産婦人科は生命誕生の瞬間に立ちあえる素晴らしい診療科です。
 

他の病棟のように怪我や病気で入院する方が少ないため、今までとは違った看護を提供していきたいと考えている人にはぴったりな職場かもしれません。
 

でも一般病棟で働いていると産婦人科との接点がほとんどないことから、どのような仕事をしているのかよくわからない人もいるのではないでしょうか?
 

ここではみなさんの転職活動がうまくいくように、産婦人科で働く看護師の実際や知っておくべき事項についてお話ししていきます。
 

1.産婦人科の仕事は忙しい?

 

総合病院や大学病院の産婦人科は産科と婦人科の両方の分野の診療を行っているので、他の病棟よりもやるべき仕事量が多いです。
 

産婦人科ならではの忙しさとは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

①産婦人科の特徴について

 

産婦人科は、「産科」「婦人科」に分かれており、そこで行われる仕事内容はそれぞれ異なります。
 

産科の患者さんは、妊娠中の女性もしくは妊娠を希望する女性がメインです。
 

一方婦人科では、卵巣や子宮に関する婦人科疾患の方・生理に関する悩みを抱えている方などが受診されるため、患者さんの年齢層は幅広いという特徴があります。
 

違った性質を持つ診療科ですがどちらも女性を対象とした診療が行われているので、細部にまで行き届いたきめ細やかなケアを行うのが大切ですね。

参考:聖マリアンナ医科大学病院 産科・婦人科

②産婦人科看護師の役割とは?

 

産科と婦人科では扱う病気や治療が違うため、看護師の役割も異なります。
 

産科では、
 

  • 採血
  • 予防接種の注射
  • 診察や妊婦健診時の補助
  • 助産師の分娩介助
  • 授乳や沐浴指導
  • 新生児の処置やケア
  • 産後の疼痛管理
  • 中絶手術の準備や介助補助
  •  

    このような業務内容が主な仕事です。
     

    妊娠から産後に関するサポートと、生まれてきた赤ちゃんに対してのケアが産科の看護師の役割だと言えますね。
     

    一方婦人科の仕事は、
     

  • 婦人科疾患(子宮筋腫や子宮頸がん、卵巣がんなど)の患者さんの周術期看護
  • 検診の補助
  • 生理不順や更年期障害などの診療の補助
  • 不妊治療に関する補助
  •  

    このようなものです。
     

    婦人科の方が患者さんに対する医療的なケアが多いため、産科よりも看護師のスキルが試される職場かもしれません。

    ・産科と婦人科、どっちのスキルが重要?

     

    病棟によって多少の違いはありますが、何ヶ月かごとに産科と婦人科のチーム替えが行われます。
     

    両方の診療科に関する知識が必要とされるので、

    産婦人科で働けば女性に関するエキスパートな看護師になれるはずです。
     

    1つの分野を極めた看護師を目指して産婦人科で働いてみるのもいいですね。

    ・助産師とは業務内容が違う

     

    産婦人科では、看護師と一緒に助産師も仕事をしています。
     

    助産師は看護師の資格も持っているため、産科だけでなく婦人科でも問題なく働けます。
     

    しかし助産師は、医師の指示がなくとも正常分娩の赤ちゃんを取り上げられるので、どちらかというと産科の分野を受け持つ場合が多いです。
     

    できる仕事内容に違いはあるものの、お互いを尊重し合い働くことが産婦人科で働くスタッフにとって一番重要と言っても過言ではありません。

    ③産婦人科看護師の大変なところとは?

     

    出産はスケジュールどおりに進まないため、予定外の分娩や帝王出産が行われることがよくあります。
     

    特に一度に何件もお産や入院が重なった場合、勤務時間内に仕事を終わらせるのは難しいです。
     

    緊急のオペや処置に追われるので産婦人科は大変な仕事ですが、忙しさの後には赤ちゃんの誕生という素晴らしい瞬間が待っていますよ。

    2.産婦人科看護師になるには?

     

    産婦人科看護師の仕事を続けていくには、就職先の特徴や良い求人の探し方について知っておく必要があります。

    ①産婦人科看護師はどんな性格の人が合っている?

     

    「産婦人科で働きたいけど、自分に向いているのかどうかわからない……。」という理由から、転職をためらっている方も多いはずです。
     

    産婦人科では妊娠・出産に関するケアだけでなく、不妊治療や女性特有の疾患といったデリケートな分野の看護を取り扱っていることから、不安を抱えたまま診察に来られる人がたくさんいます。
     

    他の診療科よりもきめ細やかな配慮が求められている場所であり、患者さんの気持ちを和らげられるような優しさや思いやりの気持ちを持った人が産婦人科看護師に向いていると言えますね。
     

    患者さんに寄り添った看護を提供したいと考えている方は、産婦人科で働くことを検討してみてはどうでしょうか?

    ・男性看護師は産婦人科には向いていないかも……

     

    産婦人科では女性の看護師しか働けないイメージをお持ちの人も多いと思います。
     

    看護師であれば男性も女性も分け隔てなく産婦人科で働くのは可能です。
     

    しかし産婦人科を受診する方は女性に限定されていることから、男性看護師の処置に対し抵抗を覚える方も少なくありません
     

    デリケートな問題を抱えている患者さんは、自分の気持ちをより理解してくれる女性看護師からのケアやアドバイスを求めていることが多いです。
     

    男性看護師が産婦人科で働くのは困難だということは押さえておいてくださいね。

    ②病院ごとの特色について理解しよう

     

    産婦人科の看護師の就職先には、
     

  • 大学病院
  • 総合病院
  • 個人病院
  • クリニック
  • 助産院
  •  

    などさまざまなものがあります。
     

    「産婦人科の仕事ができるなら、どの職場を選んでも大して変わらないはず!」と考える人もいると思いますが、病院の形態によって業務内容に違いがあるので、それぞれの特色についてきちんと理解しておくのが大切です。
     

    就職先選びを慎重に行うことで、産婦人科で本当にやりたい仕事ができますよ。

    ・総合病院と個人病院での働き方の違いについて

     

    総合病院と個人病院は一見同じような施設ですが、そこで求められる看護には違いがあるため注意が必要です。
     

    総合病院や大学病院のような最先端の設備が整っている病院では、妊婦さんの緊急出産や帝王切開などを扱っているため、高度で専門的な知識や技術が求められます。
     

    一方個人病院では帝王切開が必要な患者さんやハイリスクな妊婦さんは、大きな病院に転院してもらう場合が多いです。
     

    さまざまな症例の経験を積みたいと考えている人は、総合病院など大きな職場を選ぶことが重要ですね。

    ・クリニックの仕事内容とは?

     

    クリニックは夜勤がないことから、転職先として選ぶ人は多いです。
     

    たしかに消化器科や皮膚科などの一般的な診療科のクリニックでは、入院設備がないため夜勤はありません。
     

    しかしお産を取り扱う産婦人科では入院設備が整っていることが多く、

    クリニックの看護師でも夜勤に入らなければならないので注意が必要です。
     

    夜勤のない職場で働きたい方は、お産を取り扱っていない産婦人科や不妊治療専門のクリニックのようなところを選んでください。

    ③産婦人科看護師への転職活動を成功させるには?

     

    産婦人科看護師の就職先は、
     

    • 大学病院
    • クリニック
    • 助産院


     

    などさまざまです。
     

    転職活動を成功させるにはこの選択肢の中からあなたにぴったりの職場を見つけることが必要ですが、なかなか希望どおりの求人を見つけることができずに悩んでいる方もいると思います。
     

    そのような人は転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか?
     

    専門的な知識を持ったスタッフが転職活動をサポートしてくれるので、仕事をしながらでも無理なく職場探しができますよ。
     

    費用もかからないため転職活動にお困りの方は、気軽に始めてみるのもいいかもしれません。

    3.産婦人科に転職するメリットについて

     

    やりがいと充実感のある仕事ができるというメリットがあることから、産婦人科へ転職したいと考える人は多いです。

    ①生命誕生という素晴らしい瞬間に立ち会える

     

    産婦人科で働くメリットは、何といっても生命誕生の素晴らしい瞬間に立ち会えることだと思います。
     

    出産という幸せな瞬間を患者さんやそのご家族と共有できるため、忙しい仕事でも楽しく続けられるはずです。
     

    喜びと充実感にあふれる職場であなたの看護師としてのスキルを活かしてくださいね。

    ②メンタル面のサポートができる

     

    産婦人科では入院中のケアだけでなく、メンタル面でのサポートも重要な役割の1つとなっています。
     

    婦人科疾患の患者さんが子宮や卵巣に何らかの腫瘍ができた場合、病気をこれ以上進行させないように女性器を摘出する場合も少なくありません。
     

    これらの臓器を取り除くと、ホルモンバランスに乱れが生じ精神が不安定になるだけでなく、喪失感から落ち込むケースもあるため、患者さんが立ち直れるよう精神面のサポートをしていくことが求められています。
     

    みなさんも産婦人科で働いて、患者さんに対して思いやりのあるケアを提供できる看護師を目指してみてはいかがでしょうか?

    ③産婦人科に関する高度な知識を習得できる

     

    産婦人科では出産以外に、
     

  • 新生児のケア
  • 不妊治療のサポート
  • 婦人科系疾患の看護
  • 中絶手術の介助
  •  

    などの業務を行なっていることから、幅広い分野の看護を学べます。
     

    産婦人科では妊婦さんや生まれたての赤ちゃんだけでなく、ターミナル期の患者さんもケアの対象であるため、それぞれに適した看護を提供していかなければなりません。
     

    学ばなければならないことがたくさんあるので大変な仕事かもしれませんが、産婦人科での知識や技術を自分のものにできれば看護師として確実にレベルアップできますよ。
     

    今よりもさらに多くのことを学びたい方は、産婦人科で色々な経験をしてみるのもポイントです。

    ・実施できる業務に制限があるというデメリットも……

     

    産婦人科では助産師も働いているため、看護師が産科の仕事に関われない場合があります。
     

    産科業務を中心に行っていきたいと考えている方は、慎重に職場探しを行わなければなりません。
     

    看護師よりも助産師の方が重宝されるところもあるので、求人先がどのような方針のもと仕事をしているのか確認しておくのが大切です。
     

    自分の希望とする仕事ができるように、納得いくまで職場探しを行ってくださいね。

    産婦人科の看護師になって出産をサポートしよう!

     

    産婦人科では妊娠・出産に関する知識だけでなく、

    婦人科疾患に関する看護も学べる診療科だとわかりました。
     

    他の診療科と違い、産婦人科は患者さんと喜びを分かち合える職場です。
     

    しかし妊娠・出産は必ずしも安全に行われるわけではないので、産婦人科の看護師には高度で専門的な知識が求められています。
     

    みなさんも妊婦さんが安心して赤ちゃんを迎えられるようなサポートをするために、産婦人科看護師として働いてみてはいかがでしょうか?