看護師は国家資格の職業であり、若いうちは同世代よりも多くの収入を手にできる仕事です。
 

みなさんの中にも仕事のやりがい以外に高収入というポイントに惹かれ、看護師を志した方もいるとかもしれません。
 

施設や地域によって多少の違いはあるものの、基本的にはどこの病院で働いてもあなたの希望どおりの収入をもらえる中、「今よりももっとたくさんのお給料がほしい!」という看護師さんもいるのではないでしょうか?
 

看護師はやり方次第では今よりもっと多く稼ぐこともできますよ。
 

ここでは稼ぎたいと考えている看護師さんが希望以上の年収をゲットするためにやるべき副業やおすすめの転職先についてご紹介していきます。
 

1.看護師の収入はどのくらい?

 

看護師のお給料は高いといったイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実際どのくらいもらえているのか3つのポイントにまとめてみました。

①看護師の給料は高い?

 

看護師の給料は同世代の平均よりも高い傾向にあります。
 

勤務先によっても違いがあるといっても、看護師の平均月収は30万円前後ボーナスは50~100万円程度のところがほとんどです。
 

患者さんの役に立つ仕事ができる上にこれだけたくさんのお給料をもらえるなんて素敵ですよね。
 

しかしたくさんのお給料をもらえる魅力的な仕事であるものの、夜勤や患者さんのケアなど精神的にも肉体的にもストレスがかかる業務が多く、一概に良い面ばかりではありません。
 

看護師として働くうえでかかってくる負荷や悪い面もしっかりと理解した上で働くのが大事です。

・看護師の手当には何がある?

 

夜勤手当のおかげで看護師のお給料は高いといっても過言ではありません。
 

場所によっては一回の夜勤で3万以上ももらえるところもあるので、夜勤手当で稼ごうと考えている人は手当額が高いところに勤めるのがポイントです。
 

この他にも看護師の手当には、
 

  • 危険手当
  • 休日手当
  • 資格手当(認定看護師や専門看護師など)
  •  

    があります。
     

    今の職場での収入に満足できず転職を検討している人は、これらの手当も忘れずにチェックしておいてくださいね。
     

    手当が充実している職場で働ければお給料をたくさんもらえますので、みなさんも情報収集をしっかり行って今よりさらに稼げる職場への転職を検討してみてはどうでしょうか?

    ②看護師は自分の収入に不満を持っている?

     

    看護師は同世代の人よりもお給料をもらえることから、収入に満足して働いていると思われがちな面があります。
     

    たしかに看護師の給料は高いですが、本音を言うと自分の収入に満足している看護師さんはほとんどいないと言っていいかもしれません
     

    実際私も働いていたときは自分のお給料の少なさに不満を抱いていました。
     

    命を預かる責任重大な仕事の割には、昇給もほとんどなく「このまま一生病院で働くより、看護師以外の仕事をしたほうが自分にはいいのかも……。」とよく考えたものです。
     

    看護師は女性の職業の中で稼げる部類に入っていますので、看護師以外の楽な仕事と責任は重いが給料が高い仕事、どちらを選ぶのが自分にとっていいのか一度考えてみると、転職したとしてもしなかったとしても後悔せずに済みますよ。

    ③看護師が昇給しづらい理由とは?

     

    看護師が昇給しづらい理由は、
     

  • 役職が少ない
  • 1つの職場に長く勤め続ける人があまりいない
  •  

    主にこの2つです。
     

    一般企業であれば主任や係長・部長などたくさんの役職があり、昇進するごとに給料が増えていきます。
     

    一方看護師は主任(副師長)・師長・看護部長しかなく、ほんの一握りの看護師しか役職につけないという理由から、ほとんどの人は一生昇進できずに終わることも少なくありません。
     

    昇進や昇給などの見返りがあるから人はつらい仕事を頑張ろうという気持ちになるのに、それさえもなければ働くモチベーションが低下してしまいますよね。
     

    現状を踏まえると「それならいっそのこと転職して高収入を目指せばいいのでは?」と考える人もいると思います。
     

    しかし一度仕事を辞めてしまうといくら看護師としてのキャリアがあっても新卒と同じ給与にまで下がってしまうケースもあるので、一概に転職したほうが良いとは言いきれないです。
     

    せっかく転職したのに今の職場よりもお給料が下がるのは、納得できない方も多いのではないでしょうか?
     

    悲しいですがこれが看護師の現状ですので、新しい職場を検討している人は今まで積み重ねて来たキャリアや給料がリセットされてしまうリスクを理解したうえで転職活動を始めるのが大切です。

    2.看護師におすすめの副業とは?

     

    がっつり稼ぎたい人・家庭と仕事を両立できる範囲で働きたい人など、稼ぎたい看護師さんにぴったりな副業を次に紹介していきます。

    ①手っ取り早く稼ぎたい人には夜勤専従がおすすめ!

     

    とにかく稼ぎたい方には1回の夜勤で25,000円~30,000円とかなり高額な収入がもらえる夜勤専従看護師が最適です。
     

    夜勤ができる時間は1つの病院で144時間と決まっていますが、アルバイトとして違う病院で夜勤をするぶんには問題ありません。
     

    最近では正職員で働いている病院と掛け持ちで夜勤専従のバイトをしている方も増えてきていますので、稼ぎたい人にとっては十分に検討する価値はありますよ。
     

    使える時間をフルに活用すれば収入が大幅にアップする一方、夜勤のやりすぎは心と体に疲労をもたらすことから無理のない範囲で働くのが夜勤専従を続けるポイントです。
     

    いくら稼げるからといって、体を壊したり精神的な問題を抱えてしまったりしては元も子もないため、自分の体と相談しながら稼げる道を見つけてみてください。
     

    当サイトでも夜勤専従看護師について紹介している記事がありますので、気になる方は目を通してみるといいかもしれません。
     

    ⇒【夜勤専従看護師の求人選びで後悔しない3つのポイントとは?

    ②子育て中のお母さんは単発バイトがいいかも

     

    子どもが大きくなるにつれ、学費や習い事などで家庭の支出はどんどん増えていきます。
     

    「なるべく子どものために家にいたいけど、お金も必要だし……。」とお悩みのお母さんには、単発バイトで稼ぐのも一つの手です。
     

    単発バイトは派遣のように長期間の契約ではなく1日単位の仕事なので、自分の都合に合わせた働き方ができますよ。
     

    育児に余裕のあるときはたくさん入り、少し子どもとゆっくり過ごしたいというときはバイトに全く入らないというのも可能です。
     

    子どもとの時間を大切にしながらお金を稼げるなんて、ママ看護師にはまさに夢のような働き方と言っても過言ではありません
     

    子育ての合間に稼げる単発バイトで無理なく稼いでみてはどうでしょうか?

    ③病院以外で働きたい人の就職先とは?

     

    専業の仕事は病院だから、どうせなら副業は違うフィールドで働きたいという人もいると思います。
     

    そんな看護師さんにおすすめしたいのがイベントナースの仕事です。
     

    具体的な仕事内容は、
     

  • 企業のイベントやスポーツ大会などの医務室業務
  • 遠足やツアーなどの付き添い看護
  •  

    となっており、多くのの人と関わったりいろいろな場所に行けたりするのでいい気分転換にもなります。
     

    普段の看護業務から考えると、何だか話を聞いただけでワクワクしちゃうような仕事ですよね。
     

    副業といえど楽しめなくては意味がないため、お金を稼ぎつつ充実した仕事をしたいという人はぜひイベントナースを検討してみてください。

    3.稼ぎたい看護師の転職先とは?

     

    今の病院ではこれ以上のお給料アップが見込めない場合は思い切って転職してみるのもいいかもしれません。
     

    看護師が活躍できるところはたくさんありますが、実際に稼げる職場を調べてみました。

    ①美容クリニックなら高収入も夢じゃない!

     

    職種にこだわらず、がっつり稼ぎたいという人には美容クリニックがぴったりです。
     

    美容クリニックは、
     

  • 自由診療なため一般的な病院よりも売り上げが多い
  • ノルマを達成できれば、その分お給料に上乗せされる
  •  

    といった2つの理由から、高収入が期待できる職場としては外せません。
     

    ノルマを達成できるか不安な方もいると思いますがコツさえつかめば年収1000万も夢ではない仕事です。
     

    初めのうちは先輩看護師に仕事のやり方を教わりながら徐々に仕事をものにして、たくさんお金を稼いでくださいね。
     

    みなさんも新しいフィールドにチャレンジしてみる覚悟と謙虚に学ぶ姿勢を忘れずに高収入獲得を目指してみてはいかがでしょうか?

    ②CRA(治験開発モニター)として働くのもポイント!

     

    病院で働いているとたまに関わるものに、医療機関で適切に治験が実施されているのかの確認や治験データを回収するCRA(治験開発モニター)という仕事があります。
     

    何をしているのかよくわかっていない人も少なくないと思いますが、最近では新薬だけでなく医療機器の開発にも関わっており、どんどんニーズが高まっている今注目の職業です。
     

    「そうはいっても、看護師ほど稼げないんじゃないの?」と考える人もいるかもしれませんが、実はこの仕事で看護師以上に稼いでいる人も少なくありません。
     

    平均年収の600万というのはあくまで目安で、役職が上がれば年収1000万も達成できますから、稼ぎたい方はCRAへ転職すると確実に収入アップが見込めますよ。
     

    興味のある方はまずはCRAについてよく調べた上で、転職活動を行うのが大切です。

    ③転職理由はどう書くのがベスト?

     

    高収入ゲットのために転職したい人の悩み事の1つとして、転職理由をどう書くべきかがあります。
     

    正直さは美徳な面もありますが、転職理由でお給料に不満があったからと書いてしまっては受かるものも受からなくなってしまいかねません。
     

    できる限り職場や待遇面での不満といったネガティヴなものを書くのは避けたほうが良いです。
     

    たとえば今までと違う診療科で働こうとしている方は「スキルアップしたい」という理由を書いておくと採用担当に良い印象を与えることができますし、あなたのやる気も伝わりますよ。
     

    別の転職理由として今までと同じ分野で働きたいという方の場合は「資格取得を目指したい」というものにしてみてはいかがでしょうか?
     

    本当に資格を取るつもりがなくとも、前向きなものを書くことで採用される可能性を上げることができます。
     

    みなさんも自分の状況にあったポジティブな志望動機を書くことで、稼げる職場での採用を掴み取ってください。

    ・転職活動がうまくいかないときはプロの力を借りよう

     

    転職先はたくさんあっても、自分の希望とする金額を稼げる職場を探すのは難しいです。
     

    高収入の求人はすぐに採用が決まってしまったり、あまり世間に出回っていなかったりすることから、求人情報を見つけるのですら一筋縄ではいきません。
     

    高収入の良い就職先はみんなが狙っているため、自分1人の力で良い転職先を見つけるのには限界があります。
     

    そんな方でも転職活動を素早く成功させる方法として、転職のプロである転職エージェントを活用してみるのがおすすめです。
     

    エージェントの力を借りれば非公開求人の情報も教えてくれるので、今よりもお給料の高い職場で働くのも不可能ではありませんよ。
     

    働きながら探すのに苦労している人はもちろん、自力でリサーチしたものの理想の職場が見つからないという人にとっても、きっと心強い存在になるはずです。

    自分に合った稼ぎ方を見つけて年収1000万を目指そう!

     

    看護師は同世代の人と比べて稼げる仕事というだけでなく、職場によっては年収1000万も夢ではないことがわかりました。
     

    仕事に対するモチベーションは人それぞれであり、たくさんお金を稼ぐことに生きがいを感じている人は副業を始めたり思い切って転職したりしてみるのもいいかもしれません。
     

    夜勤やダブルワークで収入は確実に増えますが、身体を壊すような働き方をしてしまっては良くないですから、これから先も看護師として長く働き続けるためにも無理せずできる範囲内で働くことが大切です。
     

    探せばあなたのライフスタイルに合った高収入の職場もきっと見つかるので、みなさんも年収1000万を手に入れられるように、生き生きと仕事ができる環境を探してくださいね。