看護師は学校を卒業後、病院に就職して内科や外科などの一般的な診療科で看護の技術や知識を磨く方が多いですが、一通りの経験を積みスキルに自信がつけば、自分の希望する分野で働きたいという希望を持つようになる方もいると思います。
 

また看護師の活躍の場は病院だけでなく、
 

  • クリニック
  • 介護施設
  • 一般企業
  • 地方自治体
  •  

    など様々ですが、中でも歯科への転職を検討する方が最近増えてきています。
     

    「看護師でも歯医者さんで働けるの?」
     

    と疑問に感じる方もいると思いますが、歯科でも看護師の専門性の高いケアが必要とされているのです。
     

    みなさんも今まで培ってきた経験を新しいフィールドで活かしてみてはいかがでしょうか?
     

    充実した歯科看護師として一人でも多くの人が働けるように、仕事内容や転職のコツについてお話ししていきます。
     

    1.歯科で働く看護師の役割とは?

     

    歯科医看護師の仕事をしたくても、
     

    実際にどのような業務を行うのか不明な点も多いはずです。
     

    ここでは歯科で働く看護師に何が必要かについて解説していくので参考にしてください。

    ①歯科看護師ってなに?

     

    歯科で働く人は歯科医の他に歯科衛生士や歯科助手などがいますが、看護師も必要とされている人材の一人です。
     

    特に大病院にあるような歯科や口腔外科の場合だと看護の技術が欠かせません。
     

    口腔外科だけでなく歯科でも手術が必須となるケースが少なくなく、手術中の管理や入院中の看護ケアを行うのが歯科看護師に求められているのです。
     

    一般病棟で働いている方にはあまり馴染みがないかと思います。しかし今まで培ってきた技術を活かす機会も多くあるため、歯科看護師への転職を検討してみてはいかがでしょうか?

    ②仕事内容について

     

    歯科看護師の仕事内容は、
     

  • 手術中の患者さんの管理
  • 点滴
  • バイタル測定
  • 注射
  • 入院中の身の回りのお世話
  • 手術の説明
  •  

    上記が挙げられます。
     

    口腔内に特化した看護技術以外には、他の診療科の看護師と仕事内容は変わらないというのがわかりますね。
     

    「歯科で働くのは初めてで、やっていけるか不安……。」
     

    と感じている方もいると思います。
     

    しかし歯科に関する知識を身につけさえすれば、今まで培ってきたスキルを活かし働くことは十分にできます。
     

    転職をためらっているみなさんも、思い切って新しい分野に飛び込んでみるのも良いですね。

    ・病院と働き方に違いはある?

     

    病院で働く場合と歯科クリニックで働く場合の大きな違いとして、入院患者さんがいるかどうかが考えられます。
     

    街の歯科クリニックの場合、入院が必要なケースの患者さんは大学病院などに紹介してしまうので、そこまで高度化看護師のスキルが求められません。
     

    むしろ歯科助手のように歯科医のサポートに徹するのが多く、自分の知識や技術を患者さんに提供する場面は少ないため、今までのような専門性の高い仕事ができない状況も考えられます。
     

    充実した仕事を行えるように、自分がどのように働きたいのかをよく考てから転職をするのがポイントではないでしょうか?

    ③歯科で働くために必要なスキルとは?

     

    歯科クリニックの場合看護師のスキルを発揮する機会がほとんどなく、歯科衛生士や歯科助手などから直接指導を受けることでスキルを習得する必要があります。
     

    「今までの経験が無意味になってしまう!」と考える人もいると思いますが、歯科のスタッフにはない視点で患者さんに関わるのが歯科看護師の役割の1つと言えますね。
     

    あなたの持っている専門性の高い看護ケアに加え新たな技術を習得をしていくことで、より良い歯科看護師になれますよ。

    2.歯科看護師の仕事の実際

     

    歯科看護師の仕事の実際を知ることで、転職後の働き方をイメージできるかと思います。
     

    歯科で働くメリット・デメリットなどをお話ししていきますので、求人探しの参考にしてください。

    ①夜勤がないから自分の時間を持てる

     

    長期間の入院を必要とする患者さんの対応をする口腔外科以外では、治療は日帰りのケースもめずらしくなく、看護師につきものの夜勤がない場合が多いです。
     

    夜勤がないため友人や家族と過ごす時間をしっかり確保できます。
     

    プライベートを充実させたい方にはぴったりの職場ではないでしょうか?
     

    さらに夜間働かなくて良いことから、体への負担が少ないと言えますね。
     

    夜勤のある生活に疲れを感じている方、自分の時間をもっと有意義に使いたい方は歯科看護師への転職を検討してみるのも大切かもしれません。

    ・収入が下がるデメリットも……

     

    看護師は高収入のイメージがあるかと思いますが、それは夜勤手当がついているからです。
     

    歯科看護師のほとんどは夜勤がありません。そのため転職すると収入が下がるという可能性があることを理解しておく必要があります。
     

    また入院患者さんを取らないような一般歯科やクリニックの場合、病院ごとに給与や雇用形態が異なっているので、求人の募集要項をしっかりチェックしてください。
     

    たとえば看護師の資格を持っていても、歯科助手で雇用されるケースもあります。
     

    この場合資格手当が不十分なケースもあり、転職の際には注意がいるポイントです。
     

    「歯科看護師になりたいけど、お給料が下がるのはちょっと……。」
     

    という方は、夜勤のある歯科や口腔外科で働くことを考えてみるのも良いですね。
     

    歯科の専門的なスキルを身につけられるだけでなく、給料も今までと変わらないだけもらえる施設もあります。
     

    何を目的とし働くのかをよく考え、就職先探しをするのが重要ではないでしょうか?

    ②看護師以外のスキルも必要

     

    歯科に勤めると注射や点滴以外のスキルも必須となってきます。
     

    たとえば歯科用のセメントを練ったり、歯型を取ったりなどの歯科ならではの作業を任されることもあるため、新たな技術を習得していく姿勢が必要です。
     

    看護師のスキルを十分に発揮できないこともあるので、物足りなさを感じる人もいるかと思いますが、歯科看護師として働きたければ新たなスキル習得は避けては通れません。
     

    患者さんを第一に考え、技術や知識を深められるように行動していくのが求められています。

    ③どんな人に歯科看護師は向いている?

     

    歯科看護師は夜勤がない場所がほとんどであり、仕事と家庭を両立させたい方には向いている職業です。
     

    資格取得に時間を当てたい方やお子さんとの時間を大切にしたい方は、歯科への転職を検討してみるのも良いですね。
     

    歯科看護師は一般病棟よりも命に関わるような重大な処置に関わるケースが少なく、精神的にゆとりを持って仕事をすることができるというメリットもあります。
     

    今の職場環境が自分にあっているかどうか一度考えてみるのも必要かもしれません。

    3.歯科への転職を成功させるポイントとは?

     

    歯科という新しい職場へと転職するために知っておくべきいくつかのポイントがあります。
     

    より良い求人を見つけるために何に気をつけたら良いのでしょうか?

    ①就職先選びを慎重に行う

     

    歯科看護師の求人は、
     

  • 歯科クリニック
  • 総合病院や大学病院の歯科
  • 総合病院や大学病院の口腔外科
  •  

    の3つが考えられます。
     

    歯科クリニックとそれ以外では、病気や看護ケアの内容が異なってくるので、自分に合った就職先選びを慎重に行うことが重要です。
     

    歯科クリニックの場合は、歯科助手のような歯に特化した技術が求められます。
     

    一方、それ以外の施設では看護師としてのスキルが必要とされるのが多いです。
     

    自分が理想とする歯科看護師の仕事とは何か、提供したい技術はどのようなものかということをよく考え、転職先を見つけてくださいね。

    ②資格を取得しておく

     

    歯科看護師を目指すにあたり、歯科助手の認定資格や歯科衛生士の国家資格を取得しておくことで、より専門性の高い処置を実施できます。
     

    歯科衛生士は国家資格であり学校に通うのが必須ですが、歯科助手の資格は民間のものであるため、比較的短期間での取得が可能です。
     

    まずは歯科助手の資格を目指し歯科に関する知識を身につけておくと、転職活動にも有利に働きますよ。
     

    歯科看護師の仕事を続けたい気持ちのある方は、資格取得を視野に入れて行動してみてはいかがでしょうか?

    参考:一般財団法人 日本医療教育財団 歯科助手技能認定

    ③求人サイトやエージェントを利用する

     

    歯科看護師で働きたくても求人があまり出ていないという現状があります。
     

    自分だけで転職活動を進めていてもよい就職先に中々巡り会えない人がいると思いますが、そのような場合は求人サイトやエージェントを利用することも大切です。
     

    非公開求人の情報や面接のコツについて、専門のアドバイザーが丁寧にサポートしてくれるので安心して転職活動を行えますね。
     

    あなたにぴったりな職場を見つけるためにも積極的に利用することが、転職を成功させる鍵かもしれません。

    今までの経験を活かせる職場で歯科看護師として働こう!

     

    歯科看護師と一言にいっても、働く職場が違えば求められる仕事内容やスキルは異なることがわかりました。
     

    みなさんの持っている技術や経験を存分に活かせる職場を探すことで、充実感のある毎日を過ごせるのではないでしょうか?
     

    歯科看護師になりたい方は、自分がどのような仕事をしたいのかを明確にし求人探しをするのが重要です。
     

    今よりももっと良い職場で働くために、積極的に転職活動を行ってみてくださいね。