の制度が始まったのは2007年であり、まだまだ課題も山積みな仕事です。しかし保育園で過ごす子どもたちの健康を守るためには、専門的な知識と技術を有した看護師のサポートが欠かせません。
 

保育園という全く異なる環境でも安心して働けるように、保育園看護師の役割と求人探しのコツについてご紹介していきます。
 

1.保育園看護師って何?

 

2007年より厚生労働省は、
 

  • 体調不良のある子ども
  • アレルギーを持つ子ども
  • 障害のある子ども

  •  
    に対する処置やケアを目的として、保育園看護師の配置を促しています。
     

    参考:児童福祉施設最低基準の条例委任について
     

    ここでは保育園看護師への理解が深まるように、具体的な業務内容や保育園看護師の仕事のやりがいについてお話ししていきますね。
     

    ①仕事内容

     

    保育園看護師の仕事には、
     

  • 園児の体調管理(検温や服薬介助など)
  • 園児の怪我や体調悪化時の処置
  • 医療機関や職員との連携
  • 職員への健康教育・健康相談
  • 保護者への健康教育・健康相談
  • 保健だよりなどの配布物の作成
  •  
    などが挙げられます。
     

    なんだかやることがいっぱいで大変そうですが、園児の健康を第一に考えて仕事に取り組むことができれば大丈夫です。園内でのケガや病気の処置を適切に行うために、自分の持っている知識や技術を活かしてくださいね。
     

    また園児の健康を守るには、いつもそばにいるご家族や職員の健康管理も忘れてはいけません。保育園看護師には幅広い年齢や症状に対処可能な確かなスキルが求められています。
     

    このように園内における保育園看護師の果たすべき役割は大きいことから、
     

    「自分にそんな大変な仕事ができるのかな?」
     

    と不安に感じる方もいるはずです。
     

    ですが、保育園看護師は非常にやりがいのある仕事であり、病院では磨けないスキルを身に付ける絶好の機会と言えます。
     

    より多くの知識や技術を持った看護師になりたい方は、保育園看護師になることを検討してみてはいかがでしょうか?

    ②保育園看護師のメリット・デメリット

     

    保育園看護師の仕事は、子どもの健やかな成長発達のサポートです。
     

    これは病院では行えない看護の形であり、そのようなケアを提供できることが保育園看護師の最大のメリットだと言えます。
     

    保健衛生だけではなく保育業務をこなすことも保育園看護師には求められており、お歌やお遊戯、運動を園児と一緒に行う場合もあるのです。
     

    保育園看護師が設置されてからまだ数年しか経っていないため、保育園看護師を看護業務もできる保育士と認識している施設もあります。
     

    条例でも看護師を保育士とみなす場合があると記されており、0歳児クラスの担任を受け持たされるケースも少なくありません。

     

    まだまだ保育園看護師の地位が確立されておらず、

    専門的なスキルを用いた仕事が行えないことが働く上でのデメリットだと言えますね。

     

    保育士と看護師の区別がついていない保育園で働くと、自分の専門性を発揮できないので仕事内容に不満を感じる人もいるでしょう。
     

    やりがいのある仕事をするためにも、保育園看護師としてどのような仕事をしたいのかを明確にした上で求人探しをすることが大切なのです。

    ③他職種との関わり方

     

    保育園看護師の配置は努力義務であり、看護師が1施設につき1人しか配置されないところが多くあります。そのため、保育園における保健衛生業務の全責任を、保育園看護師は1人で担っているのです。
     

    このように聞くと、
     

    「看護師が自分だけしかいないなんて、荷が重すぎる……。」
     

    と不安に感じる方もいるのではないでしょうか?
     

    たしかに看護師だけで園内のすべての医療的な業務をこなすのは大変だと言えます。しかし自分だけでなんでも解決しようとせず、周囲と協調し働く姿勢が保育園看護師には求められているのです。
     

    保育のプロである保育士と連携し仕事に取り組むことで、より一人一人に合ったケアを提供できます。
     

    自分は看護師だからと線引きをせず、保育士との信頼関係を築き働くことが子どもたちの健やかな成長には欠かせません。

    2.保育園看護師の就職先の選び方

     

    保育園看護師の就職先には、
     

  • 公立の認可保育園
  • 私立の認可保育園
  • 私立の認可外保育園

  •  
    が挙げられます。
     

    働く場所によっては給与や待遇にも違いがあるので、きちんと情報収集をする必要がありますね。
     

    みなさんが希望の就職先を見つけられるように、求人探しで確認しておきたい3つのポイントについてお話ししていきます。

    ①公立か私立か

     

    保育園看護師の勤務先には公立と私立の保育園が考えられますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?
     

    公立の保育園に就職すると扱いは公務員となるため、安定して働きたい方にはぴったりな就職先だと言えます。市町村ごとでの待遇や給与には大きな違いがないので、自分が働きやすい場所での求人を見つけることが重要です。
     

    一方、私立の保育園の場合は経営母体が学校法人や社会福祉法人、NPO法人など様々であり、待遇や給与にも違いがあります。
     

    給与は高いけど仕事が多い、ゆっくり仕事ができるのに給料が良いなど施設によって働き方も異なるため、私立保育園で働きたいとお考えの方は求人探しを慎重に行ってくださいね。
     

    また私立の保育園では延長保育を行なっているところが多くあります。勤務時間を2つか3つに分けてシフトを組む場所もあることから、不規則な勤務体制の施設には注意が必要です。

    ②認可外保育園での働き方

     

    認可保育園とは国や自治体が定めた一定の基準を満たしている保育園を指すのに対し、認可外保育園は届け出だけで運営できる保育園のことを言います。
     

    具体的にはベビーホテルや駅前保育所などをイメージしてもらえるとわかりやすいでしょう。
     

    認可外保育園では延長保育だけではなく24時間保育も行なっており、認可保育園では対応できないようなケースの受け皿となっているのです。
     

    24時間保育ということは当然夜勤もあるため、
     

    「普通の人と同じようなライフスタイルを送りたい!」
     

    という理由で転職を考えている方は、勤務体制をよく確認することが重要です。
     

    認可外保育園も様々な条件のものがあるので、自分に合った勤務先を見つけてくださいね。

    ③給与の違い

     

    年収ラボによると看護師の平均給与は月額33万円、平均年収は478万円ほどです。一方で保育園看護師の給与は月額20万円~25万円、平均年収は300万円~350万円ほどということが求人サイトからわかります。
     

    保育園のほとんどは残業や夜勤がないことから、給与が下がるケースが少なくないのです。
     

    また保育園看護師は園内で1人しかいないので昇進というものがありません。役職手当などがつかず、昇給がないところが多いと言えます。
     

    お給料が少ないことに不安を感じる方は、24時間保育の認可外保育園を検討してみてはいかがでしょうか?

    3.保育園看護師の疑問あれこれ

     

    保育園看護師はまだ始まったばかりの制度です。そのため周囲から仕事の情報を得られる機会も少なく、実際に働く上でわからないことも多くあると思います。
     

    安心して転職活動するために、みなさんが疑問や不安に感じる点についてお話ししていきますね。

    ①服装は自由?

     

    病棟で働いてるとナース服の支給や貸し出しがあるので、服装で悩むことはなかったと思いますが、保育園看護師の場合はどうなのでしょうか?

     

    保育園では保育士も看護師も一緒の環境で働くという理由から、

    両者を見分けられるように看護師に制服着用を指示する施設が多いです。
     

    ナース服のようなデザインの制服が用意されていたり、私服の上にかぶる形の制服であったりと、施設によって制服は異なります。

     

    制服がない場合や服の上に制服を着用する場合、私服は動きやすいものを着るのが好ましいです。保健業務以外の仕事をすることを踏まえて、私服を選択してください。
     

    運動しやすく汚しても良いような服装であればなんでも構いませんが、ボロボロの洋服を着るのは避けるべきです。
     

    看護師という立場を意識し、清潔感のある服装を選ぶことが重要と言えます。
     

    保護者からの視線もあるため信頼されるような格好を心がけてくださいね。

    ②小児看護の経験がなくても大丈夫?

     

    保育園看護師は子供の健康管理が主な業務であることから、
     

    「小児科での経験がないから、きっと雇ってもらえない……。」
     

    と諦めてはいませんか?
     

    たしかに小児に対する知識や技術があれば、保育園でも自信を持って仕事をすることができるはずです。
     

    ですが、経験よりも熱意ややる気を評価する保育園も増えているため、保育園看護師に興味がある方は思い切ってチャレンジしてみてください。
     

    最近ではベネッセ保育園のように研修制度の充実している保育園も増えてきています。病棟での経験が全くない方も、研修制度のある施設を選択すれば安心して働き続けられますよ。
     

    保育園看護師になりたいという夢を叶えるために、自分の要望に合った求人探しが必要です。

    ③子育てしながら働ける?

     

    仕事復帰を考えているお母さんたちの中には、保育園看護師を検討している人もいると思います。
     

    保育園看護師は夜勤もなく土日祝日も休みなため、
     

  • 仕事と家庭を両立したい
  • 子どもとの時間を大切にしたい
  • 一定の収入が欲しい

  •  
    という人にとって最適の職場だと言えるでしょう。
     

    また一度臨床現場から離れてしまうと、
     

    「患者さんの命に関わる仕事をするのはもうしんどい……。」
     

    という気持ちになり、病院への再就職をためらう方もいると思います。
     

    保育園での業務は、病棟のときのような生死に関わる処置やケアを施す機会がほとんどありません。看護の対象が健康な子どもであることから、緊急時以外はゆとりを持って働けますね。
     

    病院とは違ったやりがいのある仕事が保育園にはたくさんあります。自分の可能性を広げていくために、保育園看護師として働くことを考えてみてください。

    子どもの健康をサポートする保育園看護師を目指そう!

     

    保育園看護師はできたばかりの制度であり、手探り状態の施設が多くあります。
     

    病院のようにマニュアルや研修制度が整っていない場合もあるので、仕事をしていく中で不安に感じたり、投げ出したくなったりすることもあるはずです。
     

    しかし保育園看護師は園児やその保護者、そしてそこで働く全ての人の健康をサポートする、なくてはならない仕事です。
     

    あなたも子どもたちの笑顔を守るために、看護師の新しい働き方を見つけてみてはいかがでしょうか?