看護師は苦しんでいる患者さんの身体だけでなく心のケアも行える素晴らしい職業である一方、毎年数多くの人が看護師の仕事を辞めています。
 

夜勤がつらい・人間関係が合わないなど辞めたい理由は人さまざまですが、なかなか転職に踏み切れない看護師さんもいるかもしれません。
 

今すぐに辞めたくても周りの目が気になってタイミングを逃し、結局いつまでも我慢して働き続けているというのが実際のところではないでしょうか?
 

できるなら誰からも悪く言われずに今の職場を辞め、新しい職場で看護師として再スタートしたいですよね。
 

ここでは今の仕事を辞めたいと考えている方のために、円満退職するための方法やおすすめの就職先について説明していきます。
 

1.看護師を辞めたい!

 

看護師として確かな経験と実力のある人でも、今すぐ仕事を辞めたいと考えている人は意外と多いです。

①看護師を辞めたくなるのはどんなとき?

 

看護師を辞めたくなる理由は、
 

  • 女性が多い職場ならではの人間関係の難しさ
  • 労働環境(残業・夜勤・長時間労働など)
  • 仕事内容
  • 精神的な負担が大きい
  •  

    といったものがあります。
     

    どれも病院で働く看護師のみなさんなら納得できるものばかりではないでしょうか?
     

    仕事をしていくのがつらいと感じたら、新しい職場への転職を検討するのも必要かもしれません。

    ・経験年数や役職によっても理由は異なる

     

    経験年数や役職によって辞めたいと思うポイントは異なります。
     

    たとえば新人ナースの場合は、
     

  • 職場の人間関係に馴染むことができなかった
  • ミスをすると大勢の前で咎められ、ショックを受けた
  • インシデントが多すぎて、仕事を続けていく自信を失った
  •  

    などです。
     

    新人看護師の場合、職場になかなか馴染めなかったり仕事がうまくいかなかったりしたときに辞めたいと考える人が少なくありません。
     

    一方、新人を指導する立場にある中堅ナースが辞めたいと思う理由には
     

  • 新人を指導する立場になったことで、仕事の負担が増加した
  • 上司と後輩の間で板挟みになり、精神的につらい思いをした
  • 夜勤がある不規則勤務のせいで、仕事と家庭の両立が難しくなった

  •  

    上記が挙げられます。
     

    新人にしても中堅にしても次の職場で再び辞めたいと思わないようにするためにも、看護師を辞めたい理由を明確にしておくことが大切です。

    ②看護師の仕事を辞めるメリットとは?

     

    看護師の仕事を本当に辞めても良いのか悩んでいる方も多いかもしれません。
     

    辞めるメリットとしては、精神的なストレスからの解放や規則正しい生活を送れることが挙げられます。
     

    仕事を続けていくこと自体がストレスとなるケースも多いので、一度今の職場から離れられれば心も体もリフレッシュできますよね。
     

    新たな気持ちで再スタートする休息期間を設けるためにも、思い切って退職してしまうのも一つの手です。

    ③辞めることのデメリットもあるため注意

     

    仕事を辞める=良いことづくしなイメージを持っていると、退職したことを後悔するケースもあります。
     

    今の職場を辞めるデメリットは、
     

  • お給料がなくなる
  • 新しい職場では収入が今よりも下がるケースがある
  • 転職先では新人として扱われる場合もある
  • 経験者とみなされあまり研修を受けられないこともある
  •  
     

    主にこの4つです。
     

    看護師以外のフィールドで働こうと思っている人はこれらのデメリットをあまり気にする必要はありません。
     

    しかしこれから先も看護師として仕事をしたい人は収入がなくなるというデメリットだけでなく、再就職先でも不利な扱いを受ける可能性もあるのを理解したうえで判断するのがポイントです。
     

    自分が満足いく環境で働けるように、転職を考えている人は就職先の求人情報をしっかり確認してくださいね。

    2.上手に職場を辞める方法とは?

     

    看護師の世界は狭く上手に退職しないと悪い噂が広がってしまう危険性もあることから、辞めるときは円満退職を心がけるのが必須です。

    ①余裕を持って辞める時期を決めよう

     

    看護師は人手不足でありどこの職場でも最低限の人数でシフトを回しているため、ギリギリの時期に退職が伝えられると職場のスタッフに迷惑がかかります。
     

    円満退職するには、職場の就業規則に記載されている退職の申し出時期を確認し、その時期よりも1ヶ月以上余裕を持って辞めるのが望ましいです。
     

    流れとしては、
     

    1. ①就業規則を確認する

    2. ②師長や看護部長に退職願提出前に面談があるのかどうか確認しておく

    3. ③師長や上司に退職願を提出し、退職の許可をもらう

    4. ④受け持ちの患者さんに挨拶をし新しい担当への引き継ぎを行う

     

    といったものが一般的です。
     

    どのような事情があるにせよ、円満退職できるように退職準備を進める必要があります。
     

    上記の流れを参考に、スタッフや患者さんに迷惑をかけないように退職手続きを行ってください。

    ・書面に残して退職の意思を伝えるのが大切

     

    辞めるときに口頭のみで師長や上司に退職の意思を伝えれば良いと思っている人もいるかもしれません。
     

    病院側は一人でも多くの看護師を確保しておきたいため、きちんと退職の意思を書面に残しておかないとなかなか辞めさせてもらえないのが現状です。
     

    退職の意思とともに退職願いを書くことで、スムーズな退職につながります。
     

    その際は退職願の日付を書くのを忘れないようにしてくださいね。

    ②辞めたい看護師さん必見の退職理由について

     

    「仕事を辞めたいけど、絶対に辞められるようなうまい退職理由が思いつかない……。」とお悩みの方もいると思います。
     

    人間関係が嫌だ、仕事内容が嫌だなどと本音を言ってしまうと、退職までの残りの期間が働きにくいものになってしまうため、退職時に本当の理由を伝えるのはあまり良くありません。
     

    本音と建前を使い分け、無難に説明するのがコツです。
     

    引き止められず円満に退職できる理由としては、
     

  • 結婚や妊娠、出産を機に家庭に入る
  • 家族の介護をしなければならなくなった
  • ここの病院にはない診療科で働きたい
  •  

    といったものが考えられるので、うまい退職理由を思いつかない方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

    ③どうしても辞めさせてくれないときは……

     

    今の職場を辞めて新しい病院で働きたいと考えても、病院側は優秀な人材を手放したくないためすんなりと仕事を辞めるのはなかなか難しいです。
     

    退職の意思を示しているのに病院側が辞めさせてくれない場合は、転職エージェントの力を借りてみるのもいいかもしれません。
     

    転職エージェントは今まで数多くの看護師の退職や転職をサポートしてきた転職に関するプロフェッショナルです。
     

    今勤めている職場を円満退職できるように退職の手順や伝え方などに関する具体的なアドバイスをくれるので、退職が受け入れられずお困りの方でも上手に退職できますよ。
     

    退職だけでなく転職活動も親身になってサポートしてくれる転職エージェントを活用してみるのが円満退職のポイントです。

    3.看護師の転職先としておすすめなのは何?

     

    今の職場は嫌だけど、看護師の仕事は続けていきたい場合の転職先の上手な選び方を3つにまとめてみました。

    ①夜勤に疲れた方はクリニックがぴったりかも!

     

    夜勤の仕事は想像以上にきつく、看護師が仕事を辞めたいと考える理由の1つです。
     

    救急患者さんが多く訪れる病棟では一晩中寝ずに仕事を続けることもあり、精神的にも肉体的にもボロボロになってしまう看護師さんも少なくありません。
     

    夜勤は入院施設がある病院では避けては通れない仕事であるため、夜勤が嫌で仕事を辞めたい人はクリニックで働くことをおすすめします。
     

    クリニックによっては残業が多めだったり診察時間が少し遅かったりなどの違いがあるので、転職を考えている人は気になる職場の求人情報をしっかり確認することが大切です。
     

    働いてみてから後悔しないように求人サイトや病院の評判を事前にしっかりチェックし、納得して働ける職場を見つけてくださいね。

    ②責任の重い仕事にストレスを感じている方の職場選びとは?

     

    看護師の業務内容は人の命を扱う常に緊張と隣り合わせの仕事なので、自分の行動一つで患者さんを危険に晒す可能性もあります。
     

    人によっては過度なストレスを感じる場合もあるため、責任の重い仕事にプレッシャーを感じている人は
     

  • 眼科
  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 美容外科
  • 整形外科

  •  

    といった命に関わるような重症患者さんがほとんどいない診療科を選ぶのがポイントです。
     

    これらの科では今までとは違った看護が求められており、慣れるまでは大変な職場かもしれませんが、自分のミスのせいで患者さんの命を危険にさらすことも不安な思いをさせる心配もありません。
     

    今の仕事が精神的にきつい人は上記の職場を転職先として検討してみてはいかがでしょうか?

    ③患者さん一人一人と向き合った仕事がしたい人の場合は?

     

    日々目まぐるしく行われている看護業務に疲れた方は、介護施設やデイサービスなどで働くのも一つの手です。
     

    主な仕事は日常生活援助であり難しい看護技術はいらないので、比較的ゆったりとペースで働けます。
     

    今までの業務と比べて少し物足りなさを感じる部分があったとしても、患者さん一人一人とじっくり向き合う時間を持てるため、これまで感じることができなかったような看護師本来のやりがいや喜びを実感できますよ。

    今の職場を辞めて新しい一歩を踏み出そう!

     

    今回は看護師が仕事を辞めたいと思う理由と実際に辞める際のポイントについてお話ししました。
     

    経験年数や職場環境によっても違いは出てきますが、辞めたいと感じるほど精神的に追い詰められている看護師さんは早めの転職を考えたほうがいいかもしれません。
     

    上司からの圧力や周囲の目を気にしていつまでも転職しなかった結果、過労で倒れたり重い精神病をかかえたりしてしまっては悲しいですよね。
     

    もちろんノープランで辞めるのではなく今後の見通しを立て、看護師のキャリアを自分の人生にどう生かしていくのかをよく考えたうえでの決断が必要です。
     

    新たな気持ちで看護師人生をスタートさせるためにも、みなさんが円満退職できることを願っています。