最近コマーシャルなどでジェネリック医薬品が取り上げられることが多いせいか、ジェネリック医薬品について知らない患者様はいないのではないかと思うほど有名になりました。
 

厚生労働省も国民にジェネリックを勧めており、実際に費用も抑えられることから、自らジェネリックの調剤を希望する患者様が増えてきています。
 

一方で「安全性や効果が不安だから先発で調剤してほしい」という患者様も少なくありません。
 

違いをわかった上で薬を決めているなら良いものの、よくわからないまま選んでしまっている方も多いのではないでしょうか?
 

今回はそんなジェネリック医薬品について、安全性・効果は大丈夫なのかなどを詳しく見ていきます。
 

1.ジェネリック医薬品とは?

 

新薬として先発医薬品が発売され、特許期間が終了したあとに同じ効能物医薬品として発売された薬をジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼びます。
 

先発医薬品のように臨床試験などに使われる開発費がないことからジェネリック医薬品にはあまりお金がかかりません。
 

効果が全く同じで価格だけ安いのなら、処方された全ての薬をジェネリック医薬品に変えたほうがお財布にもやさしいですよね。
 

もちろん変えることはできますが、新薬として発売されて間もないとジェネリック医薬品がまだ発売されていないこともあるため、まずは処方されている薬のジェネリックが既に発売されているか確認する必要があります。
 

薬局に処方薬のジェネリックがないときは先発品で調剤する可能性もあるものの、薬局にジェネリックが置いてある場合はその薬での調剤ができますので、
 

口頭で薬剤師に後発品調剤をしてほしいと伝えるか、ジェネリックの希望シールを提出してアピールしてください。
 

2.安いけど本当に安全で効き目は同じなの?

 

値段が安いのは利点であるものの口に入れたり体に塗ったりするものですから、効き目が本当に変わらないのかや安全なのかどうかは一番気になるところです。
 

後発品メーカーはどのようにしてこれらを証明しているのでしょうか?
 

①ジェネリック医薬品には試験がある

 

ジェネリックを作る際に
 

  • 生物学的同等性試験
  • 安全性試験
  • 溶出試験


 

など様々な試験に合格することが必要で、これらの試験に合格することにより新薬と比較して効果が同等であることや安全性に問題ないことなどを証明しています。
 

中にはジェネリック医薬品も新薬と同じように、安心して使えるのかどうか疑問に感じる人もいるかもしれません。
 

医薬品を作る工場はとても清潔に保たれており、作った薬の再評価も行われているため、品質に関しては問題ないと言えますが、 効果に関しては生物学的に同等というだけで全く同じ効き方をする保障がされているわけではないので注意してくださいね。
 

もちろん同じ成分の薬で作られているのでその点は心配なく、違うのはその成分に賦形(ふけい)するものやコーティング剤で、この違いにより効き方が多少変わった結果、疾患によっては効果の差を感じる患者様も現にいるというのが実際のところです。
 

②ジェネリックで効き目が変わる?

 

私が実際に出会た患者様の中には、「睡眠薬をジェネリック医薬品に変えたら眠れなくなった 」と訴える方がいました。
 

思い込みもあるのでしょうか、睡眠剤や抗不安薬などのメンタルが関わる薬はジェネリック医薬品じゃ効かない、という声がとても多かったように記憶しています。
 

他にも痛み止めの効きが弱いという訴えもあり、この例も思い込みが原因の一つかもしれませんが、ジェネリックの効き方の違いによって生じた訴えであることも否定できません。

・賦形剤にも注意

 

一方、効果ではなく賦形剤自体が問題になることもあります。
 

皮膚科にかかっている患者様で、ジェネリックの賦形剤が肌に合わないからと「塗り薬だけは先発品で調剤してください」という人もいました。
 

みなさんの中にもジェネリック医薬品を使っている方がいると思いますが、先発品と同等と評価されているとはいえ、いざ使ってみると効果が違うと感じたり合わなかったりする場合もありますよね。
 

現にジェネリック医薬品は先発医薬品と違って治験を行っていませんし、不安だという人もいるのではないでしょうか?
 

そのような患者様のことを考えて、ジェネリック医薬品を選ぶ際はできるだけ評判が良く、信頼できる会社のものにしようとする医師も少なくありません。
 

わかりやすい説明をしたりジェネリック医薬品一つ一つのリサーチを心がけたりするなど、患者様が安心して服用できるような工夫をするのが、私たち薬剤師の今後の課題です。
 

3.ジェネリック医薬品のメリットとデメリット

 

ジェネリック医薬品を選ぶメリットとデメリットについて次に説明していきます。
 

①メリット

 

ジェネリックの最大の利点は価格が安いことですが、実はそれ以外の良い点もあります。
 

先発医薬品では錠剤が大きく飲みにくかったものが、ジェネリック医薬品では小さなサイズの錠剤に改良されていたり、先発医薬品で苦みが強かったものがジェネリック医薬品になって苦みが抑えられていたりするケースも珍しくありません。
 

病気を治すためとはいえ、のどに詰まりそうな錠剤や苦みが強い錠剤を服用しなければいけないのはとても辛いです。
 

薬も毎日服用するものがほとんどですし、一度我慢すればよいというわけにもいきませんから、「飲みやすいジェネリック医薬品を選びたい」という患者様が大勢いることも覚えておいてくださいね。
 

②デメリット

 

ジェネリック医薬品の欠点は、先ほどご紹介したように先発医薬品の効果と全く同じだとはいえない点にあります。
 

さまざまな試験をクリアしているジェネリック医薬品ですから、ほとんどのものは先発品と同等の効果を持っているものの、医薬品の種類や症状によって効果が弱かったり発現時間が長引いたりすることも全くないわけではありません
 

ジェネリック医薬品を選択する際は、先発品を服用していた時と変わったことはないか観察するのがポイントです。
 

・ジェネリックでも安くないものもあるってほんと?

 

「未来・信頼・安心」のスローガンのもと、ジェネリック医薬品にすることで医療費を大幅に下げることができると政府が謳っていることから、ジェネリック医薬品=安いというイメージをもっている人も多いかもしれません。
 

もちろん大部分のジェネリックは先発品よりも大幅に値段が安く設定されているのですが、実は中には値段がそれほど変わらないものもあることも知っておいてほしいところです。
 

せっかく医療費を安くしたいとジェネリックを選んでも値段が大して変わらなければ意味がありませんので、事前に値段をインターネットなどで調べたり薬局の薬剤師に尋ねたりしてみてはどうでしょうか?
 

仮にデメリットがあっても、自分で症状を観察して値段をリサーチしたうえで問題点を解決すれば、ジェネリック医薬品が持つメリットを最大限に生かせますよ。
 

4.厚労省がジェネリック医薬品を推奨しているはどうして?

 

最近、テレビコマーシャルやポスターなどでジェネリック医薬品を勧めているのをよく見かけると思いますが、これは日本の医療費が海外に比べて膨大なことが理由です。
 

なぜここまで厚労省がジェネリック医薬品を勧めているのか、その具体的な理由・実態について2つのポイントにまとめてみました。
 

①ジェネリック医薬品にすれば保険料の負担が減る

 

「どうしてジェネリック医薬品を使用すれば国の医療費が抑えられるの?」と疑問に思った人もいると思います。
 

私たちの医療費はほとんどの場合3割の自己負担で支払っている一方、残りの7割は健康保険から支払われており、ジェネリックに医薬品に変更した場合私たちの自己負担分が減るだけでなく、健康保険からの負担も減るということです。
 

ジェネリック医薬品に変えることで患者様も国も助かりますので、私たちはこの事実を患者様にもっと伝えていくべきだということを忘れないでくださいね。
 

②ジェネリックが医療費の大幅削減につながらない可能性もある?

 

一方でジェネック医薬品を普及させても、20%の薬剤費の一部しか減らせず、医療費全体の大幅な削減にはつながらないという意見もあります。
 

高齢化が深刻化している日本社会では今後も医療費が増え続けることが予想されており、海外には高齢化が進んでいても医療費がそれほどかかっていないところもあるため、疑問に思う人もいるかもしれません。
 

理由の一つとしては、大した症状でもないのにお年寄りたちがコミュニティの場として診療所を利用するケースで、もともと医療費を安くして患者様を助けるはずの制度ですが、こういった使い方をされては本末転倒ですよね。
 

本来診療所にくる必要のない人のぶんまで医療費を払うのは実質無駄遣いと言ってもいいくらいですし、今後の課題として医療費の大幅削減を実現していくには、このような他の問題点も考える必要性があることを知っておいてください。
 

5.ジェネリックを選ぶと先発メーカーに申し訳ない?

 

「新薬を開発したのは先発医薬品メーカーなのに、ジェネリックを希望してしまったらその会社に申し訳ないのではないか」
 

と、私が勤務していたころ患者様に言われたことがありました。
 

これだけ政府も病院もジェネリック医薬品を勧めてしまって、実際にお金をかけて開発した製薬会社が十分な利益を得られなかったら、今後良い薬を開発してくれないのではないかという心配です。
 

たしかに新薬の製薬企業を守るためジェネリック医薬品を作ることができない特許期間はあるものの、その後の発売によって利益が下がってしまうことは事実ですから、それが先発医薬品メーカーが薬を作る意欲を邪魔していないとは言い切れません。
 

製薬会社のことだけを考えれば不安になるかもしれませんが、国の保険制度が維持できなくなってしまう可能性も考えると、ジェネリックを選ばない=良いこととは限らないことがわかりますね。
 

このように複雑な事情がありますので、一概にジェネリック医薬品を選べば万事解決、とはいかないのが現状です。
 

患者様にベストな選択をしてもらうお手伝いを

 

今回はジェネリック医薬品について詳しくみてきました。
 

効果・安全性はもちろん、ジェネリック医薬品を選ぶかどうかが国の医療費削減に関わっていることが分かったと思います。
 

日本の保険制度や先発品メーカーなどいろいろ思うところはあるかもしれませんが、一番大切なのは患者様自身が元気になれる選択ができるかどうかと言っても過言ではありません
 

私たち薬剤師がジェネリック医薬品の情報をわかりやすく伝えることで、患者様自身のベストな選択にもつながりますよ。
 

薬剤師は常に患者様の利益を最優先に考える立場ですから、ジェネリック医薬品と先発医薬品について一人一人に合ったアドバイスをしてみてはどうでしょうか?