看護師の仕事は入院中の患者さんの生活援助だけではありません。
 

命を助けるケアが救急病棟では日々行われており、看護次第で患者さんの状態が良くも悪くもなることから、非常に責任の重い仕事です。
 

一般病棟だとあまりそのような機会はないと思いますけれど、救急看護師なら命の危険にある患者さんを助けるケアができますし、自分の実力を試せるだけでなく、
 

達成感のある仕事ができるのでバリバリ仕事をしていきたい方にはぴったりの職場ではないでしょうか?
 

ここでは救急看護師が気になっているみなさんのために、仕事の実態やお給料についてお話ししていきます。
 

1.救急看護師ってつらい?

 

救急医療は、
 

一次救急:入院する必要がなく、治療後に自力で自宅に帰れる人
二次救急:一般的な入院による治療が必要な人
三次救急:救急病棟やICUなどで高度な治療を受ける必要のある命の危険がある人

 

の3段体制をとっています。
 

働く病院によって対象となる患者さんは異なりますが、一般病棟よりも高度なケアや知識が必須です。

①救急病棟ってどんな仕事をするの?

 

病気や怪我はいつ起こるかわからないものなので、救急病棟で働く看護師は24時間気の休まるときがありません。
 

このような環境で働く救急看護師の仕事内容は、
 

  • 救急蘇生処置
  • 止血や骨折時の処置といった応急処置
  • 医師の救急治療の補助
  • 患者さんとご家族の心のケア
  • 日常生活援助
  •  

     

    などで、どれも大切な業務ですが、一分一秒のケアの遅れが命取りになります。
     

    看護師のケアが患者さんの状態を左右する鍵となってくることから、救急病棟で働きたい希望がある人はまずは知識と技術を磨くのが大切です。
     

    参考:一般社団法人 日本救急看護学会 救急看護師とは

    ・救急外来の役割について

     

    救急外来では病気や怪我の種類を問わず、重症の患者さんへの看護を行なっています。
     

    交通事故により出血や骨折している患者さんは救急外来ではめずらしくないため、悲惨なシーンに慣れていない看護師には少し酷な職場かもしれません。
     

    しっかりと患者さんの状態観察ができていないと、取り返しのつかない事態にもなりかねないので「血や傷がひどい患者さんを直視できない……。」という人には向いていない仕事です。
     

    みなさんもどんな状況でも落ち着いて対応できるタフなハートを身につけ、救急外来で活躍していってくださいね。
     

    ②救急看護師の役割とは?

     

    救急病棟や外来には比較的軽傷の患者さんから、重篤な患者さんまで幅広い症状の人が昼夜問わず訪れます。
     

    命の危険がある人であればどんな症状の患者さんでも受け入れるので、そこで働く看護師には高度で専門的な幅広い知識がなくてはなりません。
     

    それこそ循環器や脳神経だけでなく、透析に関する知識も持っていないと救急看護師は務まらないと言っても良いほどです。
     

    私が透析室で働いていたときも、救急病棟の看護師さんが何名か透析治療を学ぶために数ヶ月研修に来ていました。
     

    やはりいざというときに「知識がないからできません。」では救急看護師はやっていけないですから、みなさんも技術や知識を身につけ、どんな症状の患者さんにも自信を持ってケアできるような救急看護師を目指してみてはどうでしょうか?
     

    ③救急に向いている看護師ってどんな人?

     

    救急看護師には高度で専門的な知識が必要ですが、それ以上にどんな状況でも慌てない冷静さが必須とされています。
     

    救急病棟には病気だけでなく事故で重傷を負った方も多く搬送されてくるため、今まで見たこともないような出血や怪我を目撃する場面もめずらしくないですが、ショックな状況に遭遇したからといって、仕事を冷静にできないようでは意味がありません。
     

    搬送されてきた患者さんの中には少しのケアの遅れが命取りになる方もいるので、どんな状況に置かれても自分が今何をすべきなのかを冷静に判断する力を養っていってください。

    ・ママさん看護師でも働ける?

     

    一般病棟で働く看護師の多くは家庭と仕事を両立させていますが、救急病棟での仕事は忙しく、終業時間のギリギリに患者さんが運び込まれて結局残業なんていうケースも少なくありません。
     

    やりがいのある職場ではあるものの、ママさん看護師が救急病棟で働いていくにはご家族からの理解や協力がないと少し難しいため、一般病棟へ移ることも考えておいてください。
     

    もしどうしても救急看護師としてバリバリ働いて行きたい方は、救急病棟ではなく救急外来で働くのも一つの手です。
     

    救急外来なら夜勤は少ないですし、残業も病棟ほど多くないですからご家族との時間を充実させられますよ。
     

    お子さんが大きくなって時間に余裕が出たら救急病棟に復帰するという選択肢もあるので、仕事と家庭をうまくやっていける自信がつくまでは救急外来で働いてみるのもいいかもしれません。
     

    2.救急看護師のやりがいとは?

     

    救急看護師の仕事は日々忙しく大変であるものの、やりがいがいっぱいの素敵な仕事です。

    ①命の危険がある患者さんを救うケアができる

     

    救急看護師のやりがいは何と言っても、命の危険がある患者さんを救えることにあります。
     

    自分の知識や技術、そして観察眼により患者さんの異変や急変を察知し、適切な処置ができたときには達成感を感じられますし、元気になっていく患者さんの姿を目にすることができたときには看護師になってよかったと思う人も少なくありません。
     

    最近では患者さんの高齢化が進んでおり病棟によっては介護の仕事がメインのところもあるので、一般病棟に配属された看護師の中には仕事に物足りなさを感じる人がいるのも事実です。
     

    患者さんの日常生活援助はもちろん大切ですが、看護師ならではのスキルを発揮し、患者さんの命を助けるケアも提供していきたいという人は救急看護師を目指してみてください。
     

    ②幅広い診療科の看護を身につけられる

     

    救急病棟の患者さんには循環器や脳神経外科など、様々な病気や怪我の方がいます。
     

    病院にあるすべての診療科に関する患者さんが搬送されてくるので、看護師は幅広い看護を身につけておかなければいけません。
     

    通常なら自分の所属する診療科の分野に関する知識を持っていれば問題なく仕事をしていけますが、命の危険にある患者さんと多く関わる救急看護師の場合、そうはいかないのが実際のところです。
     

    私の同期の救急看護師も勉強が多くて大変だと言っていましたが、病棟よりもさまざまな経験をしてきているため、他の同期よりも看護師として自信を持って働いているように見えました。
     

    すべての診療科に関する知識を学べるのは救急病棟だけなので、みなさんも救急看護師になってプロフェッショナルな看護師を目指してみてはどうでしょうか?
     

    ③多職種と連携し働くことができる

     

    救急病棟では看護師や医師だけでなく、他の医療スタッフとも情報共有し連携して働かなければいけないため、チーム医療を学ぶ機会が多くあります。
     

    看護師以外の医療のプロフェッショナルと話し合いながら仕事をしていけば、より高度で専門的なケアを患者さんに行うのも不可能ではありません。
     

    一般的な病棟でも他の医療スタッフと働くことはありますが、救急病棟でなら医療チームの一員としてより患者さんへの治療を行なっている実感のある仕事ができます。
     

    3.救急看護師の実際とは?

     

    みなさんが不安を感じることなく新しい職場で働けるように、救急看護師の実際について次にお話ししていきます。

    ①お給料はどのくらい?

     

    勤務地や病院によってお給料に違いはあるものの、看護師の平均年収が474万というところから考えると、救急看護師はだいぶたくさんのお給料をもらえるのがわかります。
     

    そんな中、私の同期の救急看護師は「お給料と仕事内容が見合っていない!」とよくグチをこぼしていました。
     

    確かに救急病棟は残業が多く常に緊張感のある環境なため、少ないと思う人がいるのも無理はありませんね。
     

    楽してお金をたくさん稼ぎたい人は、救急看護師の仕事が自分に合っているのかよく考えてみるのも大切です。

    ・救急看護師は手当も支給される

     

    救急看護師のお給料が高い理由に、特別手当が支給されることが挙げられます。
     

    具体的には、
     

  • 特殊業務手当:危険やストレスの多い環境で働く看護師に対して支給される
  • 拘束手当:救急の呼び出しに備えて自宅で待機しているときに支給される
  •  

    このようなものです。
     

    病院によってもらえる手当の内容や金額に違いがあるので、勤務先がどのように支給されているの確認しておくといいかもしれません。
     

    手当が支給されるものと思い込んで救急看護師になってしまうと、実は支給額がわずかしかなかったり手当がつかなかったりする施設もあるので注意してください。
     

    ②年齢制限はあるの?

     

    看護師の資格には年齢制限がないですが、20代〜30代の半ばまでには救急看護師になっておきたいところです。
     

    救急病棟での仕事は体力勝負なところが多く、体力のある若いうちでないとやっていけません。
     

    病院側が具体的な年齢制限を設けていなくても、40代・50代の救急病棟未経験の看護師の採用を見送るケースもめずらしくないので、絶対に救急看護師になりたい人は若いうちから行動を開始してみてはどうでしょうか?
     

    年を取ってから「あのとき救急看護師になるために、何かしておけばよかった……。」と後悔しないように、看護師としてのキャリアプランをよく考えておくのも大事です。
     

    ③新人が救急病棟に配属された時に注意すべき点とは?

     

    救急病棟で働きたくて看護師を志した人もいると思いますが、新人看護師が救急病棟に配属された場合、気をつけなければならないことがいくつかあります。
     

    具体的には「謙虚な気持ちを持つ」「最低限のマナーを守って先輩に接する」などで、わからないことをわからないままにしておかないというのが救急病棟で働く新人看護師には重要なことです。
     

    わからないことをわからないと言ってしまうと「こんなことも知らないの?」と思われてしまうことから、なかなか質問できない人も少なくありません。
     

    救急病棟には他の診療科よりも重症な患者さんが多く、知識や技術が曖昧なままケアを行ってしまうと患者さんに悪影響を及ぼしてしまう危険性もあるため、仕事に関する疑問や不安をその都度解消していってくださいね。
     

    救急看護師になって技術や知識を磨こう!

     

    救急看護師は常に緊張感のある職場で働かなければいけないものの、他の病棟では味わうことができないような達成感や充実感を感じられる非常にやりがいのある仕事だとわかりました。
     

    緊急度が高い重症の患者さんと関わる機会が多く、一般の病棟と同じ感覚ではまずやっていけないほど、救急看護師は非常に責任の重い仕事です。
     

    いくら興味があっても実際に働くとなるとためらってしまう人も珍しくないですが、患者さんを助けたいという強い気持ちがあればやっていける職場なので、難しく考える必要はありませんよ。
     

    志の高い看護師が救急病棟で働けば多くの患者さんの助けになれるため、思い切って救急看護師を目指してみてください。