保健所に勤務している薬剤師について聞いたことがあるでしょうか?
 

なんとなく公務員の薬剤師というのは想像できても、保健所薬剤師の存在や彼らが実際にどんな仕事をしているのかは知らない人が多いと思います。
 

薬剤師の仕事といえば調剤や服薬指導業務が一般的ですが、保健所は病院や薬局ではないため仕事内容は医療機関での薬剤師業務とは同じではありません
 

仕事内容が違うとなると、もし公務員という立場に魅力を感じて保健所に転職したいと思っても、今まで積み上げてきた薬剤師の経験を活かしたいと考えている人は働きづらくなってしまいますよね。
 

そんな方のために今回は保健所で働く薬剤師の実態・メリットをお話ししていきます
 

1.保健所で働く薬剤師の仕事内容とは?

 

保健所薬剤師の仕事は、
 

  • 病院や薬局などの開設許可・指導
  • 医薬品や食品衛生の管理・指導
  • 水道の衛生検査
  • 食中毒などの緊急事態の対応
  • 地域の人への健康や献血などに関するアドバイス
  •  

    などが挙げられ、地域住民の健康な生活を守る活動をしています。
     

    これらを見てみると医療機関で働く薬剤師には馴染みのない仕事をしていることがわかりますね。
     

    中には「これが薬剤師の仕事?」と思う人もいるかもしれません。
     

    実際患者様と接する機会がないのでそう捉えられても仕方がない面はあるものの、機関の管理や指導をする仕事はまさに地域のための行政の仕事であり、地域の人の健康と安全のために貢献しているのが保健所の薬剤師の役割なのです。
     

    2.保健所で働く薬剤師になるには?

     

    保健所の薬剤師になるにはまず地方公務員試験に合格する必要があります。
     

    「厳しい国家試験を受かってきたのだから、公務員試験も合格できるでしょ?」と考える人もいると思いますが、公務員薬剤師になるための試験は薬学の分野だけでなく一般教養の科目もあることから、それ相応の勉強をしないと合格するのは難しいテストです。
     

    そもそも公務員は人気が高く、最近は倍率もかなり上がっているので、合格の可能性を少しでもあげるために公務員試験の専門学校に通う人も少なくありません。
     

    ①保健所薬剤師を目指すなら年単位での計画を!

     

    薬剤師の国家試験の勉強に加えて公務員試験の勉強もするとなると時間もかかりますし、出題範囲も違い広く学ぶことが必要になり、かなりの努力が求められます。
     

    それでも時間がたっぷりあればあとは努力をコツコツすればよいのですが、気を付けなければならないのは、地方公務員試験を受験するには年齢制限があり勉強にかけられる時間も限られているという点です。
     

    地域によって年齢制限がいくつなのか違いがあるものの、世間でアラサーと呼ばれる30歳前後世代が制限となると思っていてくださいね。
     

    薬学部が6年制になったことから、卒業した時点で少なくとも24歳になっているため、試験に向けて勉強できる時間はそれほど長くありません
     

    公務員薬剤師を目指す際は必ず年齢制限を確認して、残された時間が何年あるのか計算したうえで計画的に勉強に取り組んでみてはどうでしょうか?
     

    ②地方公務員になれても与えられる仕事は選べない?

     

    地方公務員試験に受かったら自治体が募集する薬剤師の求人に応募することになりますが、募集要項に「薬剤師募集」と 書いてあっても、実際にどこに配属されるのか応募時には分からないのが公務員の特徴でもあります。
     

    薬剤師であれば保健所に配属される可能性はとても高い一方、100%保証されているわけではないため他の部署に配属される場合もあるということです。
     

    これは民間企業ではあまり考えられないことですのでびっくりしてしまいますし、自分の働きたくない場所や職種に配属されてしまうのはできれば避けたいですよね。
     

    保健所で働きたくて地方公務員になったのに、結果的に他の部署に配属が決まった時にがっかりしてしまわないよう、あらかじめこういうことが起こる可能性について心構えをしておいてください。
     

    3.保健所薬剤師のお給料はいくらくらい?

     

    地方公務員薬剤師の初任給は約20万円なのに対して一般の薬剤師の平均は約26万円ですが、このデータを見て公務員はお給料が安いと感じた人もいると思います。
     

    確かに20代から30代までは公務員の方が年収が低い傾向にあるとはいえ、公務員の昇給額は民間の会社よりも大きく40代以降になると逆転するケースも少なくありません。
     

    どんどん昇給するなら最初は安くても我慢して頑張ろうと思えますし、逆転してからも昇給し続けますので、50代の年収を比べると一般の薬剤師よりもかなり高くなりますよ。
     

    公務員の給与システムにデメリットを感じる人も……

     

    年数が経つにつれて昇給するシステムは公務員人気の大きな理由になっていますが、その一方で実力主義ではないことから物足りなさを感じる人がいることも事実です。
     

    安定して昇給するといってもそれは年齢で判断されたものですので、仮に同じ年齢の人と比べて自分の実力の方が明らかに上回っていると感じても、同じ額の給与しかもらえないということになります。
     

    能力のある人や人以上に努力をしてきた人にとっては、たとえシステムであっても自分の苦労が認められないのは悲しいですよね。
     

    公務員薬剤師を考える際には、自分が安定性と実力主義のどちらを求めているのか分析してから決めてみてはどうでしょうか?
     

    4.保健所で働くとどんなメリットがあるの?

     

    公務員になるメリットとしては 給与・雇用や休暇が安定していることや福利厚生が良いことが挙げられます。
     

    ①給与・雇用や休暇の安定

     

    民間の会社ですと経営不振から倒産したりリストラにあったりというリスクがある一方、行政で働く人はこのような心配はないですし、自分で辞めない限りは解雇されることはありません。
     

    これは特に家族へ責任がある立場の人にとっては大きなメリットになります。
     

    公務員は基本的に土日休みなうえ残業することがほとんどないのも特徴で、
     

    休日出勤が当たり前の民間企業の職員は、周りの人が休んでいるときに早起きをして働かなければいけないことをしょっちゅう経験していますから、安定したお休みがある公務員はうらやましいかもしれませんね。
     

    結婚後家庭を持つと同時に仕事を辞めてしまう女性も民間ではめずらしくありませんが、公務員のこのメリットのおかげで家庭と仕事の両立ができやすいと仕事を続ける女性も非常に多いです。
     

    ②福利厚生が恵まれている

     

    公務員は福利厚生が非常に良いことでも有名で、退職金やボーナスも民間に比べて高いですし、公務員にしか使えない保養所を安く使えるなど公務員になったからこそのメリットが盛りだくさんです。
     

    このように一般的に知られているメリットに加え、保養所が利用できるなど実際に公務員にならなくては分からないメリットも少なくありません。
     

    ③仕事内容でのメリットはどんなこと?

     

    保健所の仕事は調剤業務のように薬剤師免許が必要なものではないため、やりがいを感じて働けるか・今までの経験を生かるかどうか不安になる人もいるかもしれません。
     

    確かに調剤のような業務には携わることはありませんが、先ほどご紹介したように保健所薬剤師の仕事は多岐にわたっていますので、さまざまな経験を通して見聞を広めることが期待できます。
     

    薬剤師としてと同時に人として成長するにはさまざまなことを経験することが必要ですから、このようなたくさんのことを勉強できることにメリットを感じている人もいますし、
     

    保健所の地域住民の健康衛生を管理する仕事そのものに誇りを持って働いている人も実際にいることは覚えておいてくださいね。
     

    目標に向かって努力を

     

    今回は保健所に勤務する薬剤師について見てきました。
     

    公務員は民間企業で働く人に比べて福利厚生が良いことや安定していることから、公務員に転職したいと思った人も多いと思います。
     

    保健所薬剤師の仕事は一般の薬剤師では経験できない内容ですので、新しいことを学んでみたいという人にはきっとやりがいを感じられますよ。
     

    公務員になりたい人は本当に大勢いるため、その人たちを勝ち抜いて行政の仕事を手にするのは決して簡単なものではありませんが、どうしてもなりたい人はあきらめず挑戦してみてはどうでしょうか?
     

    その努力が実ったとき大きな達成感を感じるでしょうし、公務員薬剤師として与えられた仕事に誇りを感じるはずです。