患者さんへのケアにやりがいや憧れを感じて看護師を目指す人は少なくありません。
 

看護師は入職時の給与は同年代と比べてたくさんもらえるところがほとんどなため、やりがいのある仕事をしながら多くの収入を手にすることができる素敵な職業です。
 

中には高収入を目的に看護の仕事に就こうと考える人もいるのではないでしょうか?
 

看護師はやり方次第では今よりもっと高収入を目指せる職業であり、「今の職場のお給料でも十分!」と現状に満足していてはもったいないかもしれません。
 

資格や働き方によっては収入の大幅アップも夢ではありませんよ。
 

ここではみなさんの収入がさらに増えるように、お給料アップに向けた改善策についてお話ししてきいます。
 

1.看護師の給料ってどのくらい?

 

看護師がどのくらいのお給料をもらっているのかよくわかっていない人もいると思います。
 

何となく高収入な印象をもたれがちな職業ですが、実際どのくらいもらっているのか調べてみました。

①看護師の平均年収とは?

 

女性が多く働く職業がたくさんある中で看護師は割と高給取りな仕事です。
 

実際に平成27年度の看護師の収入を見てみると、
 

  • 平均年収478万円
  • 平均月収33万円
  • ボーナス約83万円
  •  

    となっています。
     

    国税庁の民間給与実態統計調査によると日本人の平均年収は420万であり、このことからも看護師の収入の高さがわかりますね。
     

    20代のうちは同年齢の男性よりも稼げるケースもあり、早い段階から高収入を手にしたい人は看護師を目指すのがポイントです。
     

    参考:年収ラボ

    ・昇給率が低いという現実も……

     

    経験年数を重ねるうちに、重要なポストに付いたり、責任のある仕事を任せられたりすることはどの職業でも多いです。
     

    一般企業で働いていれば仕事の大変さに見合った昇格や昇給があるので、業務がつらくてもお給料に不満を抱かず働き続けられます。
     

    一方看護師の場合はどうなのかというと、最初の頃の給料は確かにいいですが昇給率が低いため仕事の大変さの割に十分なお金をもらえるとは言えません。
     

    勤続年数が長いにも関わらずあまり収入が上がらない現実に失望し、看護師の職を去る人も少なくないです。
     

    それでも「せっかく苦労して看護師になったんだから、病院で働いてお金を稼ぎたい!」という人もいるのではないでしょうか?
     

    このような人は就職する際に、基本給だけでなく昇給率についてもしっかり確認することが大切です。

    ②夜勤手当はどのくらいもらえるの?

     

    看護師が新人の頃から高いお給料をもらえる理由の1つに、夜勤手当がつくことが考えられます。
     

    夜勤は1ヶ月に入れる回数に制限があり、
     

  • 2交代制の場合は月4回
  • 3交代制の場合は準夜勤、深夜勤合わせて月9回まで
  •  

    と決まっているので、たくさんお金を稼ぎたいからという理由で月に何回も夜勤に入ることはできません。
     

    制限があるとはいえ月に入れる回数やもらえる手当は2交代と3交代で異なるため、働き方によっては収入アップも目指せます。
     

    夜勤手当で実際にもらえる金額は、
     

  • 3交代制準夜勤手当は平均4077円
  • 3交代制深夜勤手当は平均5033円
  • 2交代制夜勤手当は平均10745円
  •  

    このくらいのところが多いです。
     

    もちろん地域や病院によっても違いがありますが、「今の職場では、こんなにたくさんもらえていない!」という人は、もっと手当のつく施設へ転職すれば高収入獲得のチャンスが得られますよ。
     

    参考:日本看護協会の「2010年 病院における看護職員需給状況調査」

    ・危険手当がある診療科の場合は……

     

    看護師がもらえる手当は夜勤手当だけではなく、危険手当というものもあり、具体的には放射線科・精神科・手術室などの診療科が対象となっています。
     

    これらの診療科で働く看護師には、患者さんから暴力を受けたり検査や手術中に感染・被曝したりする危険性があるため、危険手当を支給されるケースも珍しくありません
     

    いくら看護に関わる重要な仕事とはいえ、なるべくなら安全に働きたい方も多いと思います。
     

    それでも少しでもたくさん給料を手にしたいという人は、リスクを覚悟した上で危険手当がつく病棟を探してみてくださいね。

    ③職場に直接交渉するのは効果的?

     

    お給料以外には特に不満がない場合、今の職場を辞めることなく高収入を手にしたいと考える人もいるかもしれません。
     

    そんな場合は職場に退職をほのめかすことで給料アップを狙う方法があります。
     

    いくら頑張っても周りの看護師と同じお給料しかもらえないのでは、働くモチベーションが下がってしまいますよね。
     

    他の職員とのバランスもあることからそこまで大幅な上昇は期待できないですが、今の職場で働き続けたいからお給料をなんとか上げたいという人は病院内にある組合に入り看護師全体の賃金アップを交渉してみてはどうでしょうか?
     

    看護に携わる仲間たちと協力し今の職場環境をより良いものに変えていくためにも、さまざまな角度からアプローチするのがポイントです。

    2.看護師の給料を上げるための方法とは?

     

    看護師の給料を上げる方法はさまざまあり、その中で特にメジャーな方法として3つほど次にお話ししていきます。

    ①助産師や保健師などの専門的な資格の取得を目指す

     

    看護師の給料を上げる手段として、看護師にしか取れないような専門的な資格取得を目指す方法があります。
     

    看護師ならではの資格はたくさんありますが、給料だけでなくスキルアップも図りたい人は保健師や助産師の資格は見逃せません。
     

    保健師の平均年収は528.9万円助産師の平均年収は530万円前後となっており、看護師の平均年収よりもたくさんもらえるのがわかりますね。
     

    年収アップに確実に貢献しているこの2つの資格は取ろうと思って簡単に取得できるようなものではないので、給料アップのためだけにこれらの資格を取ろうとしている人は注意が必要です。
     

    それでも資格取得したいという意欲にあふれる方は、当サイトで紹介している助産師保健師のなり方についての記事も併せてチェックしてみてください。
     

    参考:平均年収.jp

    ②専門看護師や認定看護師の資格取得も検討しよう

     

    興味がある分野に関する専門看護師や認定看護師の資格を取得することも給料アップのポイントです。
     

    資格手当がつくだけでなくスキルアップも図れることから、高度で専門的な技術を身につけたい看護師にはぴったりの選択と言っても過言ではありません。
     

    資格を取れる看護分野や資格取得の方法については、当サイトの専門看護師認定看護師に関する記事で説明しているので、興味のある方は1度目を通してみてはどうでしょうか?
     

    2つとも高度な資格であることには違いはないのですが、資格取得できれば必ずお給料が増えるというわけではないため注意が必要です。
     

    病院によって資格手当がつかなかったり、支給される金額に違いがあったりすることから、まずは自分の勤め先がどのような対応をしているのか事前に確認しておいてくださいね。

    ③体力的に余裕のある人はダブルワークするのもいいかも!

     

    体力的に余裕のある人はダブルワークも有効な選択肢で、働いた分だけお給料が増えるため年収を上げる手っ取り早い手段になります。
     

    看護師の資格を生かせるダブルワークは、
     

  • 夜勤専従看護師
  • 入浴介助
  • 単発デイサービス
  • 巡回検診
  •  

    このようなものです。
     

    どれも短時間で高い時給をもらえる仕事ですが、確定申告など少しややこしい手続きもあることからまずはこちらのダブルワークに関する記事で勉強してみるといいかもしれません。
     

    ダブルワークで働くことでさまざまなジャンルの看護を経験しつつ多くの収入を手にできますよ。

    3.新しい職場へと転職しよう!

     

    今の職場で働き続けていてもお給料アップが見込めない場合は、新しい職場への転職を検討することも大切です。

    ①都市部の病院で働こう!

     

    求人サイトを見てみると、地方で働くよりも都市部の病院の方が高いお給料をもらえる傾向にあり、中でも都市部にあるベッド数の多い私立大学病院は他の病院と比べて基本給が高いです。
     

    もちろんお給料が高いぶん仕事が他の病院よりも忙しい場合や物価が高く生活費も増える場合があるため、デメリットがあることを理解しておかなければなりません。
     

    お金に惹かれて安易に都市部で就職をした結果、慣れない生活や高い物価に苦しい思いをして後悔するハメにはなりたくないですよね。
     

    高収入にすぐ飛びつくのではなく、住む都市の家賃や食費などの情報や病院の特色についてもよく理解した上で転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?

    ・転職理由はどう書くべき?

     

    転職を決意したものの、転職理由をどのように書けば良いかお悩みの方も多いと思います。
     

    看護師の転職理由には、人間関係や給料に不満を抱くケースやさらなるスキルアップを図りたいといったケースがほとんどです。
     

    スキルアップしたい人は転職理由をそのまま書いて問題ないですが、給料が原因で仕事をやめようと考えている人の場合は正直に書く必要はありません。
     

    もし嘘をつくことに抵抗を感じるのであれば、向上心をアピールできる理由を書く法もありますよ。
     

    もっと看護師として成長したいという気持ちはこの仕事に携わる人ならごく自然な思いですので、転職理由をスキルアップしたいためと書いても嘘にはならないはずです。
     

    どのような転職理由があるにせよ、転職先の採用担当者に好印象を与えるようなポジティブなものを書くことを心がけてください。

    ②美容クリニックで働けば高収入間違いなし!

     

    ノルマを達成し業績を上げることが求められますが、美容クリニックへの転職も高収入が期待できる方法の1つです。
     

    美容クリニックで稼げる人の特徴には、接遇スキルが高いことや営業が得意といったものが挙げられ、人によって向き不向きがあるとはいえ業務さえこなせれば今よりも多くの収入を獲得できます。
     

    功績を上げればそのぶんお給料に上乗せして反映される>ので、仕事へのやる気も出てきますよね。
     

    「経験したことのない仕事だから、少し不安……。」という気持ちのある方もいると思いますが、高収入を得るために覚悟を決め新しいフィールドにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

    ③訪問看護ステーション開設する手もある

     

    新しい職場に転職するのではなく、訪問看護ステーションを開設して自ら経営者になるという方法もあります。
     

    特別な資格は不要で看護師が最低2.5人いれば開設できるので経営が軌道に乗れば年収1000万も決して夢ではありません
     

    中には「看護師がそんなに稼げるわけないじゃん!」と疑う方もいると思いますが、高齢化の進む現代社会において在宅医療を必要とする患者さんやご家族は増え続けていきますから、仕事が途切れることはまず考えられないです。
     

    自分が経営者になることで人間関係における悩みもなくなりますし、どのように進めていくのかの方針も自由に決められますので、ある程度資金に余裕がある人は挑戦してみるのもいいかもしれませんね。
     

    もちろん単に開設すれば良いというわけではなく、きちんと周辺環境を調査したりニーズにあったサービスを提供したりしていくことが求められているため、決して楽に稼げるわけではないです。
     

    あなたの手腕が試されますが、今以上に多くの収入を手にしたい方はこのような働き方も選択肢の1つとして考えておくと視野が広がります。

    ・自分に合った高収入の職場が見つからないときは……?

     

    看護師の転職先はたくさんある一方で自分の条件に当てはまる職場が見つからない方もいると思います。
     

    働きながらだとなかなか求人探しも捗らず、とりあえず今の職場を離れられればいいと考えて妥協した転職先を選んでしまう方も少なくないです。
     

    バイトならまだしも本格的に継続して働いていく職場選びですから、できるだけ理想どおりの職場で働いてみたいですよね。
     

    1人で職場探しをするのに限界を感じた方は、転職エージェントへの相談をおすすめします。
     

    転職エージェントはあなたの希望に合った職場をいろいろ紹介してくれる上に、履歴書の書き方や面接対策についてのアドバイスまでしてくれることから、エージェントの力を借りれば働きながらでも良い職場に転職できるはずです。
     

    実際に数多くの看護師さんが転職エージエントのおかげで良い就職先に巡り合えているので、物は試しと思って一度相談してみるのもいいかもしれません。
     

    みなさんも高収入の転職先を見つけるために、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

    収入アップを目指しできるところから頑張ろう!

     

    看護師の収入は最初は高いものの昇給率が低く、長く勤め続けても高収入を得るのが難しいことがわかりました。
     

    職場の条件が良かったり、仕事にやりがいを見いだせていたりすれば今の病院で働き続けても問題はありません。
     

    しかしどんなに良い職場でも長く働き続けていくうちに、「仕事とお給料が見合ってない!」という思いを持つようになる方も出てくる思います。
     

    今よりもっとたくさんのお給料が欲しい方は新しい職場を探すことも大切で、それが結果的にモチベーションアップ、ひいては看護の質の向上にも繋がってきますよ。
     

    みなさんも充実した環境で働くために、納得できる金額をもらえる職場への転職を検討してみてはいかがでしょうか?