結婚・出産を機に職場から離れる看護師さんは多く、そのまま現場に戻らないケースもめずらしくありません。
 

せっかく苦労して取得した国家資格なのに全く使わないのはもったいないですが、「またあの忙しい生活に戻るのは少し勇気がいる……。」という人もいると思います。
 

そんな人におすすめなのが派遣看護師として働く道で、派遣になれば看護師ならではの人間関係の煩わしさや無駄なサービス残業に苦しむ必要はなくなりますよ。
 

実際始めようとしている人もいるかもしれませんが、派遣看護師についてイマイチわからない人も多いのではないでしょうか?
 

そこで今回は派遣でもみなさんが生き生きと働けるように、派遣看護師の仕組みを解説していきます
 

1.看護師の派遣について詳しく知りたい!

 

今の世の中派遣社員は当たり前のものとなってきている中、看護師の場合はどうなのか調べてみました。

①看護師の派遣ってどういう仕組みなの?

 

派遣看護師は特定の病院や施設の正職員になるのではなく、派遣会社の社員として医療機関に派遣されるのが一般的です。
 

雇用契約を結んだ派遣会社からお給料をもらうシステムとなっているため、病院から直接支払われるわけではありません。
 

少しわかりにくいですけれど、派遣会社に指定された施設で仕事をすれば良いだけですから今までとさほど変わりなく働けますよ。

・病院やクリニックで働きたい人には不向き?

 

派遣看護師は正社員と違って派遣される医療機関に制限がある場合がほとんどで、どこの施設でも働けるわけではないです。
 

看護師のみなさんに馴染みのある病院やクリニックといった就業先への派遣が原則禁止となっているので注意してください。
 

中には「看護師が病院で働けないなら、どこで働くっていうの?」と疑問に感じる人もいるかもしれませんね。
 

基本的には介護老人保健施設・有料老人ホーム・デイサービスなどがメインの派遣先になりますから、このことを念頭において派遣看護師になるかどうかを検討するのがポイントです。

②看護師の派遣は禁止されている?

 

「看護師派遣は法律違反!」という情報があふれかえっているせいか、派遣をためらっている人も多いと思います。
 

実はこれは間違いで、看護師の派遣は本来合法なため働く分には問題ありませんが、派遣看護師として勤務するにはいくつかの条件に注意しなければいけません。
 

看護師の派遣が認められているケースは、
 

  • 産休・育休中のスタッフの代替派遣
  • 離島や僻地への派遣
  • いずれは常勤として採用する紹介予定派遣
  •  

    上記3つの場合です。
     

    離島や僻地という内容から、どこの病院でも気軽に始められるものではないのがわかりますね。
     

    しかしもちろんこれは原則の話で、上記の条件を満たしていなくても特定の医療機関(病院・助産所・介護老人保健施設・居宅以外)であれば働き先はたくさんあるので、みなさんに合った仕事もきっと見つかるはずです。
     

    新しい看護の形に出会うために派遣看護師になろうかお悩みの方は、まずは派遣会社に相談してみてはどうでしょうか?
     

    参考:厚生労働省 労働者派遣制度における適用除外業務

    ③派遣看護師に向いている人とは?

     

    派遣看護師はほとんど残業がなく、定時で帰りたいお母さんたちにはぴったりな働き方です。
     

    常勤看護師の場合自分の仕事が終わったからといってすぐ帰ってしまうと、あとあと先輩たちに何を言われるかわかったものじゃないという理由から、時間どおりの帰宅はまず望めません
     

    私も以前の職場では、仕事が早めに終わったら他の先輩たちの仕事を手伝っていたため、定時に帰れることはほとんどありませんでした。
     

    これが派遣看護師となると無駄なサービス残業をしなくて済むので、仕事が終わったらその時間を家族のために使うというのも不可能ではないですし、常勤の立場から見るとすごい素敵な働き方ですよね。
     

    みなさんもプライベートの時間を充実させられるように、派遣看護師になるのを検討してみてください。
     

    2.看護師が派遣をするメリットとは?

     

    ここまでは派遣看護師の大まかな内容について見てきましたが、実際に看護師さんが派遣を選ぶメリットを次に紹介していきます。

    ①サービス残業しなくていい

     

    先ほども少しお話ししたように、サービス残業しなくていいことが派遣看護師一番のメリットです。
     

    派遣看護師は病院ではなく派遣会社と雇用契約を結んでいるので、当然残業代も派遣会社の支払いとなりますが、看護師がいっぱい残業してしまうとそのぶん会社側が多く支払わなければなりません。
     

    派遣会社はなるべく余計なお金をかけたくないと考えていますから、会社側は派遣看護師に残業をさせないようにしているのです。
     

    勤務時間が減るため残業代を稼げないデメリットがあるものの、ライフワークバランスの取れた職場で働ければ心も体も健康的な毎日を過ごせますよ。
     

    残業残業の日々に心身ともに疲れ果てている人は、常勤看護師は少しお休みして派遣で働いてみてください。

    ・業務内容が限られているのでスキルアップは期待できない

     

    派遣看護師は業務時間内に仕事を終わらせなければならないことから、難しい仕事を割り振られることはあまりないです。
     

    簡単な仕事ばかりなら楽に働けると考える人もいると思いますが、スキルアップできないデメリットがあるのを理解しなければいけません。
     

    ある程度キャリアを積んでいる人であれば問題ないものの、経験年数の浅い看護師が派遣を選択してしまうとその後のキャリアの幅を狭めてしまう可能性があるため注意が必要です。
     

    仕事はお金を稼ぐ手段と割り切っていれば別ですけれど、高度で専門的な知識を身に付けていきたいという人は、派遣看護師になるのが本当に良いのかどうかじっくり考えてみてはどうでしょうか?
     

    看護師は実践を通して成長することができる職業ですので、若いうちは少し大変でも仕事が多い職場で働いたほうがスキルアップにつながります。
     

    それでもやっぱり派遣で働きたい気持ちのある人は、きちんと派遣会社に要望を伝え、やりたい仕事ができるような職場を紹介してもらってくださいね。

    ②委員会や研究などの面倒ごとから解放される

     

    看護師は通常業務が終わったからといってすぐに帰れるわけではなく、委員会や研究・勉強会といった仕事が待ち構えています。
     

    わたしも勉強会の準備や委員会の仕事のせいで、サービス残業の日々が続きうんざりしたことがよくありました。
     

    残業代などが支払われればまだやる気にもなりますが、これらの仕事には残業代は当然支払われません。
     

    ただでさえハードな仕事でくたくたなのに、残業代が出ない業務が山積みだと思うと、働くのが嫌になってしまいますよね。
     

    その点派遣であれば、研究はもちろんのこと勉強会や委員会への参加を強制されるケースはほとんどないことから、看護業務に専念して働けますし、余計な仕事に時間を取られなくてすむので今よりも充実した毎日が送れます。
     

    このように仕事とプライベートのメリハリのある生活をしたい人は、派遣看護師になるのを検討してみるのも一つの手です。

    ③ライフスタイルに合わせた働き方を選択できる

     

    派遣看護師のいいところはライフスタイルに合わせた働き方を選択できることです。
     

    決められたシフトに縛られて働かなくてもいいので、一度派遣看護師で自由に働くのを経験してしまうと常勤の仕事に戻れなくなってしまうケースもめずらしくありません。
     

    実際に私の身近でも派遣先で常勤にならないかと誘われているのに、自分の時間がなくなるのが嫌で派遣を選択している人もいました。
     

    やはり仕事も大切ですが、プライベートな時間を楽しめたほうがより良い看護を提供していけますよ。
     

    人生を楽しみながら看護師の仕事をしたい人は、思い切って派遣看護師になってみてはどうでしょうか?

    3.派遣会社の使い方とは?

     

    派遣看護師になるときに気を付けたい点は次の3つです。

    ①派遣会社は大手を選ぶと安心

     

    派遣会社によって給料の高い職場への紹介を多く行なっていたり、離島や僻地の病院に強かったりなどといった特徴をそれぞれ持っています。
     

    どのような看護を提供していきたいのかハッキリしている場合はニーズに合わせた会社を選べばいいですが、それ以外の人は社員数が多く確かな実績を持っている大手企業を洗濯するのが派遣を成功させるポイントです。
     

    大手企業であれば派遣先の詳しい情報だけでなく派遣に関するノウハウもあるので、みなさんも安心して看護の仕事ができますね。
     

    まだ会社に登録していない方は、まずは大手の派遣会社について調べるところから始めてみるといいかもしれません。

    ②派遣会社の利用方法について

     

    派遣会社の利用方法は、
     

    1. ①派遣会社を探す

    2. ②派遣会社への登録手続き(看護師免許や履歴書などの提出)

    3. ③面談で希望の調査

           

    4. ④その場or電話にて希望に合った医療施設の紹介

    5. ⑤派遣先との面談

    6. ⑥派遣先決定

    7. ⑦お仕事開始

     

    という流れです。
     

    派遣会社での登録手続きは、直接会社または電話にて派遣先の希望調査や経歴・スキルチェックなどが行われます。
     

    具体的にどういった施設で働きたいのかを明確にしておくと、その場で即派遣先が決まることも少なくありません
     

    派遣会社へ伝える内容は重要になってきますが、緊張しすぎる必要はありませんし、派遣会社での面談は一般企業の面接のように難しいものではないですから、相手の質問に答えていくだけで大丈夫です。
     

    会社に直接行く際も服装等に決まりはないため、リラックスした気持ちで面接を受けてくださいね。

    ・スキルチェックって何をするの?

     

    派遣会社の登録の際にはスキルチェックが行われます。
     

    これは看護技術を問うものではなくあなたに合った職場を紹介する目的で実施されるものですので、今現在の看護スキルを正直に話すのが重要と言っても過言ではありません。
     

    技術に不安があるのについ見栄を張って、あれもこれもできると言った結果難しい職場に派遣されてはやりきれないですよね。
     

    私もいいところを見せたいがためにできないことをできると言ってしまい、どんどん仕事を任されつらい思いをしたことがありました。
     

    みなさんはこのような思いをしないで済むように、今の自分が自信を持ってできる仕事は何かをハッキリと派遣先に伝えることが大切です。

    ③派遣先の面談での心構えとは?

     

    派遣先の医療機関が事前に選考を行うのは派遣法で禁止されており、面接内容や履歴書を理由に採用・不採用を決めることはできません。
     

    その代わりに派遣先では面談の場が設けられるのですが、そこでどのようなやり取りが行われるのかいまいちよくわからないと思います。
     

    面談では仕事の打ち合わせや労働条件の確認、顔合わせなどがメインなので、そこまで緊張しなくて大丈夫ですし派遣会社の担当者も一緒に同行してくれるため安心です。
     

    あくまでも採用面接ではなく面談ですから、あなたの看護観を伝えることができればOKですよ。
     

    とはいっても、守るべき最低限のルールはあります。
     

    採用面接のときのように最低限の身だしなみを整え、「この人なら素晴らしい看護を提供してくれるはず!」と思ってもらえるように振る舞うことが大事です。
     

    看護師さんの場合一般企業で必須のマナーが不十分なケースもあるため、派遣先に受け入れてもらえるようにまずは社会人としてどうあるべきかを見つめ直してみてはどうでしょうか?

    看護師派遣として色々な現場を経験しよう!

     

    派遣先にはさまざまな制限があるものの、派遣看護師はたくさんの職場を経験できるやりがいのある仕事だというのがわかりました。
     

    派遣看護師になるとこれまでのように病院のスタッフとして働くわけではありませんし、求められる仕事や働き方も異なってきますから、以前と同じ気分で働いているようではスキルアップは難しいかもしれません。
     

    しかしどのような看護師になりたいのか、どういった看護技術を磨いていきたいのかをきちんと派遣会社に伝えておけば、あなたにぴったりの派遣先を紹介してもらえますよ。
     

    大事なのは派遣会社に自分の希望を伝えることですので、みなさんも要望を明確にし様々な現場を経験して素敵な看護師を目指してください。