ドラッグストアで薬を買うときに店員さんから説明を受けることがあると思いますが、彼らのほとんどは白衣ではなくドラッグストアの制服を着ていることが多いため、資格取得者だということを知らない人が多いのではないでしょうか?
 

彼らはただの販売員ではなく、薬について勉強し「薬剤師」または「登録販売者」の資格試験に合格した薬のプロフェッショナルです。
 

将来ドラッグストアで薬を説明する仕事をしたいと考えている人はまず、このどちらかの資格を取得することが必須である一方、実際にどちらの資格を取るべきか迷ってしまう人もいるかもしれません。
 

今回は薬剤師と登録販売者の仕事内容の違いや取得の際にかかる時間や費用の差などについて詳しくみていきます。
 

1.登録販売者とは?

 

一般用医薬品を販売するときに以前は薬剤師の資格が必須だったのですが、2009年6月の薬事法改正により、薬剤師の資格がなくても決められた医薬品を販売できる「登録販売者」の資格が誕生しました。
 

誕生してからまだ10年経っていない比較的新しい資格のため、資格の存在自体を初めて聞いた人も多いかもしれませんが、毎年多くの人がこの資格に取得し働いていますので、将来的には知名度が上がることは間違いありません
 

どうせ取得するなら将来性のあって必要とされる資格を取りたいところですよね。
 

登録販売者は質問のあるお客様の応対ができる場面が多いことから薬剤師にとってとても助かる存在で、特に薬剤師不足の店舗では欠かせない職種になっています。

2.仕事内容や働く場所にはどんな違いがあるの?

 

登録販売者はOTC薬が置いてあるドラッグストアに勤務し、
 

  • 風邪薬
  • 鎮痛解熱剤
  • ビタミン剤
  • 消化剤


 

などの中の、第二類や第三類に分類される薬について説明したり販売したりすることが主な仕事です。
 

OTC薬の約9割は第二類・第三類医薬品ですので、登録販売者はほとんどの薬を販売できるということになりますし、資格がなければできない仕事をするわけですから誇りを持って働けると言っても過言ではありません。
 

それに対し薬剤師は、第二類・第三類の医薬品のほか胃酸分泌抑制剤など第一類に分類される薬についても販売できます。
 

勤務する場所はドラッグストアだけでなく病院や調剤薬局にも勤務可能で、処方箋に基づく調剤ができるということや、病院でチーム医療の一員として患者様に貢献したり病棟服薬指導業務ができたりするという点も登録販売者との大きな違いです。
 

登録販売者と比べると、薬剤師は扱える業務の範囲がかなり広いことが分かりますね。
 

世間的にも高度な資格と評価されている薬剤師は、できる業務の範囲が広いほど持たなければいけない責任も重く、仕事に対する誇りはもちろんのこと患者様の命を預かっているという大きな責任を持って勤務していることは覚えておいてください。

3.登録販売者や薬剤師になるための試験の受験資格とは?

 

登録販売者になるには登録販売者試験に合格することが必要で、実はこの試験を受験するための条件は2015年から学歴・年齢、実務経験のいずれも不問になりました。
 

最近では誰でも登録販売者になれるチャンスがもてますし、「ドラッグストアで働いた経験がないから資格を取る自信がない」という人でも、きちんと勉強して試験に合格することができれば登録販売者として働けますので努力のし甲斐があるのではないでしょうか?
 

受験前の実務経験は必要ありませんが、経験の有無により合格後に医薬品販売ができるようになるタイミングが異なってくる点は注意が必要です。
 

受験前の過去5年間に2年の実務経験がすでにある人は、試験合格後に都道府県に販売従事登録申請を行えばすぐに登録販売者として医薬品販売ができますが、
 

実務経験がない人は合格後2年の実務経験が必須になってきますから、自分がどちらに当たるかを把握しておくと資格取得後もスムーズに活動できますよ。

薬剤師は学歴が必要

 

一方、薬剤師国家試験の受験資格は大学の薬学部を卒業することが必須となります。
 

一般的に大学というのはサークルや飲み会など楽しく遊べるイメージが強いこともあるせいか、「卒業することは意外と簡単なのではないか」と思われがちな面がある一方、実は薬学部は卒業するというだけでもかなり大変です。
 

他大学の学生のようにサークル活動に明け暮れてしまった結果、定期試験で「不可」を取り続けて留年になってしまう学生もめずらしくありません。
 

私の大学ではストレートで卒業できなかった学生が全体の約20%を占めていました。
 

大学に対して楽観的なイメージをもっている人にとっては、厳しいと感じる数字かもしれませんね。
 

実際定期テストの出題範囲はとにかく膨大で、高校生のようにテスト前に一夜漬けをしてもどうにもなりませんから、優秀な成績を取っている薬学生のほとんどは講義の復習をすることを毎日の日課にしています。
 

国家試験を受ける資格を得るだけでも非常に大変ですし、人生で一番楽しく遊べると言われている大学時代に、これでもかというほど勉強しなくては国家試験を受ける権利すらもらえないのが薬剤師の現実なのです。
 

4.資格取得のための勉強はどのようにするの?

 

登録販売者になるために決まった学校に行く必要はありませんので、勉強方法は自分に合ったものを選択することになります。
 

勉強法の例としては、
 

  • スクールに通って勉強する
  • 通信教育を活用する
  • eラーニングやテキストなどを使って独学をする


 

の3つがメジャーです。
 

計画を立てて勉強することが苦手な人や、先生から直接授業を受けたり質問をしたりすることが向いている人は通学することを選択した方が良いと言えますし、
 

一人で黙々と暗記したい人や費用をあまりかけたくない場合は通信教育への申し込みや教材を購入して取り組むと勉強が捗りますよ。

①登録販売者の勉強はとにかく暗記が必要

 

登録販売者試験に合格するための勉強はほとんどが暗記と言っていいかもしれません。
 

覚えなければいけない用語ほとんどが長いカタカナの薬の名前か難しい漢字の読み方の漢方薬名ですので、これらに拒否反応を起こす人も割と多いです。
 

特に実務経験がなく薬の名前を聞き慣れない人はこの傾向が強いような気がしますが、これは何度も繰り返し口ずさんだり書いたりすることでだんだん覚えられるようになりますから、初めに見た時点で圧倒されても絶対にあきらめないでくださいね。

②薬剤師になるためには普段の勉強だけでは不十分?

 

薬学生は定期テストなどのためかなりの勉強量をこなしていることから「この調子でいけば、国家試験合格は楽勝かも」と考える人もいるかもしれませんが、実は国家試験というものは日々の勉強だけで合格することはとても難しい試験です。
 

多くの学生は普段の勉強をしながら国家試験の傾向に慣れるために試験の半年くらい前から5,6年分の過去問を何度も解いて訓練をします。
 

一年分の問題を解くだけでも1日~2日かかりますので、例えば5年分の過去問を10回解くとなるとかなりの時間が必要なことが分かりますよね。
 

私の場合は国家試験を受ける年の夏休みから、1日2年分の過去問を解くことと2日で1冊分の参考書を見直すことを毎日繰り返していました。
 

これをこなすためには1日16時間の勉強量が必要で、ご飯と寝るときとトイレ以外は常に机に向かっていたのを今でも思い出します。
 

ほとんどの薬学生が日々勉強に徹しているわけですが、実は必死なのは学生だけではありません。
 

大学側も予備校の教師を学校に招いて特別講座を開くなど学生の合格率を上げるためできる努力を最大限にしますので、薬剤師国家試験というのは学生にとっても大学にとっても大イベントなのです。

5.資格取得にかかる時間はどのくらい?

 

取得までに必要な時間について、登録販売者と薬剤師、それぞれの場合を考えてみました。

①登録販売者はやる気次第ですぐ取れる?

 

登録販売者の場合、試験に合格すれば資格取得ができますので、どのくらいの時間をかけて勉強すれば合格できるかが「かかる時間」になります。
 

中には3か月ほど勉強をして資格を得る人もいるくらいですから、やる気さえあれば短期間の勉強での取得も夢ではないありません。
 

短期集中ですぐに資格を狙える一方、勉強があまり進まないという理由で受験をどんどん先送りしてしまう人もいます。
 

受験資格が不問なため毎年受験できるという思いが受験を延期させてしまう原因なのかもしれませんが、試験は毎年のように難しくなっている傾向がありますし、試験日程をきちんと確認して一回で受かるように目標を立てて勉強したほうが合格への早道になりますよ。

②薬剤師になるにはとにかく時間がかかる

 

薬剤師になるには6年制の大学の薬学部を卒業することが最低限必要ですので、最低6年はかかるという計算になります。
 

もちろんこれは最短での話で、大学受験浪人をしたり留年をする人もいますから、それ以上に時間がかかる可能性もあることも珍しくありません。
 

かなりの長い時間をかけてやっと国家試験を受ける権利を手にすることができるわけですが、大学を卒業できたとしても国家試験に落ちてしまえばまた次の年まで待たなければならず、そこでもまた時間がかかることになります。
 

「たとえ国家試験に落ちたとしても受験資格さえ取ればまたいつでも受けられるんでしょう?」という考えもできてしまう一方、これはかなり危険な考えですし姿勢としても合格とはほど遠いです。
 

国家試験の合格率は新卒生が一番高く、既卒者になるとものすごく下がる傾向もありますので、一年目で必ず合格するつもりで受験してくださいね。

6.資格取得にかかる費用はいくらくらい?

 

費用に関しても、薬剤師と登録販売者では大きな開きがあります。
 

①登録販売者は勉強法によって費用が変わる?

 

登録販売者の場合試験に合格さえすれば良いため、必要な資金は人によってまちまちです。
 

勉強法とかかる費用の例としては、
 

  • 学校への通学:約65000円
  • 通信教育:約50000円
  • DVD:約40000円
  • eラーニング:約30000円


 

などが挙げられます。
 

これはあくまでも一例ですので、より専門性の高い学校に行けば費用はもっとかかりますし、逆に自分でテキストを購入して独学した場合かなり安く抑えることもできますよ。
 

登録販売者取得に必要な勉強量はどれくらいか・自分に合う勉強法と経済的なバランスはどうなのかなどを考えて勉強スタイルを選ぶのがポイントです。

②薬剤師には莫大な費用が……

 

薬剤師になるためにかかる主な費用はどの大学に行くかで高さが変わってきますが、平均的には6年間で1200万円~1300万円の学費がかかるのが相場です。
 

私の時はまだ4年制でしたから今よりは費用が少し抑えられていたとはいえ、それでも膨大な学費には変わりなく学生ローンを組みました。
 

卒業後にそのローンを返し続け、結局12年がかりでやっと完済が終わったほどです。
 

薬学部の学費は小さなマンションや高級車が買えるくらいの費用がかかるわけですから、この資格を目指すと決めたらどんなに辛くても最後まであきらめずにやり通す覚悟をもって臨んでくださいね。

7.試験の合格率は?

 

2016年の東京都で行われた登録販売者の試験の合格率は32.4%、薬剤師国家試験の合格率は、76.85%です。
 

これを見ると登録販売者の試験がとてつもなく難しいのではと心配になってしまう人もいると思いますが、試験内容も受験者も全く違うことから、この数値で難易度を比べることはできません。
 

実際に薬剤師国家試験に関しては、大学側が合格率を上げるために試験に合格できないと予想される学生をあえて卒業させず試験を受けさせない大学も非常に多いです。
 

受験者のほとんどは合格がほぼ間違いない学生ということになりますので、薬剤師試験が高い合格率をたたき出しているのも不思議ありませんよね。
 

一方で登録販売者の場合まったく勉強せずに受けている人もたくさんいるため、そのせいで合格率が下がってることも考えられます。
 

合格率はあくまでも参考程度にしかなりませんし、合格率がたとえ低くても自分が受かれば問題ないわけですから、合格率に影響されずに一生懸命勉強をして試験に望んでください。

8.収入の違いはどのくらい?

 

登録販売者として正社員で働いた場合の平均年収は300万円くらいです。
 

ドラッグストアによっては5000円~20000円の資格手当を付けるところもありますので、一般の販売員と比べると高くなることも珍しくありません。
 

自分が持っている能力や資格によって手当がつくなんて、職場に認められているようでとても嬉しいですよね。
 

それに対してドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は600万円~700万円となっており、店長クラスになると1000万円とも言われています。
 

両者をただ単に比較してしまうとかなりの差にびっくりしてしまうかもしれませんが、できる業務の範囲の差や持たなければいけない責任の重さが違うことを考えると一概にどちらが良いと評価するのは難しいです。
 

知識量や勉強量の差も大きく違ってきますし、資格自体が持つ権利や地位も変わることを踏まえた上で比べてみてはどうでしょうか?

9.登録販売者と薬剤師の将来性

 

登録販売者も薬剤師も将来性のある仕事で、現在薬剤師の就職先は病院や調剤薬局が人気なためドラッグストア離れが叫ばれていることから、特に登録販売者への期待が将来的にもっと高まることが予想されます。
 

最近のドラッグストアの求人を見ると一般の人の募集はないに等しく、ほとんどが薬剤師と登録販売者を求めるものです。
 

このどちらかの資格を持っていないとドラッグストアでは働けない時代に入ってきていることは言うまでもありませんし、取得して無駄になる資格ではないので、検討している方はぜひ目指してみてくださいね。

女性にとってとても嬉しい資格!

 

いつでも求人が探しやすいということは結婚や出産で一時的に職場を離れる可能性が多い女性にとって本当に有利です。
 

ドラッグストアは全国どこでもありますから、もしご主人の都合などで引っ越しをしても家の近くで就職先が見つかるケースも少なくありません。
 

私の場合は結婚するときにそれまで勤めていた職場を辞め、その後の生活スタイルに合った働き方をするために新しい職場を選択することにしました。
 

新生活に支障をきたさないように条件付きでの就職活動だったので、そう簡単に見つからないかなと思っていたのですが、新しい職場は驚くほどすぐに決まり、資格をもっていることに本当に感謝したことを今でも覚えています。
 

就職が難しいこの時代に一度職場を辞めても転職し、再び資格を生かしてプロとして働けるのはとても恵まれていますし、薬剤師も登録販売者も女性にとって非常に心強い資格になりますよ。

10.結局どっちの資格を選ぶべきなの?

 

薬剤師になるのか登録販売者になるのか迷っている人はまず、自分にかけられる
 

  • 時間
  • お金
  • 勉強への熱意


 

の3点について考えてみるのが大切です。
 

今までご紹介したように、薬剤師の免許を取得すれば登録販売者以上の収入を稼ぐことができますし、できる業務の範囲も広く社会的地位も確立されていることから、一見メリットがとても多く見えますが、時間とお金は何十倍も何百倍もかかります。
 

勉強しなければいけない内容も登録販売者の場合はOTCなど限定したものになる一方、薬剤師になるには大学に合格するために受験英語や数学・化学なども学ばなければなりません
 

入学後も有機化学や物理化学など、調剤業務にはあまり必要がないのではないかと思われがちな教科の勉強も必須なので難易度は非常に高いです。
 

一度社会に出た人が再び大学に戻って一般教養などを学ぶのは気軽にできるものではありませんし、かなりの覚悟が必要なことが分かりますね。
 

自分の人生を総合して考えて、薬剤師と登録販売者のどちらになるべきかというのをもう一度よく考えてみてください。

薬のエキスパートになるという夢をかなえるということ

 

今回は登録販売者と薬剤師の資格について詳しくみてきました。
 

薬に関わる仕事を行う上でどちらの資格を取るべきかの正解はありませんので、自分のライフスタイルや夢を考えて焦らずに答えを出してみてはどうでしょうか?
 

資格が必要な仕事は、誰にでもできる仕事でないからこそやりがいを感じるという人も少なくありません。
 

勉強が難しくてくじけてしまいそうになることもあるかもしれませんが、薬のエキスパートとして働く自分の姿を想像しながら目標を達成するまでがんばってみてください。
 

登録販売者であれ薬剤師であれ、たゆまぬ努力の結果自分の夢がかなったという経験は何物にも代えられない人生の宝物になりますよ。