以前は小さなクリニックでもそれぞれ薬局を持っていて、今のように医薬分業が進んでいませんでした。
 

患者様にとっては診療を受けたところで薬も買え、待ち時間が短縮されることから一件メリットがあるようには見えたのですが、複数の医療機関にかかって処方された薬の相互作用や重複処方を確認できないことなどが大きな欠点です。
 

現在医薬分業が進み、お薬手帳やかかりつけ薬局が知れわたるようになりましたね。
 

おかげで前と比べて患者様のお薬を管理しやすくはなったものの、本来の目的である医薬分業のメリットを存分に生かすことがどうか疑問点も実は少なくありません。
 

今回は医薬分業についてその問題点と今後の課題を中心に見ていきます。
 

1.医薬分業ってそもそも何?

 

「病院の中で薬をもらえれば調剤薬局まで移動する必要がないし、待ち時間も短くなるのになぜわざわざ医薬分業なんてするの?」
 

と疑問を持つ人もいると思います。
 

医薬分業とは医師と薬剤師の専門性を生かすための制度ですが、実際は病院で診察や検査を受けるのに長時間待たされた挙げ句、やっと終わったと思ったら今度は会計で待たされ、そのうえ調剤薬局に行ってそこでまた待たなければいけません
 

患者負担が大きいですし、問題視される声も多く見受けられるなか、国が現在もこの制度を採用し続けているのには何か理由があるはずです。
 

2.医薬分業のメリットってなんだろう?

 

医薬分業のメリットは主に、
 

  • 複数の医療機関で処方された薬について重複処方や相互作用をチェックできる
  • 医師の処方箋のミスを見つけられる
  • 病院薬剤師が病棟業務に専念できる
  • 医師が診療に専念でき、選択できる薬の種類も増える
  •  

    この4つです。
     

    どれも医療機関側の都合のように見えるかもしれませんが、実はこれらは全て患者様の利益に繋がっています。
     

    ①重複処方や相互作用をチェックできる

     

    複数の医療機関にかかるとそれぞれで薬が処方されますが、同じ薬が処方されていたり飲み合わせに問題があったりすることも珍しくありません。
     

    医薬分業がされていない医療機関で薬が処方されると、他の病院でどんな薬が出ているのか分からないため重複処方や相互作用はチェックできませんが、保険薬局で薬剤師が患者様の薬を管理することによりこれらのチェックが可能になります。 
     

    薬の相互作用はとても恐ろしく、飲み合わせにより思わぬ副作用がでることがありますから相互作用の確認は非常に大切なことがわかりますね。
     

    一方で重複処方をされても、「薬の名前やパッケージが同じであれば一般の人が見ても同じ薬なのは分かるし、どちらかを飲まなければ良いだけ」と思う人もいるのではないでしょうか?
     

    ・重複処方は思った以上に危険!

     

    実は同じ成分を持つ薬でも名前やパッケージが違うことがあり、最近はジェネリック医薬品の処方が主流になっていますが、ジェネリックを販売している会社によってパッケージが違い、同じ薬かどうかの見分けがつかない傾向がますます強くなっています。
     

    本当は同じ薬なのに違う薬を処方されたと思い込んでしまったら、結果的に倍量飲んでしまうことになってしまいかねません。
     

    例えばその薬が血糖降下剤や血圧降下剤だったらということを考えてみてください。
     

    2倍飲んでしまったら血糖や血圧が過剰に下がってしまうので、命に関わる事態になってしまいますよね。
     

    これは単なる重複処方でも軽視できないという何よりの証明です。
     

    ・かかりつけ薬局とお薬手帳でリスクを回避

     

    厚生労働省はしきりに患者様がかかりつけ薬局を決めることを勧めていますが、この大きな理由の一つはかかりつけの薬局を一つ決めておくことで複数の病院からの処方を管理でき、相互作用や重複処方をチェックできるようにするためです。
     

    こう聞くと「じゃあいつも同じ薬局に行かないと、チェックしてもらえないの?」と不安になる人もいるかもしれません。
     

    もちろん同じ薬局に毎回行くのが難しいときもあると思いますし、そんな場合は薬剤師がお薬手帳を確認することで処方薬を管理できるので大丈夫ですよ。
     

    薬局でお薬手帳の提示をいつも求められるのが正直めんどくさいなと感じることもあるかもしれませんが、お薬手帳はただ薬を記録するだけのものではなく、患者様の命や健康を守るための重要な手帳なのです。
     

    ②処方箋のミスを見つけられる

     

    処方箋ミスを見つけられることも医薬分業の大きなメリットの一つで、医師も人間ですから用量や薬を間違えて処方してしまうこともあるのですが、それを薬剤師がチェックし疑義照会することで処方の間違いを正しています。
     

    特に最近は手書き処方箋ではなくパソコンで打ち込んで処方箋を作成するため、打ち間違いをしてしまう可能性が手書きよりも高いという事実があり、薬剤師のチェックはより必要になってきました。
     

    もしミスを見つけて処方箋を正しても、患者様に直接感謝をされることはほとんどありませんが、このチェックにより患者様の命を守ることができますので、処方箋のミスを見つけることは薬剤師にとってはとてもやりがいのある仕事です。
     

    ③病院薬剤師が病棟業務に専念できる

     

    私は以前、総合病院に勤務していた経験がありますが、そのころ病院では病棟業務に加えて外来患者様の調剤も院内で行っていました。
     

    外来の患者様を待たせないよう、十分の人数の薬剤師が常に薬局内にいて調剤に携わらなければいけなかったため、病棟業務に集中できる薬剤師はほんの数人と限られていたのを覚えています。
     

    入院している患者様の話をゆっくり聞きたくても、薬剤部内の仕事に追われ十分な時間がとれないとしたら、薬剤師としてとても歯がゆいですよね。
     

    現在は医薬分業が進み、外来患者様の処方が院外処方に変わったことによって、薬剤部内の薬剤師が病棟業務に専念できるようになりましたし、医薬分業は外来患者様のためだけでなく入院患者様のためにもなっているのです。
     

    ④診療に専念でき選択できる薬の種類も増える

     

    医薬分業は薬剤師や患者様だけでなく医師にもメリットがあります。
     

    病院やクリニック内で薬を出すと医師は薬の在庫や期限の管理もしなければならないので余計の業務が増えるだけでなく、処方する際も病院内にある薬の中で選択することになるので、本当に使いたい薬を使えないことも少なくありません
     

    処方の薬が限られてしまうことは患者様にとって最善の治療ができない可能性もありますよね。
     

    処方を院外に出すことにより薬の管理を薬剤師に任せることができますし、処方する薬も医師が自由に選べるようになりますから、診療の質の向上にも医薬分業が役立っていることは押さえておいてくださいね。
     

    3.医薬分業のメリットを本当に生かせているの?

     

    医薬分業の最大のメリットはやはり複数の医療機関からの処方箋において重複処方と相互作用を薬剤師がチェックできる点にあります。
     

    このメリットを生かすためには先ほどご紹介したように「かかりつけ薬局」と「お薬手帳」が不可欠なのですが、残念ながらこの2つに問題があり私たち薬剤師が悩んでいるのが現状です。
     

    ①かかりつけ薬局の問題点

     

    複数の医療機関にかかっていても患者様それぞれが1つの薬局をかかりつけ薬局と決め、いつもそこに処方箋を持っていくようになれば、薬の飲み合わせなどを簡単にチェックできるようになります。
     

    だからこそ政府もこのかかりつけ薬局制度をどんどん進めるよう努力している一方、実際には「かかりつけ薬局なんて決めていない。病院の一番近くの薬局でもらっている」という人がほとんどなのではないでしょうか?
     

    かかりつけ薬局は必然的に毎回処方箋をもって立ち寄れるように自宅の近くの薬局に決めるのが通常ですが、もし多くの人がかかりつけ薬局を活用していれば住宅地にある薬局が混んでいるはずなのに、実際に混んでいる薬局は病院の門前薬局ですよね。
     

    大きな病院の前の薬局ほど混んでいる傾向があるということは、患者様のほとんどがかかりつけ薬局の制度を活用せず門前薬局で済ませている証拠です。
     

    私が調剤薬局で働いていた時も、患者様が持ってくる処方箋の9割は門前の診療所からのものでした。
     

    処方箋をわざわざ自宅の近くまで持ち帰るよりも病院の近くでもらって済ませてしまいたいという気持ちの表れなのかもしれませんが、そのせいでリスク回避を難しくしてしまっていることから、かかりつけ薬局制度が進まない事実はかなり大きな問題点と言えます。
     

    ②お薬手帳の問題点

     

    お薬手帳の本来の役割は「他の医療機関で処方されているものを薬剤師がチェックできるように記録する」ことですが、そのこと知らない人が多く協力を得るのが現状難しいです。
     

    現に「お薬手帳は自分の薬歴を自分のために残しておくもの」と誤解している患者様は、
     

    • 自分の記録で個人情報だから薬剤師には見せたくない
    • 薬剤師が薬歴シールを貼るとまっすぐ貼ってくれないから家に帰って自分で貼る
    • 大切な記録だから病院の診療科によってお薬手帳を分けている

     

    などを主張します。
     

    信じられないかもしれませんが、このような患者様が多くチェックができなくて薬剤師が困ってしまうこともめずらしくありません。
     

    一番多いのはお薬手帳を家に忘れてしまったという人で、
     

    これもお薬手帳の本来の役割や重要性を知らないがために起こっている現象と言え、診察券や保険証は忘れずに持ってくるのにお薬手帳だけを忘れることから、残念ながらそれだけ手帳が軽視されていることがわかりますね。
     

    このように医薬分業をしていても、薬剤師がお薬手帳をチェックができない状況があり、メリットを生かせない原因になっているのです。
     

    4.完全に医薬分業をしているアメリカの例と日本の今後の課題

     

    日本の医薬分業にいくつかの問題点がある中、世界には医薬分業のメリットを最大限に生かすことができている国もあります。
     

    かかりつけ薬局やお薬手帳において日本が抱える問題をどのように解決しているのか、アメリカの例を2つのポイントにまとめてみました。
     

    ①アメリカ人はかかりつけ薬局を決めている!

     

    アメリカ人のほとんどは「かかりつけ薬局」を決めていて、すべての医療機関で出た処方箋をその薬局で調剤してもらうのが一般的です。
     

    日本では進まないこのかかりつけ薬局制度を、アメリカはどのように人々に浸透させているのか疑問に思う人も多いと思いますが、実はアメリカの病院やクリニックの薬の処方システムにこの制度を浸透させる秘密がありました。
     

    「どこの薬局に行ってもいいですよ」と言われるのが日本では普通な一方、アメリカでは初診の際にまず初めに受付で「家の一番近くの薬局はどこですか?」と聞かれ、その薬局を登録をしてから診察を受けるのが当たり前と言ったら、驚く人も多いのではないでしょうか?
     

    診察の後医師が薬を処方するとその情報が電子でかかりつけ薬局に送られますので、自動的に自宅の近くの薬局がかかりつけ薬局になります。
     

    かかりつけ薬局の制度を日本で進めたければ、患者様の理解を得られるように重要性を説明することも大切であるものの、やはり病院の近くの薬局が目についてしまいがちなことから、アメリカのようなシステムを作らないと難しいかもしれません。
     

    ②アメリカにはお薬手帳が存在しない!?

     

    アメリカ人は大雑把な国民性のせいかお薬手帳自体がなく、その代わりに薬の管理をするソーシャルセキュリティーナンバーというものを利用しています。
     

    ソーシャルセキュリティーナンバーは日本でいうマイナンバーのようなもので、人々の情報管理をするツールとして使われており、その中には薬のデータも含まれているため、相互作用や重複処方がすぐに分かる仕組みになっている点は見逃せません
     

    国が定めているナンバーで処方が管理できれば、お薬手帳のように忘れたとか見せたくないとかの問題はなくなり、より安全に患者様に薬を服薬してもらえるようになりますよね。
     

    日本の場合には「マイナンバーは個人情報の面で不安なので医療ではあまり使ってほしくない」という批判的な声もありますから、すぐにこのシステムを取り入れることは難しいとはいえ、将来的には患者様の安全性を重視する方向で進んでほしいです。
     

    患者様の命を守っていくために

     

    今回は医薬分業の実態と今後の課題について詳しくみてきました。
     

    医薬分業は患者様にとってメリットがある一方で十分に生かされてない実態があることが分かったと思います。
     

    薬は正しいものを正しい用量で服用すれば命を助けるものですが、量や種類を間違えると体にとっては毒になってしまいますよね。
     

    高齢化社会が進み複数の医療機関にかかる人が多くなった今、薬剤師の処方薬のチェックは患者様の命を守っていると言っても過言ではありません。
     

    まだまださまざまな問題があるものの、患者様を守るためにも一つ一つの問題をクリアし、今後より良いシステムになることを願っています。