助産師は妊娠・出産に関するプロフェッショナルであり今人気の資格ですが、助産師養成所の倍率も高いことや実習が大変なことから、なかなか簡単にはなれない職業です。
 

このように難易度の高い資格であることから、助産師になる夢を諦めている方もいるのではないでしょうか?
 

助産師は産婦人科不足が深刻な社会問題となっている現代社会において、なくてはならない存在です。
 

助けを必要としてるお母さんや赤ちゃんのために、1人でも多くの方が助産師としての専門的な知識を身につけ働くことが大切ですね。
 

みなさんが思い切って転職活動をできるように、助産師についてお話ししていきます。
 

1.助産師になるには

 

助産師と言っても、産婦人科の看護師でもない限り関わる機会がほとんどないのが現状です。普段から身近にいればいろいろと情報を得ることもできますが、単に病院で働いているだけでは分からないことも多いと思います。
 

仕事内容や資格取得方法などの基本的な知識が不足している方も少なくないため、ここでは助産師とは何かを説明していきますね。

①助産師とは

 

助産師というと赤ちゃんの取り上げが主な仕事だというイメージをお持ちの方が多くいると思います。
 

お産の立会いはもちろんですが、
 

  • 妊婦の健康管理
  • 妊娠中の生活指導
  • 産後の体調管理
  • 母乳指導
  • メンタルヘルスケア
  • 乳児指導
  • 人工妊娠中絶の立会い
  • 不妊治療のサポート
  •  

    なども大事な役割です。
     

    妊娠中や産後の女性、生まれてきた赤ちゃんの健康を守るためになくてはならない仕事であり、生命の誕生に関わる非常に責任の重い職業だと言えます。
     

    こういった事実をしっかりと受け止め、赤ちゃんとお母さんの助けになる存在を目指していってくださいね。

    ・看護師との違いは何?

     

    看護師と助産師の業務内容は同じように考えがちですが、助産行為を行えるか否かという決定的な違いがあります。
     

    助産行為とはへその緒の切断や赤ちゃんの取り上げのことを指し、正常分娩時であれば自分の判断で出産に関われるのです。
     

    実施できる仕事内容はそれぞれ異なりますが、最善のケアを提供するために連携して働くことが求められています。

    ②必要な資格は看護師免許だけ!

     

    助産師になるための条件は、 

         

  • 看護師資格を保有していること
  • 助産師学校で1年以上のカリキュラムを終えていること
  • 助産師国家試験に合格すること
  •  

    上記が挙げられます。
     

    国家試験を受けるためには看護資格が必須であることから、助産師になるには看護師免許を持っていれば良いですね。

    参考:全国助産師教育協議会

    ・男性は看護師免許を持っていてもなれない

     

    助産師になりたい気持ちさえあれば誰でも資格を取れますが、男性の場合資格を取ることが許されていない現状があります。
     

    「そんなの男女差別なんじゃないの?」
     

    と感じる方もいるでしょうが、妊娠・出産は女性特有のものです。
     

    それをよく理解している女性からの専門的なアドバイスやケアを、患者さんは希望しているのですね。

    ③看護師から助産師になるには

     

    看護師資格を有している女性であれば、誰でも助産師になることは可能です。
     

    すでに看護師免許を持っているみなさんには、
     

  • 文部科学大臣の指定した学校への入学
  • 厚生労働大臣の指定した助産師養成所への入学
  • 助産師のカリキュラムのある看護大学への入学または編入
  • 助産師のカリキュラムのある大学院への入学
  •  

    といったルートが考えられます。
     

    入学試験には筆記や小論文、面接などがあるため、事前の情報収集を行うことが合格への近道です。
     

    ただし専門学校や短大を卒業した方の場合、大学院を受験できないケースもあります。
     

    大卒の資格を持っていない方は、受験する学校の募集要項がどうなっているのか確認してください。

    ・働きながらでも助産師になれる?

     

    スキルアップややりがいを求めて、助産師への転職を検討する方もいると思います。
     

    そこで気になるのが、働きながらでも資格取得できるのかということではないでしょうか?
     

    養成所の卒業には、
     

  • 助産師のカリキュラム22単位取得
  • 最低でも10件程度のお産の直接介助実績
  •  

    が必須です。
     

    直接介助とは実習先の病院で赤ちゃんを取り上げることであり、実習中は呼び出されたらたとえ夜中であろうと病院に駆けつけなければなりません。
     

    昼夜問わず呼び出されるため、仕事をしながら助産師を目指すのは難しいです。
     

    1日も早く助産師になりたいという方は思い切って今の仕事を辞めるのが、資格取得の最短ルートかもしれません。

    2.助産師の働き方について

     

    助産師の働き先は、
     

  • 総合病院
  • クリニック
  • 助産院
  •  

    といったものがあります。
     

    それぞれの施設の特徴を理解し、自分に合った就職先を見つけることがポイントですね。

    ①総合病院の場合

     

    総合病院はクリニックでは対応困難な患者さんの受け入れを行っているため、他の施設では学べないような緊急時の対処法を身に付けられます。
     

    研修やプリセプター制度が整っている総合病院であれば、新人さんや経験の浅い方でも安心して働くことができますね。
     

    総合病院で多くの経験を積むことで、患者さんと赤ちゃんの命を救うことができる助産師になれるのです。
     

    より高度な技術とケアを身に付けたい方には、総合病院はぴったりな職場かもしれません。

    ・助産師以外の仕事をするケースもある

     

    産婦人科では、妊産婦さん以外に婦人科系疾患の患者さんもケアの対象です。
     

    婦人科と産科をローテーションで受け持つ場合が多く、婦人科の担当の時は当然看護師としての働きが求められています。
     

    病院によっては婦人科疾患の方の比重が大きいところも存在するため、中には産科の受け入れ件数が少ない施設もあるかもしれません。
     

    総合病院での就職を検討されている方は分娩件数などを確認し、助産業務を行える病院を探すのも重要ではないでしょうか?

    ・産婦人科に配属されなければ転職することも必要

     

    基本的に助産師で採用されると産婦人科に配属されますが、その年の応募が集中したり看護師の人手が足りなかったりすると、他の診療科に回されるケースもあります。
     

    一度産婦人科以外で配属されてしまうと、異動願いをなかなか受け入れてもらうことができないため、専門性の高いスキルを活かす機会がほとんどありません。
     

    そのような不本意な状況を避けるためにも、
     

  • 就職の面接時に雇用条件を確認する
  • 異動願いを毎回出す
  • 師長との面談で思いを訴える
  • 思い切って他の病院へ転職する
  •  

    といった行動をとることが大切です。
     

    自らの積極的な働きかけが、限りある人生をより有意義なものへと変えてくれるのですね。

    ②クリニックや助産院の場合

     

    クリニックや助産院は妊産婦さんや妊娠を希望されている方を対象に開かれており、総合病院での産婦人科とは違った働き方が必要とされています。
     

    助産師の実施する業務内容は総合病院とはほとんど同じですが、妊産婦さん一人一人と関わる機会が多く、その人の希望に沿った出産のお手伝いができるのです。
     

    またこれらの病院の医療設備は総合病院ほど整っておらず、異常分娩は取り扱えません。
     

    ですがハイリスクに至るまでの経過に関われるため、助産師にとって必須のスキルを身に付けられますよ。

    ・産後ケアにも力を入れている

     

    専門病院の中には産後ケアに力を入れているところも多くあります。
     

    産後ケアとは出産により変化する女性の心と体のサポートや親子の愛着形成を促す支援であり、今注目を集めているサービスの1つです。

    参考:日本産後ケア協会
     

    産後ケアの内容には、
     

  • 妊娠出産で疲労した母体を癒すためのマッサージ
  • 産後のホルモンバランスの変化により生じる心身の変化のサポート
  • 母乳育児相談
  •  

    などがあります。
     

    専門病院ならではの細やかな関わりを産後も継続したい方には、産後ケアを採用している病院が合っているかもしれません。

    ・ある程度の取り上げ経験が必要

     

    クリニックや助産院では妊娠・出産を目的とした患者さんが受診するため、助産師の介入が必要となる機会が多くあります。
     

    あらゆる状況に対応できるだけの能力が求められており、200~300件程度の取り上げ実績がないとこれらの病院で働くのは難しいです。
     

    臨機応変に対応できるスキルを身につけるために、教育制度の整った病院で一通りのケアを習得することが大切ですね。

    ③看護師と比べて給料は高くなる?

     

    平均年収.jpによると助産師の平均年収は515万円となっています。
     

    資格手当がつくため同じ病院で働く看護師よりも給与が高いケースが多いです。
     

    病院によっては基本給に違いがある場所も存在するめ、自分の希望年収をもらえるような求人を探してみてはいかがでしょうか?

    3.助産師の仕事の実際

     

    助産師は専門的な資格であり、赤ちゃん誕生の瞬間に立ち会う非常にやりがいのある職業です。
     

    命に関わる責任重大な仕事でもあるため、自分には荷が重いかもしれないと心配に思い、転職をためらう方もいるでしょう。
     

    適性のない仕事をせずに済むように、助産師の実際の仕事に対する理解を深めることが必要です。

    ①助産師の魅力とは?

     

    お産はスケジュールどおりに行われないため、日勤や夜勤だけでなく分娩待機というシフトが存在します。
     

    分娩待機とは日勤後もお産の人手が足りなければ呼び出される制度です。仕事が終わっても気が休まることはなく、過酷な環境下で働いている助産師が大勢いるのです。
     

    きつい仕事だとわかっているにも関わらず、なりたい人が後を絶たない助産師の魅力はどこにあるのでしょうか?

    ・生命の誕生の瞬間に立ち会える

     

    助産師の魅力はなんといっても生命誕生の瞬間に立ち会えることだと思います。
     

    赤ちゃんが生まれた喜びをご家族と一緒に分かち合えたときに、やりがいと充足感を感じられるのです。
     

    毎日新鮮な喜びに触れ合える素敵な仕事であるため、助産師になりたい人が大勢いるのですね。

    ・自分で助産院を開業できる

     

    助産師は赤ちゃんの取り上げができるだけでなく、助産院の開業が許可されている資格です。
     

    助産院の開業条件には嘱託医師と嘱託する病院を定めることが義務化されており、独立するのはなかなか困難な道のりと言えます。

    参考:分娩を取り扱う助産所の開業基準
     

    ですが開業すれば自分の裁量で仕事を行えるため、患者さん一人一人とじっくり向き合うことができるのです。
     

    自分の持っている知識や技術をフルに使い妊産婦さんをサポートしたい方は、開業を視野に入れてのスキルアップを図ってみてはいかがでしょうか?
     

    大勢の患者さんがあなたの優しさにあふれるケアを待っています。

    ②助産師の仕事のデメリット

     

    さて、ここまで助産師の仕事のやりがいやメリットについてお話ししてきましたが、仕事を続けていく上で感じるデメリットについて、次に説明していきますね。
     

    お産はいつやってくるかわからないので、ゆっくり休む暇がありません。そのためプライベートを充実させたいという人の場合、働き方に不満を抱くと思います。
     

    また労働に対する給与が見合っていないと感じる方も少なからずおり、転職を後悔するケースもなくはないのです。
     

    このような事態を避けるために、助産師のデメリットを把握し転職活動を行うのが大切ですね。

    ・看護技術が低下する

     

    助産師になったときのデメリットとして考えられるのは、看護技術の低下です。
     

    助産師になることで妊娠・出産に関する専門的な技術を習得できますが、看護ケアを提供する機会がほとんどないため、せっかく身に付けたスキルがどんどん低下してしまいます。
     

    看護技術を今後活かしていくつもりがないという人は別ですが、
     

    「助産師のスキルを持った看護師として、もう一度病棟で働きたい!」
     

    と希望する方は、このようなデメリットを踏まえた上でライフプランを立てていくことが重要ではないでしょうか?
     

    助産師の道を自分のキャリアにどう活かしていくのか考えることで、後悔のない転職活動にしていけますよ。

    ・産婦人科ならではの配慮が必要

     

    産婦人科を訪れる患者さんは妊産婦だけでなく、
     

  • 不妊治療を目的としている方
  • 流産や死産で辛い思いをしている方
  •  

    こういった人たちも来られるため、一人一人に合ったケアの提供が必須です。
     

    中には人工妊娠中絶のために受診する方もおり、助産師の仕事が赤ちゃんに関わる楽しい仕事だと思っていると続けていくのは難しいかもしれません。
     

    良い面ばかりを見ず、仕事の本質を理解することがポイントとなってきます。

    ③助産師に向いている人とは?

     

    仕事を長く続けるためには自分がその仕事に向いているか、知ることが大切です。
     

    どんな人に助産師の適性があるのか、次にお話ししていきますので参考にしてください。

    ・赤ちゃんが好きな人

     

    助産師に向いている人の特徴はいくつか考えられますが、赤ちゃんを好きなことは必須条件です。
     

    産婦人科では毎日大勢の赤ちゃんが産まれているため、お世話も役割の1つとなっています。
     

    分娩介助はもちろんですが、赤ちゃんのお世話をすることも助産師のやりがいと言えるのではないでしょうか?
     

    産まれたばかりの赤ちゃんは泣くことでしか自分の意思を伝えられません。
     

    そんな赤ちゃんにも優しく接せられる思いやりの気持ちを持った人であれば、助産師として実りある日々を送れますよ。

    ・教育・指導が好きな人

     

    助産師の仕事には、妊産婦への教育・指導が挙げられます。
     

    妊娠中は生活習慣を見直す必要があり、それを理解してもらえるまで何度でも指導しなければなりません。
     

    育児や母乳、産後の体の変化についてなど妊娠・出産に関するありとあらゆることを説明する機会が多くあるため、指導や教育が好きでないと務まらないのです。
     

    指導に関するスキルが今はなくても、好きな気持ちがあればどんどん上達していきます。妊産婦さんが出産の日を幸せいっぱいな気持ちで迎えられるようにサポートしてくださいね。

    元気な赤ちゃんが産まれるようにサポートしよう!

     

    助産師は妊娠・出産のエキスパートであり、病院によって働き方や求められている役割が異なります。そのため自分の納得のいく仕事をするには病院の特性を理解し、希望に合った就職先を見つけることが大切ですね。
     

    助産師として働くことが目標ではなく、妊産婦さんに取ってなくてはならない存在を目指して転職活動を行ってください。