医療機関で働いている人の中には、治験業務や治験薬に関わったことのある人も多いと思います。
 

メディカルライティング(MW)もその一つですが、職場で会う機会がある治験関係の職員は臨床モニターや治験コーディネーターがほとんどですから、MWと聞いてもピンと来ないのではないでしょうか?
 

医療広告のために文章を書く「メディカルライター」という仕事もありますし、似たような名前で一見すると具体的にどう違うのか分かりませんよね。
 

薬剤師の経験やスキルを活かして在宅ワークを始めるためにも、MWについて知っておいて損はありません。
 

今回はメディカルライティングの仕事内容や年収などの実態について詳しく見ていきます。
 

1.メディカルライターとは違うの?

 

医療雑誌やWeb上で薬や健康についての記事を書く人はメディカルライター、薬事申請などに関わる専門的なライターの仕事はメディカルライティングといいます。
 

実はメディカルライティングの仕事もメディカルライターと呼ばれることもあることから混乱してしまう人も多いかもしれません。
 

実際どちらの仕事も指す場合があり、求人広告も「メディカルライター募集」となっている場合もありますので、MWの仕事を検索したい場合には、
 

メディカルライティングとメディカルライターの両方の単語でサーチする必要があるということをおさえておいてくださいね。
 

名前は同じでも仕事内容は全く違いますから、検索後に内容をしっかりとチェックし混同しないように注意することが重要です。
 

2.メディカルライティングの仕事内容とは?

 

メディカルライティングの仕事は、
 

  • 薬事申請書類の作成
  • プロトコール(治験実施計画書)の作成
  • 被験者同意説明書の作成
  • 英文論文の翻訳
  • 論文作成の支援
  •  

    が主なものになります。
     

    中でも薬事申請の書類作成は、新薬の認定に欠かせないだけでなく専門知識や高度なスキルが求められる仕事です。
     

    いくら臨床試験を実施しても薬事申請をしなければ新薬が生まれませんので、メディカルライティングのは治験においてかなり重要な仕事というのが想像できると思います。
     

    高度のスキルがないとできない重要な仕事をすることはやりがいを感じますし、自信にもつながりますよね。
     

    誰にでもできる仕事ではないことから、自分の経験や技術に誇りをもって働いている人がとても多いのがこのメディカルライティングの仕事です。
     

    3.スキルを向上やブラッシュアップも欠かせない仕事

     

    メディカルライティングは豊富な経験や高度な技術が必要な仕事ですので、スキルアップや技術維持をするために仕事をしながら講座やセミナーに通っている人もいます。
     

    ただ目の前にある仕事を毎日こなすだけではなく、自分の能力を日々高めていくこともこの仕事の大切な部分ですが、普段の仕事をするのでさえ大変なのに時間外にも勉強をしなければいけないなんて肉体的にも疲れてしまうと感じる人が多いのではないでしょうか?
     

    メディカルライティングは時間外や仕事がオフの日でも、講習会にせっせと通えるフットワークの軽い人でないと辛い仕事になってしまうかもしれません
     

    講座内容を調べてみたところ、書類の作成から英語の論文翻訳・論文の作成などさまざまなテーマで開かれていて、メディカルライティングとして活躍するための基盤を身に付けることができるものになっていました。
     

    その職に就けたからと安心せず常に向上心を持って努力できるかどうかが、メディカルライティングに必須の素質だという点を忘れないでくださいね。

    未経験でも講習会は受けられますか?

     

    これらの講習会や勉強会はプロとして仕事をしている人がたくさん学んでいる中、彼らだけではなく学生やメディカルライティング未経験の人も参加できるという特徴があります。
     

    未経験の人がメディカルライティングの仕事に就くことはとても難しいですし、どこで経験を付けたらよいのか悩んでいる人もいると思うのですが、その場合にはこれらの講習会が役立つことは間違いありません。
     

    講習会を受講した努力や知識が会社側から認められ欲しい人材として雇用されるかもしれませんよ。
     

    講習会を受けたあと転職に成功できたという例が実際にありますので、将来この仕事をしたいにはぜひ挑戦してみてください。
     

    3.在宅も可能という魅力がある

     

    メディカルライティングの仕事の魅力の一つに、将来在宅で仕事ができる可能性があるというメリットがあります。
     

    結婚や出産後に家庭と仕事の両立をしたいキャリアウーマンの女性が増えてきている現在、やはり自宅で収入を得ることができる在宅の仕事ならではと言っても過言ではありません。
     

    私自身も結婚後在宅ワークでライターをしている一人ですが、自己管理さえできれば時間も場所も自分で選べますので家庭を犠牲にすることなく自分のペースで働くことができてとても恵まれていると実感しています。
     

    一方で在宅ワークというと単純作業など誰でもできるような仕事を思い浮かべられがちですし、そのような仕事は収入がとても低いという特徴もあることから、
     

    資格を持って働いてきた薬剤師の中には在宅の仕事にあまり良いイメージがないという人もいるのではないでしょうか?

    自宅でも薬のプロとして活動できる!

     

    じかに薬に触れる調剤の仕事とは違うため薬剤師としての実感が持ちにくい面は確かにあります。
     

    患者様と触れ合う機会もないに等しく、今までとの環境の変化に戸惑うこともあるかもしれませんが、もしメディカルライティングとして在宅業務をすることになれば、
     

    働く場所は家であってもプロとして臨床試験に関わることができるだけでなく、自分のスキルを生かしながら安定した収入を得ることも可能です。
     

    調剤に従事している薬剤師は在宅勤務することが物理的にかないませんから、プロとして在宅業務ができる仕事を持てるというのはとても羨ましいことですよね。
     

    薬剤師の資格やスキルを活かしながら在宅ワークができるメディカルライティングは、自宅で治験に関わりたい人にとっては最適の仕事と言えます。

    4.気になる年収はどのくらい?

     

    メディカルライティングの収入の幅はとても広く最近のデータでは350万円~800万円と出ており、これは経験を経てスキルが向上すればそれだけお給料アップが望めるということです。
     

    実力によっては調剤薬局で働くよりも高い年収も可能ということですし、「頑張りがいがあって挑戦してみたい」と思う薬剤師も多いと思います。
     

    この社会ではお金の話をすることをあまり良くは思われませんが、実際に給与が高いということは仕事に対するモチベーションが上がるだけではなく、それが自尊心にもつながりますからMWとして働く上でもとても重要な部分でることに変わりありません
     

    傾向としてはやはり大手の会社の年収が比較的高い傾向にありますので、転職を考える際は参考にしてみてくださいね。
     

    5.メディカルライティングへの転職

     

    さて、実際にインターネットで検索をするとメディカルライティングやメディカルライターを募集する求人が出てきますが、この分野の転職活動は求人数がとても少ないことや未経験での採用が難しいことなど自分一人で転職を成功させにくいという事実があります。
     

    自分だけでは採用してもらえる自信がないという場合には、転職エージェントの力を借りて活動することをぜひおすすめしたいです。
     

    転職エージェントには非公開求人があり、自分では探せない求人の紹介もしてくれるためそれだけ転職できる可能性が高くなりますし、未経験可の求人情報を手に入れている場合もありますので彼らの力を借りない手はありません。
     

    エージェントには過去にどのような人がメディカルライティングとして転職活動に成功したの・成功できた人数なども聞いてみるのも重要で、転職活動においての傾向と対策になるのはもちろん、その転職エージェントがこの分野に強いかどうかの参考にもなりますよ。
     

    ただやはり「未経験」ということがネックになり不採用になる可能性も高いですから、先ほどご紹介した講習会やセミナーに参加してスキルアップを自ら試みるなど会社へのアピールもとても大切です。
     

    エージェントに相談をすることと同時に自分でできるスキルアップをするというのが、転職成功の近道になるのではないでしょうか?
     

    日々の勉強をすることで患者様に貢献を

     

    今回はメディカルライティングについて見てきました。
     

    在宅勤務ができるなど他の職種からうらやましがられることが多い職業ですが、仕事以外では勉強に費やす時間も多く、想像以上に努力をしていることが分かったと思います。
     

    薬事申請や治験の文書の作成は簡単ではありませんし、自分の作った文書が治験を大きく左右したり新薬の承認を遅らせてしまったりする可能性もありますから、メディカルライティングは常に大きな責任を感じて働いていることは覚えておいてくださいね。
     

    この仕事と薬剤師の共通点は日々の勉強が必要で責任をもって患者様に貢献をしているという点ですので、人知れず努力することを惜しまない責任感の強い薬剤師は有能なMWとしても大いに活躍できるはずです。