看護師は高級取りな職業であることからいつの時代も人気の仕事です。
 

みなさんの中にも仕事のやりがい以外に、給料が高いというメリットに惹かれて看護師を志した人もいるのではないでしょうか?
 

このような人におすすめなのが公務員看護師で、人々を救うケアができるだけでなく、今よりももっと安定した良い環境で仕事ができます。
 

公務員看護師は一般的な看護師とは給与・待遇の面で大きく違いがありますが、具体的にどのように異なるのか分からない人も多いかもしれません。
 

ここでは公務員看護師が気になっている人のために、仕事内容やなり方についてお話ししていきます。
 

1.公務員看護師になりたい!

 

公務員看護師になりたいけど、疑問点がいっぱいあるからイマイチ転職に踏み出せない人もいると思います。
 

①公務員看護師とは?

 

公務員看護師は、地方公務員と国家公務員の2つに分けられます。
 

地方公務員看護師は、
 

  • 地方自治体が運営する医療機関
  • 市役所や区役所などの自治体
  • 保健センター
  • 地方自治体が運営する保育園
  • 公立の看護学校
  •  
     

    などが主な職場で、国家公務員看護師は、国立ハンセン病療養所・厚生労働省・自衛隊といったものが働き先に挙げられます。
     

    どちらかというと皆さんに親しみがあるのは地方公務員だと思いますが、私の友人の中にも、市民病院や県立病院で働きたいがために地方公務員になった人が何人もいました。
     

    やはり看護師の働き先は病院がメインであることから、公務員になりたい新卒看護師の多くは地方公務員を選択するケースが多いです。
     

    ②公務員看護師になるメリットについて

     

    公務員看護師になるメリットの1つに福利厚生が良いことが挙げられ、具体的には
     

  • 住宅手当
  • 寮や社宅
  • 健康保健や団体保険
  • 社食
  • 資格取得支援
  • 保養所
  • 家族手当
  •  

    などといったものです。
     

    民間の病院だと一番良くて公務員並みの待遇ですから、いかに公務員が充実した環境で働けているのかが分かると思います。
     

    お給料も大事ですが福利厚生がよければそれだけで生活もだいぶ楽になるため、待遇面アップを目指して転職しようと考えている人には公務員看護師を目指してみてはどうでしょうか?
     

    ③公務員看護師は副業しても大丈夫?

     

    看護師さんのアルバイトは一般的なものと比べてもお給料が良く、1回夜勤のバイトに入れば2〜3万もらえるところもめずらしくないです。
     

    短時間でもがっつり稼げるので仕事の合間に副業で働いている人も少なくないですが、公務員看護師でも副業ができるかどうか気になる人もいるかもしれません。

    ・副業したい人は民間へ

     

    民間であれば副業OKのところも多いですけれど、公務員の副業は法律で禁止されています。
     

    もしみなさんの中に副業でも稼いでいきたい人がいれば、公務員になることはおすすめしません
     

    公務員ではなく普通に民間で働いて稼ぐほうが良いです。
     

    当サイトでも看護師が副業をするときのポイントについて書いていますので、気になる方は一度目を通してみてください。
     

    ⇒【稼ぎたい看護師さん必見!バレずに副業をするための方法について
     

    2.公務員看護師の職場とは?

     

    公務員看護師の活躍の場所は病院だけに留まりません。
     

    ①やっぱり病院が一番人気の就職先!

     

    公務員看護師の職場として一番多いのが、県立病院や市立病院などの地方自治体が管轄している病院です。
     

    やはり民間病院だと医療のレベルやお給料などにだいぶ差があるため、なかなか希望どおりの職場に勤めるのが難しいかもしれません。
     

    その点地方自治体が管轄している病院であれば、教育システムや昇給システムなどが明確ですし、働き始めてから後悔することはまずありませんよ。
     

    私は卒業後民間病院に勤めたのですが、市立病院に勤めた友人の福利厚生や教育プログラムが良い話を聞くと、やっぱり公務員看護師になればよかったと思うことも何度もありました。

    ・国立大学病院の看護師は公務員ではないので注意

     

    国立大学出身の看護師さんの中には、卒業後も母校の病院で働いていきたいという希望を持っている方もいると思います。
     

    大学病院に入職できれば高度で先進的な医療を学べますし、教育プログラムも充実していることから安心して看護師の仕事を続けられるのではないでしょうか?
     

    良いことづくしの大学病院の仕事ですけれど、大学病院の看護師は公務員ではなく準公務員扱いという点には注意しなければいけません。
     

    以前まで国立大学や国立大学病院は国や地方自治体が運営していましたが、大学法人化が進められた今、全ての国立大学と付属の病院は法人化されており、国立大学病院で働く看護師は公務員ではなく準公務員になりました。
     

    肩書きは準公務員であっても、扱いや待遇は国家公務員に準じているので、安定した環境で働きたい人は国立大学病院で準公務員看護師として働いてみてくださいね。

    ②国家公務員になれば厚生労働省でも働ける!

     

    公務員看護師の働き場所として病院以外に挙げられるものに、看護系技官が挙げられます。
     

    看護系技官とは厚生労働省に勤める国家公務員の看護師のことで、看護行政に関わる施設を訪問し、実態調査を行うことで問題点や改善点を抽出する仕事です。
     

    一般的な看護師とは違った仕事ができることから、なりたいと思う人も少なくない職業ですが、看護系技官に応募するためには5年以上の臨床経験を積まなければなりません。
     

    意欲のある方は看護師としてのスキルを磨いてから、看護系技官の道に進んでみてください。
     

    ③自衛隊で働くという選択肢も視野に入れよう

     

    公務員看護師の職場には自衛隊もあり、普通に生活していると縁のない場所かと思いますけれど、国内だけでなく海外でも多くの人を助けられる素晴らしい仕事です。
     

    具体的にどのような仕事をするのかというと、
     

  • 自衛隊管轄の医療施設での看護業務
  • 自衛隊員の怪我や病気のケア、健康管理
  • 災害時の支援活動
  • 戦争などで被害を受けた地域の復興活動
  •  

    といったものが挙げられます。
     

    国内国外の被災地に出向き、怪我や病気で苦しんでいる人のケアに当たりたい方は自衛隊で働いてみてはどうでしょうか?
     

    病院以外でも人々の役に立ちたい看護師さんにとっては、とてもやりがいを感じられる仕事になりますよ。
     

    3.公務員看護師になりたい人が知っておくべきポイントとは?

     

    公務員看護師になりたい人が知っておくべきポイントはいくつかあります。

    ①求人はどうやって見つけるの?

     

    公務員看護師になりたい人はまず気になる職場のホームページにアクセスし、採用情報の確認を行うのが先決です。
     

    職場によっては年齢や学歴だけでなく、実際に働いた経験年数も要求されるところもあることから、募集要項の確認は欠かせません
     

    これから学校を卒業する人であればインターンシップに参加するのも一つの手で、私も学生時代は気になる市民病院のインターンシップに参加し、職場の雰囲気や働き方をチェックしていました。
     

    やはり実際に自分の目で見ないとわからないことはたくさんあるので、職場見学の機会があれば参加するといいかもしれませんね。
     

    ②公務員試験は受けないとダメなの?

     

    公務員看護師になるには公務員試験を受けるのが必須ですが、病院に勤めたい人の場合は必ずしもそうではありません。
     

    市立病院や公立病院で働きたい人は、一般的な公務員試験を受ける必要はなく、基本的には小論文や面接といったものをパスすれば公務員になれます。
     

    たくさんの科目の受験勉強をすることなく公務員になれますし、病院採用の場合は基本的には普通の病院で行われる採用試験と変わらないので、安心して臨んでください。
     

    ③公務員看護師に転勤はある?

     

    公務員看護師になると転勤があるかどうか気になる人もいると思います。
     

    市町村の病院勤務の場合転勤はないですが、県立病院に勤めると県内のいろいろな病院に配属されるケースも少なくありません。
     

    都市部ではなく過疎地にも転勤させられる可能性があることから、転勤したくない方はよく考えたうえでの病院選びが大切です。
     

    安定した環境で働ける公務員看護師を目指そう!

     

    公務員看護師は病院以外のさまざまなフィールドでも活躍しており、人々の健康を守るのを目的に働いていることがわかりました。
     

    一般の病棟看護師と違い、公務員看護師は安定した環境で働ける仕事なため福利厚生も良いので人気の仕事です。
     

    待遇面でのメリットが大きいぶん簡単になれるものではなく、公務員ならではの難しい試験や面接を突破しなければいけません。
     

    実際になるのは少し大変なような気もしますが、苦しんでいる人や困っている人を救いたい気持ちがあれば、素晴らしい公務員看護師になれますよ。
     

    みなさんも地域住民の方のQOL向上をサポートできるような公務員看護師を目指してください。