看護師の職場というと病院をイメージする方も多いのではないでしょうか?
 

実は企業やホテル・空港の医務室も立派な看護師の活躍の場です。
 

医務室は一定以上の企業や人が多く集まる施設に設置されており、病院とは必要とされるケアは同じではありません。
 

病棟で仕事をしてきた方は少し戸惑うかもしれませんが、慣れれば病棟とはまた違ったやりがいを見出せる楽しい職場ですよ。
 

もちろん中には「医務室が身近な存在ではないから、いまいちどんな仕事をするのかわからない……。」という人もいると思いますので、ここでは医務室看護師としてみなさんが生き生きと働けるように、仕事内容や職場探しのコツについてお話ししていきます。
 

1.医務室看護師の仕事をしたい!

 

医務室看護師の職場は予想以上にたくさんあります。
 

①医療看護師とは?

 

医務室看護師とは、企業や学校などに所属する人の健康管理を担っている看護師のことを言い、働き場所は多岐に渡ります。
 

ちょっとイメージしづらいかもしれませんが、学校の保健室も医務室看護師の職場の1つだと思っていてください。
 

医務室看護師は職場によって看護の対象となる年齢層やケアが異なってくるので、「医務室看護師になれれば、どんな職場でもいいや!」と思わず自分に合った就職先を見つけるのが大切です。
 

病棟よりも医療的なケアはいらないですがその分社会人としてのマナーや一般常識が問われる職場なため、病棟より楽な仕事をしたいという理由で医務室看護師になると後悔する人も少なくありません。
 

私も病院の仕事を辞めたときは社会人ならではのスキルが身に付いていなかったので、電話やメール対応などで苦戦しました。
 

②どんな仕事をするの?

 

医務室看護師の仕事は職場によってだいぶ変わりますが、企業で働く場合、看護の対象となる人は当然そこで働く従業員です。
 

20代から50代までの幅広い年齢の方が在籍しており、抱えている問題は社員一人一人全く異なってきます。
 

さまざまな疾患に関する知識や処置方法を知っておかなければ適切な対応をすることができないことから、基本的な看護スキルは最低限身につけておくのがポイントです。

・メンタルチェックも企業看護師の仕事!

 

企業看護師の重要な役割は身体的な面でのケアだけではありません。
 

メンタル面に問題がないかを定期的にチェックし過度なストレスを抱えている人には適切な対処をすることで、ふたたび元気に職場で働けるようなサポートもしています。
 

企業で働く社員の人たちが元気に生き生きと働けるのは、企業看護師のおかげとも言えるので、大変やりがいのある仕事です。

・空港での仕事とは?

 

医務室看護師の職場には空港もあります。
 

病院で働いているとなかなか縁のないところですから、ちょっと意外な場所ではないでしょうか?
 

空港における医務室看護師の役割は非常に大きいですが、大勢の人が看護の対象であるにもかかわらず、空港看護師の人数は少ないというのが現状です。
 

1人で大勢の患者さんの症状を見極めスピーディーに対処していかなければいけないため、病院以上に大変なケースも少なくないですが自分の実力を試したい人にはぴったりの職場になりますよ。

・ホテルでも働ける?

 

人が大勢訪れるホテル内にも医務室看護師の活躍の場はあります。
 

宿泊客が突然体調不良になった際の初期対応や従業員の健康管理などが主な仕事ですが、ホテルは24時間営業なので、そこで働く看護師も夜勤をするのが一般的です。
 

もしみなさんの中に、夜勤をしたくないから医務室看護師になろうとしている人がいたら注意してください。
 

③医務室看護師に必要なスキルとは?

 

医務室看護師は病棟とは違う仕事が多いため、「私にやっていける仕事なのかな。」と不安になる人もいると思います。
 

たしかに職場の労働環境のチェックや健康教育など病棟では行わないような仕事が多いですが、患者さんのケガや病気のケアが主な役割なので、基本的な看護スキルがあれば心配いりません
 

どちらかというとパソコンスキルやビジネスマナーといった病院では学べないようなスキルが必須とされるため、医務室看護師への転職を考えている方はこれらのスキルを身につけるのが先決です。
 

2.医務室看護師になるメリットとは?

 

医務室看護師になるメリットを3つにまとめてみました。
 

①規則正しい生活を送れる

 

病棟で働いていると残業や夜勤があることから、なかなか規則正しい生活を送るのが難しいです。
 

看護師として働く以上仕方のないことですけれど、不規則な生活は心身の不調をきたすのでやらなくていいなら避けたいと感じる人も多いのではないでしょうか?
 

入院患者さんのケアは24時間365日行わなければならず、シフト制の職場がほとんどであることから、普通の会社員みたいな生活を送りたいと考える看護師さんは少なくありません。
 

たしかに私も働いていたときは残業があるから仕事終わりの飲み会に参加できなかったり、平日の遊びの予定がなかなか立てられなかったりしたことが何度もあったため、看護師の勤務体制を恨めしく思いました。
 

その点医務室看護師になれば土日が休みのところがほとんどですし、夜勤もないので現在のシフトに不満をお持ちの方は転職してみるのをおすすめします。
 

規則正しい生活により健康的な生活を送るれるだけでなく、プライベートも充実させられるため仕事も私生活も充実したものになりますよ。
 

②人間関係を気にせず働ける

 

看護師は男性が増えたとはいえ、まだまだ女性がほとんどの職場が多くあります。
 

女性が多いため人間関係が複雑になりがちで、病棟での仕事に対しやりにくさを感じている人もいるかもしれません。
 

人間関係がうまくいかないとそれだけでストレスになるので、病棟での人間関係に嫌気がさしてきている方は医務室で働いてみてください。
 

医務室なら看護師の人数が少なく、命を預かるような責任重大な仕事ではないため、病棟よりもずっとのびのび働けます。
 

看護師以外にも社員と関わる業務が多いことから、色々な人と強調しながら働ける非常にやりがいのある仕事です。
 

③仕事へのストレスが軽い

 

看護師は、患者さんの命を預かる責任重大な仕事です。
 

やりがいが大変あるものの自分のケアが患者さんの命を左右しかねないため、看護師の仕事にストレスを感じ辞めたいと思う方も少なくありません。
 

このように仕事をしていくことにストレスを感じている方は、医務室看護師になってみるのをおすすめします。
 

医務室看護師なら従業員のケガや病気の初期対応が主な仕事ですから、病院へと繋ぐことができればそこまで看護度の高い仕事をしなくても大丈夫です。
 

残業がほとんどなく定時に帰れるので、仕事への負担を感じることなく働き続けられますよ。

・医療的な技術が身につかないデメリットも……

 

医務室看護師は規則正しいシフトであり、仕事への負担も大きくないため比較的働きやすい環境です。
 

そこまで大変な仕事をしたくないと思っている看護師さんには理想的な職場のような気もしますが、高度な知識や技術を身に付けたい方にはあまりおすすめできません
 

医務室看護師は病棟のような医療的な技術はほとんど必要とされないため、新しい看護スキルを学ぶことができませんので、看護師としてバリバリ働きたい人はよく考えて転職活動を進めていってください。
 

3.医務室看護師の求人探しのコツとは?

 

自分にあった医務室看護師の求人を見つけるにはいくつかコツがあります。

①医務室看護師の求人は高倍率?

 

医務室看護師の求人はあまり出回らないため、求人サイトを見てもほとんど見つかりません。
 

私も医務室看護師の仕事をしたくて求人を探したときがありますが、求人サイトではほとんど見つけられませんでした。
 

医務室看護師の仕事は労働環境が良いため、辞めていく人が少ないことから求人の数自体少ないので、医務室看護師の求人は高倍率になりがちです。
 

看護師の仕事は求人が多いことで知られていますが、医務室看護師になるのは難しいのがわかりますね。
 

②お給料はどのくらい?

 

医務室看護師になりたいけど、お給料がいくらになるのかわからないから転職に踏み切れない人も中にはいると思います。
 

看護師の高収入の理由の一つに夜勤手当があることがありますが、夜勤がない医務室看護師の場合お給料はどのように変化するのでしょうか?
 

求人サイトを見てみると、平均年収は400〜500万程度のところが多く、夜勤手当がつかないにもかかわらず病棟看護師とあまり変わりません。
 

もっとお給料のいいところで働きたいという方は、大企業や都市部で就職すれば600万以上の年収もめずらしくないので、お給料アップを目指して転職活動をしている方は職場選びを慎重に行ってみるのも一つの手です。
 

③転職エージェントに頼るのもポイント!

 

先ほどお話ししたように医務室看護師のポストの空きは少なく、求人サイトで仕事を見つけるのは簡単ではありません。
 

自分1人の力では転職活動はうまく進まないと思うので、医務室看護師になりたい方は転職エージェントの力を借りるのもポイントです。
 

転職エージェントは一般には出ていない非公開求人に関する情報も提供してくれるため、驚くほど速く新しい職場が決まるかもしれませんよ。
 

非公開求人はプロの助けがないと知ることができない情報なので、医務室看護師志望の方は転職エージェントの力を借りるのが大切です。
 

エージェントと聞くと少しハードルが高いような気もしますが、医務室看護師になるために思い切って転職エージェントを利用してみてください。
 

病院を飛び出し新たなフィールドで活躍しよう!

 

看護師の職場は病棟だけにとどまらず、一般企業や学校・空港など様々な場所があるのがわかりました。
 

医務室看護師の仕事は病棟とは全く違うスキルが求められるので、初めのうちは戸惑うことも多いものの、企業や学校にいる人たち全ての健康を担う非常にやりがいのある仕事です。
 

求人は見つけるのがとても難しいですが、病棟とはまた異なる看護師の魅力に出会える素敵な仕事ですし、プライベートも充実させることができます。
 

みなさんも病棟で培ってきた経験とスキルを武器に、医務室という新しいフィールドで活躍してみてはどうでしょうか?