今の職場よりもっと自分らしい仕事ができる場所で働きたいと考えて、転職活動を始める看護師さんは多いです。
 

看護師は他の業種よりも比較的採用されやすい印象がありますが、人気の病院や希望とする職場に採用されるには志望動機を明確にしておく必要があります。
 

良い志望動機にはあなたの人柄だけでなく、転職への熱い思いも詰まっているので、志望動機が採用を左右する鍵といっても過言ではありません。
 

転職活動を成功させるためにも志望動機とは何かを改めて考えてみてはどうでしょうか?
 

ここではみなさんが看護師として成長できる職場で働けるように、志望動機の書き方の基本や例文について紹介していきます。
 

1.志望動機を書く前に押さえておくべきポイントとは?

 

働きたい職場が見つかったからといって、すぐに履歴書や志望動機を書き出すのはあまり良くないです。
 

志望動機を書く前に押さえておくべき注意点がいくつかあります。

①そもそも志望動機ってどんなことを書くの?

 

志望動機は履歴書や面接において必ず聞かれる必須項目です。
 

「なぜ自分がその病院で働きたいのか」という理由が明確になっていないと人を惹きつけられるようなものが書けず、十分にアピールできません。
 

志望動機が曖昧なまま転職先を探しまわった結果、立て続けに不採用になってはモチベーションも下がってしまいますよね。
 

転職を考えている人はまずは志望動機をしっかり書けるように対策するのが大切です。

・自己PRとの違いはなに?

 

志望動機と自己PRの違いがよくわからない人は意外に多いと思います。
 

志望動機は、
 

  • 入職後どのような仕事をしたいのか
  • 職場でどのような存在になっていきたいか
  •  

    など主観的な内容を書くものです。
     

    一方自己PRは、
     

  • 今までどのような経験をしてきたか
  • どのようなスキルを持っているか
  • 自分のセールスポイントは何か

  •  

    といったことを客観的にアピールすることを言います。
     

    志望動機が会社に対する思いを書くのに対し、自己PRは自分自身にスポットを当てて書いていくという大きな違いがあることがわかりますね。
     

    それぞれに求められている内容を意識して志望動機の作成に取り組むのがポイントです。

    ②職場についての情報を把握しよう

     

    志望動機を作成する前に、職場についての抜かりないリサーチが必要になってきます。
     

    具体的には、
     

  • 看護部の方針
  • 看護師の教育制度や研修について
  • 働いている看護師の特徴
  • 経営理念や経営方針
  • 病床数
  • 患者数
  • 手術件数
  • 医療技術、医療機器はどのようなものを使っているか
  • 力を入れている診療科はどこか
  •  

    といったものが挙げられます。
     

    どれも知っておかなければならない情報ですが、たた単にホームページに記載されてある言葉を志望動機にそのまま引用しても意味はありません。
     

    得た情報から自分がなぜその病院・診療科で働きたいのか、どのような看護師になりたいのかをよく考えてあなたなりの言葉でまとめることが重要です。
     

    しっかりとした情報収集のもと作られた志望動機には説得力があります
     

    地道な作業ですが転職活動を成功させる鍵とも言えるので、この部分をおろそかにせず行なってくださいね。

    ・知り合いから情報収集することも有効!

     

    情報収集はインターネットで検索する以外に看護師の知り合いからの生の声を聞くのも有効です。
     

    病院であれクリニックであれ、実際その職場で働かないと見えてこない部分はたくさんあります。
     

    現役看護師から話を聞くことはネットには載っていないような有益な情報を得る大変貴重な機会になりますよ。
     

    みなさんも転職したい職場で働いている人を友人や同僚などに紹介してもらい、気になる情報を聞き出してみてはいかがでしょうか?

    ③自己分析を徹底的に行おう

     

    自己分析は志望動機だけでなく履歴書や面接時にも非常に役立つので、転職前にきちんと押さえておくべき項目です。
     

    一見大変な作業ですが、難しく考える必要はありません。
     

    今までの人生を振り返り、
     

  • 自分とはどんな人なのか?
  • 長所と短所はなにか?
  • どのような看護師になりたいのか?
  • 人生における印象的なエピソード
  • 今までどんな経験をしてきたか?(学生時代や病院時代をとおして)
  • どのようなスキルを持っているか

  •  

    といったことを明確にしていけば良いのです。
     

    志望動機や面接でなぜか詰まってしまうということもありますよね。
     

    なんの手がかりもなしにとりあえず書き始めたものの、一向に進まないことも多いかもしれません。
     

    そんな場合でも、自分がどんな人なのかを相手に説明できるようになるまで自己分析しておけば焦らずに落ち着いて回答できるようになります。
     

    まずは一度自分自身と向き合う時間をとってみるのが大切です。

    2.志望動機の書き方とは?

     

    採用担当者の心を惹きつける志望動機には、いくつかの押さえておきたい項目があります。

    ①履歴書全体で一貫性を意識する

     

    志望動機は転職活動の鍵を握るものです。
     

    人々の心に響くようなものを書くのはもちろん必須ですが、志望動機だけ素晴らしく書き上げても意味はありません。
     

    採用担当の方は履歴書全体を通してあなたという人を判断しているため、一貫性がない履歴書だとマイナスなイメージを持たれてしまう可能性もあります。
     

    病院に本気度が伝わるように、経歴や長所短・自己PRなどの部分と志望動機が矛盾しないように意識して作成してくださいね。

    ②志望動機を書くときは3つのステップを意識しよう

     

    良い志望動機を書くには、
     

    1. 過去:これまでの病棟経験と転職に至った理由

    2. 現在:病院のどの部分に魅力に感じたか

    3. 未来:入職後どんな看護師になりたいか

     

    この3つのステップを意識することが必要です。
     

    簡単なステップとはいえ、時間の流れに沿った説明というのは気持ちの変化や動きが見えますし、平たんな文章になることはありません。
     

    初めて志望動機を見る人にもわかりやすい文章にするために、この流れに沿って構成すると格段に作成しやすくなりますよ。
     

    文章を書くのが苦手で自分には難しいという人もいると思いますが、良い文章を書こうと意気込み過ぎず、まずはありのままの思いを書き出してみることから始めてみてはどうでしょうか?
     

    その病院で働きたいという気持ちを大事にして、あなたらしい志望動機を書くのが転職活動を成功させるコツです。

    ③文章の書き方で注意すべき点とは?

     

    志望動機を作る前に、文章の書き方を押さえておくのが必須です。
     

    最低限知っておいてほしいこととして、
     

  • 分量は150~250文字程度
  • 敬語で書くこと
  • クリニック場合は貴クリニック、病院の場合は貴院と記載する
  •  

    このようなものが挙げられます。
     

    文章量は履歴書のスペースによっても多少異なりますが、詰め込み過ぎて文字が小さくなったり内容が薄くなったりしないように注意が必要です。
     

    文体に関しても気を付けなければならない点があります。
     

    普段から書くことに慣れていない人にありがちなミスとして「である調」と「ですます調」が混合した文章を書いてしまうケースが見受けられますが、原則的に一貫して敬語で書くように心掛けてくださいね。
     

    病院やクリニックに対しても正しい書き言葉を用いることが求められています。

    ・ネガティヴなことはなるべく書かないようにしよう

     

    志望動機では、ネガティブな内容のものは記載しないようにするのが重要です。
     

    後ろ向きな内容はどんな事情があるにせよ良い印象は持たれないため、志望動機を書く際は気を付けなければいけません。
     

    面接官や採用担当の人などが嫌な気持ちにならないように、明るく前向きな表現を忘れないことが大事です。

    3.職場別志望動機のポイントと例文をご紹介!

     

    いざ志望動機を書こうと決意しても、なかなかペンが進まない人もいると思います。
     

    みなさんが自分なりの志望動機を書けるように、職場別の志望動機の例文について次に紹介していきます。

    ①急性期病棟の志望動機の書き方とは?

     

    急性期病棟への転職を考えている人は、
     

  • 看護師としてスキルアップしたい気持ちをアピールする
  • その病院ならではの特徴(手術件数や器械など)を盛りこむ
  • 前向きで元気な印象を持たれるように意識する
  •  

    これらを踏まえて志望動機を書くのがコツです。
     

    以上の点を意識した例文は、次のようになります。
     

    私は慢性期病棟で5年間勤務してきましたが、急性期の分野での看護技術や知識を身につけたいと考え、看護師育成に力を入れている貴院を志望いたしました。

    急性期病棟は重症の患者さんも多く非常に責任の重い仕事ですが、貴院で働かさせていただければ看護師として確実にスキルアップできると考えます。院内研修や勉強会に積極的に参加し、貴院や患者様にとって欠かせない存在になれるように成長していきたいと思っております。

     

    なぜその病院でないとダメなのか、どのような看護師になりたいのかを書くのが必須ですが、志望動機には正解はないので、あなたらしさを忘れずにオリジナリティーのあるものを作成してみてはどうでしょうか?
     

    誰にでも書けるようなテンプレートな文言と違い、独自の理念があると病院側に伝われば採用にグッと近づけますよ。

    ②慢性期病棟の志望動機で外してはいけないポイント

     

    慢性期病棟で働きたい方は、
     

  • なぜ慢性期病棟で働きたいと思ったか
  • どんな看護師になりたいか
  • 患者さんのQOL向上のためのサポートがしたいという気持ち
  •  

    といったことを意識して志望動機を書くのが求められています。
     

    これらを踏まえ作成した志望動機は、
     

    現在急性期病棟で働いていますが、もっと患者さん一人一人と向き合った看護を行いたいと考え、慢性期病棟に力を入れている貴院で働くことを志望しております。

    貴院は地域に帰ってからも患者様が安心・安全に暮らせるように入院中から退院後を見据えたケアを提供しています。私もこのような病院で働かさせていただくことで、患者様が笑顔で生き生きと地域で暮らしていくための支援ができる看護師になりたいと考えます。

     

    といったものです。
     

    慢性期の患者さんは長く入院されている方がほとんどであることから、看護師の心温まるケアを待っています。
     

    あなたが持っている優しい気持ちが志望動機からも伝わってくるような文章を作成してみてくださいね。

    ・ブランクあり看護師の志望動機とは?

     

    結婚や出産・職場でのトラブルなどが理由で看護師の仕事から離れる人は多いですが、もう一度看護師の仕事がしたいと考え職場復帰を目指す方も中にはいると思います。
     

    看護師不足が進んでいるとはいえ、ほとんどの職場では即戦力を求めているためブランクあり看護師の再就職は難しいケースも少なくないです。
     

    ではブランクあり看護師の志望動機はどのようなことに着目すればいいのかというと、
     

  • やる気と熱意
  • 1から学び直す覚悟
  •  
     

    この2点をアピールするのが特に重要になってきます。
     

    以上を考えたときに最適となる例文は次のとおりです。
     

    出産を機に看護師の仕事から離れておりましたが、子育てがひと段落したことから復帰を決意しました。今までは急性期病棟で働いていたため、同じような仕事ができる貴院で働きたいと考えております。

    現場から離れて数年経つので職場復帰に多少の不安はあります。しかし、ブランクあり看護師に対しての教育体制が整っている貴院で働かさせていただければ、勘を取り戻せるだけでなく、スキルアップすることもできると考えます。自分で学んでいく姿勢を忘れずに多くのケアを吸収していくことで、患者様だけでなく貴院にとっても欠かせない存在になりたいと思います。

     

    具体的な例として挙げましたが、採用担当の人にも「この人ならブランクがあっても、仕事を安心して任せられる!」と思ってもらえる志望動機を書くと採用に結びつきやすいですよ。
     

    ブランクあり看護師は即戦力にはなれないので、とにかくやる気をアピールした志望動機を作成するのがポイントです。

    ③どうしても志望動機が書けない人は……

     

    志望動機を書いてはみたものの、どうしてもうまく思いを伝えられない人もいると思います。
     

    このような人は、転職エージェントに相談してみるのも良いかもしれません。
     

    「転職エージェントって、求人情報を教えてくれるだけじゃないの?」と不思議に感じる人もいると思いますが、転職エージェントは志望動機や履歴書の書き方、面接対策など転職に関することであればなんでも力になってくれる頼もしい存在なのです。
     

    1人で悩んでいる人や転職活動がなかなかうまく進まない人は、看護師転職サイトに登録し転職のプロからの的確なアドバイスをもらってみるのをおすすめします。
     

    魅力的な志望動機を書くことが採用への近道!

     

    志望動機と一言にいっても、実は奥深く、書き方の要点を知っておかないと良いものが書けないことがわかりました。
     

    志望動機はあなたがその病院に対してどれだけの思いを持っているのかを知らせるものであり、これがしっかりできていないと就職活動もうまくいきません。
     

    転職活動において大きな鍵を握る志望動機ですが、採用されるような志望動機を書ける気がしないと不安に感じていた看護師さんもいると思います。
     

    そんな人でも今回お話ししたことを踏まえ、自分なりの言葉で気持ちを伝えられるような志望動機を書ければ大丈夫です。
     

    みなさんも自分が希望とする職場で働けるように、あなただけの素敵な志望動機を作ってみてくださいね。