高齢化が進む現代社会において、患者さんのほとんどは高齢者という現実があります。
 

お年寄りの人がその人らしい人生を送れるようなサポートをするのももちろん大切ですが、小さなお子さんの未来を守るようなサポートをしていきたいと考える看護師さんもいるのではないでしょうか?
 

このような人にぴったりなのが保育所看護師の仕事です。
 

病院ではあまり接する機会のない元気な子どもたちと関わる仕事であり、そこで働く看護師さんも笑顔で働けるような素敵な職場ですよ。
 

ここでは保育所看護師に興味があるみなさんのために、仕事の実態やお給料についてお話ししていきます。
 

1.保育所看護師ってどんな仕事?

 

保育所って保育士さんだけが働いているイメージをお持ちの人もいるかと思いますが、実はたくさんの看護師さんが活躍しています。
 

①保育所看護師の業務内容について?

 

保育所看護師の業務は看護的なケアにとどまらず、
 

  • 園児や職員の健康状態の管理
  • 園児の怪我や病気への対処
  • 病院への受診や搬送が必要かどうかの判断
  • インフルエンザやノロウイルスなどの感染症の予防対策
  • 乳児への授乳やオムツ交換などのケア
  • 園児たちと遊ぶ
  • 保健だよりの作成
  •  

    といった具合にさまざまです。
     

    怪我や病気への対処や感染症の予防対策といった看護的なケアだけでなく、子ども達と遊んだりオムツ交換したりなどの日常生活のサポートも保育所看護師の仕事だというのが分かると思います。
     

    このように保育所看護師の役割は病院とは異なる点がたくさんあるので、初めのうちは戸惑う人も少なくありません。
     

    私の友人にも保育所看護師に転職した人がいますが、看護師1人しかいない環境の中で全く新しい分野の仕事をこなすのは難しいことだと話していました。
     

    もちろん慣れてくれば自分のペースで仕事をこなせるようになりますし、子どもを好きな気持ちがあれば大丈夫な仕事ですから、思い切って保育所看護師の仕事にチャレンジしてみてくださいね。

    ・保育所看護師の設置基準とは?

     

    保育所看護師には設置基準がありますが、私立の場合は施設の規模に関係なく看護師の常駐が義務付けられており、私立保育所における看護師のニーズは非常に高いです。
     

    これが公立になると、看護師の配置は義務付けられておらず、看護師の常駐を促す程度にとどまっています。
     

    何らかの病気を抱えたお子さんがいるご家庭の場合、看護師が常駐する私立を選択するケースが多いため公立で働くよりも医療的なスキルが求められるかもしれません。

    参考:厚生労働省 児童福祉施設最低基準の条例委任について
     

    ②保育士との役割の違いとは?

     

    看護師の場合、看護のプロとして医療的なケアを要求されており、最低限の怪我や病気への知識や対処法について習得しておくことが不可欠です。
     

    一方保育士は子どもたちを育てるプロの立場で、子どもたちの成長発達をサポートをしていくことが求められます。
     

    お互いがそれぞれの分野での役割を果たしていけば、保育所は子どもたちにとって最高の場所になるはずですので、みなさんも看護のプロだという自覚を持って保育所での仕事に取り組んでみてはどうでしょうか?
     

    ③保育所看護師に必要なスキルとは?

     

    保育所看護師に必須のスキルは、何といっても子どもが好きなことで、たくさんの園児と日々触れ合う保育所看護師が子どもが嫌いでは、仕事が務まりません。
     

    もちろんいくら子どもが好きでも、子どもたちはみんながみんな素直で聞き分けの良い子というわけでないです。
     

    必ずしもうまく意思疎通が図れるわけでもないことから、働いていくうちに理想と現実のギャップに苦しみ仕事を辞めていく人もいるので、きちんと保育所看護師の現実を受け止めて転職活動に取り組んでみてください。
     

    2.保育所看護師になるメリットってなに?

     

    保育所の仕事には、病院とはまた違ったメリットがいくつかあります。
     

    ①規則正しいシフトで生活できる

     

    保育所看護師になる大きなメリットは、規則正しいシフトで生活できることです。
     

    病院の場合入院患者さんのために24時間365日いつでも稼働しているので、そこで働く看護師もカレンダーどおりにお休みすることはできません。
     

    しかし保育所は基本的には日・祝休みなところが多く、中には土曜日も休みのところがあるので、週末をのんびり過ごしたいという希望を叶えるのも難しくないです。
     

    私が看護師として働いていたときは、シフト制だったことから友人や家族との予定を立てるのが大変で「もっと規則正しいシフトだったら良いのになぁ。」とよく考えていました。
     

    その点保育所看護師になれば、カレンダーどおりにお休みできるため先の予定も立てやすく、プライベートを充実させられますよ。
     

    みなさんも仕事と自分の時間をどちらも楽しめるように、保育所看護師の仕事をスタートさせてみてはどうでしょうか?

    ・夜勤をしたくない人にはぴったりの職場!

     

    看護師につきものの夜勤ですが、保育所看護師の仕事には夜勤はありません。
     

    夜勤のせいで体を壊してしまう看護師さんも少なくないので、夜勤がないというのは大きなメリットになります。
     

    子育て中のママさん看護師にとっても子どもとの時間を十分に確保できるため、家庭と仕事を両立させたい方は保育所看護師へと転職するのを検討してみてください。
     

    ②子育ての経験を活かすことができる

     

    先ほども少しお話ししましたけれど、保育所看護師の仕事には看護的なケアだけでなくオムツ交換や授乳といった子どもたちのお世話も含まれています。
     

    子育て経験のない看護師さんだと初めのうちは苦戦する仕事ですが、ママさん看護師であればすでに自分の子どもにやってきたことがメインの業務なので余裕かもしれません。

    ・小児看護の知識は必須?

     

    子どものバイタルは大人とは異なるという理由から、小児科で働いた経験がない人は小児看護を復習する必要があります。
     

    基本的に小児看護の知識が必要であるものの、ママさん看護師であれば子どもの平熱や脈拍の正常値がどのくらいか、子どもが今何を訴えて泣いているのかなどを理解できるため、その場合は知識がなくても差し支えありません。
     

    母親として過ごしてきた時間を活かして保育所で活躍してみるのも一つの手です。
     

    ③人の生死に関わるような仕事をしなくてよい

     

    病棟で働いていると患者さんの死は避けられないものです。
     

    昨日までは笑顔で会話していた患者さんが、翌日には亡くなっているケースも少なくないので、患者さんの死を受け入れられずに仕事を辞めてしまう看護師さんも珍しくありません。
     

    このような看護師さんは、人の生死に関わる機会がほとんどない保育所看護師として働いてみてはどうでしょうか?
     

    元気に遊びまわる子どもと毎日触れ合えば看護師も自然と元気をもらえますよ。
     

    病棟で人の死に向き合うのに疲れた方は、命のエネルギーで満ち溢れている保育所で仕事をしていくことも考えてみてください。
     

    3.保育所看護師の求人探しのポイントについて

     

    より良い保育所を見つけるためには、いくつか確認しておきたいポイントがあります。

    ①お給料はどのくらいもらえる?

     

    求人サイトを見ると、保育所看護師のお給料は20万〜25万円・平均年収が300万となっています。
     

    一方病棟で働く看護師の平均月収は33万・平均年収は478万円ほどですから、保育所看護師の仕事の方がだいぶお給料が少ないです。
     

    同じ看護職なのにこのような差が生じる原因はずばり夜勤の有無で、私も看護師として働いていた頃、体調を崩し夜勤を免除してもらっていた時期がありました。
     

    夜勤がないおかげで体は楽になったのですが、翌月の給与明細を見てお給料の少なさにびっくりしたものです。
     

    看護師の高収入の一因は夜勤手当にあると言ってもいいくらいで、夜勤のない保育所看護師のお給料が少ないのは仕方ないことかもしれません。
     

    ②どこで求人を見つけるの?

     

    保育所看護師の求人をどうやって見つければ良いのか悩んでいる方もいると思います。
     

    働きたい地方自治体や気になる保育所のホームページを直接訪問し、採用情報をチェックするという手もありますが、求人サイトで検索して自分の希望に合った職場を見つけるのが基本です。
     

    保育所看護師の仕事は人気なので、待っているだけでは良い職場には巡りあえません。
     

    自ら積極的に行動する姿勢を忘れずに、あなたにぴったりの保育所看護師の求人を見つけてください。
     

    ③気に入る募集が見つからないときは……?

     

    自分で色々と検索しても保育所看護師の仕事が見つからないという方は、思い切って転職エージェントの力を借りてみるのもいいかもしれません。
     

    転職エージェントと聞くと尻込みしてしまう人もいると思いますが、
     

    転職エージェントを活用すれば希望に合った求人情報を提供してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接対策など転職に関するありあらゆることをサポートしてくれるため、利用しないのは正直もったいないです。
     

    特に保育所看護師の求人は非公開のものが多く、転職エージェントを通さないと出てこないものもたくさんありますよ。
     

    楽しい保育所看護師の人生を踏み出せるように、職場探しのときは転職エージェントの力を借りてみてはどうでしょうか?
     

    子どもたちの笑顔を守る保育所看護師は素敵な仕事!

     

    保育所看護師の仕事は、病棟で求められている看護とは違うようなやりがいのある魅力的な仕事だというのがわかりました。
     

    病棟では毎日怪我や病気の患者さんに対するケアを行っており、一つのミスも許されない環境であることから常にストレスと隣り合わせの職場だといっても過言ではありません
     

    常に辞めたいと考えている看護師さんも少なくありませんが、保育所看護師に転職すれば元気いっぱいの子どもたちとキラキラした毎日を過ごせるため、辞めたいなんて思うことなく働けますよ。
     

    みなさんも新しいフィールドに飛び込み、子どもたちの笑顔を守るケアができる保育所看護師になってみてください。