認定実務実習指導薬剤師は「公益社団法人日本薬剤師研修センター」が認定している未来の薬剤師を育てるための資格です。
 

薬局や病院の実務実習を行っている薬学生の指導や評価について学び、それらをするのにふさわしいと認定された人に与えられます。
 

この認定資格について詳しく聞いたことがないという薬剤師も多いのではないでしょうか?
 

薬剤業界は日々進歩しているためインプットするほうが忙しく、

指導などアウトプットする機会は少ないのが実際のところだと思います。
 

今回は認定実務実習指導薬剤師について必要性や資格の取り方などを詳しくお伝えしていきます。
 

1.認定実務実習指導薬剤師の資格の必要性

 

認定実務実習指導薬剤師はどのような背景から誕生したのでしょうか?

①臨床薬剤師の育成

 

薬学部が6年制になってから、臨床薬剤師の育成に力を入れるため、薬学生は病院や薬局での実務実習を長期に行うことが必須となりました。
 

6年制になる以前も学生の病院実習は行われていたのですが、短期間実習でしたので、病院側も学生に対して臨床における十分な教育ができないというのが悩みでした。
 

新卒の薬剤師は医療機関に実際に就職してから、その職場において薬剤師業務を一から覚えるということが一般的で、一人前に働けるようになるにはそれ相応の時間がかかっていたのです。
 

大学で医薬品の成分名をベースにを学んできた彼らの多くは、商品名すらほとんど知らない状態で就職しなければなりません。
 

大学の薬学部が6年制になった現在、学生の実務実習をしっかり行うことで、新卒の薬剤師でも臨床薬剤師として即戦力に近い状態で入職して活躍することができるようになってきています。
 

今の薬学生はそれだけ薬局・病院の実務実習で様々なことを学び、経験してきているということなんですね。
 

②認定実務実習指導薬剤師の役割

 

実務実習を現場で指導・評価を担当するのが認定実務実習指導薬剤師です。
 

薬剤師研修施設に少なくとも1名以上配置することが目標とされ、彼らは実務実習をしている薬学生に対して
 

  • 調剤業務
  • 監査業務
  • 服薬指導


 

などの薬剤師の基本的な業務はもちろん、チーム医療についてや地域などへの関わりなど、薬剤師としての立場や責任についても指導をしていきます。
 

薬学生が将来、臨床薬剤師として活躍するベースを作る仕事といって良いかもしれません。

2.認定実務実習指導薬剤師の資格の取り方

 

資格取得には「認定実務実習指導薬剤師養成研修」を修了し、所定の手続きによって申請することが必要です。
 

①認定実務実習指導薬剤師養成研修受講資格

 

この養成研修を受講するためにはまず、実務経験と勤務状況において条件を満たさなければなりません。
 

実務経験においては病院や薬局で5年以上の経験があることが条件です。
 

ただし6年制の薬学教育を経て薬剤師になった場合はこの限りではなく、3年以上の経験でこの養成研修が受講できますが、認定申請は5年以上の実務経験を得てからという点は注意してください。
 

勤務状況に関しては、現在病院や薬局に勤務している薬剤師で、この研修を受講する時点で3年以上継続して病院または薬局における実務経験があるということが条件です。

②認定実務実習指導薬剤師養成研修を受講する

 

上記の受講資格の要件を確認したら実際に研修を受講します。
 

研修は「認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」と「認定実務実習指導薬剤師養成講習会」の2つが一般的です。
 

養成ワークショップは一般法人薬学教育協議会が主催しているもので、指導方法を中心に学びます。
 

養成講習会には4つ講座があり、
 

  • 学生の指導について
  • 薬剤師の理念について
  • 実務実習モデル/コアカリキュラムについて
  • 参加型実務実習の実施方法について

 

を勉強していきます。
 

研修を実際に受講した薬剤師からは「初めて知ることも多く、貴重な経験だった」などの声もよく聞かれますよ。
 

③書類を申請をする

 

認定実務実習指導薬剤師養成研修を修了したら、書類を集めていよいよ申請です。
 

書類は、
 

  • 申請書
  • ワークショップの修了証
  • 講習会の受講証
  • 履歴書
  • 通常はがき
  • 認定申請料の振り込み明細の写し
  •  

    が必要ですので準備をしてください。
     

    これらを認定実務実習指導薬剤師認定係に郵送すると認定証が送られてきます。
     

    3.認定実務実習指導薬剤師の資格の更新方法

     

    認定実務実習指導薬剤師の資格の有効期間は6年で、更新の3か月前から受付をしています。
     

    更新対象者へのお知らせはしていませんので、有効期限はきちんと確認しておくことが大切です。期限は認定証に記載してあります。
     

    ①更新の条件

     

    更新する際も条件があり、まずは認定期間中に少なくとも1例以上薬学生を指導していることが必須です。
     

    資格を取っても実際に学生を指導をしないと更新はできません。
     

    勤務状況としては、
     

    • 現在からさかのぼって1年の間継続して医療機関に薬剤師として勤めていること
    • 認定期間内に合計3年間以上、薬剤師としての実務歴があること


     

    が求められます。
     

    その他、更新講習を受講していることも条件になります。
     

    この講習は認定が開始されてから5年が経過してから受講が可能になりますので、有効期限の1年前から受講できると覚えておいてくださいね。
     

    ①更新の申請

     

    申請の際に
     

  • 更新申請書
  • 更新講習受講証明書
  • 履歴書
  • 返信用通常はがき
  • 更新申請料の振り込み明細の写し
  •  

    が必要な書類です。
     

    この書類を「認定実務実習指導薬剤師認定係」に郵送すると認定資格が更新されます。
     

    認定申請や更新申請についての詳しい内容については、日本薬剤師研修センターのホームページを参照してください。

    4.認定実務実習指導薬剤師に必要なスキルとは

     

    認定実務実習指導薬剤師として働く際は、
     

    • 薬剤師としての十分な知識や豊富な経験
    • 学生に分かりやすく伝えるスキル
    • 学生を公平に評価できる力


     

    の3つがポイントです。
     

    薬学生に病院や薬局の業務の全般を指導し、薬剤師としての責任や心構えも伝えていくわけですから、知識や経験が必要だということは言うまでもありません。
     

    それに加えて学生に分かりやすく説明できるコミュニケーションスキルも重要です。
     

    薬局内にいると、薬剤師の間でしか通じない専門用語ばかりを気付かぬ間に使っていることも多いのではないでしょうか?
     

    薬剤師なら普通に分かる内容でも学生には通じないこともありますよね。
     

    どのようなスケジュールを組めば学生にとって学びやすいのかを考えるのも、分かりやすく伝えるためのスキルの一つです。
     

    このように実務実習では、学生の立場に立って考えられるかどうかも求められます。
     

    私情をはさまずに実務実習を行っている学生を公平に評価することも、

    学生の成長にとって大切だということを心にとめておくと良いかもしれません。

    5.認定実務実習指導薬剤師になると収入は増えるのか

     

    「認定実務実習指導薬剤師の資格を取ると、お給料は上がるんですか?」
     

    と気になっている人も多いと思います。
     

    認定実務実習指導薬剤師は、薬剤師研修施設に少なくとも1名以上配置することが目標とされているのですが、あくまで目標であり義務ではありませんので、実際の収入アップにはつながりにくいというのが正直なところです。
     

    ただ資格を保有・活用していることに対して手当を付ける職場も多く、実際にもらえる金額は医療機関によりますが一度確認をしてみてください。
     

    6.認定実務実習指導薬剤師になるメリットって?

     

    最大のメリットはスキルアップができるという点です。
     

    認定実務実習指導薬剤師は、講習やワークショップを受講することでのインプットだけではなく、薬学生に教えることでアウトプットする機会ももてます。
     

    薬学部に入る受験勉強をしているときから薬学生時代、そして薬剤師になってからも、

    振り返ってみると、知識をインプットすることのほうが多かったように感じませんか?
     

    インプットした知識はアウトプットすることで記憶にとどまり、知識が整理されていくので、薬学生に教えることが自分の知識をも高めていることになりますよね。
     

    このような機会を得られることは大きなメリットと言っても過言ではありません。
     

    薬学生は薬局や病院の実務実習で教わったことを基本にして将来薬剤師として成長していきます。
     

    その基礎を作る役割を果たせる仕事に対してのやりがいもメリットの一つです。
     

    7.認定実務実習指導薬剤師として活躍するための転職

     

    「認定実務実習指導薬剤師として活躍したい!」
     

    「薬剤師の卵を育ててみたい!」
     

    という方は、実際に薬学生の実習の受け入れを行っている病院や薬局への転職を考えてみるといいかもしれません。

     

    養成研修の受講資格の中に、「院外処方箋を推進している病院」や「健康サポート薬局の基準と同等の体制がある薬局」など勤務先に対して望ましいとされている条件もいくつかあるので、転職先を選ぶ際には参考にしてみていかがでしょうか?
     

    実際に転職活動を始める場合は、転職エージェントに相談することをおすすめします。
     

    ほとんどのエージェントは利用料が無料なので、まずは気軽に問い合わせてみてください。
     

    認定実務実習指導薬剤師として活躍したい旨を伝え、リアルタイムで実習生を受け入れている医療機関を調べてもらうのはもちろん、指導薬剤師が在籍しているのかということも聞いてみると参考になりますよ。
     

    転職エージェントには非公開求人もたくさんありますし、それぞれの医療機関から直接聞き取りもしているので、個人的に検索できない情報も教えてくれることが多いです。
     

    希望に合った求人を効果的に見つけるためには転職エージェントの力を借りることが近道と言えますね。
     

    未来の薬剤師を育てる重要な仕事

     

    今回は認定実務実習指導薬剤師についてお伝えしてきました。
     

    「こんな仕事もあるんだ」と初めて知った方も多いと思います。
     

    いつも患者様を相手に仕事をしている薬剤師にとって、薬学生を教えるということは新鮮でもありますよね。
     

    未来の薬剤師を育てることができるところに魅力を感じた方もいるのではないでしょうか?
     

    指導薬剤師は、薬学生たちが学び成長していく姿を見届けることに大きな達成感が得られるに違いありません。
     

    認定実務実習指導薬剤師になって活躍したいという方はぜひ一歩踏み出してみてください。