看護師に夜勤はつきものであり、避けては通れない仕事です。
 

新人の頃は憂鬱で仕方なかった夜勤でも、数をこなしていくうちに「なんとかやっていけるかも!」と自信がついていく方も多いと思います。
 

夜の勤務を上手に乗り切るには慣れが何よりも大切ですが、自分に合った勤務体制を選択するという点も重要です。
 

自分に合ったシフトで働くことで、より良いケアを患者さんに提供していけますね。
 

あなたの働き方にぴったりな2交代制の職場で働けるように、転職前に確認しておくべきことについてお話ししていきます。
 

1.2交代制勤務って何?

 

看護師の勤務体制には2交代と3交代があり、仕事内容を把握するのが転職活動を成功させるポイントです。
 

①2交代制勤務とは

 

2交代制勤務は、
 

  • 日勤:8:30~17:30
  • 夜勤:16:30~9:00
  •  

    病院によって多少の違いはありますが、上記のようになっています。
     

    看護師が昼夜問わず活躍することが病気やケガで苦しんでいる患者さんには必要です。
     

    夜勤でもあなたの技術と知識を最大限活かすために、今の夜勤の方法が合っているのか一度検討してみてはいかがでしょうか?

    ②3交代制との違いについて

     

    夜勤の勤務体制には、2交代制だけでなく3交代制もあります。
     

    3交代制勤務の例は、
     

  • 日勤:8:30~17:30
  • 準夜勤:16:30~25:30
  • 深夜勤:0:30~9:00
  •  

    このようなものです。
     

    勤務時間は2交代制よりも短いですが、その分勤務に入る回数が増えるというデメリットがありますね。
     

    「勤務時間が長くてもいいから、ゆとりを持って働きたい!」という方は2交代制への転職を考えてみるのも良いかもしれません。

    ③2交代と3交代どちらが人気?

     

    病院の多くは3交代制を採用しているところが多いです。
     

    みなさんのお勤めの病院も3交代制が多いかと思いますが、最近では2交代制への移行が進められている施設も少なくありません。
     

    この背景には、2交代制の職場で働きたい看護師が増えていることが挙げられます。
     

    「勤務時間も長いのに、なんで2交代制は人気があるの?」
     

    と疑問に思う方もいるでしょうが、実は2交代の方が疲労が溜まりにくいという研究結果が出ているのです。

    参考:二交替制勤務看護師の疲労度,満足度に関する文献検討-三交替制勤務との比較-
     

    2交代制の方が休憩時間をまとめて取れるため、疲れを感じずに働けますね。
     

    このようなことから3交代制よりも2交代制の方が現場で働く看護師の人気があります。
     

    3交代制に疲れを感じている方は、2交代制への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

    2.2交代制のメリット・デメリット

     

    2交代制で働くには、そのメリット・デメリットを理解するのが大切です。
     

    働き方や私生活にどのような変化が生じるのかお話ししていきますね。

    ①自分の時間を多く持てる

     

    2交代制は1回の勤務時間が長い分休息時間をしっかり確保できるため、自分の時間を多く持てます。
     

    夜勤明けから次の出勤日まで間隔が空くので、3交代制よりも休みを長く取ることが可能です。プライベートを楽しみたい方には、2交代制が合っているかもしれませんね。
     

    今の働き方に不安がある方は、2交代制への転職を検討してみるのも必要ではないでしょうか?

    ②夜勤の回数が少ない

     

    2交代は1回の夜勤が16時間もありますが、その分夜勤回数が月に4〜5回程度で済むというメリットがあります。
     

    3交代の場合深夜と準夜合わせて月8回くらいの夜勤があることから、2交代制の方が勤務に入る日数が少ないのがわかりますね。
     

    「夜勤の回数が少なくても、勤務時間が長いから大変なんじゃないかな?」
     

    と疑問に感じる人もいると思いますが、しっかりと休憩時間が確保できる病院を選べば安心して働けると思います。
     

    それでも不安がある方は、クリニックや介護施設など夜も比較的安定した環境で働ける職場を探してみるのもポイントです。

    ③拘束時間が長いというデメリットもある

     

    2交代の職場で働くとお休みをしっかり取れるメリットがありますが、その反面夜の拘束時間が長いというデメリットがあります。
     

    急患や患者さんの急変が続くと、休む間も無く16時間以上働き続けるので集中力が続かないです。ぼんやりとした状態で仕事をすると普段はしないようなミスをし、重大な問題を招く危険性もあるので注意してください。
     

    看護師という職業は少しの間違いも許されない仕事です。そのことを忘れずに職場選びをするのが求められています。
     

    2交代制の良い面だけでなく悪い面も押さえておくことで、納得のいく転職活動にしていけますよ。

    3.2交代の職場に転職する前に確認しておきたいポイントとは?

     

    2交代制の職場に転職する前に、確認しておくべきいくつかのポイントがあります。
     

    実際の働き方を知ることで、自分に合った職場への転職を考えてみませんか?

    ①2交代制が自分の働き方に合っているかどうか?

     

    3交代に慣れている人は、2交代制勤務が自分の生活リズムに合わない場合があります。
     

    「なんとなく2交代制の方が楽な気がする!」という安易な気持ちで転職してしまうと後悔するケースもあるので注意が必要です。
     

    2交代制の拘束時間は16時間と長いため、8時間勤務に慣れていると肉体的にも精神的にも辛いと感じます。
     

    3交代よりも気力と体力の勝負となってくることから、これらに自信がない方には2交代制は向いていないかもしれません。

    ②夜勤手当がどうなっているのか?

     

    看護師は女性の平均年収よりも多く給料をもらっているイメージがあると思いますが、夜勤手当によるところが大きいです。
     

    日本看護協会の調査によると、2交代の夜勤の手当は11,276円となっています。
     

    大都市やその近郊にある病院・救急病棟などの夜間も忙しい施設では、手当が多い場合もあるので、自分の希望年収がもらえるような職場に転職することが重要です。
     

    反対に地方にある病院や夜間の仕事があまりないような介護施設の場合は、お給料が低くなる可能性もあるため、求人先の募集要項をよく確認してくださいね。

    ・給料は3交代制に比べて多い?少ない?

     

    2交代への転職を考えるときに気になるのが、「夜勤手当が多くなるのか、少なくなるのか?」だと思います。
     

    3交代の場合準夜勤は4,399円、深夜勤は5,490円となっており、月に4回ずつ勤務に入る病院が多いです。
     

    準夜勤の回数を4回、深夜勤の回数を4回と仮定して計算すると、
    4,399×4+5,490×4=26,359
    上記の金額を1ヶ月に得られます。
     

    一方2交代の場合は月に4回ほど夜勤があり、
    11,276×4=45,104
    3交代勤務よりも稼ぐことができるとわかりました。
     

    2交代は働く時間が長いので夜勤の回数が3交代よりも少なくても、たくさんの手当をもらえるのです。
     

    転職活動をする前に自分の希望する働き方や給与を具体的にしておくのが、より良い職場と出会うためには欠かせません。
     

    しっかりと転職後の在り方をイメージすれば、後悔しないような転職活動を行えますよ。

    ③2交代の休憩時間はどのようになっているか?

     

    人間の体は日中に活動し、夜はしっかりと休むようにできています。
     

    休憩すべき時間に体を休めることができないと、集中力や思考能力が低下してしまう場合もありますね。
     

    そのため夜勤がある看護師は、夜の時間帯でもきちんと休憩時間を確保するのが必要です。
     

    労働基準法では8時間以上の勤務に対し、1時間の休憩時間を設けるのが定められているため、2交代制の夜勤の場合も1時間は休憩時間を取るようになっています。
     

    「16時間も働くのに、1時間しか休めないんじゃやっていける自信がない……。」
     

    と不安に感じる方もいると思いますが、もちろんこの時間よりも多く休憩時間が確保されている病院もあるので、求人先の病院に確認しておくのがポイントです。
     

    看護師は命に関わる重大な仕事をしており、ミスなく働かなければなりません。
     

    より良い看護を患者さんに提供できるようにするためにも、夜勤でも十分に休むことが求められています。

    ・仮眠室が用意されているのか?

     

    仮眠室があるとしっかり休憩できるため、休憩室の状況を確認しておくのが大切です。
     

    ナースコールや機器のアラーム音が聞こえるような環境では、繊細な方だと十分に休めないかもしれませんが、病棟と少し離れた場所に簡易ベッドが用意されているような仮眠室があれば短時間の睡眠でも疲れが取れます。
     

    夜の長い勤務を乗り切るには、仮眠室が配備されている病院で働くことが重要ではないでしょうか?

    ・休憩時間が十分に取れる職場とは?

     

    病院によって休憩時間が十分に取れる職場もあれば、ほとんど休めないようなところもあります。
     

    夜間の救急搬送や入院のある病院や、急変が多いような病棟の場合、夜も日中のような忙しさがあるので休む暇がないです。
     

    落ち着いた環境で疲労を蓄積させずに働きたい方は、
     

  • 介護施設
  • 病床数が少ない病院
  • 個人が経営しているクリニック
  •  

    などから求人を探してみてくださいね。
     

    2交代のメリット・デメリットを理解した上で転職活動をしよう!

     

    2交代での仕事の仕方やメリット・デメリットについてお話ししてきました。
     

    本来ならゆっくりと休んでいる時間に働くことは体にとって大きな負担となるので、少しでも自分らしく働くには夜勤の方法を選択するのが必須です。
     

    みなさんも2交代制の良い面・悪い面をきちんと理解し、自分に合ったの職場への転職活動を始めてみませんか?