看護師さんの活躍の場所はさまざまですが、多くの新卒看護師は病院に就職するケースがほとんどです。
 

病院と一言にいっても、総合病院や大学病院・クリニックといろいろな種類があるため、どのように職場を選んだら良いのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか?
 

働く上での希望は人それぞれですけれど、一人前の看護師になるためにまずは総合病院に就職するのをおすすめします。
 

総合病院にはたくさんの診療科があり、いろいろな疾患の患者さんのケアに関われるので、看護師として確実にスキルアップできますよ。
 

ここでは病院選びに迷っている人でも不安なく働けるように、総合病院の仕事について詳しくお話ししていきます。
 

1.総合病院の看護師の仕事がしたい!

 

総合病院で働く看護師さんはどのような仕事をしているのか、大学病院との違いもまとめてみました。

①看護師の仕事内容はどんなもの?

 

総合病院の診療科は、
 

  • 神経内科
  • 呼吸器内科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 腎臓内科
  • 小児科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 呼吸器外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 大腸・肛門外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 精神科
  •  

    などがあります。
     

    診療科によって行われる業務は微妙に異なるものの、どの場所でも患者さんが安心安全な入院生活を送れるように日常生活援助や状態管理などのサポートをするのが基本です。
     

    私が働いていた病棟は高齢の患者さんが多かったことから、オムツ交換や清拭などの日常生活援助がメインの仕事でした。
     

    おかげで他の病棟よりも清潔ケアに関する基本的なスキルを磨けましたが、働く病棟によって習得できるスキルに違いがあるので、自分がどんな看護師になりたいのかを考えたうえで職場選びをしてみてください。
     

    ②大学病院との違いはなに?

     

    総合病院では点滴や採血などの基本的な仕事は看護師の業務になっていますが、大学病院では研修医の仕事となっているので、どちらを選ぶかによって身に付けられるスキルに違いが出てきます。
     

    患者さんの受け入れ態勢にも違いがあり、大学病院は3次救急まで対応していることから、重症度の高い患者さんが運び込まれてくるケースもめずらしくありません。
     

    全身状態の管理が難しい患者さんのケアを日々行なっているので、高度で専門的なスキルを身につけたい方は大学病院で働くほうが断然有利です。

    ・総合病院だと基礎的なスキルしか身につかない?

     

    一方総合病院の場合3次救急ではないところも多いため、命の危険に関わるような患者さんと接する機会が少ない場合があります。
     

    総合病院だと基礎的な技術が身につく反面、重篤な患者さんへのケアを提供する場面が少ないというデメリットが出てくるのは避けられません。
     

    このように総合病院と大学病院には様々な違いがありますが、自分がどのような経験を積んでいきたいのかをよく考えた上で、職場選びをするのが大切です。

    ・クリニックでは異なった看護が求められる!

     

    看護師の職場は病院だけでなくクリニックもありますが、クリニックの場合医療スタッフの人数や病床数に決まった規定がなく、個人で開業しているところが多いです。
     

    入院施設がないところも多く、重症な患者さんは提携している総合病院に紹介されることから、基本的には比較的症状の軽い人が対象になると思っていてください。
     

    どちらかというと病棟看護師の仕事よりも外来看護師の仕事に近いかもしれません。
     

    これから入院患者さんへのケアを提供していきたい人は、希望するクリニックに入院設備があるかどうかを事前に確認し、転職活動を行ってみてはどうでしょうか?
     

    2.総合病院を選ぶ決め手とは?

     

    総合病院を選ぶメリット・やりがいについて次にお話ししていきます。
     

    ①基本的な看護技術を習得できる

     

    総合病院にはさまざまな診療科があり、注射や点滴・導尿やオムツ交換などといった基本的な看護技術が行われています。
     

    先ほどもお話ししたように、総合病院の看護師の場合、大学病院だと医師が行うような業務を実施していることから、看護ケアに関する多くの技術を習得するのも難しくありません。
     

    私も総合病院で看護師をしていたのですが、大学病院の友人がルート確保をする機会があまりないと話していたのを聞いて驚いたことがありました。
     

    仕事が多くなるというデメリットはあるものの、医師よりも看護師が主体となって患者さんのケアに当たるため、多くの技術を習得した一人前の看護師になりたい人にはぴったりの職場になりますよ。
     

    ②地域の医療を担っている病院で仕事ができる

     

    総合病院で働く決め手に、地域の医療を担っている存在であることからという理由を挙げる人は少なくありません。
     

    自分の住んでいる地域の健康を守っている総合病院で働けば仕事へのやる気にも繋がりますし、誇りを持って業務にも取り組めます。
     

    やはり仕事をする上でやりがいというのは非常に大切なものなので、地域で暮らす人々のその人らしい生活を守りたいという希望を持っている方は、総合病院で働くといいかもしれません。
     

    同じ地元に住むという共通点があることから、患者さんとより親密になりやすく、個別性にあったケアを提供できるようになるのもメリットです。
     

    ③教育体制がしっかりしている

     

    総合病院は医療スタッフが毎年多く入職している職場です。
     

    新人看護師への教育体制や研修制度が整っているのはもちろん、新卒看護師にプリセプターは必ず付きますし、定期的に研修も行われるため看護師として確実に成長できる職場と言っても過言ではありません
     

    外部の研修や学会にも参加させてくれるので、病院では学べないような高度で最先端の医療に触れ合えます。
     

    一人前の看護師に育て上げるだけでなく、もうひと段階上の存在になれるようなサポートをしてくれるため、新卒看護師でも安心して働けますよ。
     

    3.総合病院の職場選びのポイントについて

     

    総合病院で働くときの職場選びのコツについて3つのポイントにまとめてみました。

    ①お給料はどのくらい?

     

    求人サイトによると、総合病院の看護師の平均月収は30〜35万・平均年収450〜500万と出ていました。
     

    看護師全体の平均年収が470万であることから考えると、平均かそれ以上の収入をもらえるのがわかると思います。
     

    今の職場よりもお給料が大幅に変わることはないので、安心して総合病院へと転職できますね。
     

    もっと多くの収入を手にしたいという人は、大都市や職員の人数の多い総合病院を選ぶのが高収入ゲットのポイントです。

    ・福利厚生のチェックも忘れずに!

     

    いくらお給料が高くても、家賃手当や交通費支給などの福利厚生が良くないと、生活していくのが大変なケースもあるため注意が必要です。
     

    私が以前働いていた職場も基本給はあまり良くなかったのですが、福利厚生が充実していたことからお給料に不満を持つことなく働けました。
     

    福利厚生によって生活の質も変わってくるので忘れずに確認しておいてください。
     

    ②勤務体制を確認しよう!

     

    看護師の勤務体制は2交代制と3交代制に分けられていますが、病院によって採用している制度が違ってきます。
     

    3交代制の場合、日勤・準夜勤・深夜勤、2交代制の場合日勤・夜勤に分けられており、それぞれメリットとデメリットをよく理解した上で勤務体制を選んだほうが間違いがありません。
     

    労働時間は長いものの体に無理なく働けることから、2交代制を好んで選ぶ人も少なくないですが、いきなり3交代制から2交代制の職場に転職してしまうと体調を崩してしまうケースもあるため、転職の際は注意が必要です。
     

    2交代制については当サイトでも記事を書いていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。
     

    ⇒【2交代のメリットとは?3交代との違いについて

    ③看板の診療科はどこなのかのチェックも大事!

     

    総合病院にはさまざな診療科がありますが、看板の診療科は同じではありません。
     

    消化器や呼吸器など病院によって売りになっている診療科は異なるので、どの分野のエキスパートになりたいのかを考えた上で職場選びをするのがポイントです。
     

    場合によってはその分野に特化した看護師になることも不可能ではありませんし、自分の興味のある分野に関われれば仕事にもやりがいと目的意識を持って取り組めることから、看護師として今よりもさらに成長できますよ。
     

    総合病院の看護師として地域住民の健康を守ろう!

     

    総合病院には他の病院よりも技術を学べる機会が多くあり、地域に密着した看護を提供しているのがわかりました。
     

    看護師の職場はたくさんあることから、どこの病院で働いても大した違いはないと考えている人もいると思いますが、実際は病院ごとにそれぞれ特徴がありますし、きちんとそれを理解した上で職場選びをしないと後悔することになりかねません
     

    病院に対する希望はさまざまあるにせよ、自分の暮らす地域の健康を守りたい人は総合病院で働けば、地域住民のQOL向上を目指すのも不可能ではありませんよ。
     

    みなさんも地域住民の人たちが笑顔で暮らしていけるようなサポートをするために、総合病院で働いてみてはどうでしょうか?