薬剤管理指導業務とは、病院に入院している患者様に服用している薬について薬剤師が指導をすることをいいます。
 

この業務は患者様が入院中や退院後に、

薬を安全にかつ正確に服用できるようにするというのが一番の目的です。
 

以前は病院の薬剤師というと、薬剤部内にこもって患者様の薬を一日中調剤していることが多かったのですが、最近は部内のほとんどの薬剤師が担当病棟に出向いて服薬指導業務に携わるようになりました。
 

病院が院外処方を増やしたため、前より忙しくなったという門前薬局もたくさんあるのではないでしょうか?
 

薬剤管理指導業務は在宅訪問薬剤師管理指導というものもありますが、今回は病棟での指導について業務内容などを詳しくみていきます。
 

1.病棟業務との違いって何?

 

薬剤管理指導業務と病棟業務は同じものだと思っている人は意外と多いかもしれません。
 

実は定義としては違いがあり、日本病院薬剤師会は薬剤管理指導業務を「投薬後における患者に対する業務」と定義づけているのに対し、病棟業務は
 

主に投薬前における患者に対する業務、医薬品情報及び管理に関する業務、医療スタッフとのコミュニケーション

参考:薬剤師の病棟業務の進め方(Ver1.2)

 

としています。
 

どちらも病棟で行うものなので混同しやすいのですが、投薬前か投薬後かというのが大きな違いです。
 

この業務は基本的に病棟で行われているものなので、保険薬局など外来での服薬指導をする際は薬剤管理指導業務とは呼ばないこともおさえておいてくださいね。

2.薬剤管理指導業務の内容とは?

 

薬剤管理指導業務は、
 

  • 薬歴の確認
  • 処方内容の確認
  • ハイリスク薬への対応
  • 患者様やその家族への説明や指導
  • 退院時の指導
  • 薬剤管理指導記録の作成
  •  

    というのが基本的な流れです。
     

    ①薬歴の確認と処方内容の確認

     

    薬剤管理指導は、指導が必要と思われる患者様を医師がピックアップし、薬剤師に指導を依頼することより始まります。
     

    依頼を受けた後、薬剤師はまずその患者様の薬歴と処方内容を確認し、具体的には
     

  • 投与量や投与方法は適切か
  • アレルギー歴はないか、またある場合はその薬が処方されていないか
  • 服用している薬と重複しているものはないか
  • 相互作用は問題ないか
  • 配合禁忌はないか
  •  

    など患者様が安全に薬を服用できるかのチェックが中心です。
     

    患者様の中には入院時に持参した薬を飲み続けている方もいるため、薬が重複してしまうことも多く、その場合にはどちらの薬を優先するべきかを医師に相談します。
     

    依頼が来たらすぐに病棟に伺って薬の説明をすると思われがちですが、安全管理のためにまず確認作業などの準備が必要ということです。

    ②ハイリスク薬への対応

     

    処方確認の段階でハイリスク薬と呼ばれる薬が処方されている場合にはその対応をします。
     

    ハイリスク薬とは、「投与量などに注意が必要な薬・相互作用や重篤な副作用が多い薬」のことを言い、例としては
     

    • 抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)
    • 免疫抑制剤
    • 血液凝固阻止剤
    • 糖尿病用剤

     

    などが挙げられます。
     

    これらの薬を見ると、患者様の中には重篤で緊急性を要する症状の方もいることが想像しやすいのではないでしょうか?
     

    ハイリスク薬を服用することに不安を抱いてしまう方も少なくありません。
     

    薬を患者様に適切に服用してもらうのはもちろん、

    服薬指導では必要以上に恐怖心を抱かせないというのが非常に重要です。
     

    患者様が怖くて服用できないと思い込んでしまうと、治療そのものに支障をきたしてしまいますよね。
     

    逆に「気軽に飲めるもので大丈夫だ」と思われてしまっても、注意すべきところを見落とす可能性があり危険です。
     

    効果や副作用をきちんと伝え、そのうえで副作用が発現した場合の対処方法や、自己判断による中止の危険性に対しても伝える必要があると言えます。

    ③患者様やその家族への説明や指導

     

    処方された薬に対しての効果や副作用・服用手順などを説明をするため、医薬品情報書などを準備してベッドサイドに伺います。
     

    薬がどのように効くのかという説明が必要な場合は、薬理学的なメカニズムを分かりやすく説明するために工夫をしている薬剤師も珍しくありません。
     

    イラストを使って説明することも多く、口頭の説明だけでは難しいニュアンスも、この方法なら患者様に伝わりやすいですね。
     

    食事との相互作用がある薬については、ご本人だけでなく食事の用意をしたり差し入れを持ってきたりするご家族にもお話ししなければならない場合もあり、患者様一人一人の生活スタイルを考えた上で服薬指導をすることが薬剤師に求められています。

    ・カウンセリングも仕事のうち?

     

    患者様の中には入院の悩みや不安を訴える患者様も大勢います。
     

    いつもそばにいる看護師は忙しく動き回っていることが多いですし、医師にはなかなか話しにくいということで、ベッドサイドに座って話をする薬剤師に不安を打ち明ける患者様がとても多いです。
     

    時間が限られている中で話を聞くのは難しいことですが、患者様のストレスや不安を少しでも解消できれば嬉しいですよね。
     

    患者様の悩みを聞くことは薬剤師の役目の一つと言っても過言ではありません。
     

    話の中で治療のヒントになることを得られることもありますので、薬の説明ではないから無駄な時間だとは言いがたいです。
     

    薬剤師はそのようなヒントも含めて、患者様のアドヒアランスなどを指導後に医師や看護師フィードバックし、情報を共有しています。

    ④退院時の指導

     

    入院時だけでなく退院後も適切な薬物治療ができるように退院時指導が行われ、退院処方の薬について説明し継続することの大切さを伝えていきます。
     

    薬剤師がそばにいる入院時であればつきっきりで指導できましたが、退院後は患者様ご自身での服用やご家族が飲ませてあげる必要が出てきますよね。
     

    しかしもちろんこれは前提の話で、薬物治療の重要性を強調するだけでは説明が足りない場合もあります。
     

    例えば糖尿病の教育入院をされている患者様には食事療法と運動療法が最優先事項であり、退院後も規則正しい生活を送るように指導することも少なくありません。
     

    このようにただ単に薬の指導をするだけではなく、疾患を適確に理解したうえでの指導が必要なのです。

    ⑤薬剤管理指導記録の作成

     

    指導業務を終えるごとに薬剤管理指導記録というものを作成します。
     

    この記録はどのように指導し評価をするかを記載するもので、記入内容は
     

    • Subject (主観的データ)
    • Object(客観的データ)
    • Assessment(それらの評価)
    • Plan(今後の方針)


     

    の4項目です。
     

    頭文字をとってSOAP形式と呼ばれるのですが、実際どのような内容を記載するのかを次に見ていきます。
     

    Subjectには顔色が良かったなどの主観的なことや患者様が直接話した内容を書くのが一般的です。
     

    Objectには検査データや残薬状況などの客観的なデータを記入します。
     

    AssessmentはSubjectとObjectに対しての評価なので、例えば残薬が余り過ぎていればアドヒアランス不良と記載することもあり、指導した内容を記載する場合もあります。
     

    Planに今後どのように指導していくかの方針を書けば完了です。
     

    このように指導における項目を網羅していますので、SOAP形式で書くことによって指導内容も明確になりますし、記載しているうちに気づかなかった問題点を発見することも珍しくありません。
     

    ほとんどの調剤薬局で薬歴の記載にSOAP形式を用いているので、書き慣れている人や見慣れている人も多いのではないでしょうか?

    ・薬剤管理指導業務は他部署との情報共有にも使われる

     

    SOAP形式は薬剤師だけでなく医師や看護師の記録にも使われています。
     

    電子カルテを導入している病院に勤務している人は、看護師のSOAP形式の記録などを見る機会が多いと思いますし、それらを服薬指導の参考にすることもありますよね。
     

    同様に医師や看護師も、薬剤師が記載した指導記録を見て参考にしているということですので、誰が見ても分かりやすい文章で書くことがポイントです。
     

    3.薬剤管理指導料の届出ができる施設基準とは?

     

    薬剤管理指導をして記録を書き終えた時点で薬剤管理指導料というものを加算します。
     

    この加算は届出をした施設ができるもので、指導業務をしたからといってすべての病院が算定できるわけではありません。
     

    届出ができる施設には基準がありますのでチェックリストを参考にしてみてください。
     

    薬剤管理指導料届出に最低必要な基準チェックリスト

    4.薬剤管理指導料について

     

    施設基準をクリアし、厚生省が認可した医療機関で薬剤管理指導をした場合は指導料が算定できるのですが、算定できる回数は週に1回(月に4回)と決まっています。
     

    指導の必要性から週2回行ったとしても1回しか算定できないということです。
     

    点数としては、安全管理が必要な患者様の場合380点・それ以外の患者様は325点を算定し、1点10円のためそれぞれ3800円・3250円という計算になります。
     

    実はこの費用のことで出てくる問題点もあるのですが、それは後ほど「7.薬剤管理指導の問題点とは?」でご紹介しますね。

    5.薬剤管理指導業務をしている薬剤師の収入っていくらくらいですか?

     

    この指導業務は病院業務のうちの一つなので、給与は病院薬剤師としての収入になります。
     

    平均年収は400万円から600万円ほどです。
     

    薬剤管理指導業務をしても業務の一環として考えるため、手当がつかないのが普通で、保険薬局の薬剤師の収入と比べて低めのイメージかもしれません。

    6.病院で薬剤管理指導業務をしたい人のための転職

     

    患者様との距離も近く、チーム医療の一員として貢献できるという点から、病棟に行って服薬指導業務をしたいという薬剤師は割とたくさんいます。
     

    転職を考える場合は、まず薬剤管理指導業務や病棟業務を行っている病院の求人を探してください。
     

    実際どのくらいの割合で薬剤師が病棟で業務を行っているかは病院によっても違ってくるため、転職エージェントに相談してみることが転職を成功させるコツです。
     

    エージェントは求人先から直接話を聞いてリサーチしているので、

    私たちが手に入れることが難しい情報を持っていることも少なくありません。
     

    病院薬剤師が希望ということだけでなく、「病棟での服薬指導業務をやってみたい」ということを伝えておくと良いですよ。

    7.薬剤管理指導の問題点とは?

     

    先ほど薬剤管理指導料についてお話ししましたが、医師から指導依頼が出ていてもお金がかかるという理由で指導を拒否する患者様も中にはいます。
     

    安全管理が必要とされているからこそ指導依頼が出されているので、

    薬剤師としては指導しないと、患者様の安全はどうなってしまうのかとても不安ですよね。
     

    こうした問題は、患者様自身が薬剤管理に対してお金を払う価値がないとみなしている現状が原因かもしれません。
     

    安全に薬を服用するためには必要な指導なんだということを患者様に知ってもらえるよう、薬剤師も努力することが今後の課題なのではないでしょうか?
     

    薬剤管理指導承認を届け出ている病院は未だに40%ほどなため、これから病棟服薬指導の必要性についてもっと広めていくことが重要です。
     

    患者様に心から感謝される薬剤師を目指して

     

    今回は薬剤管理指導業務について見てきました。
     

    病棟に行くと調剤室ではできない経験ができたり、壁にぶつかったりします。
     

    入院が必要な患者様やその家族と直接話すことも多く、医療スタッフとの連携も必要なためコミュニケーション能力がとても大切ですし、プライベートで何かあったとしてもそれを表に出さず笑顔で明るく接し、患者様の気持ちに寄り添うことがことが求められる仕事です。
     

    担当している一人一人の患者様に対して大きな責任も感じるかもしれません。
     

    とても大変な仕事ですが、患者様の症状が良くなり退院されるとき、笑顔でありがとうと言われるたびに「この仕事をしていて本当によかったな」と心から思うはずです。