一般病棟で患者さんの身体面のケアに関する技術や知識を習得すると、今度はメンタル面の看護を学びたい気持ちになる人がいると思います。
 

そこで考えるのが精神科への転職です。
 

精神科は特殊な病棟であることから、「つらい」「大変」「きつい」といったイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか?
 

心のケアという目には見えない治療を行うため、

精神科に関する高度で専門的な知識がなければ転職するのは難しいかもしれません。
 

しかし患者さんのことを第一に考えたケアを提供していきたい思いがあれば、誰でも素晴らしい精神科の看護師になれるはずです。
 

ここではみなさんが精神科で生き生きと働けるように、精神科看護師の実際の仕事についてお話ししていきます。

 

1.精神科の看護師になるには?

 

精神科で行われる治療や必要とされる知識は他の病棟とは異なります。
 

スムーズに仕事を始められるように、精神科についての正しい知識を持っておくのが大切です。

①精神科の特徴とは?

 

精神科を受診される患者さんは、
 

  • うつ病
  • 躁うつ病
  • 統合失調症
  • 拒食症
  • 過食症
  • PTSD
  • パニック障害
  • アルコール
  • 薬物依存
  • 認知症
  •  

    などの疾患を持っており、近年では入院患者さんの数は減っているものの精神疾患の方は増えている現状があります。
     

    現代社会に生きる私たちが、いかにストレスにさらされながら生活しているかがわかりますね。
     

    みなさんも精神科への転職活動を始めることで、病気で苦しんでいる方がその人らしい生活を送れるようにサポートできる看護師を目指してください。

    参考:厚生労働省 知ることから始めよう みんなのメンタルヘルス

    ②看護師の仕事内容とは?

     

    精神科看護師の仕事内容には、
     

  • 薬の管理
  • 日常生活のサポート
  • バイタルチェック
  •  

    などがあります。
     

    特に薬の管理は精神科看護師の重要な役割の1つです。
     

    薬は精神疾患の症状を抑えるためになくてはなりませんが、病気が原因で服薬をきちんと行わない患者さんもいます。
     

    医師の指示どおりに内服ができていないと、状態がどんどん悪化してしまうケースもあるので、患者さんにとって1番身近な存在である看護師がしっかりと管理しておくのが必須だと言えますね。

    ・リエゾンナースの役割とは?

     

    リエゾンナースとは精神科に関する専門的な知識を持った看護師のことです。
     

    リエゾンは「橋渡し・連携する」といった意味を持っており、

    患者さんやそのご家族・医療関係者を繋げる役割を果たしています。
     

    専門看護師や認定看護師の資格を取ればリエゾンナースとして病棟で活躍できるため、みなさんも資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?
     

    病院独自のプログラムでリエゾンナースの支援を行なっているところもあるので、自分に合った就職先を選択しキャリアアップを目指してください。

    参考:清水病院看護部

    ③精神科の仕事はきつい?

     

    精神科は特殊な診療科というイメージから、仕事が大変だと考える方も多いと思います。
     

    精神科の看護業務に特別難しいスキルは求められませんが、病気の症状により他者とのコミュニケーションがうまく取れなかったり、看護師に敵意を抱いたりする患者さんもいるのでケアが難しい場面が多いです。
     

    自分が良かれと思ってした行動が、かえって暴力や暴言の引き金になってしまうケースもあり、一般的な看護師としてのやりがいや喜びを実感しにくい職場かもしれません。
     

    こういった現状から、精神科看護師の仕事はきついと感じる人もいるのです。

    ・男性看護師の需要は大きい

     

    精神科病棟では暴力や暴言など、一般病棟ではあまり見かけないようなものがよく起こります。
     

    看護師は冷静にこれらに対処する必要がありますが、女性看護師だけで暴れ回る患者さんを相手にするのは難しいですよね。
     

    そこで頼りになるのが、男性看護師の存在です。
     

    屈強な男性であれば、不穏状態の患者さんや危険な状態の患者さんにも適切に対応してくれるため、どこの精神科病棟でも男性看護師は重宝されます。
     

    精神科への転職を考えている男性は自分に期待されている役割についてきちんと理解しておくのがポイントです。

    2.精神科の看護師に転職するメリットとは?

     

    転職活動を始める前に、精神科の看護師に転職するメリットについて知っておくことが必要です。

    ①些細な変化を見逃さない観察力を養える

     

    同じ精神病でも原因や症状の現れ方が違うことから、精神科の看護師には患者さん一人一人の問題をしっかりとキャッチする能力が求められています。
     

    些細な変化を見逃さない鋭い観察力を習得できれば、精神科だけでなくどこの病棟で働いても活躍できる看護師になれるはずです。
     

    みなさんもスキルアップを目指して、精神科への転職を検討してみるのもいいですね。

    ・医療行為をあまり経験できないというデメリットがある

     

    転職すれば精神科看護のスキルを伸ばせるメリットがある反面、創部の処置や観察・検査の介助といった基本的な医療行為を実施する機会はほとんどないです。
     

    そのため精神科では、

    看護師のベースとなる技術や知識を十分に習得できないというデメリットがあります。
     

    精神科看護師を一生の仕事とするならば問題はありませんが、他の病棟への異動も考えている人は注意してください。

    ②チーム医療を学べる

     

    患者さんのQOL向上を目的として医療従事者が連携して働くのがチーム医療であり、個別性に合ったケアを提供するためには不可欠なものです。
     

    精神科では、
     

  • 医師
  • 作業療法士
  • 薬剤師
  • 訪問看護師
  • 臨床心理士
  • 栄養士
  • 精神保健福祉士
  •  

    などと一緒になって働く機会が多くあります。
     

    地域に戻っていく患者さんが安心して生活できるように、他職種としっかり情報共有しサポートしていくことが重要です。
     

    チーム医療ではそれぞれの分野の高度なケアに触れられるため、看護師として成長できる絶好の機会と言えます。
     

    さまざまな医療従事者の助けが必要となってくる精神科で働き、

    チーム一丸となって質の高い医療を提供していくのもいいかもしれませんね。
     

    「1人ではなくみんなで患者さんのケアを行なっていこう!」という気持ちを大事にして精神科で働いてみてはいかがでしょうか?
     

    参考:チーム医療推進協議会

    ③子育て中のお母さんやブランクあり看護師でも安心して働ける

     

    子育て中のお母さんは、お子さんの保育園のお迎えの時間があったり、家に帰ったら家事をしなければならなかったりするため、なるべくなら残業はしたくないと考えている人が多いです。
     

    看護師には残業がつきものといったイメージがあると思いますが、精神科では基本的に残業はあまりなく定時で帰れるという特徴があります。
     

    子育て中のお母さんでも安心して仕事を続けられる環境ですね。
     

    精神科は他の診療科よりも医療行為を行う機会は少ないので、自分のスキルや知識に不安を感じているブランクあり看護師にとってもぴったりな職場です。
     

    お子さんとの時間を大切にしたい方・看護師の勘を取り戻したい方は、精神科への就職を考えてみてください。

    3.精神科看護師の求人探しのポイントとは?

     

    看護師としてより良い職場を見つけるためにどのような点を抑えておくべきなのかを次に説明していきます。
     

    ①病院かクリニック、就職先の選択は慎重に行おう

     

    精神科看護師の職場は、
     

  • 急性期病棟
  • 慢性期病棟
  • 開放病棟
  • 閉鎖病棟
  • 認知症病棟
  • デイケア
  •  

    上記が挙げられます。
     

    同じ精神科の仕事でもこれらには異なった特徴があるため、それぞれの病棟で求められていることは何かを知っておくのが重要です。
     

    「精神科で働ければ、どんな病棟でも構わない!」とあまり深く考えずに転職してしまうと、思い描いていた仕事ができずにつらい思いをしてしまいかねません。
     

    1つの職場で長く働くためにも、就職先選びを徹底的に行うのが大切ですね。

    ・スーパー救急病棟という選択肢もある

     

    急性期の患者さんへの対応を目的とした「スーパー救急病棟」で働くことも選択肢の1つです。
     

    ここではより高度で専門的な治療を行うことを目的としており、最新の設備やプロフェッショナルな医療スタッフが配備されています。
     

    自分の看護のスキルを試してみたいと考えている人にはピッタリの職場ですね。
     

    精神科で最先端の治療に関わりたい人は、スーパー救急病棟への就職も視野に入れた転職活動を行ってみてください。
     

    参考:医療財団法人厚生協会 東京足立病院

    ②お給料はどのくらいもらえるの?

     

    精神科の看護師は高収入なイメージがありますが、転職サイトを見てみると年収は450万円前後のところが多いです。
     

    残業や難しい仕事がほとんどない環境だということを考慮すると、生活していくには十分なお給料と言っていいかもしれません。
     

    精神科では看護師に危険が及ぶ場面が少なくないため、危険手当が支給されるケースもあります。
     

    高いお給料や良い待遇は働く上でのモチベーションに繋がりますよね。
     

    危険手当は病院によって金額が違うので、就職先に事前に確認を取るのがポイントです。
     

    ・パートの時給はどうなっているの?

     

    パートやアルバイト先に精神科を選ぶ人も珍しくないですが、どのくらいの収入があるのか転職前に知っておきたい方もいると思います。
     

    求人サイトによると、日勤のパートやアルバイトの時給は1500円前後です。
     

    夜勤のバイトの場合だと1回3万円前後ももらえるため、Wワークを検討している人には最適な仕事と言っても過言ではありません。
     

    精神科は業務負担が少なく残業もほぼないため、家庭と仕事を両立させたい方や日中の時間を自由に使いたい方は、パートやアルバイトといった働き方を選択してみるのもいいですね。

    ③未経験の人でも精神科の看護師になれる?

     

    精神科看護師の主な業務は日常生活援助であり、

    他の診療科と違って難しい医療行為を行う機会はほとんどないです。
     

    未経験の人でも基本的な手技や知識が身についていれば、即戦力として十分に活躍していけますよ。
     

    もちろん中には「せっかく精神科で働くなら、一からきちんと専門的なケアや知識を学びたい!」と考える人もいると思います。
     

    このような方は大学病院や総合病院などの研修体制が整っている職場を選択してみてはどうでしょうか?
     

    精神科に関する高度な看護を習得するために、求人先のリサーチを徹底的に行ってください。

    魅力的な仕事ができる精神科看護師になろう!

     

    精神科看護師の仕事は非常にやりがいのある魅力的なものだとわかりました。
     

    採血や点滴のような一般的な技術だけでなく、患者さんとの人間関係を構築するためのコミュニケーション能力も精神科では非常に重要です。
     

    一般病棟では問題なく仕事をこなせていても、心のケアを取り扱う精神科では今までのように仕事ができず、苦しい思いをすることもあるかもしれません。
     

    しかしどんな時でも、患者さんに寄り添う気持ちさえ忘れなければ素晴らしい看護を提供できるはずです。
     

    みなさんも素敵な精神科看護師になるために、今までとは全く違う分野の仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか?