看護師さんが働く場所といったら、病棟をイメージする方も多いのではないでしょうか?
 

たしかにドラマや映画だと入院患者さん相手に献身的なケアを行っている場面が多く、その印象が強いと思いますが、看護師の職場は病棟だけではありません。
 

患者さんの手術がうまくいくようにサポートをするオペナースという仕事があり、病棟とは全く違うケアが求められています。
 

病棟だとあまり関わりにならない部署ですし、その特殊性の高さからオペ室は避けられがちな職場ですけれど、実は大変やりがいのある仕事です。
 

ここではオペナースについて詳しく知りたいみなさんのために、仕事内容や求人探しのポイントについてお話ししていきます。
 

1.オペナースになりたい!

 

オペナースが手術室でどのような仕事をしているのか調べてみました。
 

①オペナースの仕事とは?

 

オペナースは医師がオペに集中できるように手術器具を手渡ししたり、患者さんの出血量や状態のチェックをしたりしており、オペナースの果たすべき役割は大きいです。
 

手術を受ける患者さんは眼科から脳神経外科まで幅広く、一つの病棟に特化した知識だけを持っていてもオペ室では使い物になりません。
 

私の友人にもオペナースがいますが、彼女によると新人の頃は毎日たくさんの課題を出され、クリアするまでその診療科の手術にはつけさせてもらえないこともあったと話していました。
 

万全を尽くしても何が起こるかわからないオペ室では、どんな状況でも対応できる確かな知識や技術がないとやっていけないのがわかりますね。
 

オペナースの仕事は決して簡単なものではないものの、ここでの仕事をやり遂げられれば一人前の看護師へと成長できます。
 

②器械出しと外回りってどんなことをするの?

 

オペナースの仕事は器械出し(直接介助)と外回り(間接介助)に分けられます。
 

・器械出し(直接介助)の仕事とは?

 

器械出しでする仕事は、
 

  • 手術に使う器械の準備/セッティング
  • 執刀医に器械を手渡す
  • 手術中の器械の管理
  • ガーゼや器械のカウント
  • 翌日の手術で使う器械の準備
  •  
     

    上記が一般的で、オペ中に一番重要な仕事に医師へ器械を手渡すことが挙げられます。
     

    執刀医が必要な器具をわかりやすく声かけしてくれれば良いですけれど、必ずしもそういうわけではありません。
     

    間違ったものを渡そうとすると怒る先生もいるので、器械出しの際には手術で何が行われているのか理解し、どの器械を医師が求めているのかを判断する力が大事です。

    ・外回り(間接介助)の仕事について

     

    外回りは器械出しが行う以外の全て仕事になり、具体的には
     

  • 薬や輸液の準備
  • ベッドの用意
  • 導尿や剃毛などのオペ前の準備
  • 患者さんが安楽な体勢でいられるように調整する
  • 点滴量や尿量を確認しIn/Outバランスをチェックする
  • 病棟看護師への術後の申し送り
  • 翌日のオペを受ける患者さんへの術前訪問
  •  

    といった内容です。
     

    手術に集中している医師や器械出し看護師の代わりに、患者さんの状態観察やケアを行っているのが外回りの役割だと思っていてください。
     

    オペ中の患者さんの全身管理を行う外回りは器械出しよりも難しい業務であり、新人看護師は器械出しを覚えた後に外回りの役割を任せられる場合が少なくありません。
     

    ③オペナースに向いている人とは?

     

    オペナースに必要なスキルには専門的な知識や技術などがありますけれど、中でも大事なものにタフな体力が挙げられます。
     

    何時間もぶっ通しで緊張感のある仕事をしなければいけないため、体力がないと仕事ができません。
     

    一つのミスも許されず、看護師が貧血で倒れてしまったなんてことになったら大問題です。
     

    私の友人のオペナースも学生時代は運動部のマネージャーをやっていたので、もし看護学生さんの中にオペ室希望の方がいたら、部活は運動部から選んでみてはどうでしょうか?
     

    2.オペナースの実際とは?

     

    オペナースの実際について次にお話ししていきます。
     

    ①オペナースって残業や夜勤はあるの?

     

    病棟看護師には残業はつきものな一方、オペナースは比較的残業が少ない職業です。
     

    緊急オペや手術が長引くと残業になるケースもあるものの、途中で交代の看護師が来てくれますし、残業代についても心配いりません。
     

    やはり残業に対する報酬がないと仕事へのやる気が出にくいですから、自分の勤めている病院がどのように残業代を支払っているのかを確認しておくのもポイントです。

    ・準夜勤務が多い?

     

    深夜勤務はないものの準夜勤務のある病院は多くあります。
     

    シフトによっては準夜→日勤という勤務もよくあるので少し大変だと思いますが、深夜勤務がないことから病棟看護師ほど疲れずに働けるかもしれません。
     

    基本的には日勤の多い職場であり体内のリズムを崩さず働けるため、病棟での日々に疲れた方は、オペナースへの転職を検討してみてください。

    ・土日休みなのでプライベートを充実させられる

     

    緊急のオペに対応する当直や当番になることがあるとはいえ、基本的には平日5日間日勤をやったら土日祝日お休みなので、会社員の方と変わらない生活を送れます。
     

    一般的な病棟だとシフト制であることを考えると、5日間も日勤なんて耐えられないと思う人もいるかもしれません。
     

    私もシフト表で日勤が5日間続いてるのを見たときは師長を恨みました。
     

    もちろん慣れてくれば5日間の日勤も問題なく乗り越えられますし、土日祝は必ず休みなため予定が立てやすいというメリットがありますから、ご家族や友人との時間を充実させたい方にはぴったりの職場になりますよ。

    ②特殊性の高いスキルが身につく

     

    オペナースになると病棟では行わないようなケアや機械の種類・手術について学ばなければいけません。
     

    その特殊性の高さから始めの頃は病棟よりも大変な職場であり、他の診療科から異動してきたベテラン看護師でも最初は覚えるのに苦労するものです。
     

    病棟にいると術前術後の看護に関する知識はありますが、術中に関するケアが全くわからない方も多いのではないでしょうか?
     

    確かに難しい知識や技術を習得するのは大変ではあるものの、高度なオペの技術を習得すれば、病棟にとってなくてはならない存在にきっとなれます。

    ・病棟では使い物にならないという欠点も……

     

    高度な技術や知識が要求されるオペナースは、病棟では使い物にならないという欠点もあります。
     

    病棟では当たり前に行われているオムツ交換や食事介助・清拭などを行う機会がオペ室では少ないですし、病棟とオペ室では求められる看護が全く違うため、どんなにベテランのオペナースでも病棟に行くと1年目と同じ扱いになることもめずらしくないです。
     

    このように聞くと「オペナースから病棟ナースになるのは大変そう……。」と諦める人もいると思いますが、病棟には手術に関する知識を持った看護師がほとんどいないことから、オペナースが手術室以外の診療科で働けば病棟にとって欠かせない存在になれますよ。
     

    オペ室での仕事をマスターしたら、次は病棟での看護を習得するために異動してみてはどうでしょうか?
     

    ③患者さんと接する機会はほとんどない?

     

    オペナースは手術室を離れないイメージをもたれやすいことから、患者さんと接する機会がほとんどないと考えている人もいるかもしれません。
     

    実はオペナースは手術室だけでなく「術前訪問」という形で病室でも患者さんへのケアを行なっています。
     

    術前訪問では手術を控える患者さんの病室を訪れることで、少しでも安心して手術を受けられるような心温まるサポートをしており、オペナースの大切な仕事の1つです。
     

    短い時間しか関われませんが、患者さんが安心安全に手術を受けられるのはオペナースのおかげだと思っていてください。
     

    3.オペナースになりたい人の確認事項について

     

    オペナースとして手術室で働くにはどうすれば良いのか3つのポイントにまとめてみました。

    ①オペナースになるための方法とは?

     

    オペナースになるには特別な資格が必要なく、看護師免許さえあればオペナースになれます。
     

    看護師免許を取った後は、手術室に配属されれば晴れてオペナースになれますが、希望が通らず病棟配属になってしまっても、オペナースを諦めることはありません。
     

    希望を出し続ければいずれはオペ室で働けますし、万一希望が通らない場合はオペナースになれる病院へと転職すればいいので、夢を諦めず行動し続けてみてくださいね。
     

    ②病院選びのコツについて

     

    手術室のある医療施設は実際たくさんあり、大きな病院ほど幅広い診療科でのスキルを学べるうえ、単科病院の場合はその道に特化したスペシャリストになれます。
     

    自分の目指すべきオペナース像に合った職場で働くことが必要であるものの、どのような基準で職場を選んだら良いか悩んでいる人も中にはいるかもしれません。
     

    このような人は大学病院や総合病院などに就職してみてはどうでしょうか?
     

    私の友人は大学病院のオペ室に勤めていますが、脳神経外科から眼科や産科などの幅広いオペに携われるので充実感のある日々を送っていますよ。
     

    ③いい求人がないときは転職エージェントに頼ろう!

     

    オペナースの職場はたくさんあるものの、なかなかこれだと思える職場に出会えていない人もいると思います。
     

    そんな人におすすめなのが転職エージェントです。
     

    実際に利用するのは敷居が少し高いと感じている方もいるかもしれませんが、転職のプロフェッショナルがあなたの希望に合った職場を紹介し、転職がうまくいくようにサポートしてくれるため、より良い求人に出会いたい方は利用しない手はありません。
     

    求人先の情報や面接のコツについても詳しく教えてくれるので、不安なく転職したい方は転職エージェントの活用を検討してみてください。
     

    命を救う最前線で働くオペナースはかっこいい!

     

    オペナースは特殊性の高い仕事であるものの、患者さんが安心安全にオペを受けられるようにサポートする非常に重要な役割を担っていることがわかりました。
     

    手術中に医師が何を求めているのかを考えて器具を渡す必要があるため、間違った器具を手渡してしまうと怒られてしまうこともよくあります。
     

    オペ室は非常に緊張感のある職場ですが、医師と呼吸を合わせて一つのオペを乗り切ったときには、病棟では決して味わえないような達成感を感じられると言っても過言ではありません。
     

    みなさんもオペナースになって充実感とやりがいのある仕事の日々を送り、看護のスキルアップを目指してみるのもいいかもしれませんね。