患者さんの中には胃腸を患っている人も大勢おり、特に胃腸科では重点的にケアが行われています。
 

胃や腸が健康でなければ食事を美味しく食べることは難しく、食べる楽しみを失うとなると、その人のQOL低下につながってしまいかねません。
 

看護師の助けを必要としている患者さんはたくさんいますが、私たちが生きていく上で重要な臓器である胃や腸に関する病気を取り扱う胃腸科で働くのを検討してみてはいかがでしょうか?
 

ここではみなさんが患者さんのその人らしい生活を守れる胃腸科看護師になれるように、胃腸科の役割や職場選びの方法についてお話ししていきます。
 

1.胃腸科ってどんな診察をしているの?

 

街中を歩いていると胃腸科の看板を目にすることがありますが、胃腸科では実際にどんな治療が行われているのかわからない部分もあると思います。

①胃腸科で取り扱う疾患とは?

 

胃腸科を受診される方は、
 

  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸がん
  • 肝炎(B型肝炎、C型肝炎)
  • 肝硬変
  • 肝臓がん
  • 脂肪肝
  • 胆嚢結石
  • 胆管がん
  • 急性膵炎
  • 膵臓がん
  •  

    このような疾患の人が多いです。
     

    「胃腸科っていうのに、胃と腸以外の病気の治療も行うの?」と疑問を抱く人もいるかもしれません。
     

    胃腸科とは診療部位を胃や腸に限定している診療科ですが、胃腸科の看板を出していても消化器全般を取り扱っている病院がほとんどだという現状があります。
     

    見方によっては、胃腸だけでなく全ての消化器に関する看護を身につけられるので、スキルアップしたい方は胃腸科を新しい職場に選んでみるのもいいですね。

    ・消化器内科との違いについて

     

    消化器とは、
     

  • 大腸
  • 食道
  • 十二指腸
  • 肝臓
  • 膵臓
  • 胆嚢
  • 肛門
  •  

    などの食べ物の消化・吸収に関わる臓器を指します。
     

    消化器科ではこれらの部位を治療の対象としていますが、胃腸科でも同様の臓器を取り扱っているので二つの間に明確な違いはありません。
     

    しかし中には胃や腸以外の診察は行わない胃腸科病院もあるため、求人先の業務内容について詳しく知っておくと、職場選びで失敗せずに済みますよ。
     

    自分がどのような知識や技術を身につけていきたいのかをよく考えた上で、胃腸科への転職活動を進めてください。
     

    参考:杏林大学医学部付属病院 消化器・一般外科

    ②胃腸科看護師の仕事内容とは?

     

    胃腸科看護師の業務内容は、一般的な診療科で行われるような採血や点滴・診療の補助といった仕事が多いですが、胃腸科ならではの仕事ももちろんあります。
     

    たとえば、
     

  • 内視鏡検査・胃カメラの介助
  • 抗がん剤治療
  • ストーマケア
  •  

    このようなものです。
     

    一般病棟では実施する機会があまりないものばかりなので、胃腸科で働けば新しい知識や技術を身に付けられます。
     

    どんな状況でも適切な対応が取れる看護師になるために、さまざまな看護を経験してみてはどうでしょうか?

    ③胃腸科で習得できるスキルはどんなもの?

     

    胃腸科では消化器疾患に関する検査やストーマなどの特殊なケアを習得できます。
     

    消化器科の検査は、
     

  • 内視鏡
  • 注腸造影
  • ERCP
  • 胃カメラ
  •  

    などがありますが、患者さんが苦痛なく検査を受けるためには看護師による適切な介助が必要です。
     

    胃腸科看護師はストーマに関するケアや指導といったスキルも欠かせません。
     

    ただでさえ病気で苦しい思いをしているのに、ストーマの造設によってボディイメージが変わってしまうと、精神的にもとてもつらいですよね。
     

    「ストーマを見たくない、触れたくない。」という人も多いですし、このような患者さんの思いを受け止め前向きな気持ちになってもらうようにサポートするのが胃腸科看護師には求められています。
     

    胃腸科は疾患に関する知識だけでなく、検査や精神面でのケアなどたくさんのことを学べる非常にやりがいのある診療科なので、看護師としてさらに成長するために胃腸科で働いてみるのも選択肢の一つです。

    ・資格取得を目指すことも大切!

     

    胃腸科ならではのスキルを身につけたら、次は資格取得を検討するのもポイントです。
     

    胃腸科で役に立つ資格はたくさんありますが、職場で一目置かれる看護師になりたい方は、専門看護師や認定看護師といった資格を取ってみるのもいいかもしれません。
     

    養成所に通い国家試験に合格しないと取れない難しい資格である一方、取得できればより専門的な立場から患者さんへのケアを行えるようになりますよ。
     

    当サイトでも専門看護師認定看護師の資格取得に関する記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

    2.胃腸科看護師の職場の選び方とは?

     

    胃腸科といっても、職場によって取り扱っている疾患や治療にもだいぶ違いがあるため、これから胃腸科への転職を考えている方は職場選びを慎重に行わなければなりません。

    ①自分のやりたい仕事ができる病院を選ぼう!

     

    入院設備の整っている病院や日帰り手術を扱っているクリニックなど、胃腸科看護師の就職先はさまざまです。
     

    病院によっては、
     

  • 胃や腸のみを専門としているところ
  • 消化器全般を治療対象にしているところ
  •  

    といった違いもあるので、転職を検討中の人は自分がどのような看護を習得していきたいのかをよく考えることが求められています。
     

    今の仕事が大好きだと胸を張って言えるような職場で働けるように、興味のある分野への就職を目指すことが大切です。

    ②胃腸科でもらえるお給料の確認をしよう

     

    胃腸科の求人情報を確認すると、日勤のみでも月収30万程度もらえるところが多いです。
     

    当然地域や施設によって給与や待遇面での違いはありますが、これくらいのお給料がもらえれば転職後もきっと今と変わらない生活を送れます。
     

    転職して今よりお給料が下がるのを不安に感じている方も、安心して転職活動を始められるのではないでしょうか?
     

    みなさんも自分の納得いく金額をもらえるような職場に就職し、生き生きと仕事を続けてくださいね。

    ③転職のプロの力を借りるのもポイント!

     

    勤務時間が終わっても係の仕事や受け持ち患者さんの対応などやることがたくさんあるため、転職活動に時間を割くのが難しい看護師さんも少なくないです。
     

    転職したい気持ちはあるものの、毎日の仕事に追われて求人サイトを自分で検索する暇もない人は、転職エージェントに相談してみるのをおすすめします。
     

    あなたの代わりに希望通どおりの職場を見つけてくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接対策についてのアドバイスもしてくれるので、新しい職場にもすぐに採用されますよ。
     

    今の職場を早めに辞めたい方は、転職のプロの力を借りてみるといいかもしれません。

    3.胃腸科で働くメリットって何?

     

    転職を考えている人は、胃腸科で働くことにはどんなメリットがあるのかを知っておくと今後のライフプランを立てやすくなります。

    ①抗がん剤治療に関する高度で専門的なケアを身につけられる

     

    胃腸科で働くことのメリットの1つに、抗がん剤治療に関する高度で専門的なケアを身につけられることがあります。
     

    胃腸科には、胃ガンや大腸ガンなど消化器に関するガン患者さんが大勢入院しているので、抗がん剤治療を行う機会が多いです。
     

    薬に対する知識や副反応発生時の対応など、知っておかなければならない知識がたくさんあるため、仕事中だけでなく家に帰ってからも自己学習する必要がありますが、抗がん剤に関する看護を自分のものにできれば確実にレベルアップできますよ。

    ②内科に限らず外科に関する経験も積める

     

    胃腸科では、内科だけでなく外科的処置も行なっているという特徴があります。
     

    1つの職場で薬物治療のような内科的治療から、内視鏡介助やオペなどの外科的治療に関する経験まで積めるので、たくさんの看護スキルを身につけたい方にはぴったりの診療科です。
     

    覚えることが多く、自分で勉強しないとついていくのが難しい診療科だと言えますが、患者さんの健康を守りたいという気持ちを忘れなければ問題ありません。
     

    みなさんもやる気と熱意を忘れずに、新しい職場に挑戦してみてくださいね。

    ③患者さんのメンタルケアを行える

     

    胃腸科の患者さんの中には、
     

  • 食事を食べることもままならない人
  • 抗がん剤治療の副反応によるストレスを感じている人
  • ストーマ造設によりボディイメージが変わり苦しんでいる人
  •  

    も少なくないです。
     

    今まで当たり前にできていた行為ができなくなってしまったり、自分の外見が変わってしまったりすることに対してショックを受ける患者さんは多くいます。
     

    メンタルケアを適切に行えないと、治療への意欲だけではなく生きる気力さえも低下してしまうため、精神的なサポートが胃腸科看護師の重要な役割となっているのです。
     

    みなさんもつらい思いをしている患者さんに寄り添ったケアを提供するために、胃腸科へ転職するのもいいかもしれません。

    充実感のある仕事がしたい人は胃腸科看護師を目指そう!

     

    胃腸科では病院ごとに対象疾患や治療内容が異なるので、自分がどんな仕事をやりたいのかを明確にしてから転職活動を始めるのが大事だとわかりました。
     

    胃腸は消化吸収だけでなく、食事を楽しむためには不可欠な臓器です。
     

    おいしい食事は人生をより豊かなものへと変えてくれますが、この部分に障害が生じると純粋に食を楽しめなくなってしまいますよね。
     

    患者さんがその人らしい毎日を送れるかどうかは、胃腸科に関する高度で専門的な知識を身につけた胃腸科看護師の手にかかっていると言っても過言ではありません。
     

    みなさんも1人でも多くの患者さんを助けられる存在になるために、胃腸科で働いてみてはいかがでしょうか?